アンドレイ・カルロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Andrei Karlov
Андрей Кaрлов
Andrey Karlov 2016.jpg
在トルコロシア大使
任期
2013年7月12日 – 2016年12月19日
大統領 ウラジーミル・プーチン
在北朝鮮ロシア大使
任期
2001年7月9日 – 2006年12月20日
大統領 ウラジーミル・プーチン
個人情報
生誕 (1954-02-04) 1954年2月4日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
死没 (2016-12-19) 2016年12月19日(満62歳没)
トルコの旗 トルコアンカラ
死因 銃撃
国籍 ロシアの旗 ロシア
受賞
ロシア連邦英雄
ロシア連邦英雄(追贈)

アンドレイ・ゲンナージェヴィチ・カルロフロシア語: Андрей Геннадьевич Карлов1954年2月4日 - 2016年12月19日)は、ソビエト連邦及びロシア外交官

人物[編集]

ソビエト連邦時代のモスクワ出身。1976年モスクワ国際関係大学を卒業、同年ソ連外務省入省。1992年、外交専門高等教育機関である「ロシア外務省外交アカデミー(Diplomatic Academy of the Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation)」を卒業。2001年から2006年にかけて駐北朝鮮大使を務めた。2007年から2009年にかけてはロシア外務省領事副局長を務め、2009年からはロシア外務省領事局長、外務省会のメンバーでもあった。[1]

2013年に駐トルコ大使に任命され、アンカラに赴任[2]。妻が1人、息子が1人いる[2]

没後、ロシア連邦英雄称号を追贈[3]

暗殺[編集]

トルコ大使在任中の2016年12月19日、アンカラでの「トルコ人が見たロシア」という写真展覧会会場でスピーチを行っている際に、トルコ人警察官に銃撃され死亡した[4][5][6]

実行犯の警察官はトルコの警察機動隊に所属する22歳のメブリュト・メルト・アルトゥンタシュであり、メブリュトはカルロフを射殺した直後「アレッポを忘れるな、シリアを忘れるな」「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」と叫び、[7]その後警官隊に包囲され射殺された[8]

脚注[編集]

  1. ^ 銃撃により、駐アンカラ露大使アンドレイ・カルロフ氏死亡 露外務省
  2. ^ a b 駐トルコ・ロシア大使アンドレイ・カルロフ。事件記録 | 論拠と事実 (Посол России в Турции Андрей Карлов. Досье | Аргументы и Факты) (ロシア語) - 2016年12月19日
  3. ^ アンドレイ・カルロフにロシア連邦英雄称号が授与された | ロシア大統領府 (Андрею Карлову присвоено звание Героя Российской Федерации | Президент России) (ロシア語) - 2016年12月11日
  4. ^ Russian ambassador to Turkey shot dead in Ankara art gallery | World news | The Guardian (英語) - 2016年12月19日
  5. ^ タス通信: 事件 - 駐アンカラ・ロシア連邦大使の殺害。出来事の時系列 (ТАСС: Происшествия - Убийство посла РФ в Анкаре. Хроника событий) (ロシア語) - 2016年12月19日
  6. ^ “トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポを忘れるな」と叫ぶ”. ニューズウィーク日本語版. Newsweek Japan. (2016年12月20日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/1210.php 2016年12月20日閲覧。 
  7. ^ “ロシアの駐トルコ大使射殺 警官がアレッポ空爆に抗議か”. BBCニュース ジャパン. BBC Japan. (2016年12月20日). http://www.bbc.com/japanese/38375233 2016年12月20日閲覧。 
  8. ^ Off-duty police officer identified in fatal shooting of Russia's ambassador to Turkey” (2016年12月19日). 2016年12月19日閲覧。