大和西大寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大和西大寺駅*
北口遠景(2010年4月)
北口遠景(2010年4月)
やまと さいだいじ - YAMATO-SAIDAIJI
所在地 奈良県奈良市西大寺国見町一丁目1-1
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
電報略号 サイ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面5線
乗降人員
-統計年度-
46,345人/日
-2012年11月13日-
開業年月日 1914年大正3年)4月30日
乗入路線 3 路線
所属路線 奈良線
キロ程 22.3km(布施起点)
大阪難波から28.4km
菖蒲池 (2.2km)
(2.7km) 新大宮
所属路線 京都線
キロ程 34.6km(京都起点)
平城 (1.1km)
所属路線 橿原線
キロ程 0.0km(大和西大寺起点)
(1.6km) 尼ヶ辻
備考 各線直通運転実施
* 改称経歴
- 1932年 西大寺駅→大軌西大寺駅
- 1941年 大軌西大寺駅→大和西大寺駅

大和西大寺駅(やまとさいだいじえき)は、奈良県奈良市西大寺国見町一丁目にある近畿日本鉄道(近鉄)の近鉄奈良線近鉄京都線橿原線が平面交差する。

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

ホーム(駅改良工事着工前)

3面5線の島式ホームを有する地上駅。各ホームは橋上駅舎と地下通路で連絡しており、6番のりばまでホームがある。うち4・5番のりばは同じ線路を共有している。

駅舎改築以前の1980年代から1990年頃にかけて、5番のりばは独立した1面1線ホームであった。線路は旧4番のりば(現4・5番のりば)のすぐ南に並行しており、難波方に車止めがあった。このため、5番のりばは橿原線の当駅発着列車(もっぱら普通列車)専用ホームとして使われていた。旧5番のりばへの連絡階段は駅南出口への階段との共用で、駅南出口への階段の途中から分岐して下りていくようになっていた。この構造が橿原線と他線との接続に支障をきたしたため、駅舎改築時に難波方に直通できる6番のりばを新たに設けた。旧5番のりばの線路スペースには、現5・6番のりばのホームが作られ、1987年より使用を開始した(つまり、旧5番のりばの線路とホームの位置を入れ換えた)。6番のりばから難波方面への出発が可能になったことで運行の自由度が上がり、橿原線や天理線の大和西大寺ゆき列車が、そのまま、大和西大寺発難波行各駅停車または準急として運用されるようになった。ただし、近年、この運用は大幅に削減され現在は一日数本のみである。

改札は北口と南口の2か所である。北口は地上にあり、ならファミリーにも近い。南口は陸橋上にある。バス乗り場は北口のみ、タクシー乗り場は北口と南口の両方にある。

自動改札機東芝製が設置されている。赤い自動改札機(EG-2000)は、出場時2枚一括処理・PiTaPaICOCA対応。ICカード専用機も北口・南口それぞれ1台ずつ設置されている。自動精算機タッチパネル式高額紙幣・ICカードチャージ対応機。

2階コンコースには近鉄の駅ナカ事業拡充方針に伴い、2000年頃よりベーカリーショップ蕎麦処カフェスタンドコンビニエンスストアなどが出店した。

その後、2007年8月10日近畿日本鉄道が、当駅のコンコースを約30億円をかけ、2倍に増床して高級スーパーマーケットなど20店舗が入居するショッピングモールを整備する計画を発表。2009年9月11日に増床工事が完成し、駅構内ショッピングモール「Time's Place Saidaiji(タイムズプレイス西大寺)」として開業した。これにあわせて当ショッピングモールの来客を対象に、当駅の入場料金を不要にするサービスを実施している。

当駅は乗換客が多いにもかかわらず、長年、駅構内にエレベーターが設置されていなかったが、上記ショッピングモールの増床にあわせて設置工事が施工され、ショッピングモール開業時に供用を開始した。

のりば[編集]

1・2 奈良線(下り) 奈良行き
橿原線 天理大和八木橿原神宮前吉野伊勢志摩名古屋方面
3・4・5 奈良線(上り) 学園前布施大阪難波尼崎甲子園神戸三宮方面
京都線 高の原新田辺丹波橋京都京都国際会館方面
6 橿原線 天理・大和八木・橿原神宮前・吉野方面(主に普通列車)
奈良線(上り) 大阪難波方面(一部普通・準急列車のみ)

