市川中車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大割牡丹
片羽車

市川 中車(いちかわ ちゅうしゃ)は歌舞伎役者の名跡屋号は初代から八代目までが立花屋、九代目からは澤瀉屋おもだかや定紋は大割牡丹、替紋は片羽車。

「中車」は初代市川八百蔵の俳名に由来する。この初代と、続く二・三・四・五・六代目は、それぞれ「中車」を俳名としては使ったが、実際にこれを名跡として襲名することはなかった。実際に「市川中車」を襲名したのは七代目が最初である。

八代目・九代目は共に澤瀉屋の縁者であり、九代目からは澤瀉屋を名乗っているため、現在は澤瀉屋の同門格の名跡となっている。

初代 市川中車
道外方の松島茂平の子、1730–59。二代目市川團十郎の門人。
松島吉三郎 → 松島八百蔵 → 初代市川八百蔵(俳名:初代中車)
二代目 市川中車
初代の妹婿、1735–77。
中村傳蔵 → 二代目市川八百蔵(俳名:二代目中車)
三代目 市川中車
二代目澤村宗十郎の長男、1747–1819。
澤村金平 → 初代澤村四郎五郎 → 瀬川雄次郎 → 初代澤村四郎五郎 → 三代目市川八百蔵(俳名:三代目中車) → 二代目助高屋高助 → 助高屋四郎五郎 → 二代目助高屋高助
四代目 市川中車
舞踊藤間流初代藤間勘十郎の弟、1772–1844。
岩井かるも → 岩井喜世太郎 → 四代目市川八百蔵 → 初代市川伊達十郎 → 四代目市川八百蔵(俳名:四代目中車)
五代目 市川中車
舞踊藤間流の三代目藤間勘兵衛の子、1805–70。
市川團吉 → 二代目市川伊達十郎 → 五代目市川八百蔵(俳名:五代目中車) → 三代目關三十郎
六代目 市川中車
五代目の養子、1838–89。
關花助 → 六代目市川八百蔵(俳名:六代目中車) → 四代目關三十郎
七代目 市川中車
京の両替商の子、1860–1936。二代目尾上多見蔵の門人。
尾上常次郎 → 中山鶴五郎 → 七代目市川八百蔵 → 七代目市川中車
八代目 市川中車
七代目の養子、1896–1971。実父は初代市川猿之助
初代市川松尾 → 八代目市川八百蔵 → 八代目市川中車
九代目 市川中車
八代目の実兄(二代目市川猿之助)の曾孫、1965– 。実父は二代目市川猿翁。歌舞伎以外では本名の「香川照之」を名乗る。
九代目市川中車