アダマ・バロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アダマ・バロウ
Adama Barrow
Adama Barrow 2016.jpg
2016年のバロウ
ガンビアの旗 第3代 ガンビア共和国大統領
就任
2017年1月19日[注釈 1]
前任者 ヤヒヤ・ジャメ
個人情報
生誕 1965年2月16日
Flag of The Gambia (1889-1965).svg ガンビア植民地及び保護領英語版(現ガンビアの旗 ガンビア)、マンカマン・クンダ村
政党 無所属2016年~)
統一民主党英語版(~2016年)
協力政党 同盟2016英語版[3]
配偶者 Fatou Bah-Barrow(正妻)
Sarjo Mballow-Barrow(第二妻)[4]
子供 5人(内1人は死亡)
宗教 イスラム教スンニ派


アダマ・バロウ英語:Adama Barrow、1965年2月16日 - )は、ガンビア政治家。現在、同国大統領(第3代)。不動産開発業者でもある。

ガンビアにとって1965年イギリスからの独立後、民主的に大統領に就任した初の人物である。初代のダウダ・ジャワラ共和制移行に伴い首相から大統領に転身し、2代目のヤヒヤ・ジャメクーデターによって政権を掌握した(ただし、二人とも選挙による再選は経験している)。

経歴[編集]

CEOになるまで[編集]

1965年2月16日英領ガンビア英語版ガンビア川上流地方首府のバセ・サンタ・ス近くのマンカマン・クンダ村に生まれた[5]

2月18日ガンビアイギリスから独立した。

地元のコバ・クンダ小学校に学んだ後、首都バンジュールのクラブ島中学校とムスリム高校英語版で学んだ。

エネルギー企業のAlhagie Musa & Sonsに就職し、販売管理人になった。

2000年代初頭にロンドンに移住し、不動産を学びながら警備員として働いた[6][7][8]

2006年に帰国すると、Majum不動産を開業し、2016年までCEOを務めた[6][9][10]

2016年大統領選挙[編集]

2016年10月30日野党7党の大統領候補に選ばれ、統一民主党英語版に所属した[11][12][13][14]

11月3日、統一民主党を抜け、同盟2016英語版 の支援を受けて無所属で出馬した[15][16]。 バロウの公約

  1. ガンビアをイギリス連邦に戻す。
  2. 国際刑事裁判所に加盟する[17]
  3. 国防軍を政治から遠ざける[18]
  4. 野党の政治家で暫定政権を創り、自分は3年以内に退任する[17][19]

11月1日に投票が行われ、結果は

  1. アダマ・バロウ:43.34%
  2. ヤヒヤ・ジャメ(現職):39.6%
  3. ママ・カンデー英語版:17.1%

となった[13][20]。 ジャメは選挙結果を受け入れ、権力の円滑な移行を主張した。

12月10日、ジャメは前言を翻し、選挙結果を完全に拒否すると宣言した。 国連安保理はジャメに対し、「主権者たるガンビア国民の選択を尊重する」事を求めた。 アフリカ連合はジャメの主張を「無効である」と宣言した。 アメリカ合衆国や隣国セネガル西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)等もジャメを非難した[20]。 バロウは身を守る為にセネガルに避難した。 ジャメは平和的権力移行を拒否し、最高裁判所に選挙結果の判断を求めた[21]。 最高裁判所長官は判断には最低4ヶ月かかると宣言した。 ジャメはバロウの就任の宣誓を防ぐ為、非常事態宣言を発した。

2017年1月19日、バロウはセネガルの首都・ダカールのガンビア大使館で就任式を行い、第3代大統領に就任した[1]。 同日、ECOWASに所属するセネガルやナイジェリアガーナがガンビアに軍事介入し、ジャメの出国を求めた。 ガンビア軍は軍事介入に抵抗せず、ジャメの地元のカニライ英語版で小規模な衝突が起きただけだった。 ECOWASは侵略を数時間で終え、ジャメに最後の機会を与えた。

1月21日、ジャメはガンビアを出国した[2]