構内の方面表記は上記のようになっている(実際は複数路線を一纏めにして記載している)が、橿原線方面についてはゲージ(軌間)が異なるため吉野駅への直通はできず、橿原神宮前駅で吉野線の列車への乗り換えが必要となる。また、京都 - 賢島間直通の特急以外で伊勢志摩・名古屋方面に行く際には、大和八木駅で大阪線の列車に乗り換えることになる。ただし名奈特急が運転される日だけは乗り換えなしで近鉄名古屋駅まで行くことができる。

配線図[編集]

大和西大寺駅周辺 鉄道配線略図
↑ 京都線 京都方面

奈良線
大阪難波
方面
大和西大寺駅周辺 鉄道配線略図
奈良線
近鉄奈良
方面
↓ 橿原線 橿原神宮前方面
凡例
出典:「全国鉄道事情大研究 大阪都心部・奈良篇」川島令三著、草思社発行、1993年3月15日、134頁、ISBN 978-479420498-1



特徴[編集]

駅構内(ホームより奈良・橿原神宮前方面を見る)
  • 特急をはじめ、すべての列車が停車する。
  • 4・5番のりばから発着する列車は4番のりば側の扉が先に開く。
    • 当駅始発(朝時間帯)の大阪難波・神戸三宮ゆき快速急行は、5番のりば側の扉が先に開く。
    • 特急は4番のりば側のみ開く[※ 1]。特急発車の際は、5番のりば側では「5番のりばから、電車が発車します。危険ですから黄色い線までお下がりください」とアナウンスされる。
  • 4・5番のりばに(特急以外の)列車が停車している間は両側の扉が開いているため、3・4番ホームと5・6番ホームとの間は停車中の列車内を経由して移動することができる。
  • 朝方および夕方以降、奈良線の列車を中心に増解結が停車中に行われる。
  • 案内上、「西大寺」と略されることが多い。
  • 2009年3月の阪神なんば線と奈良線との相互直通運転開始前までは、増結車はいずれも大阪難波方に2両、または4両を4・5番のりばに先に据付けて客扱い、奈良方からの基本編成が後から突く形で増結(このため、基本編成側は連結作業が終わるまで扉が開かない)していたが(通勤車に限らず近鉄奈良発大阪難波ゆき特急でも実施していた時期あり)、以降は奈良方への増結に変更され、基本編成が4・5番のりばに先に到着・客扱い後に車庫からの増結車を連結する形に変更された。平日ダイヤではこのほか、6番のりば到着の天理始発大和西大寺ゆき各駅停車の後部に車庫から出庫の4両を増結しそのまま同駅始発の大阪難波ゆき準急として運転されるものも存在する。
  • 切り離し作業も基本的には増結された側の解放とし、2009年3月ダイヤ改訂までは難波・京都方の2両または4両を解放。以降は奈良線からの電車に関しては奈良方の2両または4両を解放とする形に改められたが、京都線からの列車に関しては従来どおり京都方の2両が解放される。なお、これらには通勤車に限らず、平日朝の一部の特急も含まれる。2007年3月ダイヤ変更までは平日朝の難波発奈良ゆき特急も当駅まで8両、当駅で難波方4両の切り離しが行われていた時期があった。
  • 2番線の奈良寄りには有効長10両の折り返し線が設置されており、当駅始終着の列車が頻繁に利用するほか、10両編成の快速急行が夜間から翌朝まで留置されている。2013年3月のダイヤ改正以降は最大6両編成の列車が使用するのみとなっている。
  • 1番線の奈良寄りには有効長6両の折り返し線が2線設置されているが、線路が1番線のみしか繋がっておらず、他の番線には出入り出来ない。
  • 駅南東に橿原線に沿う形で西大寺検車区(西大寺車庫)が併設されており、当駅始終着の列車が頻繁に出入りしている。
    • 車庫や折り返し線に入る車両が各ホームに停止している際、ホーム上に設置されている発車標には「入庫」と表示される。たとえ当駅終着の車両でも、「当駅止め」とは表示されない。
  • 分岐器(ポイント)は駅構内のみでも28器ある。

遅延問題・踏切問題[編集]

