マハートマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マハトマから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

マハートマー(Mahātmā、महात्मा)は、サンスクリット語で「偉大な魂」を意味する言葉。「偉大」を意味する「マハー(महा)」と「魂」を意味する「アートマン(आत्मंもしくはआत्मन)」を合わせたものである。 日本語では長音を省略し「マハトマ」と表記されることも多い。例としては、「マハトマ・ガンディー」が有名である。

神智学におけるマハートマー[編集]

「マハートマー」は、神智学の体系では、人間としての進化を終えた、超自然的人物を指す言葉でもある。モリヤクートフーミなどがこれにあたる。グレート・ホワイト・ブラザーフッドという秘密集団を形成しているとされる。