象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(しょうちょうとしてのおつとめについてのてんのうへいかのおことば)とは、2016年平成28年)8月8日15時に日本で放送された、第125代今上天皇自らによるビデオ映像を用いて国民向けに発した「おことば」である[要高次出典][1]

正式名称は特に定まっていないが[要出典]宮内庁の公式サイトにおいては、「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」のタイトルを使用しており[要高次出典][2]、本項でも便宜上このタイトルを用いることとする。

概説[編集]

2016年7月13日にNHKが『NHKニュース7』冒頭において「天皇が数年内の生前退位の意向を示していることが宮内庁関係者への取材で分かった」とスクープした。宮内庁側は、「(報道されたようなことは)「あり得ない」「事実とは異なる」等といったように否定をしたが[要高次出典][3][要高次出典][4]、8月4日に天皇自身による「おことば」が放送されることが発表された[4]

7日に宮殿執務室において「おことば」の朗読を収録し、翌8日15時をもって解禁、地上波テレビ各局で急きょ編成された特別番組内で放送された[要高次出典][5]

「おことば」の中で天皇は「憲法上の制約により、具体的な制度についての言及は避ける」と述べていたが、放送に至る経緯から「生前退位の意向をにじませる内容であった」と報道される[要高次出典][6][7]

政府は、「おことば」の放送が終わった直後に安倍晋三内閣総理大臣がコメントを発表[要出典]。その後、内閣官房を事務局とする「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が立ち上げられた[要高次出典]

備考[編集]

  • 天皇の生前退位(次期皇位継承者への譲位)は1817年(文化14年)の光格天皇以来行われていない[要高次出典][8]。現行の「皇室典範」には天皇が退位する規定はなく、天皇は即位したら崩御(死去)するまで天皇の位にある「終身制」が採用されているため、生前退位を実現するには皇室典範の改正や特別法の制定などの法整備が必要である[要高次出典][9][7]。しかしながら、日本国憲法では「天皇は国政に関する一切の権能を有さない」(第4条)と規定されているため、天皇が退位の意向を明確にし、法整備を求めることは憲法に違反する恐れがあった[要高次出典][9]
  • 今上天皇が国民を対象とした「おことば」を発表したのは、2011年の「東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば」に続いて2回目[要高次出典][10]。宮内庁関係者は、ビデオメッセージという形式を選択した理由について「天皇陛下のお気持ちを国民に分かりやすく正確に伝える」ためとしている[要高次出典][9]。発表後、宮内庁ウェブサイトに英語訳を含めた全文が掲載され、ビデオメッセージも公開(WMP使用)された[要出典]
  • 同年12月23日の天皇誕生日に伴う記者会見で天皇は「多くの人々が耳を傾け、親身に考えてくれている」と感謝の意を示し、おことばを「内閣とも相談」しながら表明したと述べた[要高次出典][11]
  • 宮内庁長官羽毛田信吾によると、6年前の平成22年(2010)の「参与会議[要高次出典][12]」の席で譲位についての議論が始まっていたという[要高次出典][13]

「おことば」抜粋[編集]

(前略) これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,にとり,国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。
(前略) 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。
天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。
(前略) これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。国民の理解を得られることを,切に願っています。 — 第125代今上天皇[要高次出典]

「おことば」の構成[編集]

今回の「おことば」は7つのポイントに整理されている。[要高次出典][14]

  • (A)老齢の今、個人としての意見を明らかにしたい
  • (B)象徴天皇としての行動を貫いてきた
  • (C)老齢の今、肉体的に不安
  • (D)私の28年間の活動について
  • (E)摂政には疑問
  • (F)天皇の終焉時一連の儀式
  • (G)国民の理解を求める

内容に関する項目[編集]

関連する法[編集]

皇室典範第4条
天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。
同第16条2項
天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、国事に関する行為をみずからすることができないときは、皇室会議の議により、摂政を置く。
同第22条
第16条第2項の故障がなくなつたときは、皇室会議の議により、摂政を廃する。
同第25条
天皇が崩じたときは、大喪の礼を行う。

経緯[編集]

社会の反応[編集]

