YGエンターテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 YGエンターテインメント
YG Entertainment Inc.
YG Entertainment Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 KRX: 122870
略称 YG
本社所在地 大韓民国の旗 大韓民国
ソウル特別市麻浦区
設立 1996年3月
業種 サービス業エンターテインメント
事業内容 音楽制作、音楽出版、アーティストマネージメント
代表者 ファン・ボギョン(代表取締役
従業員数 254人
主要株主
主要子会社 YGエンターテインメントジャパン
YGEX
外部リンク https://www.ygfamily.com
テンプレートを表示

YGエンターテインメント: YG Entertainment: YG 엔터테인먼트)は、韓国芸能プロダクションである。キャッチコピーは「VIBE THE NEW FLOW」。

1996年に歌手のヤン・ヒョンソク(梁玄錫)によって、「ヒョン企画」として設立された。現在では、SMエンターテインメントJYPエンターテインメントと共に韓国三大芸能事務所に挙げられる[1]

アーティストの自主性を重んじる社風で、2012年に江南スタイルで世界的に知られたPSYに代表されるように、多くのアーティストが自ら楽曲やパフォーマンスのプロデュースを行う。代表的な所属アーティストとしては、日本を始め海外市場でも成功したBIGBANG2NE1WINNERiKONBLACKPINKなどが挙げられる。また、チェ・ジウカン・ドンウォンなど海外で広く知られる有名俳優も多数所属する[2]

沿革[編集]

1996年3月、元ソテジワアイドゥルのメンバーであるヤン・ヒョンソクによって、「ヒョン企画」として設立された。

同年7月に3人組男性アイドルグループ「KEEP SIX」を輩出するも、失敗に終わった。

1997年には、男性アイドルデュオ「JINUSEAN」、4人組男性アイドルグループ「1TYM」、ヒップホップ歌手ペリーなどを輩出。正統派ブラックミュージックで勝負をかけて成功した。

2003年、美少年イメージの男性歌手SE7ENを輩出させ、それまでの10代歌手市場を攻略。2005年2月23日には、SE7ENを日本に進出させて音楽スタイルをJ-POPに変えるなど、現地化戦略を駆使して市場を海外へ拡大した。

2011年7月、日本のavexとの合同レーベル「YGEX」を設立[3][4]

同年11月23日、KOSDAQへ上場。

2019年、BIGBANGV.Iが関与したバーニング・サン事件iKONのB.Iによる違法薬物使用など様々な疑惑が浮上し、騒動となる[1]。これを受けて、同年6月14日にヤン・ヒョンソク代表及び実弟のヤン・ミンソクが代表取締役から退任[5][6]。6月20日、経営支援本部長で専務のファン・ボギョンが代表取締役に就任した[7]

系列会社[編集]

  • YGエンターテインメントジャパン(2007年 - ) - 日本法人
  • YGEX(2011年 - ) - 日本のavexとの合同レーベル[3][4]
  • NONA9ON(2012年 - ) - 韓国の第一毛織との合同ファッション会社
  • YG PLUS(2014年 - )- YGエンターテインメント・HYBE LABELS所属アーティストのレコードレーベル、プラットフォーム子会社
  • YG KPLUS(2014年 - ) - 韓国のK PLUSとの合同モデルマネージメント会社
  • YG SPORTS(2015年 - ) - 韓国のG-ADコミュニケーションズとの合同アスリートマネージメント会社
  • HIGHGRND(2015年 - 2018年) - EPIK HIGHのTABLOによる社内レーベル
  • THE BLACK LABEL(2015年 - ) - パク・テディによる社内レーベル
  • PSYG(2016年 - 2018年) - PSYによる社内レーベル
  • moonshot(2016年 - ) - 化粧品子会社
  • YG STUDIOPLEX(2017年 - ) - 韓国のBARAMI BUNDAとの合同テレビドラマ制作会社
  • YGX Entertainment(2018年 - ) - エンターテインメント子会社
  • YGMM(2021年 - ) - タイのGMMグラミーとの合同エンターテインメント会社[8]

企業提携[編集]

韓国内では2002年に、M-Boatエンターテイメント、ウングン・エンターテイメント、Yamazoneミュージック、Booda Soundと提携している。

2005年頃から市場を海外へ拡大し始め、日本ネクスター・レコード[9]エイベックス・グループ[10]中国の21イースト・エンターテイメント、タイのGMMインターナショナル、フィリピンユニバーサルミュージック[11] と提携を結んだ。

