新生児呼吸窮迫症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新生児呼吸窮迫症候群
分類及び外部参照情報
ICD-10 P22.
ICD-9 769
OMIM 267450
DiseasesDB 6087
MedlinePlus 001563
eMedicine emerg/15
MeSH D012127
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

新生児呼吸窮迫症候群(しんせいじこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、英語: (Infant) Respiratory Distress Syndrome: (I) RDS)は、新生児呼吸不全の一つ。

概要[編集]

病態・臨床像[編集]

肺の未成熟によって肺サーファクタントが欠乏し、肺コンプライアンスの低下から肺胞虚脱、肺血管抵抗増大の病態を呈する。発症は生後2〜3時間後であり、リスク・ファクターとして下記のようなものがある。

また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。

検査・所見[編集]

呻吟、多呼吸や努力性呼吸が見られ、チアノーゼを呈する。血液ガス分析では、PaO2の低下とPaCO2の増大とアシドーシスが見られる。胸部X線写真ではびまん性細網顆粒状陰影が特徴とされるほか、Xp分類II型以降では気管支内の空気による透亮像(air bronchogram)、IV型ではすりガラス状陰影が見られる。

また、特徴的な検査として、羊水小泡沫安定性試験(マイクロバブルテスト)がある。これは、サーファクタントが直径15μm以下のマイクロバブルを安定させることを利用したもので、100倍の顕微鏡下において、羊水では5/mm2未満,胃液では10/mm2未満のweakであれば、ほぼ確定診断となる。

治療[編集]

治療は、人工サーファクタントの投与と呼吸管理による。この人工サーファクタントとしては、田辺三菱製薬サーファクテンが多用されている。投与は、生食液(120mg/4mL)によく懸濁して、120mg/kgを生後8時間以内に気管内に注入することで行なう。肺内に行きわたるように、投与は4,5回に分けて行ない、1回ごとに体位変換する。サーファクテンにおいて副作用は報告されていない。

また、PDAが併存している場合は、これに対する標準的な治療であるシクロオキシゲナーゼ阻害剤(インドメタシンなど)投与が行なわれる。PDA併存例の場合、RDSが治療によって改善すると肺血管抵抗が低下するため、動脈管を介しての左→右シャントが増大して心不全を来たす恐れがあることから、PDAの治療を並行して進めることが重要である。

新生児一過性多呼吸[編集]

新生児一過性多呼吸
分類及び外部参照情報
ICD-10 P22.1
ICD-9 770.6
DiseasesDB 32373
MedlinePlus 007233
eMedicine ped/2597 radio/710
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

新生児一過性多呼吸Transient tachypnea of the newborn: TTN)は、wet lung, II型RDSと呼ばれていたもので、出生直後において、肺胞液や羊水の吸収遅延からRDS様の症状を呈する。帝王切開での出生児に多く見られる。

診断は、生後6時間以内に出現する多呼吸(60回/分)を伴う呼吸障害について、除外診断によって行なわれる。多くの場合は多呼吸を主訴とし、呼吸音は清明、胸部単純X線像では肺門部血管陰影の増強と末梢肺野でのair trappingが認められる。小泡沫安定性試験は通常は陽性である。

症状こそRDSに似ているものの病態はまったく異なり、通常は30〜40%の酸素投与によって後遺症なく治癒する。また、5cmH2O程度の持続気道陽圧(CPAP)を加えることも有効である。ただし、肺胞からの血清成分漏出で二次的にサーファクタント欠乏を起こして重症化することがあり、この場合はRDSと同様のサーファクタント補充療法が行なわれる。

参考文献[編集]

  • 大関武彦, 古川漸, 横田俊一郎 『今日の小児治療指針 第14版』 医学書院、2006年ISBN 978-4-260-00090-1
  • 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川清, 矢崎義雄 『新臨床内科学 第8版』 医学書院、2002年ISBN 978-4-260-10251-3