ゴッタルドベーストンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴッタルドベーストンネル
20141120 gotthard-basistunnel02-wikipedia-hannes-ortlieb.jpg
ゴッタルドベーストンネル (2014年)
概要
正式名称 ドイツ語: Gotthard-Basistunnel
イタリア語: Galleria di base del San Gottardo
ロマンシュ語: Tunnel da basa dal Son Gottard
フランス語: Tunnel de base du Saint-Gothard
路線 アルプトランジット計画
位置 スイスの旗スイス
(ウーリ州グラウビュンデン州ティチーノ州)
座標 北緯46度36分00秒 東経8度45分54秒 / 北緯46.600度 東経8.765度 / 46.600; 8.765
現況 営業中[1]
起点 エルストフェルト (ウーリ州)
終点 ボーディオ (ティチーノ州)
駅数 0 (2016年2月現在)
運用
建設開始 1996年
開通 2016年6月1日[1]
管理 アルプトランジット・ゴッタルド
用途 鉄道トンネル
技術情報
線路長 57.104 km (35.483 mi) (東トンネル)
57.017 km (35.429 mi) (西トンネル)
軌道数 2 (単線)
軌間 1,435 mm (4 ft 8 12 in) (標準軌)
設計速度 250km/h
最高部 549 m (1,801 ft)
最低部 312 m (1,024 ft)
テンプレートを表示
ゴッタルトベーストンネルの経路
ゴッタルドベーストンネルとツィンメルベルクベーストンネル
(黄:主要なトンネル、赤:既存の路線、数字:完成年)
アルプトランジット計画概要。中央右側の黄線が本トンネル

ゴッタルドベーストンネル: Gotthard Base Tunnel)あるいはゴッタルド基底トンネル(ゴッタルドきていトンネル)は、スイスアルプス山脈ゴッタルド峠付近において、アルプトランジット計画に基づいてゴッタルド鉄道トンネル1881年完成)やゴッタルド道路トンネル1980年完成)より深い地下に建設された鉄道トンネル。2本の単線トンネルで構成され、ウーリ州エルストフェルトティチーノ州ボディオを結ぶ。全長は57km、縦坑や関連する連絡路を含めた総延長は153.5kmに上る。2016年6月1日に開通して、青函トンネルを抜いて世界最長の鉄道トンネルとなった[1]

概要[編集]

ベルン州エルストフェルト駅英語版地図)付近とヴァレー州ボディオ駅英語版地図)付近とを結ぶ。レッチュベルクベーストンネルと共にアルプトランジット計画の一環として建設されており、曲がりくねった山岳ルートを高速鉄道と重量貨物列車の通過に適した線形路線にすることを狙っている。新トンネル開通によって旅客列車は250km/hで走行が可能となり、チューリッヒ - ミラノ間の所要時間は3.5時間から50分短縮される。さらに関連するツィンメルベルクベーストンネルチェネリベーストンネルが完成すれば短縮時間はあわせて1時間となる。なお、近隣には1881年完成のゴッタルド鉄道トンネル1980年完成のゴッタルド道路トンネルがある。

当初は2015年に完成する計画であったが、トンネル工事の遅れによってずれ込んでいた。また、ミラノ都市圏旅客輸送を重視して貨物輸送を忌避しているため、イタリアの鉄道網との連絡は不確実なものとなっている。2015年8月末に完成し、同年10月1日から試運転を行い[2][3][4]、2016年6月1日から営業運転を開始し[1]、12月11日には定期運行が開始された。

並行する2つの単線トンネル[5]は325mおきに連絡路で結ばれ、途中セドルンドイツ語版ファイドドイツ語版には多目的駅が設けられている。これらの駅は換気設備とその他の機械類を備えるほか、列車がトンネル間を移るための渡り線が設けられる。通常客扱いは行われないが、非常時には脱出ルートとしても機能する。なおセドルンには客扱いを行う駅としてポルタ・アルピナドイツ語版を建設する計画だったが、2007年9月に無期限延期となった。

背景[編集]

ゴッタルドルートを通過する貨物列車と高架橋上のトラック

ビアシナ渓谷を横断しゴッタルド峠を通過する道路やそのトンネルは、アルプス山脈を縦貫してヨーロッパの南北軸を形成する最重要交通路である。交通量は1980年以来10倍以上に増加しており、道路トンネル、鉄道トンネル共に容量は限界に達している。1994年2月20日貨物自動車の通過交通量増加を受けたスイスは交通政策に関する投票を行い、1999年10月8日交通移行法が成立した。これは同年にアルプス保護法で規定された鉄道貨物への移行のため、ドイツ南部とイタリア北部との間で貨物自動車やコンテナを列車に搭載して輸送させるものである。