当駅を発着する列車は慢性的な遅延が問題となっているが、これは高い列車密度、各列車同士の連絡時間確保、平面交差、駅前後の踏切による要因などが原因となっている。

列車密度や運転系統の複雑さが原因となるものへの対策としては、大阪方面からの昼間時の区間準急やラッシュ時の準急および各駅停車、京都方面からと橿原神宮前方面からのほとんどの各駅停車は当駅が終着となっている。これは各線からの列車本数が多い上、隣接する西大寺検車区(車庫)への引上線も含め駅構内の配線がきわめて複雑なため、列車運行を極力簡素化し、個別列車が遅れた場合に連鎖的な遅延を防ぐための措置である。

また、駅周辺にある踏切の通行時間確保といった要因については、とくに駅西方の「あやめ池8号踏切」は大阪・京都方面構内ポイント群上にあることや、奈良・京都両線をまたぐこともあって締切り時間も長く混雑しているほか、踏切事故も多く発生している。

当駅終着の一部列車による臨機応変な運用[編集]

一部の当駅終着列車は、当駅到着後に種別と行先(および列車番号)を変更した上で、引き続き運転される場合がある。たとえば、橿原線の列車が当駅から難波行きまたは京都行きになるなど、南大阪線吉野線と同様、臨機応変に運用が行われている。当該列車の車内では当駅到着後も引き続き運転する旨が案内され、一旦乗客を降ろしたりもしない。方向幕も当駅到着前に変更される。この中には、京都線内は各駅停車として運行し、橿原線・天理線内は急行に種別変更して運行するものも存在する。なお、2012年3月20日のダイヤ変更までは、当駅を介して京都線 - 橿原線にまたがって全区間を各駅停車として直通する列車は(時刻表上は)存在しなかったが、同日以降は時刻表上にも多数掲示されるようになった。実のところはダイヤ変更前から長年恒常的に行われていたものである。

その他[編集]

  • 特急券・定期券とも購入可能。特急券は前売り・当日券ともに改札内外のいずれでも購入可能。定期券発売窓口は南口のみである。
  • 小型ディスプレイを使用した、各方面(奈良行きは除く)への発車案内表示装置が各ホームの階段付近と地下通路および北口改札に設置されている。これらは1970年代後半から導入されており、のちに大和八木伊勢中川などにも設置された。
    • 初代は橿原線(天理行、京伊特急を含む)のみがブラウン管表示(先発と次発を表示)。難波・京都方面は回転幕式(通常時は3・4番線への乗り場案内のみ)で、当時運行されていた阪京特急が1番線に入線する時のみ回転させていた。
    • 2代目更新時に難波方面と京都方面もそれぞれブラウン管表示となった。
    • 2005年夏に液晶画面式に更新された際に次々発表示が追加された。
    • 2階コンコースには、長年、一般的なソラリー式が使用されていた(こちらは奈良行も表示)。
  • 90年代前半までは1・2番線は幕式、3・4番線はソラリー式(時刻表示なし)の発車案内表示装置を使用していた。
  • 阪神なんば線の開通を機に各ホームと2階コンコースの発車案内表示装置がソラリー式から液晶ディスプレイ式へ更新された。
  • 特急の発着ホームはほぼ固定されており、基本的に1番線は京都から、2番線は大阪難波から、3番線は京都ゆき、4番線には大阪難波ゆきの列車がそれぞれ発着する。但し朝晩の時間帯には1番線に大阪難波から、2番線に京都から、3番線に大阪難波ゆき、4番線に京都ゆきの列車が発着するものもあり、早朝深夜の当駅始発の橿原神宮前ゆきと行楽臨での夕方の名古屋ゆきは2番線から発車し、橿原神宮前からの当駅止めは6番線に到着する。また、ダイヤが大幅に乱れた際には適宜進行可能な空き番線に振替えて対応している。
  • 1番線は、駅西方の渡り線を使用して大阪難波・京都方面へも出発することが可能である。1992年までは阪京特急がこの番線で折り返して直通していたほか、団体列車などで使用されることがある。
    • ただし、橿原神宮前方面から奈良方面への直通は、1980年代前半に奈良寄りに引き上げ線が設けられるなどの配線変更[※ 2]が行われたため不可能となっている。かつては、奈伊特急が運転(1972年まで)されていたほか、朝時間帯に橿原神宮前発奈良行の急行が運転(1981年3月まで)されていた。なお奈良方面から橿原神宮前方面への直通は可能であり現在も団体臨時列車や回送列車等で時折活用されている。
  • 当駅の駅長は、奈良北管区支配人も兼務している。なお、副駅長も配置されている。管轄は奈良線の富雄駅から当駅間と、京都線の高の原駅から当駅間である[1]
  • 当駅からは、3つの「九条駅」(橿原線の九条駅京都市営地下鉄烏丸線九条駅阪神なんば線九条駅)へ直通列車が運行されている。また、大阪難波方向の列車に乗車し生駒駅で乗り換えると、大阪市営地下鉄中央線の九条駅(場所は阪神なんば線の駅と同じ)にも行くことができる。なお、これら4つの九条駅にはいずれも近鉄の車両が乗り入れている。