1月26日、バロウがガンビアに帰国した。 何百人もの国民がバンジュール国際空港でバロウを歓迎した[22]。 約2500人のECOWAS兵が国の安定化の為に駐留した[23]。 バロウはECOWAS兵に6ヶ月間駐留するよう求めた[23]

大統領就任[編集]

1月28日、国名をジャメが2015年に変更した「ガンビア・イスラム共和国」から「ガンビア共和国」に戻すと宣言した。 報道の自由も守ると述べた。 また、ジャメとの繋がりが強い国家情報機関英語版の改名・改革を宣言した。

2月1日、18人の大臣の内10人がバロウの暫定住居のカイラバ海岸ホテルで宣誓を行った。

2月14日、イギリス連邦に戻る手続を開始した[25]

民族[編集]

バロウは最大民族であるマンディンカ人の父と、2番目に大きいフラニ人の母の間に生まれた[19][26][27]。 バロウは父の民族に従ってマンディンカ人と記録されている[28]。 しかしバロウの村や地域はフラニ人が中心で、バロウもフラニ語を話して育ち、2人の妻は両方フラニ人である[28]。 バロウは「重要なのは民族ではなく、ガンビア国民として団結する事」と述べた[29]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ バロウは2017年1月19日に隣国セネガルの首都ダカールのガンビア大使館で就任式を行った。第2代大統領のヤヒヤ・ジャメ1月21日まで権力を放棄しなかった[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Patton, Callum (2017年1月19日). “Adama Barrow inaugurated as President of Gambia amid standoff with predecessor Yahya Jammeh”. International Business Times (IBTimes Co., Ltd.). http://www.ibtimes.co.uk/adama-barrow-inaugurated-president-gambia-amid-standoff-predecessor-yahya-jammeh-1602051 2017年1月20日閲覧。 
  2. ^ a b Ex-President Yahya Jammeh leaves The Gambia after losing election”. BBC News (2016年1月21日). 2016年1月22日閲覧。
  3. ^ Gambia 2016: Adama Barrow: My Vision And Mission” (2016年11月25日). 2017年1月15日閲覧。
  4. ^ https://gossip.naij.com/1083657-meet-alike-wives-gambian-president-adama-barrow-photos.html
  5. ^ 'Adama Barrow appears at independent electoral commission today'. In: Website Metroafrique, 9 Nov. 2016
  6. ^ a b Who Is Adama Barrow?” (2016年9月1日). 2016年12月2日閲覧。
  7. ^ “Argos guard tackles Gambia strongman” (英語). The Times. (2016年11月20日). http://www.thetimes.co.uk/article/argos-guard-tackles-gambia-strongman-wklq7dl2t 2016年11月25日閲覧。 
  8. ^ Maclean, Ruth; Graham-Harrison, Emma; Grierson, Jamie (2016年12月2日). “Adama Barrow: from Argos security guard to president of the Gambia”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2016/dec/02/adama-barrow-gambia-president-argos-security-guard-london 
  9. ^ 'No drama Adama' Barrow seeks to end Gambia's erratic Jammeh era”. Reuters (2016年12月2日). 2017年1月19日閲覧。
  10. ^ Adama Barrow, the man who ended Jammeh's 22-year rule”. Africanews (2017年1月19日). 2017年1月19日閲覧。
  11. ^ Mowat. “North London Argos worker takes on hardline Islamist in bid to be next president of Gambia”. http://www.express.co.uk/news/world/734366/Adama-barrow-security-guard-Gambia-president 2016年12月2日閲覧。 
  12. ^ Yaya Barry, Jaime (2016年11月30日). “Gambia's Leader Vowed to Rule for a Billion Years. A Vote Will Test That.”. http://www.nytimes.com/2016/11/30/world/africa/gambia-election-yahya-jammeh-adama-barrow.html 2016年12月2日閲覧。 
  13. ^ a b Gambia's Yahya Jammeh loses election to Adama Barrow”. Aljazeera (2016年12月2日). 2016年12月2日閲覧。
  14. ^ Saidykhan, Musa (2016年9月1日). “Breaking News: Adama Barrow Is UDP's Candidate” (英語). Kairo News. http://www.kaironews.com/breaking-news-adama-barrow-is-udps-candidate/ 2016年11月25日閲覧。 
