ダンカン・ホールデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンカン・ホールデン
Duncan Haldane.jpg
生誕 (1951-09-14) 1951年9月14日(67歳)[1]
イギリスの旗 イギリス ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 物性物理学の凝縮系理論
研究機関 プリンストン大学
ベル研究所
出身校 クライスツ・カレッジ (ケンブリッジ大学)
博士課程
指導教員
フィリップ・アンダーソン
主な業績 分数量子ホール効果のホールデン擬ポテンシャル
主な受賞歴 ICTPのディラック賞 (2012年)
ノーベル物理学賞 (2016年)
公式サイト
physics.princeton.edu/~haldane/
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2016年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:物質のトポロジカル相とトポロジカル相転移の理論的発見

フレデリック・ダンカン・マイケル・ホールデン: Frederick Duncan Michael Haldane1951年9月14日 – )は、イギリス出身の物理学者プリンストン大学の物理学部で教授(Eugene Higgins Professor of Physics)を務めている。彼は2016年にノーベル物理学賞デイヴィッド・J・サウレスジョン・M・コステリッツと共同受賞した[2]

業績[編集]

彼は凝縮系物理学の基盤に関わる幅広い研究で知られており、例えば朝永–ラッティンジャー液体の理論、1次元スピン鎖の理論、分数量子ホール効果の理論、排他統計、エンタングルメント・スペクトル、ほか多数がある。

科学アカデミー会員[編集]

受賞歴[編集]

  • アメリカ物理学会のオリバー・E・バクリー凝縮系理論賞 (Oliver E. Buckley Condensed Matter Prize) (1993年)
  • ローレンツ・チェア(2008年)
  • ICTPのディラック賞(2012年)[3]
  • ノーベル物理学賞(2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Array of contemporary American physicists”. American Physical Society. 2012年4月23日閲覧。
  2. ^ Devlin, Hannah (2016年10月4日). “British trio win Nobel prize in physics 2016 for work on exotic states of matter – live”. the Guardian. 2016年10月4日閲覧。
  3. ^ F. Duncan M. Haldane”. Princeton University. 2011年7月2日閲覧。