細海魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細海 魚(ほそみ さかな、北海道生まれ)は、日本のアンビエントエレクトロニカ・ミュージシャン。キーボーディストアレンジャー音楽プロデューサーとしても活躍。

概要[編集]

1990年代には、大江千里b-flower古内東子といったメジャーアーティストの楽曲編曲やレコーディング参加で活躍。その後、HEATWAVESION with THE MOGAMI のメンバーとしても活動する一方、他アーティストのアレンジやプロデュースなどで幅広く活躍。

また1997年頃より、海外の音響シーンにも進出。ソロユニットを含む様々なユニット活動を展開し、主に海外レーベルからリリースを重ねている。

活動内容[編集]

主なユニット活動[編集]

  • hosomi : ソロユニット。2008年に『open silence』を Commune Disc よりリリース。その他に、Synergy-Networks から『fy_ot』をリリースしている。
  • Maju(繭): 成田真樹とのエレクトロニカ・ユニット。1990年代後期に結成、ジム・オルークの絶賛を受ける。豪のエクストリーム・レーベル (Extreme Records) より、1999年の『Maju-1』から2008年の『Magu-5』まで計5枚のリリースがある。
  • neina : 独のミル・プラトー (Mille Plateaux) レーベルより、『formed verse』と『subconsiousness』の二枚のリリースがある。また、同レーベルのコンピレーション・アルバム『click + cuts』や、plop のコンピレーション『micro blue』などにも参加。

(上記2ユニットとしては、その他多数のコンピレーション・アルバムに参加。)

  • saro : 世奇音光(現 fossil)との「幻のユニット」。ヴォーカル、キーボード、ギターを担当。1995年に同名アルバムをリリース。
  • Livingstone Daisy : b-flower八野英史と新たに結成したユニット。これに同バンドの岡部亘(岡部わたる)も加わり、2010年11月16日に細海作曲のデビュー曲『どこにも行けないでいる』を、2011年2月8日にセカンドシングル『この悲しい世界』を配信リリースした。リリースノーツによると、春にアルバムの発売が予定されている。

レギュラーバンド活動[編集]

  • HEATWAVE:ピアノ、キーボード担当。
  • SION with THE MOGAMI:キーボード、ピアノ担当。他にオルガン、アコーディオンなど。
  • b-flower:ピアノ、キーボード担当。2014年 -

プロデュース、アレンジ、レコーディング参加[編集]

その他(サポート、コラボレーション等)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]