ホゼ・アグエイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホゼ・アグエイアス
N3U0431.jpg
2009年
生誕 1939年1月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州
死没 2011年3月23日(72歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア
職業 ニューエイジ思想家、オカルティスト

ホゼ・アグエイアス(José Argüelles、本名ジョセフ・アンソニー・アグエイアス 1939年1月24日 - 2011年3月23日)は、アメリカ生まれのニューエイジ思想家・オカルティストカウンターカルチャーサイケデリック文化の活動家、美術史教師[1][2]マヤ暦に意味を求めた思想家・オカルティストの中で最も大きな影響力があった[3][4]。アメリカのニューエイジの諸思想に影響を受け、マヤ文明パカル王を人類を進化させた「銀河のマスター」と考えてパカル・ヴォタン[5][6]と呼び、1987年に『マヤン・ファクター』を出版し、2012年に人類に転機が訪れると明言した。宗教学者の大田俊寛によると、彼の思想の背景には近代神智学に由来する霊性進化英語版論があり[7]二元論陰謀論終末論に帰着した[8]チベット仏教の身体論を取り入れており、マヤ文明の歴史観と融合している[9]

彼のマヤ暦研究は独自の解釈がかなり入っていると言われるが[4]、支持者たちは彼を「マヤ暦研究の第一人者」と考えている[10]。支持者によると、「ホゼ・アグエイアス(ヴァルム・ヴォタン)は、銀河マスターであり、宇宙のメッセンジャーであり、次元間のアヴァター(化身)であり、人間の形をしたET(地球外生命体)である」という[11]。アグエイアスが考案した暦が、「ドリームスペル暦(英:Dreamspell、ハーモニック・インデックス)」「13の月の暦」「コズミック・ダイアリー」の名称で普及・販売されている。マヤの叡智に基づくとされており、正しいマヤ暦と信じる人も多いが、異なる暦である[12]

思想[編集]

魚座の時代から水瓶座の時代への転換が近い将来起こると主張し、ニューエイジに大きな影響を与えた神智学徒・占星術師のアリス・ベイリー英語版と、その弟子でニーチェ超人思想に心酔し、新しい文明の基盤となる「シード・グループ(種となる人々)」を作らなければならないと主張したデーン・ルディア英語版から、歴史の周期説や大規模なパラダイムシフト、アセンション(次元上昇)という考えを取り入れたとみられる[13][4]。占星術研究家の鏡リュウジと占い師のSugarは、「次元上昇」思想のルーツは神智学にあり、さらにプロティノス新プラトン主義に遡ると述べている[4]

薬物のLSDの体験からチベット仏教にあこがれ、アメリカで「金剛界センター英語版」という瞑想道場を開いたチョギャム・トゥルンパグルと仰いで修行を行った[14]。アメリカのサイケデリック文化の中心人物の一人で、アグエイアス同様オルダス・ハクスリーの『知覚の扉』(1954年)に大きく影響され、神秘体験を求めてLSDや幻覚植物を試したテレンス・マッケナの影響も受けている。彼は中国の易経を独自に解釈し、2012年12月12日に地球に大異変が起こると考えた[15]

「マヤ」は地域的・歴史的に限定されたものではなく、宇宙的・銀河的なもので、インド哲学ギリシャ神話の中にもあり、その科学体系は中国の『易経』やギリシャのピタゴラス派の哲学、現代の量子力学遺伝学とも一致するとした[16]。宇宙は一定周期の「調和(ハーモニック)」から成りたち、マヤの科学はその普遍的法則を明らかにしていると主張した[17]

神智学系のシェア・インターナショナルニューエイジの騎手シャーリー・マクレーンなどと同様に、アグエイアスは超自然的存在の介入を現実のものと考えている[18]。マヤ文明の創造者は「銀河のマスター」たちで、彼らが地球上に進化の種を植え付け、512年周期で銀河から地球に進化を促すビーム照射したことで生命は進化したとしている[19]UFOは「スペースブラザーズ」(宇宙の兄弟たち)であり、彼らは核の使用で乱れた地球の波長を整えるため現れていたという[20]。マヤのパカル王は宇宙的存在で、銀河のマスターの一人であり、その石棺に描かれた彫刻は、腹部の「太陽神経叢」のチャクラを共振させて宇宙と交信する姿であるとした[21]

