発車メロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

発車メロディ(はっしゃメロディ)とは主に鉄道駅において乗降中の利用者に列車が発車することを伝える音楽あるいはそのシステムである。バス停留所フェリーターミナルでも同様の目的・機能を持つものが存在する他、貨物駅でも入換・発車時に注意喚起の目的で同様のシステムが採用されることがある。なお、車両接近・通過時に列車が接近することを伝える「接近メロディ」も本稿にて記述する。

JR東日本(首都圏)の代表的な発車ベルスイッチ

列車発車時に使用されるメロディ・チャイムブザーなどを一まとめにして発車ベルと呼ぶこともある。車両によっては、車両の車外に案内用スピーカーを搭載し、乗務員押しボタン操作により、発車メロディ(乗降促進音、乗降促進放送)を鳴らせるものもある(これについては乗車促進音を参照のこと)。

目次

歴史

発車メロディの嚆矢については諸説あるが、1970年代には一部の大手私鉄で使用されていた(1971年8月より京阪電気鉄道で使用開始[1])。

発車メロディの種類

JR旅客各社

北海道旅客鉄道(JR北海道)

旅立ちの鐘
函館本線函館駅で導入されている。『旅立ちの鐘』は1990年頃から昼間の特急「北斗」・「スーパー北斗」、「はつかり」、快速「海峡」の発車時に使用されていた。ただし19972002年の3〜10月頃は快速「海峡」が「ドラえもん海底列車」として運行され、発車の際に『ドラえもんのうた』が用いられた。設備の関係上「北斗」「はつかり」発車の際も同曲が使用された。2004年2005年の間は特急「ドラえもん海底列車」の発車の際に使用された。

東日本旅客鉄道(JR東日本)

現在一番多くのメロディを使用する東日本旅客鉄道(JR東日本)では旧・日本国有鉄道(国鉄)時代の1970年代後半から電子音化したベル(「ピロピロピロ」という音)を使用していたが、多数の駅利用客から耳障りであるなどと不評であった。そのため1988年千葉駅での発車ベル廃止を経て女性社員らが主導となりプロジェクトを立ち上げ音響機器・楽器メーカーとして知られるヤマハに新しい発車メロディ放送システムの開発を依頼、1989年3月11日新宿駅渋谷駅に導入した[2]。この際にピアノハープといった音色と人の心を落ち着かせる雰囲気のメロディを採用した。現在、両駅は別のメロディを使用している。

1990年代に入り初期の発車メロディが好評を博したことを受けて他駅でも導入の機運が高まったが、以後の導入に関してはコストダウンを図ったシステムが採用された。採用された代表的な会社が音響機器メーカーのUNI-PEX(ユニペックス)で、オカリナ奏者・宗次郎のメロディ『清流』や『雲を友として』などの他にオリジナル曲を採用した。これらのメロディは同社が製造した自動放送装置と合わせるようにしてコストダウンを図ったと思われる。なお、これらのメロディは東京近郊の駅で導入していたが宗次郎の曲は契約上の関係で同社横浜八王子東京大宮支社管内の駅では2005年3月頃相次いで変更された。その後は上越線高崎問屋町駅のみで使用していたが、2014年3月に機器更新により消滅した。

1990年代後半から蒲田駅で『蒲田行進曲』が使われたり高田馬場駅新座駅で『鉄腕アトム』のテーマ曲を使うなど、駅に関連する曲が使われる機会(いわゆる「ご当地ソング」)が増えた。

2010年7月からおよそ1か月の間、新橋駅の発車メロディが『ウイスキーが、お好きでしょ』に替わったが、これは発車メロディを使ったサントリーの広告という位置付けであり、JR東日本として初の試みであった。

総じてJR東日本エリアではほとんどの駅の在来線ホームと一部の駅の新幹線ホームが旧来の発車ベルから発車メロディへ変更されている(元々発車ベルがなかった駅を除く)。よって在来線ホームが未だに発車ベルのままとなっているのは少数に限られる。一方で、長野支社管内などでは元々発車メロディを採用していた駅が放送設備更新によりベル化したという事例もある。なお、JR東日本の支社では新潟支社のみが長らく発車メロディを導入していなかったが、2013年9月1日から越後線白山駅で使用開始した。

なお、E233系E531系E721系などには、車両側に車外メロディが設置されており、現在、主に関東や東北地区の発車メロディ未設置駅で使用されている(一時期、実験的に吉祥寺駅で、車外メロディのみ作動させていた)。

汎用メロディ
別項に述べるご当地メロディを除いて、以下の製作所のメロディを使用している。
  • ユニペックス製 詳しくは日本電音
    初期から参加しているメーカーで、認知度の高いメロディが多い。
  • 東洋メディアリンクス製 詳しくは東洋メディアリンクス
    東日本のエリア全般で広く使用されている。
  • 櫻井音楽工房製 詳しくはテイチクエンタテインメント、又は櫻井音楽工房
    名前が付いているのが大きな特徴(『小川のせせらぎ』、『海岸通り』など)。
  • 五感工房製 詳しくは五感工房
    途中で転調するものが多いのが特徴。JR-SH(番号)という名前の付け方。調違いのヴァージョンも存在する。
  • サウンドファクトリー製 詳しくはサウンドファクトリー
    名前の付け方が、SF-番号という方法。
  • 永楽電気製 詳しくは永楽電気
    童謡、唱歌などのアレンジが多い(『アマリリス』、『牧場の朝』など)。
  • カンノ製作所製 詳しくはカンノ製作所
    曲名、整理番号等は特にない。どちらかと言えばベルに近い。
  • スイッチ製 詳しくはスイッチ (音楽制作会社)
    最近新曲が多数導入されている。1駅でしか使われていない曲が殆ど。
以上の製作所は主な製作所であり、上記以外の会社も製作している。
駅や周辺の歴史的経緯・祭り
応援歌・テーマソング
高崎線
常磐線
首都圏(その他)
東北地区
補足

東海旅客鉄道(JR東海)