利用状況[編集]

特定の1日乗降人員は以下の通り。

1日平均乗車人員は下記の通り[3][4]

年度 1日平均
乗車人員
1995年 28,800
1996年 27,057
1997年 25,582
1998年 24,714
1999年 23,911
2000年 23,716
2001年 24,142
2002年 24,096
2003年 24,487
2004年 23,932
2005年 23,989
2006年 24,162
2007年 23,987
2008年 23,455
2009年 22,768
2010年 24,674
2011年 22,342
2012年 22,368

Time's Place Saidaiji[編集]

Time's Place Saidaijiの様子

大規模な駅ナカショッピングモールとして2009年9月開業。32店舗が出店しており、多数の乗り換え客が待ち時間のあいだに利用している。飲食店や土産物屋、コンビニエンスストアなどがある。

テナントはテナント一覧を参照のこと。

駅周辺[編集]

北口にある改札口
南口(2010年4月)

駅前(特に北口)は狭く、駅に沿う道路も2車線以下であるため、人と車が交錯し雑然としている。ただし北口・南口両側ともに・奈良県などが進める平城遷都1300年記念事業の一環で道路の拡張などの整備が行われており、特に北側については、2005年から新バスターミナル・タクシー乗り場の供用が開始された。南側についても順次区画整理が進められ、2007年から一部道路供用が開始されている。

北口[編集]

南口[編集]

※南東側に近鉄西大寺検車区西大寺車庫がある。配置車両数は近鉄の車庫では最多(277両)。ただし敷地面積は大阪線にある高安検車区の方が広い。

バス[編集]

北口より発着している。すべて奈良交通により運行されている。

この他、奈良競輪開催日には、奈良競輪場への無料送迎バスが発着する。

歴史[編集]