  15. ^ “UDP’s Adama Barrow Resigns From UDP, Party Accepts His Resignation”. Freedom Newspaper. (2016年11月3日). http://www.freedomnewspaper.com/breaking-news-udps-adama-barrow-resigns-from-udp-party-accepts-his-resignation/ 2017年1月20日閲覧。 
  16. ^ Gambia 2016: UDP’s Adama Barrow Leaves UDP To Head Opposition Coalition”. 2016年11月8日閲覧。
  17. ^ a b “Gambia's Jammeh loses presidential election to Adama Barrow in shock election result”. BBC News. (2016年12月2日). http://www.bbc.com/news/world-africa-38183906 2016年12月5日閲覧。 
  18. ^ Petesch, Carley (2016年12月3日). “AP Interview: Leader promises 'a new Gambia' after upset win”. Washington Post. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  19. ^ a b Williams, Hugo (2016年12月2日). “Gambia elections: President-elect Adama Barrow's life story”. BBC News. http://www.bbc.com/news/world-africa-38185428 2016年12月6日閲覧。 
  20. ^ a b Gambian leader Yahya Jammeh's poll rejection condemned”. BBC (2016年12月10日). 2016年12月10日閲覧。
  21. ^ Gambia crisis: Adama Barrow urges Jammeh to quit” (2016年12月27日). 2017年1月20日閲覧。
  22. ^ “President Adama Barrow arrives in The Gambia, at last”. Al Jazeera. (2017年1月26日). http://www.aljazeera.com/news/2017/01/adama-barrow-arrives-capital-banjul-170126133750241.html 2017年1月28日閲覧。 
  23. ^ a b Petesch, Carley (2017年1月26日). “Throngs cheer new president's triumphant return to Gambia”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/africa/gambias-new-president-adama-barrow-returning-to-nation/2017/01/26/58372f50-e3b6-11e6-a419-eefe8eff0835_story.html?utm_term=.63cb744490e4 2017年1月26日閲覧。 
  24. ^ “Barrow swears in new cabinet, one coalition party missing”. The Point. (2017年2月2日). http://thepoint.gm/africa/gambia/article/barrow-swears-in-new-cabinet-one-coalition-party-missing 2017年2月2日閲覧。 
  25. ^ “The Gambia: UK 'very pleased' about Commonwealth return”. BBC. http://www.bbc.com/news/world-africa-38968336 
  26. ^ “Gambia's UDP Says It Has Nominated A 'Fulani Real Estate Businessman' As A Presidential Candidate!”. Freedom Newspaper. (2016年9月1日). http://www.freedomnewspaper.com/gambia-gambias-udp-says-it-has-nominated-a-fulani-real-estate-businessman-as-a-presidential-candidate/ 2016年12月6日閲覧。 
  27. ^ McAllister, Edward; Bavier, Joe (2016年12月2日). “'No drama Adama' Barrow seeks to end Gambia's erratic Jammeh era”. Reuters. https://www.yahoo.com/news/no-drama-adama-barrow-seeks-end-gambias-erratic-191735133.html 2016年12月6日閲覧。 
  28. ^ a b “The Gambia: Coalition impediments and opportunities; a broad autopsy”. Gainako. (2016年11月7日). http://gainako.com/gambia-coalition-impediments-opportunities-broad-autopsy/ 2016年12月6日閲覧。 
  29. ^ “Gambia: Adama Barrow Speaks To JollofNews, Reaches Out To Gambians”. JollofNews. (2016年12月5日). https://jollofnews.com/2016/12/05/gambia-adama-barrow-speaks-to-jollofnews-reaches-out-to-gambians/ 2016年12月7日閲覧。 


公職
先代:
ヤヒヤ・ジャメ
ガンビアの旗 ガンビア共和国大統領
第3代:2017 -
次代:
(現職)