国民の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国民の党
各種表記
ハングル 국민의 당
漢字 國民의黨
発音 クンミネダン
テンプレートを表示

国民の党(こくみんのとう)は、1963年、第三共和国時代の韓国における保守政党野党5・16軍事クーデター後、政治活動が解禁された後に結成された。

概要[編集]

軍事クーデターを主導した勢力が、民政移管後の実質的与党になるとにらんで、これを阻止する為に1963年1月に創党準備委員会を開催し、金炳魯民政党代表最高委員と許政新政党委員長、李範奭民友党顧問による3党無条件合同宣言によって8月5日に発足したが、大統領候補の決定をめぐって尹潽善と許政が対立し、尹潽善派が離脱した。そのため金炳魯派と李範奭派、許政派で9月5日にあらためて結成された。代表最高委員には金炳魯が就任。同年10月15日に行なわれた第5代韓国大統領選挙では、許政を大統領候補として擁立したが、投票日直前の10月2日に立候補を辞退、民政党の大統領候補である尹潽善を支持した。大統領選翌月の11月に行なわれた第6代総選挙では2議席を獲得。翌年9月17日民主党に統合されて解散。

なお、同国の安哲秀らが2016年に結成した国民の党とは無関係。

党勢推移[編集]

国会議員総選挙
年月日 議席数 得票率
合計 地域区 全国区
1963年11月26日 第6代総選挙 2 2 0 8.8%

参考文献[編集]

  • 韓国史事典編纂委員会 金容権編著『朝鮮韓国近現代史事典』日本評論社 第4章「軍事独裁と民主化運動」
  • 尹景徹著『分断後の韓国政治-1945~1986-』木鐸社

関連項目[編集]