  • 東海道新幹線を含めて駅での発車メロディ導入には消極的であるが、313系に車外スピーカーから発する車外メロディ(乗車促進メロディ)を搭載している(全番台共通)。
  • 東海道新幹線東京駅では2003年11月まで使われていた「のぞみ」の始発駅・終着駅到着前の車内メロディが発車メロディとして14・15番線が2008年9月下旬より、16 - 19番線が2008年12月中旬より使用されている[1]

西日本旅客鉄道(JR西日本)

金沢支社
  • 北陸本線CTCによる自動放送が導入されている駅で流れる。糸魚川駅を除き、通常はCTCと連動して自動でメロディが流れるため、車掌や駅員がスイッチを扱うことはない。
  • 金沢駅高岡駅糸魚川駅
ご当地メロディとして金沢駅は、高岡駅はおのメロディが流れる。糸魚川駅は詩人相馬御風糸魚川市出身ということがあってか自身が作詞した童謡『春よ来い』『ふるさと』『夏の雲』『カチューシャの唄』が使用されている(大糸線の列車は発車ベルのみ)[5]。また過去に富山駅では民謡の『こきりこ節』のアレンジ曲・福井駅では日本唯一のハープ産地なのでハープの曲が使用されていたが、CTC導入を機に現在はその他の自動放送導入駅と共に短めのメロディに統一されている。
近畿統括本部
  • 京都駅在来線各線のホームでは、1997年の新駅ビル完成時より使用されていた(西武鉄道などで使用されている曲)が、現在は使用されていない。
  • 関西空港線関西空港駅で使われている。関空快速と関空特急「はるか」とはメロディーが異なる。関空快速の発車、接近メロディーは北陸地区のものと同じものを使用している。
  • 大阪環状線では1999年のダイヤ改正時から2003年12月まで各駅で発車メロディが流れていたが、列車遅延の原因になるとして使用停止された。しかし、「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として駅ごとに異なるメロディーで再度導入(1999年5月から2003年12月までとは異なる)することとなり、2014年3月15日のダイヤ改正から森ノ宮駅・京橋駅・西九条駅で先行導入された[6]。今後1年間かけて全駅に導入する予定である。
福知山支社
  • 豊岡駅ではコウノトリにちなんだメロディーが一部の列車の発車時に流れている。到着時に『約束の空へ』(作曲:大西しんぎょう)が、発車時に『輝いてコウノトリ』(作曲:西田武生)が流れている。
  • 城崎温泉駅では『いい湯だな』のサビの部分が使用されている。到着時にも同じメロディが流れる[8]。また、冬季限定でPUFFYの『渚にまつわるエトセトラ』が使用されている[9]

九州旅客鉄道(JR九州)

  • 九州新幹線博多駅を除く全駅で向谷実作曲の発車メロディが使用されている。新鳥栖駅 - 新玉名駅新八代駅 - 川内駅間ではオリジナルのメロディ(後に『The Journey』として編曲される)が、熊本駅では熊本県の民謡おてもやん』、鹿児島中央駅では鹿児島県の民謡『おはら節』をアレンジした曲がそれぞれ使用されている。
    • 九州新幹線が全線開業するまでは、新八代駅 - 鹿児島中央駅間で向谷作曲の別のオリジナルのメロディ(後に『風は南から』として編曲される)が使われていた。
  • 2012年3月からは、博多駅の在来線ホームで向谷作曲の発車メロディが使用されている[10]

私鉄・公営交通・第三セクター

仙台空港鉄道

仙台空港駅では、JR東日本でも使用されている櫻井音楽工房製の『twilight』が使用される。また、車両にも車外メロディが搭載されている。

東武鉄道

1991年、東武宇都宮駅に導入したのが先駆けで、東武鉄道では「発車案内メロディー」と称している。2000年代に入るまでは一部の始発駅のみで使用していたが、2005年頃より中間駅にも発車メロディを使用を開始し、本線(主要駅と一部の中間駅)・野田線(全駅)・東上線小川町以南)に導入を進めている[11]。発車メロディ用のスピーカーは、一部の駅を除いて駅員放送用のスピーカーと別に設置されている。

  • Passenger
    池袋駅(東上線、1・2番線)・浅草駅東武スカイツリーライン、3 - 5番線)・曳舟駅亀戸線、5番線)・北千住駅(東武スカイツリーライン・特急ホーム)、東武宇都宮駅宇都宮線)で使用されているメロディ。池袋駅では2008年6月のダイヤ改正までエンドレスバージョンを、浅草駅では2012年3月のダイヤ改正までフルバージョンをそれぞれの全ホームで使用していた。また、浅草駅と北千住駅のものは途中でフェードアウトするが、両駅でフェードアウトする箇所が異なる。[12]
  • 夜のストレンジャー
    東武日光駅日光線)・大宮駅(野田線、1番線)で使用されているメロディ。大宮駅のものは途中でフェードアウトする。以前は鬼怒川温泉駅でも使用されていたが、東武日光駅のものとは音程が異なっていた。
  • City(メモリア)
    池袋駅(東上線、3・4番線各駅停車ホーム)・船橋駅(野田線)で使用されているメロディ。池袋駅のものは自動的に途中で切れるが、最終電車発車時などは駅員の操作により長く鳴る。船橋駅のものは途中でフェードアウトする。
  • ファイターズ讃歌北海道日本ハムファイターズ応援歌)
    2009年2月より鎌ヶ谷駅(野田線)及び新鎌ヶ谷駅(同)で導入された。鎌ヶ谷市には北海道日本ハムファイターズファイターズスタジアムがあることから、ファイターズオフィシャルソングである同曲に変更された[13]
  • 東武動物公園テーマソング
    2013年8月より東武動物公園の最寄駅である東武動物公園駅(東武スカイツリーライン・伊勢崎線日光線)に導入された。2・4番線(日光線)は金管楽器調、3・5番線(伊勢崎線)はストリングス調のアレンジが使用されている[14]
  • 東武ワールドスクウェアテーマソング
    2014年3月より鬼怒川温泉駅(鬼怒川線)に導入された[15]。なお、メロディーが流れるのは1・2番線から上り特急列車が発車する時のみである。
  • 東上線
    2005年3月には中板橋駅の上りホームに発車メロディが導入された。その後暫く他の駅には導入されなかったが、2007年4月より和光市駅に導入されたのを皮切りに中間駅の発車メロディの導入が進められ、現在は大山駅(発車ベルを使用)と小川町以北のワンマン区間を除いた各駅で使用されている。
    池袋駅では2008年6月のダイヤ改正以降、1・2番線でフルバージョンの『Passenger』、3・4番線で『City』、5番線でオリジナルメロディが使用されている。それ以前は全ホームにて、エンドレスバージョンの『Passenger』が使用されていた。
  • 野田線
    2007年3月から柏駅船橋駅・大宮駅にそれぞれ導入された。3駅とも途中でフェードアウトする仕様となっている。2008年4月から中間駅にも順次導入され、2009年3月に全駅での導入が完了した。
  • 東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線
    2010年3月より西新井駅に、伊勢崎線の中間駅として初めて発車メロディが導入された。他の中間駅でも導入が進められており、2013年現在、東武スカイツリーラインの全区間(東武動物公園駅を除く)と伊勢崎線の和戸 - 館林間及び日光線の杉戸高野台 - 南栗橋間で使用されている。
    浅草駅では2012年3月のダイヤ改正以降、1・2番線で伊勢崎線・日光線の中間駅と同じメロディ、3 - 5番線で途中でフェードアウトする『Passenger』にそれぞれ変更されている。それ以前は全ホームにて、フルバージョンの『Passenger』が使用されていた。