人類がマヤの予言に耳を傾ければ、2012年を境に人類は「ホモ・サピエンス」の段階を超えて高次元(精神圏、ヌースフィア)の新たな生物種に進化し(「ケツァルコアトルの回帰」と呼ぶ)、「アハウ・キネス(太陽の主たち)」という人間の精神に秘められた要素・能力が開花するという[22]。新たな生物種で構成される世界「シャンバラ」では、政治や経済は「太陽・惑星問題協議会」という組織が一手に引き受け、古い軍事組織は廃止され、生産と分配が平等に行われるようになると考えた[23]。また、芸術や音楽を重視した教育によって、超能力チャネリングなどの超常的な力をだれでも持つようになり、高次元の存在と交信できるようになるという[24]。新しい時代になると、人間の身体は7つのチャクラが覚醒し、マヤ暦に示された神聖な波長と共鳴するとしている[25]テレパシー能力が備わることで、地球上の生物は霊化すると考えている[26]

人類が高次元への進化に失敗した場合について、ハルマゲドンを描いた新約聖書の『ヨハネの黙示録』に基づいて論じ、大惨事が起こり、地球が粉々になる可能性もあるとした[27]

グレゴリオ暦を反自然的な時間で人類を奴隷化するとみなし、世界的に使用される暦をグレゴリオ暦から、自作の「マヤの叡智に基づく十三の月からなる暦」であるドリームスペル暦(ハーモニック・インデックス)に変更すべきと考え活動した[28]。アグエイアスによると、ドリームスペル暦の目的は次のものである。

  • アグエイアスが銀河系を支配すると考える神フナブ・クーの霊的な力に人々を調律し、人間を「銀河の根源」に同調させること[29]
  • 「時は金なり」から「時は芸術なり」という考えに人間を転向させ、創造性を広げること。

この暦では、28日は「宇宙の影響を受ける、地球生物圏の普遍的なサイクル」「有機的秩序の周期」であると考え、1か月を28日とする[30]。1年を13か月として、それに1日足して1年とする。「13の月の暦」は、これにマヤ文明の260日周期の暦ツォルキンを組み合わせたマヤの叡智に基づく暦とされる[31]。13の「銀河の音」と20の「太陽の紋章」からなる260日(260キン[32])周期の暦を「銀河スピン」と呼び、四次元パターンに基づくと考える。支持者は暦の自分の誕生日から、「銀河の音」と「太陽の紋章」を組み合わせた「銀河の署名」を持つ。これを持つことで、銀河の通路(誕生日の日付)に同一化し、「<ドリームスペル>のお告げ」を知りそれを理解し、ホロンを活性化する「惑星キン」になるとされる[33][34]。中国の易も取り入れられている。彼の暦に対しては、本物のマヤ暦を求める人々を彼のファンタジーに巻き込んだという批判もある[12]。鏡リュウジは、彼の著作は「直観と連想と、数学的なパッチワーク」が入り混じっており、典拠には易などもありマヤに還元できない「マヤっぽい」ものであると評している[4]

世界はG7(先進7ヵ国蔵相会議)に支配されており、G7はヨハネの黙示録における「7つの頭を持つ獣」であると考えた。彼らは金融政策や電子メディアを操って社会を支配し、その活動で世界は破滅に向かっていると主張した。[35]

マヤ暦を根拠とする「2012年終末論」は世界中に広まったが、大田俊寛は、そもそもマヤ暦は循環暦であり、暦が終われば次の周期が繰り返されるだけであると指摘している。[36]

略歴[編集]

1939年にメキシコ人の父とドイツ系アメリカ人の母のもとに、双子の弟とともにアメリカで生まれ、アメリカで育った[37]。幼少期の父の職は安定せず、メキシコ系移民の学校で差別を受けることがあったが、彼ら兄弟の学校の成績は良く、家庭では芸術や音楽に親しんで育った[38]。14歳の時に父の生地メキシコに行き、ティオティワカンを訪れて霊感に打たれ、この都市を設計した先人たちの叡智を取り戻し、宇宙に調和をもたらしたいと思うようになる[39]シカゴ大学で美術史を専攻し、ロシアの神秘思想家ピョートル・ウスペンスキー『ターシャム・オルガヌム』の多次元宇宙論に感動し、オルダス・ハクスリーティモシー・リアリーに影響を受けて薬物のLSD を試し、新プラトン主義プロティノスが述べた「神との合一」を思わせるような体験をする[40]。芸術史と審美学の哲学博士号を取得。プリンストン大学カリフォルニア大学デイヴィス校やサンフランシスコ州立大学などで教えたが、アカデミックな研究者というよりカウンターカルチャーサイケデリック文化の活動家として過ごす。大学で意識変革を目指すイベントを開催し、イベントは成功したが、大学から危険視されて職を追われた[41]

