エンテロウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンテロウイルス
分類(ウイルス)
: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
: ピコルナウイルス目 Picornavirales
: ピコルナウイルス科 Picobirnaviridae
: エンテロウイルス属 Enterovirus

エンテロウイルス(enterovirus;EV)はピコルナウイルス科のエンベロープのない一本鎖RNAウイルスである。腸管内で増殖するウイルスの総称のため、腸管ウイルスともいう。

腸管ウイルスは、ポリオ・コクサッキー・エコーの各ウイルスを含むが、新たに発見されたものについてはEV68~71,73と命名されている。日本の手足口病患者から検出されるのは主としてコクサッキーA16とエンテロウイルス71である。EVは経口あるいは糞口感染する。エンテロウイルス71の中枢神経合併症(無菌性髄膜炎脳炎)には重篤なものがあるので注意を要する。ウイルスは胃液の強酸や膵液のアルカリで死滅することなく消化管(特に腸)の中で増殖する。免疫は形成されるがワクチンは無い。予防には良く手を洗う。食肉が汚染されている場合はよく火を通してから食べる。

症状[編集]

感染しても何の症状もない人が多い。症状が出る場合、かぜ症候群インフルエンザ様症状を起こすこともある。子どもの夏カゼの代表としてよく知られる手足口病、ヘルパンギーナを起こす。新生児が感染した場合、心臓や肝臓など多くの臓器に感染し死亡する事もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]