西武鉄道

1994年から1998年頃は主に優等列車が停車する駅のみで50種類程用意されていたがその当時の発車メロディが残るのは多摩湖線萩山駅1番ホーム・西武遊園地駅西武秩父線西武秩父駅多摩川線白糸台駅(始発列車のみ)と是政駅のみとなっている。他の駅は路線毎に統一されて6種類のみとなり、さらに各駅停車のみ停車する駅にも導入している。多摩川線の武蔵境駅はかつて旧メロディを使っていたが、その後オリジナルのものになっている。

東京地下鉄(東京メトロ)

多くの路線では「営団ブザー」と通称されるブザーを使用している。ただし、下記の路線では発車メロディを使用している。また東京地下鉄ではこれを「発車サイン音」と称している。

  • 南北線(全駅)
    開業時より使用している。A線・B線でメロディが異なるが、白金高輪駅のみ組み合わせが逆である。南北線に走行するすべての車両にも同じメロディが搭載される。
  • 丸ノ内線茗荷谷駅を除く本線各駅)
    2008年6月より使用開始。基本的には、列車の車外メロディとして使用しており、A線・B線でメロディが異なる。ただしその当時は後楽園駅茗荷谷駅のみ駅備え付けのブザーを使用していた。その後、茗荷谷駅は、車外メロディ使用停止期間を経て、終日ブザーの使用に変更された。また、新宿駅池袋駅では朝ラッシュ時のみ従前の駅ブザーを使用する。なお、方南町支線では車外ブザーを使用している。
    2012年2月1日から、ラッシュ時間帯を除き、茗荷谷駅を除いた全駅で駅のメロディを使用するようになった(ただし、四ッ谷駅・池袋駅では放送装置の改修が間に合わず、3月からの使用開始となった[16])。
  • 副都心線地下鉄成増駅 - 渋谷駅間)
    小竹向原駅 - 渋谷駅間は開業時より使用。地下鉄成増駅 - 氷川台駅間は2011年2月より使用開始。和光市駅は2012年7月より使用開始したが、後にブザーに戻された。
  • 有楽町線(地下鉄成増駅 - 新木場駅間)
    2011年2月から2014年2月にかけてホームドア稼動開始に合わせて順次使用開始。地下鉄成増駅 - 小竹向原駅間は副都心線と同じメロディを使用している。
  • 銀座線浅草駅上野駅銀座駅溜池山王駅
    2012年10月30日より浅草駅と上野駅で、同月31日より銀座駅と溜池山王駅で発車メロディの使用を開始した[17]。それぞれの駅のイメージに合う楽曲を採用している。

東京都交通局(都営地下鉄)・東京急行電鉄(目黒線)・埼玉高速鉄道

都営地下鉄三田線東急目黒線埼玉高速鉄道線は、南北線とシステムを統一するため、同線と同じ発車メロディを使用している。なお、都営三田線はワンマン運転開始直前の2000年8月から使用を開始している。

なお浦和美園駅では2007年11月から埼玉スタジアム2002浦和レッズの試合が開催される日に限り、浦和レッズの応援歌である『Keep On Rising』が発車メロディとして使用されるようになった。

東京急行電鉄・横浜高速鉄道

東横線みなとみらい線・田園都市線・大井町線の場合、基本は車掌リモコン操作による発車ベルを流している。大井町線では、複々線化後、溝の口 - 二子玉川間で田園都市線との区別をつけるためにオリジナルの大井町線専用ベルを流している。ワンマン運転を行う路線については、目黒線では車両から東京メトロ南北線と同じメロディを流し、池上多摩川線では車外ブザーを鳴らすのが基本である。

東横線渋谷駅では、向谷実作曲のオリジナル曲を3月15日までは廃止された地上ホームで接近メロディとして使用し、翌16日から使用開始された地下ホームで発車メロディとして使用している。等々力陸上競技場の最寄駅である東横線武蔵小杉駅新丸子駅では、川崎フロンターレの応援歌を発車メロディとして使用。みなとみらい線横浜駅を除いて上下線で異なる発車メロディを流しているが、日本大通り駅では2013年4月2日から横浜DeNAベイスターズの応援歌である「熱き星たちよ」のメロディを使用している。

小田急電鉄

2000形の2次車以降、3000形には乗車促進メロディが搭載されている。2004年5月から車掌PHSを操作して駅ホーム上のスピーカーからも流すようになった。ただし、鳴らさないことや放送の部分だけ流すことも多い。