  • 皇后美智子[要高次出典]は10月20日の自身の誕生日で「私は以前より、皇室の重大な決断が行われる場合、これに関わられるのは皇位の継承に連なる方々であり、その配偶者や親族であってはならないとの思いをずっと持ち続けておりましたので、皇太子秋篠宮ともよく御相談の上でなされたこの度の陛下の御表明も、謹んでこれを承りました。ただ、新聞の一面に「生前退位」という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした。それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。私の感じ過ぎであったかもしれません。」と述べた[要高次出典][18]
  • 皇太子徳仁親王[要高次出典]今上天皇第一皇男子・次期天皇)平成29年2月21日お誕生日に際しの会見で「〈前略)私自身は折に触れて陛下のお考えを直接お聞かせいただいたり,あるいは,そのお姿やお話しぶりから推し量ることもございましたので,(天皇陛下のお考えを)明確にいつどの機会にどういった形でということを申し上げるのは難しいと思います。
天皇陛下には,御即位以来,長年にわたり象徴天皇としてのお務めを果たされる中で,そのあるべき姿について真摯に模索してこられました。今回のお考えは,そうした模索と熟慮の結果を踏まえ,また,内閣を始め主な関係者とも御相談なさった上で,おまとめになられたものであろうと思います。(中略)両陛下が一つ一つの行事を大切に思われ,真摯に取り組まれるお姿を間近に拝見してまいりました。ですので,今回,陛下がおことばの中で「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないか」と御案じになられていることに,とても心を揺さぶられましたが,同時に陛下のお気持ちがそこに至った背景につきましては十分お察し申し上げていると思います。私といたしましては,陛下のお考えを真摯に重く受け止めますとともに,今後私自身が活動していくのに当たって,常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたいと思います。
また,両陛下の御健康を御案じ申し上げつつ,両陛下には,お身体をお大切になさり,末永くお元気でいらっしゃることを心から願っております。それとともに,これからは,御自身のためにお使いになる時間をもう少しお取りになれるとよろしいのではないかと思っています。
象徴天皇については,陛下が繰り返し述べられていますように,また,私自身もこれまで何度かお話ししたように,過去の天皇が歩んでこられた道と,そしてまた,天皇は日本国,そして日本国民統合の象徴であるという憲法の規定に思いを致して,国民と苦楽を共にしながら,国民の幸せを願い,象徴とはどうあるべきか,その望ましい在り方を求め続けるということが大切であると思います。陛下は,おことばの中で「天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」と述べられました。〈中略)ふだんの公務などでも国民の皆さんとお話をする機会が折々にありますが,そうした機会を通じ,直接国民と接することの大切さを実感しております。
今お話のあったような,天皇に関しては二つの考え方(天皇というのは存在自体が重要である、と活動してこそが象徴天皇である)があるということは私も承知しております。そして今,会見の席でもお話ししましたように,私としましても,象徴天皇の在り方というのをいろいろ本当に真摯に考えてまいっているところであります。象徴天皇についていろいろな考え方があるということは私も承知しておりますが,私自身としては,やはりいろいろと今後とも勉強しながら,象徴天皇の在り方というものを,今の陛下の例に倣いつつ考えていきたいと思っております。」[要高次出典][19]
  • 秋篠宮文仁親王[要高次出典]今上天皇第二皇男子・皇位継承順位第2位・次期皇太子待遇)11月22日の自身の誕生日会見で。「(前略)当日は家族全員でその時間テレビで流れた映像を見ました。いつ、どのような形でということですが(中略)はっきりしたこの時という記憶はありません。ただ,かなり以前のことだったと思います。(中略)即位されてから,陛下は象徴というのはどのようにあるべきかということをずっと考えてこられてきたわけです。その一方で,ご自身が考えている象徴としてのお務めが,高齢になってそれが果たせなくなる時が来るだろうということも考えておられました。そのようなことから今回のお話になったわけですが,そのお気持ちをできるだけ多くの国民にも知ってもらいたいという考えを持っておられました(中略)私自身としては,長い間考えてこられたことをきちんとした形で示すことができた,これは大変良かったことだと思いますし,話されるにしても様々な制限がある中で,最大限にご自身の考えを伝えられたのではないかと考えております。[要高次出典][20]
