人間性回復運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

人間性回復運動(にんげんせいかいふくうんどう)、または、ヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント(Human Potential Movement、HPM)とは、1960年代アメリカ合衆国、それも主として心理学分野において生じたムーブメント。 「幸福」「創造性」「自己実現」の主体である人間の「人間性」や「人間の潜在能力」を、回復・発展させることを旨とする。自己啓発セミナーのルーツの1つとしても知られている。

人間性回復運動の時代背景としては、アブラハム・マズローが心理学の「第三勢力」であるとした人間性心理学と連動したムーブメントがあり、エンカウンターグループゲシュタルト心理学などをとおして、俗に「第四勢力」としてのトランスパーソナル心理学へとつながる基盤となったとされることがある。一方で、ドラッグ・カルチャーヒッピーとの繋がりが強く、ニヒリスティックカウンター・カルチャーの基盤ともなっていった。

関連項目[編集]

脚注[編集]