東京臨海高速鉄道りんかい線

りんかい線では基本的にJR東日本で使用されているものと同じ東洋メディアリンクス製のメロディを使用している。

  • 東京テレポート駅では2008年7月からフジテレビの全面協力により『踊る大捜査線』のテーマソングをアレンジしたものを使用している。なお、2012年12月7日から2013年2月1日までは映画『ONE PIECE FILM Z』のテーマソングを使用していた。
  • 大井町駅では、2011年6月21日から2013年1月28日まで、劇団四季のミュージカル『美女と野獣』のテーマ曲が採用され、上り線(新木場方面行き)は「ビ アワ ゲスト(おもてなし)」、下り線(大崎方面行き)は「美女と野獣」がいずれも11秒間流れていた。[18]その後2013年10月25日からはミュージカル『リトル・マーメイド』のテーマ曲が採用され、上り線(新木場方面)は「アンダー・ザ・シー」、下り線(大崎方面)は「パート・オブ・ユア・ワールド」がいずれも11秒間流れている。[19]
  • 国際展示場駅では、2012年8月9日から9月30日まで、ゼンリン『いつもNAVI』のCM曲が使用されていた[20]

横浜市交通局(横浜市営地下鉄)

  • ブルーライン
  • グリーンライン
    2007年11月にブルーラインに導入した。導入から1ヶ月ぐらいは曲の頭の部分が欠けてた。グリーンラインは開通当初から使用している。
    ブルーライン関内駅では、2012年4月3日より、横浜DeNAベイスターズ応援歌『熱き星たちよ』をアレンジしたものに変更されている[21]

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線

全駅で使用されている。ただし開業以前の試運転時は現在使用しているのとは異なるメロディを使用していた。

関東鉄道

上信電鉄

高崎駅テレサ・テンの美酒加珈琲をアレンジしたメロディを使用している。

箱根登山鉄道

富士急行

しなの鉄道

屋代駅戸倉駅上田駅小諸駅軽井沢駅でJR東日本と同じものが使用されている(東洋メディアリンクスGKカンノ製作所製)。

万葉線

高岡駅停留場で列車入線時と発車時に「お鈴」のメロディを使用している。なおJR高岡駅においてもお鈴のメロディを使用しているがアレンジが異なる。

えちぜん鉄道

福井駅で笠松泰洋作曲のハープを使用したメロディが流れる。勝山永平寺線用と三国芦原線用の2種類がある。

遠州鉄道

  • 街と生きる
    新浜松駅で使用。遠鉄グループソング。以前は東武野田線と同じものが2回流れていた。

名古屋鉄道・名古屋市交通局

瀬戸線を含む全線で車載のメロディを使用している(名古屋市交通局は上飯田線以外ベル)。

近畿日本鉄道

京阪電気鉄道

列車運行管理システム(ADEC)の更新完了に伴い2007年6月から京阪本線鴨東線宇治線交野線で、2008年10月からは中之島線向谷実作曲による新メロディが導入されている。

上下別に特急用の特急メロディ・それ以外の種別用の一般メロディで分かれており、京阪本線・鴨東線のメロディはつなげると1つの曲になるというユニークな試みがなされた。さらに、臨時に運転の快速特急では京橋駅で『朝靄の京橋で乗り換え』をアレンジしたものが使用されている。また、宇治線・交野線・中之島線では京阪本線・鴨東線の発車メロディを基調とした専用の発車メロディを使用している。

特急用メロディは淀屋橋駅天満橋駅・京橋駅・枚方市駅樟葉駅中書島駅丹波橋駅三条駅出町柳駅に、一般用メロディは淀屋橋駅・天満橋駅・京橋駅・守口市駅萱島駅香里園駅・枚方市駅・樟葉駅・八幡市駅淀駅・中書島駅・丹波橋駅・深草駅・三条駅・出町柳駅に導入されている(京阪本線はホームが「2面以上3線以上」という条件を満たしている駅のみにメロディが導入されている。ただし、条件を満たしていない1面2線の出町柳駅は始発駅のため、メロディは導入されている)。

メロディの曲名は、上り特急用メロディは「MIYABI」、上り一般用メロディは「KIRAMEKI」、下り特急用メロディは「GENKI」、下り一般用メロディは「AKOGARE」である。

京橋駅と天満橋駅の下り発車メロディは、それぞれ全種別とも、淀屋橋行きは「GENKI」、中之島行きは「AKOGARE」である。京橋駅以西は全種別が各駅に停車するため、行き先を区別するために淀屋橋行きと中之島行きで発車メロディを変えている。

この他、淀駅では臨時特急発車時にフィガロの結婚をアレンジしたもの(初代の特急用メロディ)が流れる。また、出町柳駅では臨時快速特急発車時に『出町柳から』をアレンジしたものが使用される。

なお、2008年11月に京阪線の主要駅で向谷作曲の発車メロディを収録したCD「京阪電車発車メロディcollection」が発売された(現在は、京阪主要駅での購入は不可能だが京阪エージェンシーから通信販売がされている)。

それ以前は特急の場合は京都にちなんで「牛若丸」、それ以外の場合はオリジナルメロディとなっており基本的には列車の始発駅にて流れていた(一部除く)。1995年12月まで使用された特急用のメロディは、1971年の初導入(「歴史」の節を参照)時に制作されたオリジナルであった。このメロディは、当時の村岡四郎社長の発案で導入されたもので、曲を制作したのは発車ベルの設備担当だった木村陸朗である[24]

また、K特急が運転されていた頃は京橋駅の『朝靄の京橋で乗り換え』の他に出町柳駅で『出町柳から』を、私市駅では普通列車と異なる特急用のメロディを使用していた。

叡山電鉄

出町柳駅で使用されている。かつては鞍馬駅行電車はメロディ、八瀬比叡山口駅行電車はブザーと使い分けていたが、現在はメロディで統一されている。

京福電気鉄道

2008年4月から四条大宮駅帷子ノ辻駅嵐山駅北野白梅町駅で岡野弘幹作曲のメロディが使用されている。

阪急電鉄

  • 梅田駅
    神戸線宝塚線京都線で、それぞれ神戸宝塚京都をイメージした曲が使われる(およそ15秒で、うちメロディはおよそ9秒)。終電の時は各改札で客の通過が終わったことを確認するまで鳴らされるのでメロディの最後の音が長くなり、1分ぐらい鳴る。また、深夜0時前から終電の発車まで駅全体に終電間際であることを知らせる『第三の男』(オリジナルアレンジ曲)のBGMが流れる。
  • 宝塚駅
    宝塚歌劇100周年を記念し、2014年3月21日から宝塚本線は「すみれの花咲く頃」に、今津線は宝塚に馴染みの深い手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」を採用した。メロディーはいずれも12秒のシンセサイザー音。[25]

