八塚彩美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やつづか あやみ
八塚 彩美
プロフィール
愛称 やっぴぃ、あやみん、八塚ちゃん、黒塚
出身地 日本の旗愛媛県松山市
生年月日 (1986-04-21) 1986年4月21日(31歳)
最終学歴 同志社大学 文学部
勤務局 朝日放送
活動期間 2009年 - 現在
ジャンル 報道・情報番組
公式サイト アナウンサープロフィール/八塚 彩美
出演番組・活動
現在 おはよう朝日土曜日です
とびだせ!夕刊探検隊
過去 ニュース探偵局DX
速報!甲子園への道
ビーバップ!ハイヒール
堀江政生のほりナビ!!

八塚 彩美(やつづか あやみ、1986年4月21日 - )は、朝日放送(ABC)所属のアナウンサー。

来歴・人物[編集]

愛媛県松山市出身。愛媛県立松山東高等学校から同志社大学文学部英文学科に進学した。高校では弦楽部、大学では放送部に在籍。フリーペーバー誌「Gakushin」の2007年12月号に掲載されたことがある[1]

大学卒業後の2009年に、アナウンサーとして朝日放送へ入社。同期入社のアナウンサーは横山太一

2010年1月23日から3月13日まで、入社後初のレギュラー番組として、ABCラジオの報道番組『ニュース探偵局DX』を同局アナウンサーの上田剛彦と共に担当した。同年4月3日からは、『おはよう朝日土曜日です』(ABCテレビ)の8代目司会者として、同じく上田と共演。2012年には、『速報!甲子園への道』でメインキャスターに起用されるなど、全国高校野球選手権大会の中継・関連番組で進行役を務めていた。

2012年度から2016年度までのナイターオフ期間は、ABCラジオの生ワイド番組『堀江政生のほりナビ!!』で、先輩アナウンサーである堀江のパートナーとしてレギュラー出演。2013年4月4日]から2016年3月24日までは、『ビーバップ!ハイヒール』(ABCテレビ)で、番組初の女性アシスタント(データガール)を務めた。

2013年には、同僚アナウンサーの北村真平と共に、8月12日月曜日)から8月16日金曜日)まで『おはようパーソナリティ道上洋三です』(ABCラジオ)でパーソナリティ代理を担当。また、朝日放送が製作に出資した同月公開の東宝映画「少年H」に、台詞のある役柄でワンシーンだけ出演した。

特技はピアノ、バランス感覚。趣味は、料理、旅行、音楽鑑賞である。また、母校・同志社大学の卒業生有志(TEAM DOSHISHA制作委員会)による書籍『同志社三昧 TEAM DOSHISHA 2009』(学研クエスト、2009年11月初版発行)では、系列の同志社女子大学出身の朝日放送アナウンサー桂紗綾とともに、インタビュー企画「女子アナ奮闘記」に登場している[2]

担当番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

2010年2月よりリポーターとして登場、2010年4月より司会を兼務。

ラジオ[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

2009年・2010年に関西ローカルパートのリポーター、2012年にメインキャスターを担当。
2009年に「燃えろ!ねったまアルプス」リポーター、2010年 - 2012年に甲子園スタジオのキャスターを担当。
第1回(2013年10月6日放送分)から、同僚の女性アナウンサーと交代で、進行役として出演。
番組のPRを目的としたミニ番組で、ナビゲーターとしてオープニング・エンディングの映像に登場。
番組開始から長らく「データマン」を務めてきた上司・岡元昇(アナウンス担当部長兼アナウンサー)の後任で、「データガール」として出演。放送上は、司会のハイヒールなどから、「八塚ちゃん」と呼ばれていた。

ラジオ[編集]

2012年度から始まったナイターオフ編成版では、木曜日のパートナーとして、日替わりコーナー「ほりナビ女子部」の取材・進行や「クイズ八塚彩美」の出題も担当。当番組への出演をきっかけに、リスナーから「あやみん」という愛称で呼ばれるようになった。また、2012年12月6日放送分の「ほりナビ女子部」では、ABCラジオ第1スタジオからの生放送で「エリーゼのために」をピアノで演奏した。
2013年度から始まったナイターイン編成版では、プロ野球の開催を最初から予定していない火~木曜日(予備日など)に『ABCフレッシュアップベースボール』のスタジオバージョンとして拡大版を放送する場合にのみ、堀江のパートナーとして出演。堀江の夏季休暇中に、堀江が1人でパーソナリティを担当しているレギュラー放送で、パーソナリティー代理を務めることもある。
2016年度のナイターオフ編成版である『堀江政生のほり×ナビ』(ほりえまさおのほりなびクロス)には、「コンシェルジェ」という肩書で水・木曜日に出演した。

映画[編集]

  • 少年H(2013年、東宝) - 水谷豊扮する妹尾盛夫が劇中で乗り合わせた電車の乗客役

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]