岡部亘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡部亘(岡部わたる)(おかべわたる、1963年1月30日 - 2017年1月13日 )は、日本のマルチミュージシャン、作曲家。ドラマーギタリスト他、幅広く活躍。 2017年、1月13日に急性心筋梗塞にて死去。

概要[編集]

京都産業大学に入学後、軽音楽部に在籍し、ドラムスをはじめる。

数々のバンドの正式メンバーとしてのみならず、自身のユニット展開、他アーティストのサポート、ミュージカル出演など、所属・ジャンルを超えた多彩な活動で知られる。

主な参加バンド・ユニット[編集]

  • おかげ様ブラザーズ : 1986年にメジャーデビュー。「ブラッキー岡部」としてドラムス担当。
  • b-flower1991年加入。主にドラムス担当。作曲も手がける。
  • Mother's Boy : 中島らものバンド。
  • オーサカ・エグザイル :金子鉄心(おかげ様ブラザーズ)、押尾コータロー、ナガサカ憲道の計四人によるケルト音楽ユニット。ギター、パーカッション担当。いしだ壱成のアルバム『PUR』などにも参加。
  • 月と蛙 : 2001年春に三線清水彩月と結成したユニット。歌謡曲、民謡からロックまで多彩な演奏内容で知られる。ギター、鳴りもの、唄を担当。作曲、アレンジも手がける。これまでに、アルバム3枚をリリース(2002年『天真爛漫』、2004年『豪華絢爛』、2009年『花鳥風月』)。
  • 鞴座(ふいござ): 金子鉄心と藤沢祥衣の3人組ユニット。イーリアン・パイプアコーディオンなどの系の楽器を駆使することから名付けられた。パリのミュゼットからケルトまで欧州の大衆音楽を特徴とする。リリースアルバムに『フイゴ座の怪人』など。
  • Livingstone Daisy : b-flower八野英史アンビエント・ミュージシャンの細海魚の3人組ユニット。2010年11月16日にデビュー曲『どこにも行けないでいる』を、2011年2月8日にセカンドシングル『この悲しい世界』を配信リリースした。リリースノーツによると、春にアルバムの発売が予定されている。
  • Humming Toad : ビートルズに代表される 60's ポップが基調のソロユニット。全作曲、ヴォーカルとすべての楽器をこなす。b-flower の八野が作詞、宮大がミックスとして参加。1999年Love Wonderland』、2000年Love Under The Lily Pad』 のアルバム2作をリリース。

その他、WALRUS、ヘキサクラズマ 、ワズラワズ、スースーハー、スーパーゼリー、鞴弦、等。

他アーティストのサポート[編集]

ナガオクミ(2009年アルバム『ケシキス』)、華乃家ケイ、原田博行、等多数。

ミュージカル出演[編集]

ロックミュージカル公演にドラマーとして出演。

他にも、おろちロックショー、等。

エピソード他[編集]

  • 使用ドラムは、ラディック・ムッサー(Ludwig-Musser)。カホンはシュラングベルグ。
  • 自他ともに認めるビートルズの大ファン。[1][2]
  • バブルガムポップもビートルズ以外のリバプールサウンドモンキーズもエルレーベルもソフトロックもほとんど全く知らないのに、(こんな)曲が書けちゃう天然 60's メロディーメイカー」であるとは、b-flower メンバーの八野英史の弁。[2]
  • 公式サイトに「怪奇生物図鑑」ページを設けているほどの生物図鑑マニア。また同サイトでは、犬のクー、鳥のプックル、亀のジョンが、各々のページを与えられている。
  • b-flower の八野からは「オカベーロ」、他に「かえるさん」と呼ばれている。

※苦手な食べ物はうなぎ・かにみそ・あなご・川魚全般である。ちなみに、許せない食べ物は「ぶり大根」だそうで、岡部曰く「ぶりの香りが浸み込んだ大根が許せない!大根だけで煮た方がおいしい…」と思っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]