山形県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまがたけん
山形県
Precincts of Gassan jinja.JPG
山形県旗 山形県章
山形県旗 山形県章
日本の旗 日本
地方 東北地方
団体コード 06000-3
ISO 3166-2:JP JP-06
面積 9,323.46km²
(境界未定部分あり)
総人口 1,138,328
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 122人/km²
隣接都道府県 宮城県福島県新潟県秋田県
県の木 サクランボ
県の花 ベニバナ
県の鳥 オシドリ
他のシンボル 県の魚:サクラマス
県の獣:カモシカ
県民の歌:最上川
山形県庁
知事 吉村美栄子
所在地 990-8570
山形県山形市松波2丁目8番1号
北緯38度14分25.6秒東経140度21分48.8秒
山形県庁
外部リンク 山形県庁
山形県の位置

山形県行政区画図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキポータル 日本の都道府県/山形県
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
山形県の地形図

山形県(やまがたけん)は、日本東北地方南西部の県。日本海に面する。県庁所在地山形市

地理・地域[編集]

広袤(こうぼう)[編集]

国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、山形県の面積は9323.46平方キロメートルである[1]

国土地理院地理情報によると、山形県の東西南北それぞれの端は以下の位置である。最東端は最上郡最上町堺田。最西端は酒田市御積島。最南端は米沢市関。最北端は酒田市飛島の八幡崎。加えて、県境未確定地域に仮の境界線を入れて求めた重心も併記する。また統計局平成22年国勢調査によると、人口重心は西川町‎吉川付近にある。

重心
北緯38度26分58秒東経140度05分58秒

北端
北緯39度12分31秒東経139度33分02秒
人口重心
北緯38度25分06.93秒東経140度09分33.79秒
西端
北緯39度11分09秒東経139度31分13秒
山形県庁舎所在地
北緯38度14分26秒東経140度21分48秒
東端
北緯38度46分09秒東経140度38分48秒
 
南端
北緯37度44分02秒東経140度07分33秒
 

地形[編集]

県域を地図で見ると人間の顔の形(西向きの横顔)をしている。県の東側一帯で宮城県との境に奥羽山脈、県の西部に朝日連峰がそびえているように、県域の大半 (85%) を山地が占め、総面積に対する森林の割合は 75% 、農業用地の割合は15%である。県の中央には最上川が流れる。県民の多くがこの川の流域に住んでいるため、「母なる川」とも呼ばれている。北西側の日本海上には県唯一の離島、飛島がある。

自然公園[編集]

気候[編集]

米沢盆地
蔵王国定公園の樹氷
県内最大河川 最上川

隣県の新潟県秋田県と同様に県内全域が日本海側気候であり、一部例外もあるが隣県の秋田県と同様に県全域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯である。日本海に面する庄内地方が夏冬ともに県内では最も気温が高く、年間平均気温も北関東東京都の西部内陸部とあまり変わらないほどで、緯度の割に温暖であるかが分かる。夏は熱帯夜になるほど蒸し暑い一方、冬は温暖だが、日照時間がほとんどない。気温が高いために雪は降っても解けやすく、積雪量はそれほど多くは無いが、鶴岡市などでは突発的に豪雪となる年もある。一方、内陸側は内陸性気候で寒暖の差が激しく、置賜地方などでは−15°C近くまで下がることも珍しくない。夏は非常に暑いが比較的乾燥しており、朝晩は涼しくなり、熱帯夜も庄内地方と比べると少ない。

春季から夏季にかけてはフェーン現象が発生しやすく、突発的に猛暑日に見舞われることも決して少なくない。1933年(昭和8年)7月25日に山形市で観測された気温40.8°Cは、2007年(平成19年)8月16日に埼玉県熊谷市岐阜県多治見市で観測された気温40.9°Cに抜かれるまで、74年間にわたって日本最高の記録であった。

