カリシウイルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリシウイルス科
Calicivirus.jpg
カリシウイルスの電子顕微鏡像
分類(ウイルス)
: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
: カリシウイルス科
Caliciviridae

カリシウイルス科(Family Caliciviridae)とはウイルスの分類における一科で、5属7種に分類されている。[1]。カリシウイルス科に属するウイルスは直径30~38nmの正二十面体構造のビリオンを形成し、単一のプラス鎖一本鎖RNAゲノムに持ち、2-3種類のORFが存在する。エンベロープを持たないためクロロホルムエーテルに対する耐性を持つ。酸(pH3-5)によって不活化される。ネガティブ染色による電子顕微鏡観察ではビリオンは「ダビデの星」と呼ばれる特徴的な形態を示す。

宿主は脊椎動物で、ヒトウシブタネコイルカニワトリ爬虫類両生類などが知られている。代表的な種としては、ヒトなどの感染性胃腸炎の原因となるノーウォークウイルス、ネコの呼吸器疾患を引き起こす猫カリシウイルス、ウサギに出血病を起こす兎出血病ウイルスが挙げられる。

分類[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Virus Taxonomy: 2014 Release”. 2015年6月15日閲覧。
  • 鹿江雅光、新城敏晴、高橋英司、田淵清、原澤亮編 『最新家畜微生物学』 朝倉書店 1998年 ISBN 4254460198
  • 原澤亮 「動物ウイルスの新しい分類(2005)」 『獣医畜産新報』 58号 921-931頁 2005年