その実現のためアルプスを高速で通過できる平坦な交通路が必要となり、従来より600 m低い位置でゴッタルド山塊基部(基底)を貫くこのトンネルの建設が決定した。現在のゴッタルド鉄道では、標高1,100 mにあるトンネルまで峡谷沿いにループ線を含む険しい路線で登り、貨物列車は2 - 3両の機関車を連結しても最大2,000トンに制限されている。新トンネルが完成すれば最大4,000トンの貨物列車が走行可能となり、アルプス山脈が輸送の障壁とならなくなる。

建設[編集]

トンネルの建設枠組み(緑:掘削の方向)
ファイド多目的駅のY字分岐点
2006年9月6日、ボディオからファイドへTBMが到達
トンネルボーリングマシン S-210のスケールモデル
アムステク付近の東側トンネル掘削地点

建設事業はスイス連邦鉄道(スイス国鉄)の完全子会社であるアルプトランジット・ゴッタルド株式会社(AlpTransit Gotthard:AG)が担当している。トンネル中央部は発破、その外側はトンネルボーリングマシン(TBM)を用いて掘削される。工期短縮のため4つのアクセストンネルが掘削され、エルストフェルト、アムステク、セドルン、ファイド、ボディオの5箇所から掘削を行えるようにしている。セドルン駅が建設されている現場へはセドルン渓谷から800mの縦坑を下り、そこから1kmの水平トンネルを進む険しいルートとなっている。

工事の進捗[編集]

各月の始めのトンネル掘削距離を示す。ファイド西側のトンネルボーリングマシンは2007年6月6日にセドルンへ向けて再発進した。

2010年10月15日、貫通した。

掘削済み長さ 全151.8km中の割合
2004 6 52.34km 34.1%
2005 6 74.59km 48.6%
2006 6 94.10km 61.3%
2007 6 103.67km 67.6%
10 105.10km 68.6%
2008 3 108.02km 70.4%
4 109.00km 71.0%
7 113.20km 73.8%
8 115.20km 75.1%
10 118.40km 77.2%
2009 1 124.00km 80.8%
3 127.30km 83.0%
5 131.00km 85.0%
6 133.00km 86.8%
7 134.80km 88.8%
8 136.60km 90.0%
9 137.30km 90.4%
10 138.60km 91.3%
11 140.00km 92.2%
12 141.38km 93.0%
2010 1 141.82km 93.4%
2 142.48km 93.8%
3 143.80km 94.7%
4 144.80km 95.4%
5 145.40km 95.8%
6 146.10km 96.2%
7 146.60km 96.6%
8 147.33km 97.0%
9 147.98km 97.5%
10 149.10km 98.2%
11 149.90km 98.7%
12 150.40km 99.0%
2011 1 150.49km 99.1%
2 150.77km 99.3%
3 151.26km 99.6%
4 151.70km 99.91%
5 151.75km 99.94%
6 151.82km 99.99%
7 151.82km 100%

要目[編集]

  • 全長:56.978km(西トンネル)57.091km(東トンネル)
  • 総トンネル長:151.8km
  • 建設開始1993年(試掘)、1996年(準備開始)、2003年(機械掘削開始)
  • 建設完了2016年 - 2017年
  • 使用開始2018年
  • 総工費:80億3500万スイスフラン (約7850億円)→ 124億スイスフラン (約1兆4800億円) 2014年時点[6]
  • 1日の通過列車数:200~300
  • 土砂掘削量:2400万トン(1330万m3ギザの大ピラミッド5個分)
  • トンネルボーリングマシンの数:4(2つがアムステクからセドルンへ向け南進、2つがボディオからファイド・セドルンへ向け北進)
    • 全長:440メートル(予備設備を含む)
    • 重量:3000トン
    • 効率:5メガワット
    • 最大日掘削量:25~30メートル(良好な岩盤条件下)
    • トンネルボーリングマシンの総掘削長:約45km
    • 製造者:ヘレンクネヒト株式会社ドイツ語版(ドイツ、シュヴァナウ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]