山形県各地の平年値(統計期間:1971年 - 2000年、出典:気象庁・気象統計情報
平年値
(月単位)
村山地方 置賜地方
尾花沢 村山市
楯岡
村山 東根 山形 大江町
左沢
西川町
大井沢
小国 長井 飯豊町
高峰
高畠 米沢
平均
気温
(°C)
最暖月 23.3
(8月)
24.2
(8月)
24.6
(8月)
23.6
(8月)
21.6
(8月)
23.8
(8月)
23.4
(8月)
22.8
(8月)
23.9
(8月)
24.4
(8月)
最寒月 −1.4
(1月)
−1.0
(1月)
−0.5
(1月)
−1.6
(1月)
−2.5
(1月)
−0.4
(1月)
−1.2
(1月)
−1.4
(1月)
−1.2
(1月)
−0.9
(1月)
降水量
(mm)
最多月 155.7
(7月)
145.9
(7月)
310.9
(1月)
125.7
(9月)
132.2
(9月)
381.7
(12月)
236.9
(7月)
232.1
(12月)
162.5
(7月)
155.1
(7月)
最少月 69.5
(3月)
74.0
(4月)
66.5
(3月)
75.6
(4月)
137.8
(4月)
162.1
(4月)
111.6
(3月)
95.4
(4月)
70.1
(4月)
72.3
(3,4月)
平年値
(月単位)
庄内地方 最上地方
酒田市
飛島
酒田 酒田市
浜中
鶴岡市
鼠ケ関
庄内町
狩川
鶴岡 真室川町
差首鍋
金山 新庄 最上町
向町
大蔵村
肘折
平均
気温
(°C)
最暖月 24.4
(8月)
24.9
(8月)
24.3
(8月)
24.3
(8月)
24.9
(8月)
23.0
(8月)
23.0
(8月)
23.9
(8月)
23.1
(8月)
21.7
(8月)
最寒月 1.8
(1,2月)
1.4
(2月)
1.7
(2月)
0.3
(1月)
1.2
(1月)
−1.4
(1月)
−1.8
(1月)
−1.3
(1月)
−1.6
(1月)
−2.2
(1月)
降水量
(mm)
最多月 163.6
(9月)
223.9
(11月)
245.3
(11月)
237.7
(11月)
268.8
(11月)
309.5
(7月)
224.3
(7月)
210.9
(12月)
197.4
(7月)
397.1
(12月)
最少月 80.5
(3月)
103.5
(3月)
115.5
(3月)
104.5
(3月)
108.2
(4月)
166.8
(4月)
107.5
(3月)
98.3
(4月)
95.5
(3月)
131.6
(5月)

自治体[編集]

県下には、以下の13市8郡19町3村がある。町は「まち」(河北町では「ちょう」)、村は「むら」と呼んでいる。また、全国的に行われている市町村合併による新規市制の発足において、新しい名称の市が誕生しなかった数少ない都道府県(他に神奈川県大阪府鳥取県宮崎県)である。

村山地方[編集]

最上地方[編集]

置賜地方[編集]

庄内地方[編集]

地域圏[編集]

県内は村山地方最上地方置賜地方庄内地方の4つの地方に分けられ、それぞれ気候・文化などの面で違いがある。またそれぞれに県の出先機関として総合支庁が置かれている。

国勢調査人口(第23表)推計人口
地方 1920年
大正9年)
1950年
昭和25年)
1975年
(昭和50年)
2005年
平成17年)
推計人口
2014年2月1日
合計 968,925 1,357,347 1,220,302 1,216,116 1,138,328
村山 381,938 39.4 556,593 41.0 534,343 43.8 577,104 47.5 555,424 48.8
最上 88,417 9.1 126,747 9.3 105,253 8.6 90,741 7.5 79,933 7
置賜 229,481 23.7 305,526 22.5 253,105 20.7 238,781 19.6 219,055 19.2
庄内 269,089 27.8 368,481 27.1 327,601 26.8 309,490 25.4 283,916 24.9
  • 人口の単位は「人」、緑の斜体字は地域の県全体に対する人口比率で単位は「%」
山形県 地域区分図
橙:村山地方
青:最上地方
緑:置賜地方
紫:庄内地方