阪神電気鉄道

1990年から使用されており、この時は西浦達雄が作曲していたが、2009年1月頃から向谷実作曲のものに変更された。接近時の音楽も西浦→向谷が制作している。なお現在の接近時のメロディは阪神電気鉄道の企業ラジオCMとして使用されている。

大阪府都市開発(泉北高速鉄道)

和泉中央駅光明池駅のみで使用している。

京都市交通局(京都市営地下鉄)

東西線のみ採用しており、古都・京都をイメージさせる三味線やを用いた音楽であり制作は櫻井音楽工房である。なお、御陵駅では京阪京津線方面ホーム専用のメロディも存在する。

大阪市交通局(大阪市営地下鉄)

長堀鶴見緑地線では開業時から採用しているが、2013年現在で流れているメロディとは異なるものである。 その他の路線でも1990年頃から採用しているが、長堀鶴見緑地線のものとは違うタイプであり、同じリニア地下鉄でも今里筋線は通常の発車メロディーである。

北大阪急行電鉄

千里中央駅で、発車放送の開始時に季節ごとに違うメロディ(4種類)が流れる。発車放送の後にベルまたはブザーが別途鳴る。

神戸市交通局(神戸市営地下鉄)

海岸線で開業時から使用されている。

神戸新交通

  • ポートアイランド線
    西武秩父駅やJR京都駅で使用されているメロディの音色違いのものが使用されている。

山陽電気鉄道

2012年5月から、一部の主要駅で塩塚博作曲による発車メロディが導入されている[26]

広島高速交通(アストラムライン)

各駅で同じ曲が使用されている。但し本通駅では発車前の『○番乗り場の電車は○行きです。○までの各駅にお越しの方は○番乗り場の電車にお乗りください』の放送時に別のメロディーが流れる。

広島電鉄

広島港電停のA〜C番線や横川駅電停広島駅電停で使われている。広島港・宇品駅はホームごとに異なるメロディーで,広島駅・横川駅は同じものが使われている。

高松琴平電気鉄道

伊予鉄道

  • この街で
    松山市駅で使われている。2001年までは各線に1種類ずつあったが統一された。

沖縄都市モノレール

沖縄民謡をモチーフにしたメロディが使用されている(首里駅那覇空港駅のみ、その他は車内メロディになっている)。

接近メロディ

接近メロディ(せっきんめろでぃ)とは鉄道駅の利用者に列車の接近を音楽によって伝えるための放送手段、あるいはそのシステムである。日本全国に普及しているほか、一部の国や地域でも採用されている。

数音程度のシンプルなチャイムを使用している例が多い一方で、既存のよく知られた曲やご当地ソングをメロディとして使用している駅もある。

JR旅客各社

JR東日本

  • ATOS導入前の山手線京浜東北線中央線でそれぞれ独自の接近メロディが使われていた。ATOS導入後は基本的に使われていないが、装置の不具合などでまれに復活することがある(早朝・深夜の水道橋駅の東京方面ホームでは東京止まりを強調するために中央線の独自接近メロディが復活する)。ATOS放送の接近メロディは、山手線の独自の接近メロディをアレンジしたものである。2010年に外房線の一部の駅の接近メロディにATOS導入前の山手線の接近メロディと同じものが導入された。
  • 横浜線の一部の駅(橋本駅など)では電車の接近を示す電光掲示板に接近メロディを流す装置が併設され、電車の接近時には『メリーさんのひつじ』が接近放送とは別に流れる。
  • 東北本線北上駅では櫻井音楽工房製の『スプリングボックス』(池袋駅秋葉原駅などでも発車メロディとして使用)が、長野新幹線軽井沢駅ではサウンドファクトリー製の『海の駅』(品川駅大崎駅でも発車メロディとして使用)が流れる。

