スルタンアフメト・モスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 イスタンブール歴史地域
トルコ
スルタンアフメト・モスク
スルタンアフメト・モスク
英名 Historic Areas of Istanbul
仏名 Zones historiques d'Istanbul
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 1985年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
スルタンアフメト・モスクの位置
使用方法表示
地図

スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)は、トルコイスタンブールを代表するモスクで、世界遺産であるイスタンブール歴史地域の歴史的建造物群のひとつ。オスマン帝国の第14代スルタンアフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。設計はメフメト・アー。『世界で最も美しいモスク』と評される。

世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクとも呼ばれる[1]

夏には音と光のショーも催され、幻想的にライトアップされた夜の姿も楽しむことができる。

ブルーモスクと呼ばれるモスクには、他にスルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスクがある[2]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • スルタンアフメト・モスク ( Sultan Ahmet Camii)
  • How to Visit Blue Mosque

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年7月28日閲覧。
  2. ^ 『ことりっぷ 海外版 クアラルンプール マレーシア』 昭文社2017年、24頁。ISBN 978-4-398-15527-6

関連項目[編集]

座標: 北緯41度0分19.74秒 東経28度58分38.59秒 / 北緯41.0054833度 東経28.9773861度 / 41.0054833; 28.9773861