5年毎の国勢調査による県人口は、戦前は一貫して増加。戦後の第一次ベビーブームによって1950年(昭和25年)に最大になった。その後は産業構造の変化で郡部から都市部へ労働力が移動し、県内各市の都市化と県外諸都市への移住とによって県全体では人口が減少した。第二次ベビーブームに入っても人口減が続き、1975年(昭和50年)に県人口は戦後最低となった。1985年(昭和60年)に1,261,662人まで増加して第二のピークとなった後、人口は減少に転じている。なお、都市別・地域別には県全体の人口増減とは必ずしも同期しておらず、山形市がある村山地方(山形盆地)は、ほぼ1つの都市圏として機能し、県内における人口比率を上げている。

都市圏[編集]

都市雇用圏(10 % 通勤圏)の変遷

  • 山形新幹線の駅が設置された都市圏太字
    • 1992年 - 山形新幹線 (東京 - )福島 - 山形 開業
    • 1999年 - 山形新幹線 山形 - 新庄 開業
1980年 1990年 1995年 2000年
山形 都市圏
41 5965人
山形 都市圏
43 2463人
山形 都市圏
46 4103人
山形 都市圏
47 5546人
酒田 都市圏
16 5515人
酒田 都市圏
16 1456人
酒田 都市圏
16 7682人
酒田 都市圏
16 5127人
鶴岡 都市圏
14 7758人
鶴岡 都市圏
15 9095人
鶴岡 都市圏
15 7693人
鶴岡 都市圏
15 5356人
米沢 都市圏
14 2686人
米沢 都市圏
14 3816人
米沢 都市圏
14 3315人
米沢 都市圏
14 1889人
新庄 都市圏
9 1411人
新庄 都市圏
8 9673人
新庄 都市圏
8 7592人
新庄 都市圏
8 3909人
長井 都市圏
6 2325人
東根 都市圏
7 4318人
東根 都市圏
7 3714人
東根 都市圏
7 4364人
東根 都市圏
4 0559人
長井 都市圏
6 1252人
長井 都市圏
5 9971人
長井 都市圏
5 8340人
南陽 都市圏
3 6682人
南陽 都市圏
3 6971人
南陽 都市圏
3 6810人
南陽 都市圏
3 6189人
橙:村山地方
青:最上地方
緑:置賜地方
紫:庄内地方


歴史[編集]

古代[編集]

今から約3万年前頃(後期旧石器時代)に大型哺乳動物(ナウマンゾウオオツノシカヘラジカなど)を狩猟する人々が山形に現れた。その時代の遺跡として最上川(真木遺跡朝日町、明神山遺跡寒河江市)や荒川(荒川遺跡小国町)・赤川などの主要河川やその支流の河岸段丘上に100カ所以上見つかっている。それらの遺跡からは、槍先に使う斜軸尖頭器や木の枝や骨に溝を付けそこに埋め込み利器とした石刃などの狩猟用道具が多く発見されている。

縄文時代の遺跡も数多く確認されているが、三崎山遺跡(飽海郡遊佐町)では大陸との交易によって入手したとみられる約3000年前の青銅刀子が出土している[2]。日本国内での出土例としては最も古い部類に入る。日本海の海運によって弥生文化の伝搬も早期にもたらされたが、弥生後期には続縄文文化が県内を南下し、寒冷化による村落の水没とも相まって最上川流域では稲作が衰退した[3]

山形県で古墳文化が到来した時期は、思いのほか早く(海上の日本海側の交易ルートは新潟の糸魚川産の翡翠などの例もあるように古代から拓けていたため)、米沢盆地内の米沢市摘山古墳や南陽市蒲生田山2 - 4号墳は、4世紀前半には造営されていた。そして、県内最大、東北5番目の大きさを誇る前方後円墳の稲荷森古墳(全長96m、南陽市)が出現したのは375 - 400年の頃であった[4]