JR東海

JR西日本

  • JR神戸線では列車接近時に予告メロディ - 列車案内の後、オリジナルの接近メロディ『さざなみ』[27]が流れる(下記の駅を除く)。
  • 大阪駅(JR神戸線・京都線を含めた全てのホーム)・大阪環状線大和路線JRゆめ咲線おおさか東線JR宝塚線塚口駅新三田駅)・JR東西線尼崎駅を除く)・学研都市線で接近メロディが流れている。ただし、メロディそのものは同じであるが津田英治向山佳比子大阪環状・大和路線運行管理システム)による案内放送の駅と、村山明よしいけいこ(JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム)による案内放送の駅で音程やテンポが少し異なる。また、それぞれ停車用と通過用でメロディが分けられている。なお、おおさか東線は開業時から運行管理システムの本格稼働までは独自の接近メロディが使用されていた。
  • 京都駅では、西武鉄道西武秩父駅(かつては同社池袋駅でも使用)で用いられているメロディが、接近メロディとして使用されている。
  • JR京都線島本駅では小林亜星原曲の『人間みな兄弟〜夜がくる』を接近メロディとして使用している。
  • 2011年から、JR宝塚線(広野駅篠山口駅)でオリジナルの接近メロディが流れている(以下、『JR西日本標準の入線メロディ』と記述)。このメロディは、近畿エリアのアーバンネットワーク運行管理システムを導入していない路線と岡山支社管内の路線(いずれも一部の駅を除く)で順次導入されている。
  • 阪和線では2000年から全駅で接近メロディが流れている。停車用と通過用でメロディが分けられている。また、関西空港線関西空港駅では独自の接近メロディが流れる(関空快速と関空特急はるかでメロディは異なる)。
  • 岡山支社管内(主要駅)の各路線では列車接近時に童謡や唱歌、ご当地メロディが自動放送と共に流れる。ただし、一部の駅では2012年よりご当地メロディを廃止して、JR西日本標準の入線メロディに差し替えたり(金光駅松永駅など)、ご当地メロディのあとにJR西日本標準の入線メロディを続けて流している駅もある(岡山駅津山駅など)。
  • 広島支社管内の各路線では、オリジナルの接近メロディが多数使用されている。また、JR東日本で発車メロディとして使用されている『せせらぎ』や『春』といったメロディも使用されていたが、オリジナルのものに取って代わられ、現在では使用されていない(下りが広島駅2番線、上りが広島駅4番線のものと同じメロディに変わっている)。
  • 米子支社管内については、山陰本線因美線の一部の駅にてオリジナルの接近メロディが使用されている。また、当支社のメロディは、北越急行ほくほく線まつだい駅でも列車通過時に同じメロディが流れる。
  • 金沢支社管内(小 - 中規模駅)の各路線では、接近表示器から電子音の童謡やクラシックの曲の接近メロディが流れる(草津線寺庄駅でも、同様に電子音の『アニーローリー』が流れていたが現在は使用されていない)。自動放送が導入されている主要駅(金沢駅、糸魚川駅を除く)では、2点チャイム - 列車案内の後、関西空港駅にて使用されているメロディと同じものが流れる。
  • 草津線の油日駅では、オルガンの音色の『春が来た』が接近表示器から流れる。
汎用メロディー
  • JR西日本標準の入線メロディ…JR西日本各地で流れている。一部の駅ではこれに続き別のメロディーが流れることもある。
  • さざなみ…JR神戸線などで使用されているメロディー。一部の駅ではこれに加え別のメロディーが流れることもある。
  • (曲名不明)…大阪環状線をはじめ大和路線などでも使用されているメロディー
ご当地メロディー
  • 線路は続くよどこまでも…岡山支社内で用いられている。
  • 瀬戸の花嫁…岡山支社で使用。宇野駅の物はメロディーが異なる。
  • 桃太郎…岡山支社で使用。岡山が桃太郎の舞台であることに因む。
  • 百万本のバラ福山駅で春季のみ使用されている(福山がバラの街としていることから)。かつては備後赤坂駅里庄駅でも通年で使用されていた。
  • がんばれカブトガニ…笠岡駅で使用。笠岡がカブトガニの生息地として知られることから。一時は使用を停止していたが、後にバージョンを変更して復活した。
  • 大島の傘踊り…かつて笠岡駅の1番のりばで使用されていた。現在は『がんばれカブトガニ』が使用されている。
  • 故郷尾道駅で使用。以前は新倉敷駅でも使用されていた。
  • われは海の子…尾道駅で使用。また、七尾線所属駅でも夏季限定で使用されている。
  • もみじ…福山駅および七尾線所属駅でいずれも秋季限定で使用されている。福山駅では曲の後に続けてJR西日本標準の入線メロディが流れ、七尾線所属駅では列車到着まで繰り返しこの曲が流れる。
  • かもめの水兵さん…三原駅で使用。作曲者が三原出身であることから。
  • 砂の鏡…広島駅1番・5番乗り場で使用。芸備線でも別アレンジで使用。一時期は呉線、前空駅(芸備線とはまた別のアレンジ)でも採用されたが、2012年春に前項のように統一された。
  • 防府踊り…山陽本線防府駅で使用。
  • オロチ太鼓踊り…出雲市駅で使用。
  • 約束の空へ…豊岡駅で使用。豊岡がコウノトリの生息地として知られることから。
  • いい湯だな…城崎温泉駅で使用(冬季を除く)。このメロディの後、続けてJR西日本標準の入線メロディが流れる。
  • 渚にまつわるエトセトラ…城崎温泉駅で冬季限定で使用される。
  • 和倉音頭…和倉温泉駅で使用。
  • となりのトトロ(2・3番のりば)ミッキーマウス・マーチ(1番のりば) …鯖江駅で使用。
    鯖江市が「マリンバの里」として観光政策を行っていることから鯖江市在住のマリンバ奏者・平岡愛子氏の演奏が使用されている。
  • 宇宙戦艦ヤマト呉駅で使用。呉市戦艦大和建造の地であり、駅近隣に呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)が立地することから。なお、同館の名誉館長は『宇宙戦艦ヤマト』監督の松本零士

JR四国

JR九州

私鉄・公営交通・第三セクター

京浜急行電鉄

京浜急行電鉄の大半の駅ではモーツァルトの『6つのレントラー舞曲』、羽田空港国内線ターミナル駅では同社のCMソングであったくるりの『赤い電車』をオルゴール調にアレンジした曲が流れる。また2008年7月に主要16駅を対象に「京急駅メロディ大募集」としてそれぞれの駅にあったご当地ソングを一般公募、同年11月に決定し順次対象駅に導入されている[28]。駅メロディの楽曲アレンジは、スイッチ塩塚博(品川駅・羽田空港国内線ターミナル駅以外)とくるり岸田繁(品川駅・羽田空港国内線ターミナル駅)が担当している。駅メロディ採用曲は以下の通り[28]

採用駅 曲名 採用年月日
特記ない場合は2008年 - 2009年
品川駅 赤い電車くるり
青物横丁駅 人生いろいろ島倉千代子
立会川駅 草競馬
平和島駅 いい湯だなデューク・エイセス
京急蒲田駅 夢で逢えたらラッツ&スター
羽田空港国際線ターミナル駅 世界に一つだけの花SMAP[29] 2010年10月21日
羽田空港国内線ターミナル駅 『赤い電車』 くるり
京急川崎駅 上を向いて歩こう坂本九
港町駅 港町十三番地美空ひばり[30] 2013年3月2日
生麦駅 ニューヨーク・ニューヨークフランク・シナトラ 2012年3月30日
横浜駅 ブルー・ライト・ヨコハマいしだあゆみ
上大岡駅 夏色ゆず
金沢文庫駅 MY HOME TOWN小田和正
金沢八景駅 EXILE
新逗子駅 LIFEキマグレン
横須賀中央駅 横須賀ストーリー山口百恵
堀ノ内駅 かもめが翔んだ日渡辺真知子
浦賀駅 ゴジラのテーマ』
京急久里浜駅 秋桜さだまさし山口百恵
三崎口駅 『岬めぐり』 山本コウタローとウィークエンド