所属[編集]

YGエンターテインメント所属のアーティスト、俳優、スタッフは総称して「YG FAMILY」と呼ばれる。YG FAMILYは、これまでに6枚の共同アルバムを制作し、3回の合同ワールドツアーを開催した。

アーティスト[編集]

グループ[編集]

役者[編集]

プロデューサー[編集]

  • パク・テディ
  • ペリー
  • Choice37
  • BIG TONE
  • チェ・ピルガン(P.K)
  • ハム・スンチョン
  • カン・ウクジン
  • DEE.P
  • レベッカ・ジョンソン
  • R.tee
  • MILLENIUM
  • AiRPLAY

過去所属[編集]

アーティスト[編集]

  • KEEP SIX(1996年)
  • JINUSEAN(1997年 - 1998年)
  • 1TYM(1998年 - 2006年)
  • Masta Wu(2000年 - 2016年)
  • フィソン(2002年 - 2006年)
  • GUMMY(2003年 - 2013年)
  • BIGMAMA(2003年 - 2007年)
  • SE7EN(2003年 - 2015年)
  • 2NE1(2009年 - 2016年)
  • PSY(2010年 - 2018年)
  • イ・ハイ(2012年 - 2019年)
  • EPIK HIGH(2012年 - 2018年)
  • ケイティ・キム(2014年 - 2018年)
  • ONE (チョン・ジェウォン)(2015年 - 2019年)

作品[編集]

YG FAMILY名義の作品を記載。

アルバム[編集]

  • Famillenium(1999年7月29日)
  • YG Family 2 (WHY BE NORMAL?)(2002年10月24日)
  • Color Of The Soul Train(2003年12月18日)
  • YG 10th (10th Anniversary Album)(2006年9月1日)
  • 15th Anniversary 2011 YG Family Concert Live(2012年4月18日)
  • 2014 YG Family Concert in Seoul Live(2014年11月28日)

公演[編集]

YG FAMILYによる合同コンサートを記載。

ワールドツアー[編集]

  • YG Family's 10th Anniversary World Tour -past present & the future-(2006年)
  • 15th ANNIVERSARY 2011 YG FAMILY CONCERT(2011年 - 2012年)
  • YG FAMILY WORLD TOUR 2014 -POWER-(2014年4月12日 - 10月25日)[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “ヤン・ヒョンソク氏辞任にもその影響力に余波が広がる”. KBS WORLD. (2019年6月19日). https://www.kbsworld.ne.jp/entertainment/view?blcSn=51465 2021年5月4日閲覧。 
  2. ^ ““ハリウッドでも大活躍”スヒョン、YG ENTERTAINMENTとの専属契約が決定!今後の活動にも期待”. Kstyle. (2021年3月17日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2164479 2021年5月4日閲覧。 
  3. ^ a b “エイベックス :韓国YGと新レーベル「YGEX」設立 BIGBANG、2NE1ら所属アーティスト登場” (日本語). まんたんウェブ. 東京都: 毎日新聞社. (2011年7月21日). オリジナルの2012年7月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/c7Ru 2011年7月22日閲覧。 
  4. ^ a b “エイベックス、BIG BANGら所属の韓国大手音楽プロダクションと新レーベル設立” (日本語). オリコン. 東京都. (2011年7月21日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2000016/full/ 2011年7月22日閲覧。 
  5. ^ YGヤン・ヒョンソク代表、本日(6/14)付けで辞任「全ての役職から退く」(公式全文)Kstyle 2019/6/14
  6. ^ YGヤン・ミンソク代表取締役、兄のヤン・ヒョンソク代表と辞任へ…公式発表「真実は必ず明らかになる」Kstyle 2019/6/14
  7. ^ YG ENTERTAINMENT、新代表取締役に女性…ファン・ボギョン氏を選任「困難な時期で責任を感じる」Kstyle 2019/6/20
  8. ^ YGMMを設立、タイのGMMグラミーと韓国のYGエンターテインメントが合弁 | タイランドハイパーリンクス”. タイランドハイパーリンクス (2021年5月25日). 2021年7月12日閲覧。
  9. ^ Korean Pop Seeps Into Japan
  10. ^ 2NE1 on Avex
  11. ^ It's Confirmed! Universal Records Will Release 2NE1 Albums!
  12. ^ BIGBANG、2NE1、PSYらが出演する「YG Family Concert in Japan」再び!!”. YGEX (2014年1月17日). 2021年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]