当初、庄内地方は越後国の、置賜・村山・最上地方は陸奥国の一部であったが、越後国からの要請があり、708年和銅元年)出羽(でわ)郡が置かれた。出羽は初め「いでは」と読み「出端」の意味で、越後の国からみて北端に出ていたことから命名されたらしい。さらに翌年、出羽柵が出羽郡に設置された。出羽郡の範囲は、ほぼ最上川より以南の庄内地方を指していたらしいが、位置についての説は色々あって確定していない。712年(和銅5年)9月、出羽国建国が奏上され、元明天皇から裁可されて、同年10月に陸奥の国から最上・置賜の2郡を分けて出羽郡に合併し、出羽国が設けられ、庄内に国府が置かれた[5]886年仁和2年)最上郡が2郡に分割され、北が村山郡、南が最上郡となる。県名は、山の近くという意味の町名、山方に由来すると言う。

時期・規模については諸説あるが、最上川中流域(寒河江市・天童市・河北町・東根市・村山市)に藻が湖という湖があったといい、行基・円仁らによって川道開削が行われ、縮小消滅したという伝承が残る[6]。また「最上」の語源になったともいう。

中世[編集]

室町時代には陸奥国奥州探題斯波氏が分派して山形に住み着き、地名を採って最上氏と称した。また、室町時代初期に陸奥国伊達郡を拠点としていた伊達氏が置賜地方に侵攻し長井氏を滅ぼし支配下においた。

戦国時代最上地方(現・村山地方)の最上氏、置賜地方の伊達氏天文の乱の後、本拠を伊達郡から米澤に移した)、庄内の大宝寺氏が割拠した。最上氏は最上義光、伊達氏は伊達政宗の名将が登場し、一大版図を築いた。豊臣秀吉奥州仕置と米沢への上杉氏の転封により、関ヶ原の戦いにおいては、会津・上杉軍と山形・最上氏との間で激戦が繰り広げられた。(長谷堂城の戦い

近世[編集]

江戸時代には庄内藩そして現在の酒田市にある支城の亀ヶ崎城米沢藩米沢新田藩新庄藩山形藩上山藩、(出羽)松山藩(→松嶺)、天童藩長瀞藩の各藩と20万石に及ぶ天領があった。明治時代の地方区分では、羽前国全域と、羽後国飽海郡が、現在の山形県に相当する。

河道整備や舟運の発達により最上川が主要な輸送ルートとなり、流域では商業が発展し上方の文化が移入した。

近代[編集]

明治時代の山形県庁
旧山形県庁舎 文翔館

人口[編集]

Demography06000.svg
山形県と全国の年齢別人口分布(2005年) 山形県の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 山形県
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
山形県(に該当する地域)の人口の推移
1970年 1,225,618人
1975年 1,220,302人
1980年 1,251,917人
1985年 1,261,662人
1990年 1,258,390人
1995年 1,256,958人
2000年 1,244,147人
2005年 1,216,181人
2010年 1,168,789人
総務省統計局 国勢調査より

政治・行政[編集]

歴代知事(公選)[編集]

財政[編集]

平成19年度[編集]

  • 財政力指数 0.33
    • IIIグループ(財政力指数0.3以上、0.4未満)11自治体中5位

平成18年度[編集]

  • 財政力指数 0.32
    • IIIグループ(財政力指数0.3以上、0.4未満)11自治体中8位

平成17年度[編集]

  • 財政力指数 0.30
    • IVグループ(財政力指数0.3未満)14自治体中1位

平成16年度[編集]

  • 財政力指数 0.28
    • IVグループ(財政力指数0.3未満)15自治体中2位

姉妹州省・提携州省[編集]

経済・産業[編集]

農業[編集]

