城戸崎愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

城戸崎 愛(きどさき あい、1925年7月1日 - 2020年2月13日[1])は、日本の料理研究家、料理家。兵庫県出身[1]。愛称は「ラブおばさん[1]

経歴[編集]

1945年東京家政学院卒業。

結婚後、夫が食通だったこともあって東京會舘クッキングスクールで料理を学ぶ。夫の赴任先であるパリのル・コルドン・ブルーではフランス料理を学んだ[2]

帰国後、料理研究家として活動を始め、「ラブおばさん」の愛称でNHK『きょうの料理』の人気講師となる[2]

晩年は[いつ?]「non・no」「MORE」等の雑誌で家庭料理やお菓子を紹介していたが、高齢のためかメディアへの露出も減っていた。

2020年2月13日に急性心不全で死去[3]。94歳没。

テレビ出演[編集]

など

著書[編集]

  • 『西洋料理』主婦の友社、1968
  • 『すぐ役にたつ家庭料理 (NHKきょうの料理)日本放送出版協会, 1973
  • 『卵のお料理100種 朝食からディナーまで (主婦の友文庫) 主婦の友社, 1974
  • 『天ぷらと揚げもの』 (日本の味シリーズ) 佼成出版社, 1975
  • 『とっておきのフライパン料理 (主婦の友文庫) 主婦の友社, 1976
  • 『フライパンで作るすてきなお菓子』主婦の友社、1976
  • 『魚介の基本料理』家の光協会, 1981
  • 『肉・卵の基本料理』家の光協会, 1981
  • 『野菜の基本料理』家の光協会, 1981
  • 『ラブおばさんのお菓子作り』鎌倉書房、1982
  • 『ラブおばさんの子供料理教室』鎌倉書房、1982
  • 『洋風の家庭料理 (クッキング・エチュード. 母から娘へ伝えるお料理)』講談社, 1983
  • 『メイクアップサラダブック (マイライフシリーズ) グラフ社, 1983
  • 『小学生の料理はかせ ガンバレ!かわいいコックさん』鈴木真理 絵. 学燈社, 1984
  • 『やさしいケーキ オーブン不要のケーキもいっぱい (マイライフシリーズ) グラフ社, 1984
  • 『ラブおばさんのお勝手から』海竜社、1984
  • 『ラブおばさんのお嫁さんクッキング』鎌倉書房、1983
  • 『おなじみ家庭料理 城戸崎愛のハート・クッキング 基礎とコツをおぼえる"おそうざい読本"』婦人生活社, 1985
  • 『素敵な城戸崎愛のおすすめ料理』グラフ社、1986
  • 『ちょっと昔風おやつ読本』海竜社、1986
  • 『手づくり本物の味覚 ジャムから豆腐まで (小学館カルチャー専科) 1986
  • 『城戸崎愛のピラフ・パエリャ・リゾット 気分は地中海欧風炊き込みごはん60品』婦人画報社, 1986
  • 『肉料理100 メインディッシュからお惣菜まで』婦人画報社, 1986
  • 『ラブおばさんのお料理上手バイブル』鎌倉書房、1986
  • 『忙しい人のおいしいお惣菜 安くて簡単で手早くできる』海竜社, 1987
  • 『糖尿病料理カルテ (マイライフシリーズ グラフ社, 1987
  • 『ある日「糖尿病」といわれて 料理研究家の食事療法レッスン』グラフ社、1987
  • 『城戸崎愛の贅沢スナック ディナーの魅力を小さな料理で』婦人画報社, 1987
  • 『城戸崎愛のハム・ソーセージの料理 素材のうまみが生きる。ベーコンも使って全69品』婦人画報社, 1987
  • 『とっておきごはんもの50選 簡単だからおいしい』海竜社, 1988
  • 『ぶきっちょさんのサラダとドレッシング』雄鶏社、1988
  • 『城戸崎愛の愛情たまご料理 たまご料理がおしゃれに変身!和洋中のメニュー104』婦人画報社, 1988
  • 『ゴンちゃん、ありがとう! ラブおばさんの愛犬物語』鎌倉書房, 1989
  • 『味と彩りが長もちするおべんとう お昼までおいしさが変わらない秘訣を満載!! (マイライフシリーズ グラフ社, 1989
  • 『城戸崎愛の新お惣菜物語 伝えられた味、伝えたい味』安東紀夫 撮影. 雄鶏社, 1989
  • 『Non・noお料理基本ブック』集英社、1989
  • 『はじめてのお菓子作り 材料のはかり方からお教えいたします』 (マイライフシリーズ特集版. 素敵ブックス グラフ社, 1989
  • 『おかずの定番 (マイライフシリーズ特集版. 素敵ブックス グラフ社, 1990
  • 『東京風のおかず』主婦の友社、1991
  • 『すぐに役立つドレッシング・ソース&たれ・つゆ 身近なおかずがいっぱい』雄鶏社, 1992
