マグレガー・メイザース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マグレガー・メイザース

マグレガー・メイザースMacgregor Mathers1854年1月8日 - 1918年11月21日)は、ロンドン生まれの魔術師。本名はサミュエル・リドル・メイザース(Samuel Liddel Mathers)。表記はマクレガーとも、マザース、マサースとも。

黄金の夜明け団創立者の一人であり、近代西洋儀式魔術の確立者。また、アブラメリン魔術の達人とされる。

略歴[編集]

  • 1877年 - フリーメイソンに入会、本格的に神秘学の研究を開始。
  • 1882年 - 英国薔薇十字協会に入会。
  • 1887年 -『ヴェールを脱いだカバラ』(カバラ文献『ゾーハル』のラテン語訳とその注釈)を翻訳。
  • 1888年 - 魔術結社・黄金の夜明け団を設立。三人の首領の一人となる。
  • 1889年 - 有名なグリモワールソロモンの大いなる鍵』を編集、翻訳。
  • 1890年 - 哲学者アンリ・ベルクソンの実妹ミナと結婚。
  • 1900年 - 黄金の夜明け団分裂。首領を解任され、団を追放される。その後、新たな魔術結社「A∴O∴」を設立。
  • 1903年 - グリモワール『ゲーティア』を翻訳。