山形県は果樹王国として全国的に有名である。主な生産品としてはサクランボがある。高級ブランド佐藤錦が有名。

米の収穫量は、2006年の県別順位で5位の419,000トン(農林水産省統計)で、東北各県や新潟県とともに稲作が盛んな地として知られる(主力品種:はえぬき、つや姫)。

名産[編集]

工業[編集]


金融機関[編集]

補遺[編集]

山形県は、マクドナルドの進出が全国で最も遅かった。1990年12月に県内1号店が開業したが、これは同年5月の旧ソビエト連邦(現ロシア連邦)の首都、モスクワへの出店よりもさらに後となった。

生活・交通[編集]

山形県県民会館
NDソフトスタジアム山形

警察[編集]

消防[編集]

税務[編集]

  • 山形税務署・米沢税務署・鶴岡税務署・酒田税務署・新庄税務署・寒河江税務署・村山税務署・長井税務署

法務[編集]

  • 山形地方法務局 - 本局、村山出張所
  • 寒河江支局・新庄支局・米沢支局・鶴岡支局・酒田支局

公共施設[編集]

交通[編集]

山形県の代表駅 「山形駅
山形新幹線で使用される400系(左)とE3系(右)

JR仙山線」や「山形・仙台間高速バス」、国道48号(関山街道)や国道286号(笹谷街道)、山形自動車道などの多様な交通網の発達に伴って山形県民の宮城県での消費量が増加し、近年においては宮城県の商業圏が山形県村山地方にまで広がっている。そのため物流や観光の振興、文化交流などが図られた一方、山形県の中心市街地の衰退にも繋がっているという状況となっている。

道路[編集]

高速道路
自動車専用道路
一般国道


その他道路

鉄道[編集]

バス[編集]

内陸部では山交バスが、庄内では庄内交通が都市内、都市間バスを運行している。ただし、山形におけるバス交通をみる場合に何よりも重要なのが仙台都市圏との高速バスによる交通である。山形 - 仙台間の高速バスは1981年に1日2往復でスタートし、1990年代半ばには年間利用者が60万人に達した。その後、山形自動車道の整備や運行回数の増加などにより利便性が高まり、2004年度には100万人を突破。2006年には128万人の利用者となっている。また、仙台へは酒田、鶴岡、米沢、上山、寒河江、新庄の各市をターミナルとした路線も開設されており、合計で1日約4,500人が利用している。山交バスと庄内交通の双方が運行する庄内 - 山形間の高速バスも一日約300名が利用している[7]

空港[編集]

航路では東根市山形空港酒田市庄内空港が位置する。山形空港は1991年に利用者74万人を達成したが、山形新幹線の延伸、東京便、札幌便の減便や使用機材の小型化などにより、2006年には20万人を割り込んでいる。他方で、庄内空港では1991年に就航した東京・大阪便が順調に伸び、ここ数年は40万人前後の利用者数を維持しており、そのうち90%以上が東京便となっている。

医療・福祉[編集]

山形県では、高齢化率が25.5%(2005年)と全国第四位の数値となっており[8]、高齢化が進行しているものの、平均在院日数は全病床で29.4日(全国平均34.7日)、老人医療費は一人あたり69万5,675円(全国平均82万1,403円)であり全国でもトップクラスの低い値にある[9]

2006年10月現在の病院数は70、人口10万人あたりの病院数は5.8(全国7.0)。病床数は1万5,328床、人口10万対では1,268.9(全国 1,273.1)。一般診療所は924、人口10万人あたりの一般診療所数は76.5(全国77.2)であるが、病床を有する一般診療所は 123 で減少傾向にあり、病床数は1,275床、人口10万対では105.5(全国 125.1)である。また、2006年12月末現在の県内の医師数は2,452名、人口10万人対医師数は203.0(全国217.5)となり、村山地区では全国平均を上回っているものの、他地区では全国平均を下回っている。

