佐藤信之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 信之助(さとう しんのすけ、1908年1月30日[1] - 1981年12月22日)は、日本の実業家サンジルシ醸造の社長、会長と中京テレビ放送初代社長を務めた。

経歴・人物[編集]

三重県桑名市出身。1930年慶應義塾高等部卒業[1]。同年に家業の佐藤信之助商店に入社し、1951年4月から同社の社長に就任し、1973年から同社の会長に就任した[1]

三重交通、桑名運送倉庫の各取締役も歴任し、1958年3月から1962年11月までに東海テレビ放送の専務を務めた[1]。1968年2月に中京テレビ放送の副社長に就任し、1969年から1981年までに社長を務めた[1][2]

その一方で、三重県公安委員会委員長、日本民間放送連盟副会長、日本経済団体連合会常任理事なども歴任したも務めた[2]1980年勲二等瑞宝章を受章した[2]

1981年12月22日急性心不全のために死去[2]。73歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 人事興信所 1975, さ60頁.
  2. ^ a b c d 1981年12月23日 日本経済新聞 朝刊 p23

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第28版 上』人事興信所、1975年。