授業参観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幼稚園での授業参観

授業参観(じゅぎょうさんかん)とは学校で行われている授業の一環であり、生徒の保護者教室に入り生徒の授業を見ることができる。

概要[編集]

多くの学校では学校行事の一つとして年に数回程度実施している。大抵の場合は幼稚園から高等学校までの実施であるが、専門学校大学の中にも実施しているところが存在する[1][2][3]。 近年では都市部を中心に「学校公開週間」というものも存在し、1週間の間であれば自由に授業参観が可能である。自分の子のクラス以外の授業はもちろん、授業以外の休み時間、給食、掃除、下校指導等も参観対象となる。

問題[編集]

最近ではモンスターペアレントと言われるような

など授業参観中のマナーが悪化してきていることが問題視されている[4][5][6]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 流通科学大学 父母向けの授業公開
  2. ^ 奥羽大学 父兄会・保護者懇談会等の概要
  3. ^ 学校法人 宮城中央学園 お知らせ 授業参観・PTA総会
  4. ^ 授業参観に関するアンケート 調査結果報告書
  5. ^ 「子育てアンケート」結果について
  6. ^ All About お受験を成功に導く子育てとは