1980年代頃から1990年代にかけての駅舎改築により、広い連絡橋コンコースを持つシンプルで利便性の高い駅となった。

  • 1914年大正3年)4月30日 - 大阪電気軌道上本町駅-奈良駅間が開通し、西大寺駅として開業[5]。開業当初は短い編成の小型車が止まる小さな中間駅に過ぎなかった[6][7]
  • 1914年(大正3年)10月26日 - 貨物取扱い開始[5]
  • 1920年(大正9年)10月 - 大軌畝傍線一部開通前に新造された車両を収容するため造られた西大寺車庫が竣工[8][9]
  • 1921年(大正10年)4月 - 大軌畝傍線開業に伴い、開業時より約150m西へ移転[8]。移設・分岐設備の設置、車庫の新設によって主要な駅のひとつとなる[7]
  • 1926年(大正15年)3月 - 西大寺変電所が竣工[9][10]
  • 1928年昭和3年)5月 - 奈良電気鉄道との連絡設備の建設が着手[8]
  • 1928年(昭和3年)11月 - 奈良電気鉄道との連絡設備が完成[8]
  • 1928年(昭和3年)11月5日 - 奈良電気鉄道桃山御陵前駅-西大寺駅間が開通し、各路線が十字に平面交差する駅となる[6]
  • 1932年(昭和7年)12月 - 大軌西大寺駅に改称[5]
  • 1940年(昭和15年)3月24日 - 西大寺変電所設置[5]
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道が参宮急行電鉄を合併、大和西大寺駅に改称[5]
  • 1963年(昭和38年)6月 - 変電所を300m北西へ移設する工事が着手[10]
  • 1963年(昭和38年)8月10日 - 新西大寺変電所設置[5]
  • 1964年(昭和39年)5月2日 - 新車庫使用開始[10]。旧車庫より南東約600mに移設、敷地面積を約2.3倍の53,000m²に広げ、検査線6線と留置線16線(収容能力は大型車150両)を設置[5][10]。移転先については当初駅東方1kmの近鉄奈良線沿い南側が予定されていたが、平城宮跡域の一部に重なるため、遺跡保存の世論を尊重した近畿日本鉄道が計画を変更した[10]
  • 1964年(昭和39年)9月8日 - 近鉄橿原線の分岐位置が240m東にずれたのに伴って新車庫の西側に沿って尼ヶ辻駅手前まで新たに敷設された近鉄橿原線の新線1.08kmの使用開始[5][6][10]
  • 1965年(昭和40年)3月16日 - 駅舎が旧駅より東方140mの橿原線の分岐点になっていた開業時の位置に戻り、4線と島式2ホーム・橿原線発着専用ホームからなる駅となる[5][6][10]。また、ホームのほぼ中央に南北駅舎と各ホームを結ぶ連絡跨線橋を新たに設置し、スイッチバックで上本町-京都駅間の直通運転を行なえるよう構内配線も変更された[5][10]。なお、駅西側にある線路横断用の地下道は、旧駅で用いられていたものが残された[5]
  • 1965年(昭和40年)3月20日 - 西大寺総合事務所が竣工[10]
  • 1965年(昭和40年)8月31日 - 改良工事が竣工[10]。駅の南側には鉄骨3階建ての建物(店舗・列車区事務所・駅務室)、北側東部には2階建ての技術関係者事務所が建設され、駅前広場の整備舗装も行われた[5][7][10]
  • 1966年(昭和41年)12月1日 - 西大寺ショッピングセンターに売場面積815m²の近商ストア西大寺店が開店[11]
  • 1967年(昭和42年)2月20日 - 旧車庫・旧橿原線路敷跡を中高層ビルを中心とした住宅地にする西大寺駅前再開発の第一弾として、地上7階(一部3階)、延床面積15,501m²の西大寺近鉄ビルが竣工[10]。1階に西大寺ショッピングセンター(近商ストア・貸店舗)、上部に日本住宅公団の西大寺駅前団地(1DK・2DK)が入居した[7][10]
  • 1967年(昭和42年)12月30日 - 西大寺車庫の収容力増強工事が竣工[10]
  • 1968年(昭和43年)1月30日 - 西大寺車庫に車輪転削盤設置[10]
  • 1969年(昭和44年)2月28日 - 西大寺車庫の収容力増強工事が竣工[10]
  • 1969年(昭和44年)9月30日 - 西大寺車庫の収容設備増強工事が竣工[10]
  • 1970年(昭和45年)3月1日 - 駅構内の地下道が竣工[10]
  • 1970年(昭和45年)10月31日 - 西大寺技術研究所・運輸部教習所が竣工[10]
  • 1970年(昭和45年)12月23日 - 西大寺近鉄ビル東に7階建ての西大寺第2近鉄ビルが完成[5][10]。1階に西大寺第2ショッピングセンター、上部に日本住宅公団の西大寺駅前第2団地(1DK・2DK・3DK)が入居した。
  • 1972年(昭和47年)7月31日 - 西大寺車庫の検車設備増強工事が竣工[10]
  • 1975年(昭和50年)7月5日 - 西大寺自転車センターが開業[12][13]
  • 1976年(昭和51年)3月10日 - 西大寺車庫の収容設備増強工事が竣工[10]
  • 1979年(昭和54年)3月10日 - 西大寺車庫の設備増強工事が竣工[10]
  • 1979年(昭和54年)12月17日 - 西大寺車庫の増強工事が竣工[10]
  • 1982年(昭和57年)3月31日 - 西大寺技術研究所の増築が竣工[14]
  • 1980年代前半 - 駅東側の奈良線上下線間に引上線を設置。この配線変更により橿原線上り→奈良線下りの直通が不可能となる(奈良線上り→橿原線下りは現在でも可能)。
  • 1986年(昭和61年)12月9日 - 列車運行自動制御開始[5][14]
  • 1987年(昭和62年)10月 - ホーム・橋上コンコース拡張などの改良工事が完成[7]
  • 1987年(昭和62年)11月12日 - 改良工事が竣工[14]。配線変更により、現在の6番線使用開始。
  • 2001年平成13年)2月1日 - SF(ストアードフェア)システムの導入および「スルッとKANSAI」対応カードの取り扱い開始に伴い、当駅における「途中下車指定駅」の制度が廃止される。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始[5]
  • 2009年(平成21年)9月11日 - 平城遷都1300年祭に合わせ、橋上コンコースが約1,800m²拡張され、成城石井、ベーカリーカフェ、ドラッグストアおよび「スイーツ」「惣菜」「奈良」がコンセプトの店からなる駅構内ショッピングモール「Time's Place Saidaiji」が開業し、同時に展望デッキとエレベーター5基が設置される[5][15]
  • 2010年(平成22年)6月24日-6月29日 - 「Time's Place Saidaiji」に4店舗加わる[16]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
奈良線
快速急行・急行
学園前駅 - 大和西大寺駅 - 新大宮駅
準急・区間準急・普通
菖蒲池駅 - 大和西大寺駅 - 新大宮駅
京都線
急行
高の原駅 - 大和西大寺駅 (- 近鉄郡山駅または西ノ京駅または新大宮駅)
普通
平城駅 - 大和西大寺駅 (- 尼ヶ辻駅または新大宮駅)
※イベントなどの開催時に急行の一部が、通常の隣の停車駅との間にある以下の駅に臨時停車することがある。
  • 奈良競輪開催日(一部日程を除く)・高校入試日に平城駅
橿原線
急行(下記以外)
(高の原駅 -) 大和西大寺駅 - 近鉄郡山駅
急行(日中)
(高の原駅 -) 大和西大寺駅 - 西ノ京駅
普通
(平城駅 -) 大和西大寺駅 - 尼ヶ辻駅

