ウェスタン・ランブラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェスタン・ランブラーズ
The Western Ramblers
出身地 日本の旗 日本
ジャンル カントリー
活動期間 1948年 - 1958年
レーベル 日本ビクター

ウェスタン・ランブラーズ(The Western Ramblers)は日本カントリーバンド。日本におけるカントリー・バンドの先駆け的存在である。

来歴[編集]

1948年、外山寛が小学校教諭を辞職し、ウェスタン・ランブラーズを結成。パレスハイツなど米軍キャンプで活動。

1949年11月21日、読売ホールで行われた第4回スウィング・コンサートに出演。

1951年、日本ビクターにて録音開始。「駅馬車」がヒット。

1958年、解散。

メンバー[編集]

  • 外山寛(ベース):1919年-1988年1月30日。作曲家・外山國彦の次男。兄・健彦(元・灰田晴彦とモアナ・グリー・クラブのギタリスト)と組んでいたウェスタン・メロディアンズから独立。八の字の口髭から、「ハッツァン」と呼ばれた。
  • 鎌田辰蔵(ギター、歌)
  • 小林鈴郎(スティール・ギター)
  • 知野光志(エレクトリック・ギター): 脱退後にチャック・ワゴン・ボーイズに参加。
  • 安原尚武(フィドル)
  • 小林義弘(アコーディオン、編曲)
  • 築都(ピアノ)
  • 五十嵐武要(ドラムス)
  • 朝比奈鉦ニ(フィドル)
  • テディ原(ギター、歌)
  • ウイリー沖山(ギター、歌)
  • ポップ上野(ギター、歌)
  • ジミー時田(ギター、歌)

ディスコグラフィー[編集]

SP[編集]

  • テネシー・ポルカ/ラヴシック・ブルース (日本ビクター A-1298、1951)
  • ウェディング・ベルズ/アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ (日本ビクター A-1299、1951)
  • グッドナイト・アイリーン /テネシー・サタディー・ナイト-ブギー・ウギ- (日本ビクター A-1300、1951)
  • サン・アントニオ・ローズ/美しいオハイオ (日本ビクター A-1311、1951)
  • ペンシルヴェニア・ポルカ/ジェラス・ハート (日本ビクター A-1312、1951)
  • テネシー・ケンタッキー・ブギー/帰りの幌馬車 (日本ビクター A-1313、1951)
  • 驛馬車/野鴨の叫び (日本ビクター A-1323、1951.03)
  • ムービン・オン/いとぐるま (日本ビクター A-1334、1951)
  • ホップ・スコッチ・ポルカ/國境の南 (日本ビクター A-1338、1951)
  • カウボーイ・サムバ/テキサス・スター (日本ビクター A-1347、1951)
  • おやじの彼女/おまへの心を (日本ビクター A-1348、1951)
  • 太っちょポルカ/山の端に月かゝる頃 (日本ビクター A-1349、1951)
  • 黄色いリボン/とりこのわたし (日本ビクター A-5001、1951.08)
  • アンカー・アウェイ/オーシャン・ウェイブ・ポルカ (日本ビクター A-5007、1951.08)
  • ウエスターン・ブギー/オールド・スモーキー (日本ビクター A-5008、1951.08)
  • オブライエンがハワイ人に (日本ビクター A-5009、1951.09。B面はクラーク・ジョンストンとビクター・オーケストラ「サチコ」)
  • ウエスターン・クリスマス/テキサス・サンタ・クロース (日本ビクター A-5026、1951.11)
  • エムプティ・サドル/スパニッシュ・トレイル (日本ビクター A-5028、1951.12)
  • サン・シャイン・ブギ/チャイナ・ポルカ (日本ビクター A-5065、1953.02)
  • カン・カン・ポルカ/スワニー・ブギー (日本ビクター A-5077、1953.03)
  • ジャムバラヤ/われ老いぬれば (日本ビクター A-5079、1953.04)
  • 谷間の灯ともし頃/レッド・セイル・ブギー (日本ビクター A-5080、1953.04)
  • ティーブ・釜萢 / 俺は牛追ひ/ダイナ (日本ビクター A-5081、1953.04)
  • アコーディオン・ポルカ/カウ・ボーイ・ポルカ (日本ビクター A-5088、1953.05)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]