親民党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華民国の旗 中華民国台湾)の政党
親民党
親民黨(People First Party)
党首 宋楚瑜
秘書長 秦金生
成立年月日 2000年3月31日
本部所在地
〒100
台湾台北市中山区長安東路二段63号1楼
立法院議席数
(3%)
3 / 113
2012年1月現在)
党員・党友数
68,534
2005年
公式サイト 親民黨全球資訊網
国際組織 未加盟
テンプレートを表示

親民党(しんみんとう)は、中華民国台湾)の政党[1]2000年中国国民党秘書長(幹事長)、台湾省長を歴任した宋楚瑜が結党した泛藍連盟に属する政党である。

概要[編集]

親民党は、2000年総統選を契機に結党された。総統選挙の際に、中国国民党は候補者や公約政策を巡って広く分裂し、国民党は連戦副総統(当時)を公認候補に立てたが、李登輝の政策に批判的な宋楚瑜が国民党を脱党して独自に立候補した。

その結果、宋は総統選に敗れたはしたものの、国民党公認の連戦を大きく上回る466万票超を獲得し大健闘したため、国民党や新党から相当数の党員を獲得し親民党を結党した。

親民党は結党直後に党規約を通じて、立憲政治、人権国家の安全、司法の革新、警察の治安、経済発展、社会福祉、文化教育、族群、環境保護などの10項目に及ぶ政策の主張を出した。その後、親民党は国民党と泛藍連盟として共闘関係に入り、2004年総統選では、連戦・国民党主席を総統候補に、宋楚瑜・親民党主席を副総統候補に擁立して選挙に臨んだ。しかし、僅差で民進党の現職陳水扁候補に敗れ、政権獲得はならなかった。また、同年暮れの第六回中華民国立法委員選挙では議席を34に減らした。

2005年には国民党主席の連戦の訪中に引き続いて、宋楚瑜も北京を訪問して胡錦濤中国共産党総書記と会談し、台湾独立反対で一致した。しかし、宋楚瑜は2006年台北市長選挙で惨敗して政界引退を表明。2008年第七回中華民国立法委員選挙で1議席しか獲得できず、2010年には唯一の議員の選挙違反事件で失職し、全議席を失った。

親民党は何度も国民党への吸収合併がささやかれたが、宋楚瑜は2012年総統選に三度目の総統選出馬を表明し、注目を集めた。宋楚瑜は惨敗したが、親民党は同時選挙の第八回中華民国立法委員選挙で3議席を獲得した。

歴代主席[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 《内政部備案政黨名冊》,2012年(民国101年)1月16日(繁体字中国語),2012年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]