人間性回復運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

人間性回復運動(にんげんせいかいふくうんどう)、または、ヒューマン・ポテンシャル運動(Human Potential Movement、HPM)とは、1960年代アメリカ合衆国、それも主として心理学分野において生じたムーブメント。 「幸福」「創造性」「自己実現」の主体である人間の「人間性」や「人間の潜在能力」を、回復・発展させることを旨とする。自己啓発セミナーのルーツの1つとしても知られている。多くの心理学者や哲学者が集ったエサレン協会は、この運動における最大規模の「成長センター」であり、最も重要な役割を果たした[1]

時代背景としては、アブラハム・マズローが心理学の「第三勢力」であるとした人間性心理学と連動したムーブメントがあり、エンカウンターグループゲシュタルト心理学などをとおして、俗に「第四勢力」としてのトランスパーソナル心理学へとつながる基盤となったと言われる。ニューエイジの基盤ともなっていった。

脚注[編集]

  1. ^ Puttick, 宮坂清訳 2009, pp. 554-556.

参考文献[編集]

関連項目[編集]