小田急電鉄

京王電鉄

採用駅 曲名 採用年月日 備考
京王八王子駅 1番線 - 『ヒーロー
2番線 - 『あとひとつ
2011年11月16日 地元出身のFUNKY MONKEY BABYSの楽曲を使用[35]
聖蹟桜ヶ丘駅 カントリー・ロード』(本名陽子
1番線・2番線共オルゴール調アレンジ
2012年4月8日 アニメ映画『耳をすませば』の舞台のモデルとなったことから
多摩市と京王との共同事業として同作品の主題歌を採用[36]
調布駅 ありがとう』(いきものがかり
桐朋学園大学音楽学部が演奏
2012年8月19日 調布市が舞台のドラマ『ゲゲゲの女房』の主題歌[37]
調布駅付近連続立体交差事業に伴う同駅地下化に伴い採用
府中駅 1・2番線 - 『ぶんぶんぶん』
3・4番線 - 『府中小唄』
2013年4月24日 『ぶんぶんぶん』は作詞した詩人村野四郎が府中市出身であることから
『府中小唄』は府中市の郷土民謡であることから[38]
久我山駅 1番線 - 『山のワルツ』
2番線 - 『おはなしゆびさん』
2013年12月18日
(2014年12月使用終了予定)
当地在住の作曲家に因み、1年間の期間限定で導入[39]
  • 上記以外の駅でも、上下線及び停車・通過で異なるメロディが流れる。

その他

  • 相模鉄道では、二俣川駅をはじめとする旭区内の駅で2009年から毎年7月〜8月にかけて、向谷実作曲のジャズを列車接近メロディとして流している[40][41]
  • 静岡鉄道では、新静岡駅新清水駅以外の途中駅で上下線別にオルゴール調のオリジナルメロディが採用されている。
  • 遠州鉄道では接近放送(自動放送)を行う駅(ホームのみ・コンコースのみ・両方の3通り。接近放送を行わない駅もある)の全てで接近メロディが採用されている。これは東武伊勢崎線東武野田線東武東上本線の途中駅にて採用されている発車メロディと同一のものである。
  • 名古屋市営地下鉄では名城線および名港線の各駅でJR東日本で発車メロディとして採用されている曲が使用されていたが、他の路線にも接近メロディが導入された際に各路線のイメージに合ったオリジナルメロディに変更されている。
  • 万葉線高岡駅停留場では、接近時と発車直後にお鈴のメロディが流れる。但し北陸本線高岡駅のメロディとは別のアレンジとなっている。
  • 阪急電鉄では河原町駅を除く本線上のほとんどの駅で使われている。停車、上り線通過、下り線通過で違う。京都本線は神戸・宝塚本線と違って河原町方面が上りとなるため通過音の配置が神戸・宝塚本線と逆である。かつては本線上でも旧来の3打点チャイムが鳴る駅が存在したが、2006〜2007年にかけての自動放送更新により全て姿を消した(但し支線内の駅ではまだ残っている)。また案内放送終了後に、これとは別に入線メロディが流れる駅もある。
  • 阪神電気鉄道では、梅田駅・三宮駅2番線を除く全駅で停車列車の接近放送開始時に『線路は続くよどこまでも』の一節が流れる。通過列車用のものもあり、音色違いで2種類存在する。2009年1月からは向谷実がアレンジした『線路は続くよどこまでも』と通過メロディを使用している。
  • 京阪電気鉄道(本線系統)では、2007年6月の発車メロディ導入と同時に接近メロディも導入された。
  • 大阪市営地下鉄では、長堀鶴見緑地線で1990年の開業時から独自の接近・入線メロディが開業時から流れている。また、これより先に1989年に入線メロディが他の路線に導入されたが、長堀鶴見緑地線のものとは違うタイプである。
  • 北大阪急行電鉄では、江坂駅を除く全駅で『フニクリ・フニクラ』の冒頭の一節が用いられている。また、千里中央駅では入線時に『埴生の宿』の一節も併せて流れる。
  • 山陽電気鉄道では、2012年5月より主要駅で塩塚博の作曲した接近メロディ・通過メロディが導入されている。
  • 神戸電鉄の一部駅では交響曲第4番『イタリア』第1楽章のアレンジが使用されている。
  • 熊本市交通局(熊本市電)では、洗馬橋停留所で『あんたがたどこさ』が流れる他、2011年3月1日より「市電わくわく大作戦〜九州新幹線全線開通に向けて〜」の取組の一環として、寺嶋民哉作曲の『デジャ・ヴ〜初めて来たのになつかしい街〜」が一部電停で発車メロディとなっている。
  • 韓国のソウルメトロでは2011年7月よりKORAILに乗り入れる路線を含む全路線に接近メロディを導入した。上りはオルゴール調の物、下りはラッパ調の物を使用している。共に作曲者は不明である。