村山医療圏では、山形大学医学部附属病院山形県立中央病院の2病院が三次医療機関として県全域をカバーする高度医療を提供するとともに、山形市立病院済生館山形済生病院など基幹となる病院や民間病院が山形市内に集中しており、寒河江・西村山地区では山形県立河北病院が、北村山地区では北村山公立病院が核となっている。

最上医療圏では山形県立新庄病院が基幹病院となっており、置賜医療圏では公立置賜総合病院米沢市立病院が基幹病院としての役割を担っている。庄内医療圏では、北庄内が病院統合の結果、日本海総合病院が急性期医療を、日本海総合病院酒田医療センターが回復期医療を担う形で中核医療を担い、南庄内では鶴岡市立荘内病院が基幹病院となっている。

災害拠点病院
保育所

教育[編集]

専修学校
特別支援学校
高等学校
中学校
小学校
幼稚園

マスメディア[編集]

新聞[編集]

テレビ局[編集]

山形市に全ての局の放送センターがある。テレビ東京以外のキー局の看板番組はすべて山形県で視聴することが可能である[注釈 2]

県外の放送局は蔵王地域などで宮城県(TBCOXミヤギテレビKHB)の放送局のほか、南部の一部で福島県、日本海側の地域で秋田県や新潟県の放送局が視聴できる。

ラジオ局[編集]

ケーブルテレビ局[編集]

コミュニティ放送局[編集]

文化・スポーツ[編集]

方言[編集]

概要[編集]

山形県の方言は中央部を縦断する朝日・出羽山地を境に、大きく庄内方言北奥羽系)と内陸方言(南奥羽系)とに分けられる。内陸方言はさらに最上・村山・置賜の各地方境界にほぼ沿いつつ3区分される[10]

現在、全国的には主に「山形弁=山形県の方言」として一括りにまとめられて認知されているが、正確には山形県内の方言には上記のように細かくいくつかの種類がある。そのため、地域によってはその地域のみでしか使われていない方言もあり、同じ山形県民同士でも住んでいる地域次第ではほとんど通じないこともある。

発音[編集]

発音では、庄内(小国町を含む)・最上地方(舟形町最上町を除く)に東京式アクセント、最上町に特殊アクセントが分布するが、村山(舟形町を含む)・置賜地方は無アクセントである。また、庄内・最上方言では連母音の融合が盛んだが、村山・置賜方言では目立たないなどの特徴もある。

文法[編集]

文法では動詞の命令形が庄内ではレ語尾、内陸ではロ語尾となるほか、推量・意志表現ともに内陸で「オギンベ」を用いるのに対して、庄内では「オギロ」(意志)・「オギンデロ」(推量)となり対立する。また、庄内・最上方言では形容詞は無活用に近い。

他県の方言との関連性[編集]

庄内方言は新潟県秋田県との共通性をもち、上方語の影響も目立つのに対して、内陸方言は宮城県福島県との関連性が高い。その中でも村山方言は小藩が幾分にも分立した歴史背景もあり、さらに複雑な分布形態を示す語が多い。

方言にまつわる逸話[編集]

①の読み方

標準語では①は「まるいち」、(1)は「かっこいち」と読むが、山形では①を「いちまる」②を「にまる」と読み、(1)を「いちかっこ」(2)を「にかっこ」と読むなど、中の数字を先に読むのが一般的である。これは方言の一種と思われるが、同じ東北地方でも他県では「まるいち」であり、「いちまる」と読むのは山形県のみである。学校や企業でも「いちまる」と読まれるなどあまりにも強く一般的に定着しているため、山形独自の「方言」であることを知らずに県外へ出た人が①を当たり前のように「いちまる」と読んでしまい他県出身の人から不思議がられるということがしばしば起きている。

