漬物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぬか漬け
茄子漬け
セロリの浅漬け
ハクサイ(漬物)[1]
100 g (3.5 oz)   あたりの栄養価
エネルギー 67 kJ (16 kcal)
炭水化物 3.4 g
- 食物繊維 1.8 g
脂肪 0.1 g
- 飽和脂肪酸 0.01 g
- 一価不飽和脂肪酸 0 g
- 多価不飽和脂肪酸 0.03 g
タンパク質 1.4 g
水分 92.2 g
ビタミンA相当量 1 μg (0%)
- βカロテン 14 μg (0%)
チアミン (B1) 0.04 mg (3%)
リボフラビン (B2) 0.03 mg (2%)
ナイアシン (B3) 0.3 mg (2%)
パントテン酸 (B5) 0.22 mg (4%)
ビタミンB6 0.12 mg (9%)
葉酸 (B9) 83 μg (21%)
ビタミンB12 (0) μg (0%)
ビタミンC 27 mg (33%)
ビタミンD (0) μg (0%)
ビタミンE 0.2 mg (1%)
ビタミンK 57 μg (54%)
カルシウム 47 mg (5%)
鉄分 0.4 mg (3%)
マグネシウム 15 mg (4%)
リン 39 mg (6%)
カリウム 230 mg (5%)
塩分 900 mg (39%)
亜鉛 0.3 mg (3%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。

漬物(つけもの)とは、様々な食材を食塩酒粕などの漬け込み材料とともに漬け込み、保存性を高めるとともに熟成させ、風味を良くした食品。これらの漬け込み材料は高い浸透圧を生じたり、pHを下げたり、あるいは空気と遮断する効果を持つ。漬物の種類によっては、乳酸発酵などの発酵と、それによる保存性や食味の向上が伴う。

発酵を伴うタイプの漬物は、材料に自然に付着している乳酸菌と材料に含まれる糖類によって発酵し、保存性と風味の向上が起こるが、などを添加して発酵の基質となる糖類を増やしたり、そこに含まれる酵素によって風味を向上させる酵素反応を誘導することもある。一方、実際には浅漬け千枚漬け松前漬け、砂糖漬け等、その製造に発酵をともなわないものも多くあり、漬物すなわち発酵食品と分類することは誤りである。

漬物を漬けるには漬物樽などの容器を用いるが、重石やネジ式押え蓋等を組み込んだ各種の調理用漬物器も用いられる[2]

名称[編集]

「こうこう(香々)」「おこうこう(御香々)」「こうのもの(香の物)」などともいう。香(こう)は味噌のことを指し、これらの語彙は本来は漬物一般をさす言葉だったが、関西を中心にして(現在では全国的に)もっぱら沢庵漬けをさすことも多い。また「しんこう(新香)」「おしんこう(御新香)」「おしんこ」という言葉は、かつては新鮮な野菜の色を失わない浅漬けの物を指す言葉だったが、近年ではこちらも沢庵漬けをさすことも多いのは「おこうこう」と同様である。

発酵[編集]

発酵により、強い香りを発するものが多い。このため、「香の物」、「お新香」とも呼ばれる。また、秋田県など一部の地方では「雅香」がなまった「がっこ」と呼ぶ。

日本の漬物の場合、乳酸菌による発酵は酸味が著しく強くならない程度に抑制されているものが多いが、中には柴漬けすぐき漬けのように強い酸味を持つものもある。ヨーロッパのザウアークラウトも、この類である。

漬物の技術は、乳酸菌発酵を十分に行うと野菜のみならず、動物質の保存にも有効となり、こうしたものはなれ寿司に分類される。これらは、発酵基質の糖質として炊き上げた米などの穀物を使用する保存食であった。

沢庵漬けのような糠漬けや、糠味噌床も、なれ寿司の穀物を乳酸発酵の基質として利用する技術の延長線上にあり、北陸の「へしこ」や北海道の「糠ニシン」などにその中間型を見ることができる。

