小島一宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 一宏(こじま かずひろ、1965年2月8日 - )は、名古屋を拠点に活動するフリーアナウンサーラジオパーソナリティ大同大学准教授。



略歴[編集]

愛知県名古屋市北区出身、愛知教育大学教育学部国語科卒業。大学在学中は中日本学生放送連盟(SBF)に在籍。 大学卒業後、メ〜テレ(名古屋テレビ)にアナウンサーとして入社。朝ワイド『コケコッコー』や『ドラゴンズ倶楽部』など看板番組のキャスターを務め、1996年に退社。 以降はフリーアナウンサー・ラジオパーソナリティとして活動しながら2013年大同大学情報学部准教授(情報デザイン学科メディアデザイン専攻)に就任。タレント業と並行して自己表現論やコミュニケーション論、映画分析等の講義を担当。

趣味・特技は映画鑑賞、キーボード演奏、登山。趣味が映画鑑賞であることから、『郡上一揆』(2000年公開)にエキストラとして、『劒岳 点の記』(2009年公開)には駐在役として、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(2012年公開)にもニュースアナウンサーとして出演している。また、現在パーソナリティを務める東海ラジオの土曜ワイド『小島一宏 一週間のごぶサタデー』では、毎週のように映画監督や俳優にインタビューし、放送。さらに2015年2月からは、ヨコハマ映画祭の司会も担当。毎日新聞(愛知・岐阜版)『芸術食堂』欄では、新作映画の紹介記事を隔週で掲載している。

タレントとしての主な活動[編集]

現在[編集]

ラジオ
テレビ
CM

過去[編集]

テレビ
ラジオ

その他[編集]

  • 「燃えよ少年ドラゴンズ!空からヤキューがおりてきた!?」〔DVD作品。主人公・鯱王(しゃちおう)の両親役で神野三枝と共演〕
  • 「芸術食堂」新作映画の紹介〔毎日新聞(愛知・岐阜版)〕隔週水曜日に掲載
  • 「小島一宏の名作映画からのメッセージ 新旧シネマ 鑑賞のツボ」〔毎日文化センター〕毎月第4土曜日17時半-19時
  • 「小島一宏のシネマる!」(USTREAM) - 毎月第1月曜日の夜10時から生配信している映画談議番組
  • 「1人じゃない」(オリジナル曲)CDリリース - 映画「架け橋 きこえなかった3.11」(今村彩子監督)主題歌
  • 「KOJIMAN 小島一宏の小自慢話」〔C2内、主に話題の映画のコラム〕2014年3月終了
  • 「小島一宏のあなたに伝授!すぐに使えるトーク術」〔栄中日文化センター(中日ビル内)〕2014年3月終了

関連人物[編集]

  • 松岡ひとみ - 小島と同じく東海地方を中心に映画関連の番組・イベントに出演・担当することが多い。なお『おーるざっとむーびー』では不定期でレポーターとして出演していた。
  • 小川泰弘 - 顔が似ている。

外部リンク[編集]