その他
  • A組を「えーくみ」、7時を「ななじ」、3階を「さんかい」と読む。
  • 「こわい」=疲れた、「マンマ」=ご飯、「あいべ」=行こう (Let's go) 、「投げる」=捨てる、という意味で用いることがある。
  • 日本一短い会話がある。「け(食べなさい)」「く(食べます)」「こ(食べましょう)」がそれであり、これを使った日清食品の地方 CM が作られたこともある。
  • 山形弁(特に村山弁)には敬語がないが、語尾に「ッス」、「ッシ」を付けることで全ての言葉が丁寧な表現になる。
たとえば「んだね」(そうだね)を丁寧にすると「んだねっす」(そうですね)となる。同様に「 - してけろ」( - してくれ)は「 - してけろっす」( - してください)となる。促音は話者によってしばしば聞き取れないほどに短くなるため、「んだねす」「してけろす」と聞こえることも多い。

県内の代表的な方言[編集]

関連番組[編集]

NHK山形放送局は、山形市出身の柴田徹アナウンサーが2006年に“凱旋”したこともあり、その柴田がプロデューサーとなり2007年から『今夜はなまらナイト』という番組を随時放送している。

番組は始めから終わりまで山形弁で喋り通すことをモットーとしているが、レギュラーの県内出身者が村山地方に偏っていることから、番組で飛び交う言葉は殆どが村山弁である。そのため、ゲストに米沢市出身の俳優・眞島秀和や庄内代表として上々颱風のヴォーカル・白崎映美らを起用するなどして、県内他地域の方言・習慣についても取り上げるよう努めている。

山形県内における同番組の反響は常に大きく、最近では全国的に地域の方言文化を見直す契機となっている。

食文化[編集]

郷土料理
特徴

山形県の食文化の特徴に挙げられるのが、魚の塩焼きや漬物に醤油を掛けるほどの塩分が濃い味付けである。これは、東北地方の他県と同様に四季の気候、特に冬場の厳しい気候によるところが大きい。他県と違うのは、県内の方言などと同様にその地理的・歴史的背景の影響を大きく受けていることである。例えば、同じ山形県の郷土料理でも味付けや材料が異なる場合がある。代表的な郷土料理の一つに挙げられる「芋煮」は、県内4地方によってそれぞれ味付けや材料(里芋だけは全地域共通)が異なる。全国的に連想される山形の芋煮は、村山地方(醤油味・牛肉・長ねぎ・平こんにゃく)の形である。

麺文化

山形県は全国でも有数の麺類、特にラーメンの消費地として知られている。これは、県内では終戦直後辺りから来客へのもてなしや外食の際によく食されていたのがラーメンだった名残である。「米沢ラーメン」や「酒田ラーメン」などが知られている。近年では山形の厳しい夏場の気候から生まれた「冷やしラーメン」が新たな山形の郷土料理として有名になりつつある。また、ラーメンに次いで消費される麺類として蕎麦が挙げられる。これは、県内の激しい寒暖の差を利用して古来から蕎麦粉が盛んに作られてきたからである。昔から「板そば」が有名で、近年になって徐々に知名度を上げつつあるのが、大正時代に河北町で生まれた「冷たい肉そば[11]である。

漬物文化

漬物は、冬場の重要な栄養源として、内陸部の山間地域に位置する豪雪地帯を中心に古来から盛んに食されてきた。おみ漬け青菜漬けが元来有名な郷土の漬物であったが、近年は同県に縁のあるダニエル・カールがNHKの料理番組で紹介したのをきっかけに知名度を上げた「だし」の方が有名である。