参照元[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月
  2. ^ 駅別乗降人員 京都線 - 近畿日本鉄道(2012年3月19日閲覧)
  3. ^ 奈良県統計年鑑
  4. ^ 奈良市統計書「統計なら」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「近畿日本鉄道 100年のあゆみ」近畿日本鉄道、2010年12月、NCID BB05245458
  6. ^ a b c d 「近鉄の廃線を歩く 懐想の廃止路線40 踏査訪問」徳田耕一著、JTBパブリッシング発行、2006年12月1日、ISBN 9784533065576
  7. ^ a b c d e 「近畿日本鉄道 80年のあゆみ」近畿日本鉄道、1990年10月1日、NCID BN0666851X
  8. ^ a b c d 「大阪電気軌道株式会社三十年史」大阪電気軌道、1940年12月30日、NCID BN08216133
  9. ^ a b 「近畿日本鉄道 50年のあゆみ」近畿日本鉄道、1960年9月16日、NCID BN08454754
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 「近畿日本鉄道 最近20年のあゆみ」近畿日本鉄道、1980年10月1日、NCID BN05420494
  11. ^ 「近商ストア20年のあゆみ」近商ストア、1977年4月30日、NCID BN07840887
  12. ^ 「創立40周年記念 奈良交通最近の10年」奈良交通、1984年3月1日、NCID BN04228935
  13. ^ 「奈良交通のあゆみ 発足50年記念」奈良交通、1994年3月31日、NCID BN11495352
  14. ^ a b c 「近畿日本鉄道 創業80周年記念 最近10年のあゆみ」近畿日本鉄道、1990年10月1日、NCID BN08102644
  15. ^ 平城遷都1300年祭に向け、9月11日(金)にオープン! 大和西大寺駅構内ショッピングモール『Time’s Place Saidaiji』が誕生! ~奈良県初出店2店舗、駅ナカ初出店12店舗など26店舗で構成。線路直上に展望デッキも設置。~ (PDF) 」近畿日本鉄道、2009年7月23日
  16. ^ 大和西大寺駅構内ショッピングモール『Time’s Place Saidaiji』新たに4店舗がオープン!] (PDF) 」近畿日本鉄道、2010年6月22日

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅に掲示されている時刻表では、同のりばに発着する特急列車の乗降は(4、5番線ではなく)4番線のみが案内されている。
  2. ^ 配線変更を行った結果、2番線から奈良方面へ出発時、分岐器に制限速度が適用されるようになった為、西大寺1号踏切の鳴動時間が事実上長くなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]