ウイリー沖山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウイリー沖山
出生名 沖山 宇礼雄
別名 ウイリー・ジェームス
生誕 (1933-02-25) 1933年2月25日
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 (2020-06-28) 2020年6月28日(87歳没)
学歴 セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジ
ジャンル カントリー
職業 ミュージシャン
担当楽器 ヴォーカル、ギター
レーベル 日本ビクター
大映
キング・レコード

ウイリー沖山(ウイリーおきやま、本名:沖山 宇礼雄(おきやま うれお)1933年昭和8年)2月25日 - 2020年6月28日)は、昭和平成期の歌手。神奈川県横浜市生まれ。ヨーデル歌手、カントリー歌手として活動してきた。

経歴[編集]

米国人の父と日本人の母との間に生まれる[1][2]セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジ在学中よりプロとして活動[1][3]

カントリー・ボーイズ、ウェスタン・ランブラーズ、チャック・ワゴン・ボーイズを経て、1956年に自身のバンドであるブルー・レンジャーズを結成。結成時のメンバーは、ウイリー・ジェームス(沖山の当時のステージ・ネーム。ヴォーカル、ギター)、秋元近史(スティール・ギター)、瀬谷福太郎(ヴォーカル、ギター)、前田忠夫(ベース)、林港(ギター)。秋元の日本テレビ入社により、ダブル・スティール・ギター編成となった(ジミー・コリンズ、久力健)。なお、無名時代の菊地正夫(後の城卓矢)と山下敬二郎がバンド・ボーイとして沖山に師事していた。バンドは1957年に解散。[4]

抜群の歌唱力と発音の良さを買われて、1956年にビクターよりヨーデルの曲「スイスの娘」でレコードデビュー。キャンプ、クラブ、ラジオ、テレビで活躍しポピュラーシンガーとしての地位を固める。低音から高音までの音域の広さを生かし、ジャズ、カントリー、ポピュラー、シャンソンハワイアン、とレパートリーは多岐に渡る。

読売テレビ全日本歌謡選手権』では10週勝ち抜き、更に、グランドチャンピオンとなる。長野オリンピック時は、Willy・Oとして、五輪応援ソングをリリースする。低音での見事な声の張り、超高音ファルセットまでこなせる稀有な歌手である。

長らく横浜にあったバンドホテルのシェルルーム支配人を務め、歌手としてもシェルルームのステージに立っていた。バンドホテル閉館後は、伊勢佐木町のワシントン・ホテルに出演していた。

長良じゅんとは、長年兄弟のような親交があった。

2014年8月に膠原病を患い、一時は体を動かすこともできず咀嚼機能障害の状態になったが、2018年6月には復活コンサートを開くなど、晩年までディナーショーやライブを精力的に行っていた[2]

2020年に入ると誤嚥性肺炎のため入退院を繰り返していたが、同年6月28日11時18分、老衰のため、横浜市内の病院で死去[5]。87歳没。

名前について[編集]

公式HPでは「ウイリー」となっており、各メディアでも「ウイリー」と表記される。しかし、長野オリンピック時のWillyのスペリングからは「ウリー」と読む事も出来るが本項目では「ウリー」に統一した。

ディスコグラフィー[編集]

シングル (SP)[編集]

  • 東京のヨーデル唄い / スイスの娘 (1956.06。日本ビクター V-41564)
  • ヨーデル唄いと洗濯女 (1957.06。日本ビクター V-41676。B面は宮城まり子「雨のロケ便り」)
  • ホワイ・ベイビー・ホワイ (1957.09。日本ビクター A-5224。B面は宝とも子「ジャパニーズ・カリプソ」)
  • 悲しいヨーデル / 恋の投縄 (1958.01。日本ビクター V-41750)
  • アルプスの若者たち (1959.01。日本ビクター V-41902。B面は古賀さと子「アルプスの羊飼い」)
  • そうなんだ (1959.04。日本ビクター V-41919。A面はフランク永井「夜霧に消えたチャコ」)

シングル (7インチ)[編集]

  • そうなんだ (1959.04。日本ビクター VS-190。A面はフランク永井「夜霧に消えたチャコ」)
  • ひとり狼 / 伊三蔵恋しぐれ (1968.04。大映 D-26)

EP[編集]

  • V.A. / テレビ人気主題歌デラックス (1975。日本ビクター KVC-10。ヤング・フレッシュとともに「おしえて」「まっててごらん」に参加)

LP[編集]

CD[編集]

  • 小泉今日子 / 夏のタイムマシーン~Live On Saturday Night~快力!ヨーデル娘 (1988。ビクター音楽産業 VDRM-12001。CDS。3曲目に参加)
  • ウイリー沖山 / NEVER NEVER~ネバネバ~NEVER NEVER(カラオケ) (1997.06。アルファ ALDA-2034。CDS)
  • ウイリー沖山 / スイスの娘 (2003.04。ビクター・エンターテインメント NCS-336) *ビクター時代のコンピレーション
  • ウイリー沖山 / 山の人気者 (2009.12。キング NKCD-1625)
  • ウイリー沖山 / ヨコハマの雨傘 (2009.12。キング NMAX-685。EP。「潮風のバラード」とのカップリング)

出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 膠原病を克服…「歌こそ命」歌手・ウイリー沖山さん - 定年時代 東京版 平成30年4月上旬号 掲載
  2. ^ a b ウイリー沖山さん、老衰で亡くなっていた 87歳 - 日刊スポーツ 2020年7月6日
  3. ^ ウイリー沖山オフィシャルサイト - プロフィール
  4. ^ 瀬谷福太郎の「カントリー四方山話(よもやまばなし)」
  5. ^ “キング・オブ・ヨーデル”ウイリー沖山さん死去、87歳 「ひょうきん族」などでも活躍 - SANSPO.COM 2020年7月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]