その他

県内には他にも様々な郷土料理がある。

  • 近年、他県にも広く知られるようになったものに「だだちゃ豆」がある
  • 県内の祭りの屋台ではお好み焼きに似た、「どんどん焼き」の屋台が数多く出店されている
  • 県内では納豆も他県と比べると盛んに食されており、納豆を使った郷土料理として「納豆汁」「ひっぱりうどん」などがある
  • 季節限定の郷土料理としては、冬場の庄内地方を中心に食されている郷土料理の「寒鱈汁(どんがら汁)」や正月の置賜地方でおせちとともに食される「鯉の甘露煮」や「鯉こく」といった鯉料理がある
  • 変わった郷土料理(珍味)として、マスコミにたびたび報道されるのが「もってのほか(食用菊)」を使った郷土料理や「いなごの佃煮」である
  • 山形県はコンニャクの消費量が全国1位である[12]。また、郷土の食材としてコンニャクを丸型に加工した「玉こんにゃく」という食材があり、山形県では鍋物や煮物の中に入れたりの他に、数個の玉こんにゃくを串で刺して醤油で味付けただけ(好みで薬味のからしを付けることがある)の「玉こんにゃく(他県では「山形おでん」と呼ばれている)」という郷土料理がある。なお、県内にはコンニャクを使った懐石料理を出す飲食店もある。

伝統工芸[編集]

経済産業大臣指定伝統的工芸品
伝統工芸品

スポーツ[編集]

観光[編集]

山形県は全国で唯一、全市町村に温泉が湧出するなど観光資源に恵まれており、昨今の映画のロケ地に県内各所が使われていることもあって、国内外から数多くの観光客を呼んでいる。1981年に年間3千万人を突破し、2006年の観光客数は4千万人を突破した。外国人観光客も著しい増加を続けており、2006年は52,155名となり前年比 67% の伸びを見せている。国・地域別では、台湾がトップの32,860名で韓国米国が続く。都市圏域別に見ると、村山地方が1,803万人 (44%)、庄内地方が1,227万人 (30%)、置賜地方768万人 (19%)、最上地方255万人 (5%) である。観光地を類型別に見ると、トップが温泉観光地で 30.2%、続いて名所・旧跡が 23.8% となっている[13]

祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

国宝[編集]

レジャー[編集]


山形県を舞台とした作品[編集]

映画[編集]

以上6作品(藤沢周平原作)の舞台となっている海坂藩庄内藩(現在の鶴岡市)をモデルにしており、ロケの多くも庄内地方で行われた。

ドラマ[編集]

プロモーションビデオ(PV[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

山形県出身の人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1997年に同社がパッシブ駆動方式有機ELディスプレイに量産成功して以来、最近では有機ELを核とした有機エレクトロニクス関連産業集積による産業おこしを行っている。これは、有機EL研究の世界的権威である山形大学工学部城戸教授の基盤研究を活用するためである。
  2. ^ 山形県の民放TVが4局出揃ったのはさくらんぼテレビが開局した1997年4月1日で、日本国内で最後に民放TV4局化が完了した(東北6県では宮城・福島・岩手に次いで4番目)。

出典[編集]

  1. ^ 全国都道府県市区町村別面積調 国土地理院 2013年11月28日閲覧
  2. ^ 横山昭男・誉田慶信・伊藤清郎・渡辺信『山形県の歴史』p.21-22
  3. ^ >横山昭男・誉田慶信・伊藤清郎・渡辺信『山形県の歴史』p.26
  4. ^ 誉田慶喜「山形の夜明け」28-30ページ(横山昭男・誉田慶信・伊藤清郎・渡辺信『山形県の歴史』山川出版社 2003年2月)
  5. ^ 誉田慶喜「出羽国のはじまり」38-40ページ(横山昭男・誉田慶信・伊藤清郎・渡辺信『山形県の歴史』山川出版社 2003年2月)
  6. ^ 保角里志『東北の歴史』
  7. ^ 東北運輸局『管内高速バス輸送実績』
  8. ^ 総務省『国勢調査』(平成17年)
  9. ^ 厚生労働省『病院報告』(2006年)
  10. ^ 全国方言一覧辞典 学研
  11. ^ 山形のそば
  12. ^ おらほの自慢【蒟蒻(こんにゃく)】 山形県ホームページ
  13. ^ 山形県観光振興課『山形県観光者数調査』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光
文化財
先代:
長岡代官所
羽前国内の幕府領
天童県
新庄県上山県
鶴岡県置賜県
行政区の変遷
1869年 -
(第1次酒田県→山形県)
次代:
-----