  • 第97代内閣総理大臣[要高次出典]安倍晋三は「本日天皇陛下よりお言葉がありました。私としては天皇陛下ご自身が国民に向けてご発言されたことを重く受け止めています。天皇陛下のご公務のあり方などについては、天皇陛下のご年齢やご公務の負担の現状に鑑みるとき、天皇陛下のご心労に思いをいたし、どのようなことができるのか、しっかり考えて決めなければいけないと思っています。」と記者団にコメントした[要高次出典][21]
  • 第9代宮内庁長官[要高次出典]風岡典之は公表を考え始めた時期について、去年から今後の象徴のあり方を公にするのがふさわしいと考え、陛下の考えが深まり、準備が整った今の時期になったと話した[要高次出典][22]。また記者会見では、「お気持ちが、広く国民に理解されることを願う」と述べた[要高次出典][23]
  • 菅義偉第82代内閣官房長官[要高次出典]は、天皇陛下が国民にお気持ちを表されたのを受けて、臨時に記者会見し、公務の在り方について憲法の規定を踏まえたうえで、引き続き、考えていくべきものだという認識を示した。また、天皇陛下のお言葉が憲法に抵触するかどうかについて、「国政に影響を及ぼすようなご発言ではなく、憲法との関係で問題になるというふうには考えていない」と述べた[要高次出典][23]
  • 海外メディアは8日、陛下のお気持ちや皇室典範の改正問題に触れながら「生前退位の意思を表明」などと速報し、関心の高さを示した。また、陛下の生前退位に理解を示す専門家もいた[要高次出典][24]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NHKなどは「おことば」ではなく「お気持ち」という言葉を使用している[要出典]
  2. ^ 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば”. 宮内庁 (2016年8月8日). 2017年1月31日閲覧。[要高次出典]
  3. ^ 宮内庁次長は全面否定「報道の事実一切ない」 生前退位 2016年7月13日 朝日新聞DIGITAL[要高次出典]
  4. ^ a b c d 天皇陛下、ビデオで「お気持ち」…生前退位巡り 2016年8月4日 YOMIURI ONLINE[要高次出典]
  5. ^ 天皇陛下きょう「お気持ち」表明、テレ東・MX含む地上波全局放送の異例体制”. 株式会社マイナビ (2016年8月8日). 2017年1月31日閲覧。[要高次出典]
  6. ^ 天皇陛下 お気持ち表明 象徴の務め「難しくなる」 2016年8月8日 毎日新聞[要高次出典]
  7. ^ a b 【産経新聞号外】天皇陛下が「生前退位」に強いご意向(1) (PDF)”. 産経新聞社 (2016年8月8日). 2017年2月2日閲覧。[要高次出典]
  8. ^ 坂東太郎 (2016年8月8日). “「天皇の生前退位」皇室典範の規定は? 早稲田塾講師・坂東太郎の時事用語 | THE PAGE(ザ・ページ)”. ワードリーフ株式会社. 2017年2月2日閲覧。[要高次出典]
  9. ^ a b c 天皇陛下の「お気持ち」、8日午後3時公表”. 日本経済新聞社 (2016年8月5日). 2017年2月2日閲覧。[要高次出典]
  10. ^ 天皇陛下 午後3時からお気持ち表明 - 2016年8月8日 NHK NEWS WEB(インターネットアーカイブ)[要高次出典]
  11. ^ 天皇陛下お誕生日に際し(平成28年) 宮内庁[要高次出典]
  12. ^ 宮内庁関係の要職を卒えた方など数名が、天皇陛下から委嘱を受けて御相談にあずかるための毎月1回ほどの会合[要出典]
  13. ^ 実は6年前から考えていた、天皇「生前譲位」の真相 exciteニュース[要高次出典]
  14. ^ 『天皇陛下『生前退位」への想い』 保阪正康 毎日新聞出版 2016年 p59[要高次出典]
  15. ^ 宮内庁次長は全面否定「報道の事実一切ない」 生前退位 2016年7月13日 朝日新聞DIGITAL[要高次出典]
  16. ^ 「NHKの「生前退位」スクープ 手引きの宮内庁幹部を安倍官邸が更迭」週刊新潮 2017年2月16日梅見月増大号 2017/2/8発売[要高次出典]
  17. ^ 「NHKに新聞協会賞 「生前退位」の意向を特報」産経ニュース2016.9.7 17:39更新[要高次出典]
  18. ^ 生前退位 皇太子さま、秋篠宮さまと「よく御相談」 皇后さま、お誕生日ご回答全文 産経ニュース[要高次出典]
  19. ^ 皇太子殿下お誕生日に際し(平成29年) 宮内庁[要高次出典]
  20. ^ 文仁親王殿下お誕生日に際し(平成28年) 宮内庁[要高次出典]
  21. ^ ハフィントン・ポスト 安倍晋三首相「重く受け止める」、天皇陛下の生前退位意向を受けコメント(全文)[要高次出典]
  22. ^ 日テレ 天皇陛下の「お気持ち」受け宮内庁は[要高次出典]
  23. ^ a b NHK NEWS WEB 特設 天皇陛下 お気持ち表明[要高次出典]
  24. ^ 天皇陛下お気持ち 海外から高い関心 生前退位に理解多く 毎日新聞[要高次出典]

外部リンク[編集]