扁桃周囲膿瘍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
扁桃周囲膿瘍
別称 Quinsy, quinsey
PeritonsilarAbsess.jpg
Right sided peritonsillar abscess
診療科 Otorhinolaryngology
症候学 Fever, throat pain, trouble opening the mouth, change to the voice[1]
原因 Multiple types of bacteria[1]
リスクファクター Streptococcal pharyngitis[1]
診断法 Based on the symptoms[1]
鑑別 Retropharyngeal abscess, infectious mononucleosis, epiglottitis, cancer[1]
合併症 Blockage of the airway, aspiration pneumonitis[1]
治療 Remove pus, antibiotics, fluids, pain medication, steroids[1]
頻度 ~3 per 10,000 per year (USA)[1]

扁桃周囲膿瘍(へんどうしゅういのうよう)または、扁桃腺炎(へんとうせんえん)は、感染により扁桃腺の後部にが貯留する疾患である[2]。症状には、発熱、のどの痛み、開口障害、声の異変などがあげられる[1]。通常、痛みは片側に偏る[1]。合併症には、気道の閉塞または誤嚥性肺炎があげられる[1]

一般的に扁桃腺炎は多種の細菌による感染が原因である[1]レンサ球菌性咽頭炎にかかった後に発症することがよくある[1]。通常、扁桃摘出術をした人には発症しない[1]。診断は一般的に症状に基づいて行われる[1]。合併症の可能性を除外するために医用画像処理が使用される場合がある[1]

治療は、膿の摘出、抗生物質投与、十分な水分補給、鎮痛剤投与である[1]ステロイドが有用な場合もある[1]。一般的に入院は不要である[1]。米国での罹患率は、年間10,000人あたり約3人である[1]。扁桃腺炎が最も多く診られる年齢層は若年成人である[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Galioto, NJ (15 April 2017). “Peritonsillar Abscess.”. American Family Physician 95 (8): 501–506. PMID 28409615. 
  2. ^ Tonsillar Cellulitis and Tonsillar Abscess - Ear, Nose, and Throat Disorders - Merck Manuals Consumer Version”. Merck Manuals Consumer Version. 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]

分類
外部リソース