  • 『ラブおばさんの子供料理教室』鎌倉書房, 1993
  • 『煮もの上手の本 素材の持ち味を生かしたサシスセソ調味 (マイライフシリーズ グラフ社, 1993
  • 『洋風のおなじみ料理 (クッキング・エチュード愛用版 講談社, 1993
  • 『お昼においしいおべんとう作り 改訂拡大版 (マイライフシリーズ特集版 グラフ社, 1993
  • 『これから料理をはじめる人に (マイライフシリーズ グラフ社, 1993
  • 『サラダ上手の本 手作りドレッシングとマヨネーズで差をつける (マイライフシリーズ グラフ社, 1993
  • 『ブレックファーストとランチを兼ねたブランチの本 (マイライフシリーズ グラフ社, 1993
  • 『一汁三菜 味と栄養の調和!理想の献立の現代化! (マイライフシリーズ グラフ社, 1994
  • 『ラブおばさんの旬を楽しむ簡単お料理12カ月』集英社、1995
  • 『ラブおばさん城戸崎愛のポピュラーおかず50 初めての人でも失敗なく作れる (別冊家庭画報)世界文化社, 1995
  • 『ラブおばさんの今日もおいしく五十歳からの台所 誰でも作れる・野菜たっぷり・熟年好みの味』海竜社, 1995
  • 『野菜 (食材別家庭料理基本ブック) 雄鶏社, 1996
  • 『ひとりの老いも輝いて』海竜社, 1996
  • 『子どもが作る料理お菓子塾 ぼくも、わたしも、お料理じょうず (マイライフシリーズ グラフ社, 1997
  • 『おかずレッスン 基本がわかれば簡単、楽しい』オレンジページ, 1998
  • 『つくっちゃお!城戸崎愛の洋風おかず (生活実用シリーズ. NHKきょうの料理特選) 日本放送出版協会, 1999
  • 『城戸崎愛の親子でいっしょにメルヘン&カンタンクッキング 12か月』いけずみひろこ, かさいまり, ひやまゆみ イラスト. チャイルド本社, 1999
  • 『新世紀に伝えたい100のお惣菜 心温まる手作りの味、懐かしい味 (マイライフシリーズ グラフ社, 2000
  • 『いつものおかずで、おもてなし。 おいしく作って、素敵に盛りつけ』指導と料理. 主婦と生活社, 2000
  • 『もうせん切りイヤになっちゃった!』集英社、2001
  • 『台所好きは老い上手 七十代の台所』海竜社、2002
  • 『城戸崎愛煮ものがおいしい 素材のうまみ和の基本 (マイライフシリーズ グラフ社, 2002
  • 『城戸崎愛の料理のきほんミニ事典』日本放送出版協会、2003
  • 『城戸崎愛の和のおかず 手づくりがごちそう』オレンジページ, 2004
  • 『城戸崎愛の元気料理 シニア世代へのメッセージ』文化出版局, 2004
  • 『料理の基本がわかる本 (NHK出版実用セレクション 日本放送出版協会, 2008
  • 『伝えたい味』集英社, 2008
  • 『ラブおばさんのらくらく&元気ごはん作り』小学館, 2009
  • 『85歳。愛(ラブ)おばさんのおいしくて幸せなおかず』海竜社, 2010
  • 『暮らしこそが道楽 元気に生きる衣食住のコツ』講談社, 2011
  • 『91歳、現役料理家の命のレシピ 食は生きる力」マガジンハウス, 2016

共著[編集]

  • 『おなじみ料理百科 (講談社のお料理book 鈴木登紀子共著. 講談社, 2003
  • 『戦火とドーナツと愛』由井りょう子共著 (集英社be文庫) 2004


受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「きょうの料理」に長年出演 料理研究家の城戸崎愛さん死去”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2020年2月13日). 2020年2月14日閲覧。
  2. ^ a b 読売新聞 2020年3月29日 27面掲載
  3. ^ “料理研究家の城戸崎愛さん死去 急性心不全94歳”. 日刊スポーツ. (2020年2月14日). https://www.nikkansports.com/general/news/202002140000012.html 2020年2月14日閲覧。 
  4. ^ CBC版の講師の宮本和秀1988年4月 - 1991年3月まで日テレ版の講師として出演する事になったため、ピンチヒッターとして。
  5. ^ 「きょうの料理」に長年出演 料理研究家の城戸崎愛さん死去 NHKニュース 2020年2月14日配信(2020年2月14日閲覧)

外部リンク[編集]