二度結婚し、最初の妻は作家・芸術家のミリアン・タルコフ(Miriam Tarcov)で、二人の子供がいた。2番目の妻はロイディーン・ブリ(Lloydine Burri)。[12]

1987年に「マヤの宇宙的叡智を結集した書物」として『マヤン・ファクター』を出版し、2012年に人類に転機が訪れると明言[42]。以降、ニューエイジではマヤ暦と2012年が結びつき、マヤ暦を根拠とする2012年人類滅亡説も流行した。1987年8月16日・17日に14万4000人が「目覚めた太陽の踊り子」としてマヤの予言に耳を傾ければ、人類は2012年に向けた進化・高次元文明への道に進むことができると考え、「ハーモニック・コンバージェンス(調波収束)」というイベントを開催した。14万4000人以上がイベントに加わり、シャーリー・マクレーンなどの著名人も参加した[43]。鏡リュウジは、スピリチュアル系でのマヤ暦やアセンションブームはこのイベントからではないかと述べている[44]

アグエイアスはイベントの成功に喜んだが、直後に息子を亡くして悲しみ、またイベントによって社会が変わった様子もなく、失望を感じた[45]。瞑想状態で息子の霊と話すようになり、1993年にはパカル王から代理として「預言者」の役を与えるというメッセージを受け取ったと考えた[46]。人類が高次元へ進化するために、世界的に使用される暦をグレゴリオ暦から自作の「マヤの叡智に基づく十三の月からなる暦」に変更することが必要であると考え、暦(とそれに伴う平和運動・平和計画)の提唱・普及の活動を始め、各国の首脳やローマ教皇に暦を直ぐに替えるよう働きかけた。暦変更のために、2000年に「時間の法則財団」(Foundation for the Law of Time)という組織を作った[47][26]

2011年5月に、予言の2012年を見ることなく72歳で死去した。[48]

日本での展開[編集]

研究によりマヤ暦の終わりは2011年に早まったが、特に何も起こらなかったため、スピリチュアル系でのアセンションブームは下火になっていった[4]

日本では、「環境意識コミュニケーション研究所」を主催する元電通の柳瀬宏秀が、ホゼ・アグエイアスの思想による「13の月の暦」に月の周期を取り入れた「コズミック・ダイアリー」を刊行している[49]。柳瀬宏秀は、コズミック・ダイアリーは「新しい科学の枠組みでは確実に共有されるであろう内容」であり、「四次元的な新しい人類のステージ」にシフトチェンジすることを助けると述べている[50]。コズミック・ダイアリーを使うと「宇宙にまでつながる、自然周期の時間」を感じるようになり、「シンクロ」が頻発するようになり、人間社会にかつて存在していたテレパシー能力が戻り、「銀河マヤの叡智によって進化する」ことができると主張されている[51]。コズミック・ダイアリーは自然な時間であり、日本人本来の陰暦の文化を再生させるものとされる[52]。なお「13の月の暦」は、1年365日で陰暦ではない。

柳瀬宏秀の環境意識コミュニケーション研究所は、「コズミック・ダイアリー・セミナー」の開催、コズミック・ダイアリー講師養成講座を有料で行っている[53][54]

脚注[編集]

