佐藤裕二 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう ゆうじ
佐藤 裕二
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 大分県大分市
生年月日 (1972-12-30) 1972年12月30日(47歳)
血液型 O型
最終学歴 法政大学
勤務局 メ~テレ
活動期間 1996年 -
ジャンル スポーツ・情報系
配偶者 高瀬桃子
公式サイト プロフイール
出演番組・活動
出演中 アップ!
出演経歴 本文参照

佐藤 裕二(さとう ゆうじ、1972年12月30日 - )は、名古屋テレビ放送(メ〜テレ)アナウンサー大分県大分市出身。血液型O型大分市立稙田西中学校大分県立大分雄城台高等学校法政大学卒業[1]。妻はタレントの高瀬桃子

来歴[編集]

高校卒業後は1年間浪人し、滑り止めで受けていた法政大学に入学(本人談)。大学卒業後、1996年4月に名古屋テレビ(以下メ〜テレ)に入社。入社以来、スポーツ中継から情報番組、バラエティ番組まで幅広く担当している。

過去にはメ〜テレにおける中日ドラゴンズ戦ほかスポーツ中継および取材を一手に担っていた(Jリーグを除く)。ただし、メ〜テレにはホーム戦中継の放送権が無いため、佐藤が担当するのはリポートが主であった。メ〜テレが中継可能なビジター戦においては、年に数回程度ではあるが実況を担当することもあった。

2011年3月28日からは『ドデスカ!』のメインキャスターを担当。以来佐藤がスポーツ中継を担当することはなくなったが、2016年4月からはスポーツコーナーも兼任。中日の春季キャンプ時には選手への取材も度々行っている。

2020年3月27日をもって長年務めた『ドデスカ』のメインキャスターを勇退し、翌週の3月30日からは7時台のレギュラーコメンテーターとして引き続き出演していたが4月14日よりアップ!新型コロナウイルスの流行に伴いキャスター2班制の措置が取られ、また、メインキャスターの後輩・鈴木しおりが、第1子妊娠中で感染リスクがあることに憂慮し、同番組のメインキャスターに暫定異動となり、「ドデスカ」は出演休止となった。7月末、「アップ」の番組開始より15年間務めた先輩・星恭博のアナウンス部長就任、同じく、鈴木が秋に出産予定で産休入りのためともにメインキャスターを卒業。その後任として8月3日から番組サブキャスターだった倉橋友和とともに正式に同番組のメインキャスターに就任、月・火曜日担当となった。[2] 10月2日、「ドデスカ」に生出演し、番組卒業を正式発表。放送開始から出演してきた番組を卒業した。 また、10月5日から「アップ」に正式に異動となり、月〜水曜担当となり、3月まで「ドデスカ」に出演していた上坂嵩島津咲苗とともに番組を進行する。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

映画[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2002年当時の名古屋テレビ公式サイト内のプロフィール(インターネット・アーカイブ保存データ)より。
  2. ^ アップ!公式Twitter . 2020年7月31日閲覧。
  3. ^ 新型コロナウイルス感染症の流行 を受けてのキャスター2班制を受けての措置だったが2020年8月より正式就任。

外部リンク[編集]