拘束性肺疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
拘束性肺疾患
分類および外部参照情報
ICD-9-CM 518.89
eMedicine med/2012

拘束性肺疾患(こうそくせいはいしっかん, 英語: Restrictive lung disease)とは、呼吸器疾患の一つで、の容積減少に伴う肺活量の減少を主徴候とするものを指す。間質性肺炎がその代表であり、続発性の拘束性肺疾患を除けば、両者はほぼ等価である。

共通の所見として動脈血酸素分圧の低下、動脈血二酸化炭素(ガス)分圧の増加、ベルクロラ音(有響性の捻髪音)、%肺活量低下などが挙げられるが、1秒率に変化があらわれないという特徴を持つ。突発性間質性肺炎肺線維症)、サルコイドーシス塵肺等が含まれる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]