乳酸菌による発酵は、これらの食品に酸味を主体とした味や香りの変化を与えるとともに、乳酸によって食品のpHが酸性側に偏ることで、腐敗や食中毒の原因になる他の微生物の繁殖を抑えて食品の長期保存を可能にしている。植物性乳酸菌は、野菜や豆、米や麦などの植物素材を発酵させる乳酸菌のことである。漬物や味噌しょう油、さらにはなれ寿司などの米の発酵食品まで、さまざまな食品に生育している。一方、ヨーグルトのように牛乳などの動物のに生育する乳酸菌は動物性乳酸菌と呼び、それぞれ区別している[3][要高次出典]。動物性乳酸菌は、乾燥、熱、酸に弱く、胃酸で死滅するが、植物性乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸に届くため現在注目を浴びている[4]。植物性乳酸菌は、まで届くプロバイオティクス食品であり、腸内生存率が動物性乳酸菌の10倍であると言われている。植物性乳酸菌の効果として、免疫活性作用、発癌物質の排出・分解、便秘下痢の解消、病原菌感染の予防などが挙げられる[4]

発酵以外[編集]

砂糖漬けやシロップ漬けについては、保存性から漬物と分類する場合もあれば、製造法や用途などから漬物ではなく菓子と分類する場合もある。また、ツナオイルサーディンに代表されるような油漬も広義の漬物とされることがある。

漬ける方法[編集]

代表的な漬物[編集]

日本の漬物[編集]

日本以外の漬物[編集]

備考[編集]

愛知県あま市には、日本に唯一漬物の神としてカヤノヒメを祭った萱津神社がある。毎年8月21日に催される「香の物祭」には全国の漬物業者が参詣する。漬物組合では毎月21日を「漬物の日」と定めている。

漬け物と健康[編集]

野菜の漬物には食物繊維が豊富に含まれている。

植物性乳酸菌の効能については、既述のとおり。

野菜を加熱しないことで加熱に弱いビタミンCが豊富に残存する。さらに、乳酸菌がビタミンCを生成することもある。

キムチを多く食べる韓国人はWHO推奨値の数倍に上る塩分を摂取しているなど指摘がある。(キムチ#健康を参照)

野菜類に主に肥料由来の硝酸塩、亜硝酸塩が多く含まれることがある。市販漬物中には硝酸塩、亜硝酸塩が多く、なかでも葉菜類が最も高く、次いで根菜類、果菜類の順に多かった旨の報告がある[5]。亜硝酸と脂肪族アミン類が反応すると発癌性の高いニトロソアミン体となるので食品添加物の亜硝酸塩や(窒素肥料を過剰に与えた)根菜などに含まれる亜硝酸の摂取に対しては注意が喚起されている。亜硝酸は体内でメトヘモグロビンを生成することがある[6]

IARC発がん性リスク一覧では、「アジア式野菜の漬物 (Pickled vegetables (traditional in Asia) )」が、Group2B(ヒトに対する発癌性が疑われる(Possibly Carcinogenic)、化学物質、混合物、環境)としてとりあげられている。アジア式野菜の漬物とは、中国、韓国、日本の伝統的な漬物を意味しており、低い濃度のニトロソアミン等が検出されている[7]

漬物の材料となるキャベツハクサイ等のアブラナ科野菜に含まれるイソチオシアネート[8]で、基礎研究ではピロリ菌を抑制が報告されている。

国立がん研究センターの調査では、漬物をたくさん食べる人の胃癌の発生率は、高くも低くもならなかったとの報告があるものの、漬物は塩分を多く含むため胃癌の危険因子だといわれており、胃癌を予防するためには、漬物以外の新鮮な野菜の摂取が望ましいとしている[9]

脚注[編集]

  1. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  2. ^ 意匠分類定義カード(C5) 特許庁
  3. ^ もっと知りたい 植物性乳酸菌 (カゴメ株式会社)
  4. ^ a b 長谷川武夫、西本裕喜、林部昌弘ほか、「植物性乳酸菌による生理活性作用」『鈴鹿医療科学大学紀要』2004年(第11号) pp48-56
  5. ^ 高屋むつ子、後藤美代子「市販漬物中の亜硝酸塩とニトロソアミンについて」『調理科学』20(1),1987-03-20,pp54-59 NAID 110001170844
  6. ^ 三田村久吉「硝酸態窒素による地下水汚染とその対策法」2003年、日本原子力研究所。 p51
  7. ^ International Agency for Research on Cancer (IARC) - Summaries & Evaluations Last updated 08/21/1997
  8. ^ イソチオシアネートのがん予防効果
  9. ^ 野菜・果物摂取と胃がん発生率との関係について JPHC Study 多目的コホート研究 (独立行政法人国立がん研究センター):2012年7月6日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]