おかげ様ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかげ様ブラザーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル コミックソング
活動期間 1982年1996年
2007年
公式サイト http://www.okagesamabrothers.com/
メンバー きんた・ミーノボーカル
スマイリーつかさ(ギター
金子鉄心(サックス
ブラッキー岡部(ドラムス
福井BIN(ベース
ストロング金城(キーボード
TOY森松(パーカッション

おかげ様ブラザーズ(おかげさまぶらざーず)は、関西を拠点に活動するコミックバンド

概要[編集]

1982年結成。もともとのバンド名は「トミーとミーノ&かねてつおかげ様ブラザーズ」だったが、メジャーデビューを機に「おかげ様ブラザーズ」とバンド名を短縮。

1996年12月活動休止。

2007年、10年ぶりに活動を再開。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

  • どうせ私は肥満体(インディーズ)
  • すもうとりゃ裸で風邪ひかん!(1986年11月、テイチクエンタテインメント)
  • SAMPLE(1993年1月31日、インディーズ)
  • Birthday~バースデー~(1995年8月25日、徳間ジャパンコミュニケーションズ)
  • トルソーの庭園(1996年5月22日、徳間ジャパンコミュニケーションズ)

提供楽曲[編集]

エピソード[編集]

  • 「すもうとりゃ裸で風邪ひかん!」はNHKで放送禁止になってしまった。
  • 米米CLUBカールスモーキー石井は、まだ売れなかった頃、憧れのミュージシャンとしておかげ様ブラザーズをあげていた。これには理由があり、デビュー前の石井が京都ビッグバンでライブを行う際、無名でチケットが売れる見込みが薄かったことから、当時ある程度客の入りが見込めたおかげ様ブラザーズに前座を務めて欲しいとの急遽の申し入れを受けたことに対する恩義がある為だと思われる。(誠のサイキック青年団2007年11月25日放送分にゲスト出演したきんた・ミーノの発言より)
  • 1996年12月の活動停止は、コミックバンドとしてのコンセプトを逸脱した活動に(自力ではないながらも)手を染めざるを得ない状況に陥ってしまったことが理由とのこと。2007年の活動再開は改めてコミックバンドとしてしっかりと活動したいという気持ちが芽生えたため。(同上)
  • 現在、ギターのスマイリーつかさが多忙でなかなかメンバー全員の時間が合わないことが悩みとか。(同上)
  • 漫才コンビX-GUNのコンビ名は、おかげ様ブラザーズのアルバム名が由来。

関連項目[編集]

  • 仏教戦隊ブッダマン - 花園大学の学生有志により製作された特撮映画。同名の主題歌を当時アマチュアの同バンドが担当。アルバム「ばつぐん」に収録されている。
  • ムイミダス (人間ポンプ) - 最後の人間ポンプ芸人として当時活躍中だった安田里美[2]をモデルにした「人間ポンプ」が番組テーマ曲として使われる。尚、生前の安田が同曲のデモテープを一回聴いただけで気に入り、即座にライブ等で唄う事を許可した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 結成時からの正メンバーできんたとのツインボーカルだった。1985年頃、実家のお寺を継ぐために脱退。
  2. ^ (1923年-1995年)大阪生まれ。本名・山本丑松。「最後の見世物芸人」と呼ばれた通称「人間ポンプ」。白子として生まれたため、4歳で興行主の安田与七に引き取られ、6歳から舞台に立ちミヤコ蝶々の最初の漫才相方としてデビュー。以後は見世物小屋一筋の人生であった。技は、眼力(目でバケツを持ちあげ、振り回す)・火吹き・そして人間ポンプ。「人間ポンプ」では、碁石から始まり金魚や剃刀、昔の5円玉を飲み込み、一旦胃まで入れた後再び口から外に出した。只出すだけでなく、碁石は石の色を交互に、金魚は釣り糸で釣り上げて、剃刀は三枚飲んでまとめて、5円玉は鎖に通して出した。胃の中に感覚があり、自由自在に胃の中を動かすことが出来たという。 1995年、ガンのため逝去。

外部リンク[編集]