特記事項

発車メロディを鳴らすためのスイッチは駅ホーム上の利用客の目に付く場所に設置されている場合が多いがこれを鉄道係員以外が許可無く操作した場合、業務妨害で罰せられる(一部の駅にはその旨の注意書きがスイッチ付近に貼ってある)。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 1960年代頃より発車メロディ導入までは00分発の京阪特急日本放送協会(NHK)の時報を始発駅で流して発車させていた。
  2. ^ 「駅員と地元の思いが詰まった電車の発車メロディの選曲」 R25
  3. ^ 最寄り駅はベイ一色に 巨大ヘルメットなど(MSN産経ニュース 2012年4月3日)
  4. ^ 駅に降り立った時からプレイボール気分!横浜DeNAベイスターズとJR横浜支社が強力タッグ!(横浜DeNAベイスターズ 2013年3月21日)
  5. ^ 時期によって4曲をローテーションで使用している。
  6. ^ 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中! 平成26年3月15日(土曜日)ダイヤ改正に合わせて森ノ宮駅・京橋駅・西九条駅に発車メロディを導入し、賑わいを創出します! - JR西日本プレスリリース 2014年3月7日
  7. ^ 大阪駅の発車メロディ やしきたかじんさん「やっぱ好きやねん」に決定! - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2014年3月31日
  8. ^ 発着時に駅メロ「いい湯だな」 JR城崎温泉駅 - 神戸新聞
  9. ^ カニ食べ行こう〜城崎温泉駅はPUFFY - 読売新聞 2010年11月9日
  10. ^ 博多駅在来線ホームの自動放送に新しくメロディを導入します
  11. ^ 安全報告書|安全への取り組み|東武鉄道の「4.お客様の安全のために」
  12. ^ 北千住駅のものは曲の中盤で、浅草駅のものはフルの直前でフェードアウトする。
  13. ^ 東武野田線 鎌ヶ谷駅・新鎌ヶ谷駅で「ファイターズ讃歌」を発車案内メロディーに使用開始♪
  14. ^ 東武動物公園駅の発車案内メロディが「東武動物公園テーマソング」をアレンジした曲に変わります♪
  15. ^ 鬼怒川温泉駅の発車案内メロディが「東武ワールドスクウェアテーマソング」をアレンジした曲に変わります♪ 2014年3月10日 東武鉄道株式会社、東武ワールドスクウェア株式会社
  16. ^ 東京メトロ「丸ノ内線」駅メロディ リニューアル!- 株式会社スイッチ、2012年3月22日、2012年4月23日閲覧。
  17. ^ 銀座線の4駅に街のイメージに合った発車合図メロディを導入します! (PDF) 、東京地下鉄、2012年10月24日
  18. ^ 発車ベル:りんかい線・大井町駅の曲「美女と野獣」に毎日jp、2011年6月22日)
  19. ^ ミュージカル『リトルマーメイド』出演者が一日駅長に就任します。大井町駅発車ベルが『リトルマーメイド』のメロディになります。 - 東京臨海高速鉄道
  20. ^ 「国際展示場」駅の発車メロディーに使われているCMソングを当てるキャンペーン AdverTimes 2012年8月12日閲覧。
  21. ^ 市営地下鉄関内駅 「ベイスターズステーション」宣言!(横浜市交通局、2012年4月3日)
  22. ^ 堂本剛さんの楽曲「縁を結いて」が、近鉄特急の発車メロディになります
  23. ^ 近鉄特急の発車メロディ・堂本剛さんの楽曲「縁を結いて」を好評につき延長いたします2013年2月18日
  24. ^ ひびき紀行 古都と水都 つなぐ旋律 京阪電鉄発車メロディーasahi.com関西2010年8月14日。木村によると、海軍兵学校で体験した起床ラッパで起きてから整列するまでの記憶から、「テンポよく音階があがる」メロディーが生まれたという。
  25. ^ 「宝塚駅」の出発合図音 を変更します 宝塚本線は「すみれの花咲く頃」、今津線は「鉄腕アトム」に 〜 阪急電鉄では初めて!ご当地ゆかりの楽曲を“ 出発 メロディー”に採用 〜 (PDF) - 阪急電鉄ニュースリリース 2014年3月4日
  26. ^ 主要駅に列車接近・発車時のメロディを導入しました 山陽電車ニューリリース、2012年6月4日
  27. ^ a b 曲名の出典は神戸新聞NEWS2010年4月14日付「著作権料高かった? さくら夙川駅メロディー廃止」より
  28. ^ a b 16駅の駅メロディ採用曲が決定いたしました!京浜急行電鉄2008年11月14日
  29. ^ 「羽田空港国際線ターミナル駅」の駅メロディが「世界に一つだけの花」に決定しました、京浜急行電鉄、2010年10月13日
  30. ^ 3月2日(土)「音楽のまち・かわさき」に京急初、音楽一色の駅が誕生 (PDF) 、京浜急行電鉄、2013年2月20日
  31. ^ 梅屋敷駅に駅メロ導入!「梅ちゃん先生」ドラマ主題歌・SMAP「さかさまの空」(201.6 KB) (PDF) 、京浜急行電鉄、2012年4月9日
  32. ^ 「海老名駅」「本厚木駅」のホームに列車が接近する際に「いきものがかり」の楽曲が流れます!!(小田急電鉄・2010年10月26日閲覧) (PDF)
  33. ^ ドラえもん、パーマン、キテレツ大百科など、藤子・F・不二雄さんの代表キャラクターが勢ぞろい!「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」オープン記念、みんなの夢を乗せて走る特別ラッピング電車『小田急F-Train』8月3日(水)より運行開始 - 登戸駅・向ヶ丘遊園駅の列車接近音も藤子・F・不二雄アニメメロディに変更します。- (PDF) - 小田急電鉄ニュースリリース 2011年8月2日
  34. ^ 9月1日(日曜日)から狛江市の歌「水と緑のまち」が狛江駅の電車接近音に!”. 狛江市役所 (2013年8月28日). 2013年9月11日閲覧。
  35. ^ 「ファンモン」ヒット曲が駅メロに-京王グループとコラボ - 八王子経済新聞、2011年11月16日
  36. ^ アニメ映画の主題歌「カントリー・ロード」が聖蹟桜ヶ丘駅の列車接近メロディーになります! 京王電鉄ニュースリリース 2012年2月23日
  37. ^ 調布市がドラマの舞台となった「ゲゲゲの女房」の主題歌 《いきものがかり「ありがとう」》が調布駅(地下駅)の列車接近メロディーになります! 京王電鉄ニュースリリース 2012年7月17日
  38. ^ 4月24日(水)から「府中小唄」と「ぶんぶんぶん」を京王線府中駅の列車接近メロディーにします! (PDF) - 京王電鉄、2013年4月18日。
  39. ^ 童謡の「おはなしゆびさん」と「山のワルツ」を期間限定で久我山駅の列車接近メロディーにします! (PDF) - 京王電鉄(2013年12月16日付、同月25日閲覧)
  40. ^ 電車に関するお知らせ - 6月29日(金)より向谷 実氏制作のオリジナル曲を放送! 相鉄線二俣川駅にて「JAZZ」の駅メロディを導入”. 2012年7月30日閲覧。
  41. ^ 電車に関するお知らせ - 7月14日(土)特別列車「相鉄JAZZトレイン2012」を運行”. 2012年7月30日閲覧。

関連項目

外部リンク