ティク・ナット・ハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティク・ナット・ハン
釈一行
1926年10月11日 -
ティク・ナット・ハン
生地 ベトナム
宗派 臨済宗
寺院 プラム・ヴィレッジ

ティク・ナット・ハン(Thich Nhat Hanh 釈一行、1926年10月11日 - )はベトナム出身の禅僧平和運動家詩人

ダライ・ラマ14世と並んで、20世紀から21世紀にかけて平和活動に従事する代表的な仏教者であり、行動する仏教または社会参画仏教(Engaged Buddhism)の命名者でもある。アメリカフランスを中心に活動を行なっている。

略歴[編集]

1926年にフエに誕生。1942年に、同地の慈孝寺にて出家。

ベトナム戦争中は、戦禍をくぐりながら、どちらの側にも立たず、非暴力に徹した社会活動を推進し、「社会奉仕青年学校」などの学校や病院を設立し、孤児たちの社会的支援や、死体の回収などを行なった。

また1966年に渡米してベトナム戦争の終結を強く訴え、詩や著作を通してアメリカ社会に禅を根付かせるのに貢献した。その思想は、キング牧師に深い影響を与えた。

その後、フランスに亡命し、プラム・ヴィレッジを設立して、教化や社会活動に従事している。

著作[編集]

  • 『微笑みを生きる―“気づき”の瞑想と実践』春秋社、1995年
    • (*Peace Is Every Step: The Path of Mindfulness in Everyday Life, Bantam reissue, 1992, ISBN 0-553-35139-7
  • 『マインドフルの奇跡―今ここにほほえむ (からだの冒険こころの冒険)』壮神社、1995年
  • 『ウォーキング・メディテーション―歩く瞑想の本』溪声社、1995年
  • 『ティク・ナット・ハンの般若心経』壮神社、1995年
  • 『生けるブッダ、生けるキリスト』1996年11月 春秋社、231頁
    • ()
  • 『仏の教え ビーイング・ピース―ほほえみが人を生かす』中公文庫、1999年
  • 『禅への鍵』春秋社、2001年
  • 『あなたに平和が訪れる禅的生活のすすめ―心が安らかになる「気づき」の呼吸法・歩行法・瞑想法』アスペクト、2005年
  • 『小説ブッダ―いにしえの道、白い雲』春秋社、2008年

参考[編集]