  1. ^ 大田 2013. 位置No.1424/2698
  2. ^ 大田 2013. 位置No.1456/2698
  3. ^ 大田 2013. 位置No.1424/2698
  4. ^ a b c d e f 鏡リュウジ・Sugar オカ研 File No.4 マヤ暦&アセンションの真相は? 1 鏡リュウジ公式サイト 2011/11/24
  5. ^ 神話学では「ヴォタン」は、ゲルマンあるいはチュートン族の神オーディンの名前のひとつとされている。
  6. ^ 思い出されたヴォタン:風に捧げられた者 倫理プロジェクト・ニューズレターVol.1 PAN Japan Library
  7. ^ 大田 2013. 位置No.1432/2698
  8. ^ 大田 2013. 位置No.1602/2698-1634/2698
  9. ^ 大田 2013. 位置No.1424/2698-1479/2698
  10. ^ ホゼ・アグエイアス博士 マヤの叡智 コズミックダイアリー
  11. ^ ステファニー・サウス ステファニーから、ホゼの旅立ちについてのメッセージです 13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」 環境意識コミュニケーション研究所
  12. ^ a b c Carl Johan Calleman How and why was Argüelles Dreamspell calendar invented?(アグエイアスのドリームスペルカレンダーはなぜ、どのように発明されたか)邦訳
  13. ^ 大田 2013. 位置No.1424/2698-1479/2698
  14. ^ 大田 2013. 位置No.1424/2698-1479/2698
  15. ^ 大田 2013. 位置No.1424/2698-1479/2698
  16. ^ 大田 2013. 位置No.1507/2698-1517/2698
  17. ^ 大田 2013. 位置No.1507/2698-1517/2698
  18. ^ York 2009.
  19. ^ 大田 2013. 位置No.1528/2698
  20. ^ 大田 2013. 位置No.1549/2698
  21. ^ 大田 2013. 位置No.1528/2698-1538/2698
  22. ^ 大田 2013. 位置No.1549/2698
  23. ^ 大田 2013. 位置No.1571/2698
  24. ^ 大田 2013. 位置No.1571/2698
  25. ^ 大田 2013. 位置No.1571/2698
  26. ^ a b 生物圏から精神圏への移行 PAN Japan Library
  27. ^ 大田 2013. 位置No.1580/2698
  28. ^ 大田 2013. 位置No.1507/2698
  29. ^ José Argüelles. The Mayan Factor. 1987. Retrieved on December 11, 2010.
  30. ^ ズミック・ダイアリーは、28日周期13か月 環境意識コミュニケーション研究所
  31. ^ コズミック・ダイアリーには、マヤの神聖暦「ツォルキン」が組み込まれています 13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」環境意識コミュニケーション研究所
  32. ^ ドリームスペル暦の時間の単位で、銀河の計測単位とされる。人もキンで数える。
  33. ^ 第2日:「ドリームスペル」 PAN Japan Library
  34. ^ 13の月の暦関連用語集
  35. ^ 大田 2013. 位置No.1602/2698-1634/2698
  36. ^ 大田 2013. 位置No.1424/2698
  37. ^ 大田 2013 位置No.1432/2698.
  38. ^ 大田 2013. 位置No.1432/2698
  39. ^ 大田 2013. 位置No.1445/2698
  40. ^ 大田 2013. 位置No.1445/2698-1456/2698
  41. ^ 大田 2013. 位置No.1445/2698
  42. ^ 大田 2013 位置No.1445/2698.
  43. ^ 大田 2013. 位置No.1591/2698
  44. ^ 鏡リュウジ・Sugar オカ研 File No.4 マヤ暦&アセンションの真相は? 2 鏡リュウジ公式サイト 2011/12/12
  45. ^ 大田 2013. 位置No.1602/2698
  46. ^ 大田 2013. 位置No.1496/2698-1507/2698
  47. ^ 大田 2013. 位置No.1507/2698
  48. ^ 大田 2013. 位置No.1507/2698
  49. ^ 柳瀬宏秀『マヤの叡智と日本人の魂の融合』 三五館
  50. ^ イベント情報 13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」 環境意識コミュニケーション研究所
  51. ^ 時間の法則 ホゼ&ロイディーン・アグエイアス 通訳 高橋徹・甲斐さやか・滝元隆伸 編集・構成 柳瀬宏秀
  52. ^ このダイアリノー使い方 13の月の暦「コズミック・ダイアリー・インターネット・バージョン」 環境意識コミュニケーション研究所
  53. ^ 第15回 コズミック・ダイアリー講師養成講座
  54. ^ 福岡第1回(全国第5回)コズミック・ダイアリー3日間セミナー

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]