関ヶ原の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関ヶ原の戦い
Sekigaharascreen.jpg
関ヶ原合戦図屏風(六曲一隻)
関ケ原町歴史民族資料館
戦争:関ヶ原の戦い
年月日慶長5年9月15日1600年10月21日
場所美濃国関ヶ原
結果:東軍の勝利 石田三成小西行長安国寺恵瓊らの斬首
交戦勢力
東軍 西軍
指揮官
徳川家康 Tokugawa family crest.svg
徳川秀忠 Tokugawa family crest.svg
結城秀康 Hidari mitsudomoe.svg
毛利輝元 Ichimonjimitsuboshi.svg
石田三成 大一大万大吉.svg
宇喜多秀家 Jimonji.svg
上杉景勝 Japanese Crest Uesugi Sasa.svg
戦力
70,000~104,000(諸説あり) 80,000以上(諸説あり)
損害
戦死者4000人~10000[1](諸説あり) 戦死者32600人[2]、8000人[3](諸説あり)
関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)は、安土桃山時代慶長5年9月15日西暦1600年10月21日)に、美濃国不破郡関ヶ原[4]岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における決戦を中心に日本の全国各地で戦闘が行われた。

主戦場となった関ヶ原古戦場跡は国指定の史跡となっている。

目次

概要[編集]

関ヶ原古戦場

豊臣秀吉はその晩年、五大老徳川家康前田利家宇喜多秀家上杉景勝毛利輝元)と五奉行前田玄以浅野長政増田長盛石田三成長束正家)を制度化して自らの死後の政務を有力大名や諸将に託そうとしていた。ところが、豊臣政権下、秀吉の側近として政務を取り仕切っていた石田三成ら(いわゆる文治派)と加藤清正福島正則黒田長政細川忠興ら(いわゆる武断派、七将)との間には対立を生じていた[5]。これらの対立には、蒲生氏郷の死去に伴う蒲生家相続問題、小田原征伐前後の伊達政宗に対する処遇問題、千利休切腹事件豊臣秀次事件、文禄・慶長の役での処遇などが内部対立の背景として挙げられている[5]

政権内部での両派の対立の深刻化と家康と武断派諸将との接近などを経て、慶長5年(1600年)に行われた戦いが関ヶ原の戦いである。

関ヶ原の戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍である[6][7]。東軍・西軍の諸将の多くは豊臣恩顧の武将であり、この戦いの性格について家康は豊臣家の家臣同士の成敗合戦(豊臣家に仇為す者を成敗する)という建前をとり、また、豊臣家も表向きは静観の立場を取った。しかし、この戦いは実質的に徳川家康の覇権を決定づけることとなった。

決戦までの経緯[編集]

豊臣家中の対立[編集]

天下統一を達成した豊臣政権の内部においては、主に豊臣政権の成立に軍事面で寄与して文禄・慶長の役でも前線で戦った「武断派」と呼ばれるグループと、内政・経済兵站(へいたん)・宗教管理など、戦場以外の分野で活躍していた「文治派」の対立抗争が存在したが、これらの対立は以下のような豊臣政権そのものの政治的矛盾に端を発するものであった[8]

  1. 豊臣政権の中央集権的な全国統治政策
    1. 外様大名の領国への豊臣奉行による太閤検地の実施。
    2. 外様大名領への太閤蔵入地の設定。特に文禄・慶長の役の過程で新たに設定された太閤蔵入地へは文治派系列のものが代官として送り込まれる傾向が強かった[9][10]
    3. 大名の有力家臣への知行宛行(伊集院忠棟鍋島直茂など)と内政干渉。
  2. 秀次事件による豊臣家及び豊臣家臣団の確執・連座を免れた大名と家康との接近。

秀吉本人や実弟の豊臣秀長などの存在により表面化は避けられていた。だが、天正19年(1591年)の秀長の死、文禄・慶長の役の遂行方針や賞罰をめぐる対立により、両派の溝は深刻なものとなっていた。

秀吉は晩年には五大老と五奉行の制度を整え、諸大名に実子の豊臣秀頼に対する臣従を誓わせて慶長3年(1598年)8月に伏見城で死去する。ここで両派の対立は顕在化し、五大老の徳川家康は、島津領の太閤蔵入地の解除や福原直高(三成の妹婿)の知行地半減など太閤蔵入地支配を通じた文治派による専制・集権体制の解体をはかる[10]。また、禁止されている大名同士の婚儀や加増を取り仕切り、影響力と他の大名との連携を強める。これに対して、同じく五大老の前田利家は家康を厳しく糾弾。一時は伏見(徳川側)と大坂(前田側)が武力衝突する寸前まで行った。最終的には誓書を交換するなどして対立は避けられたが、この際に武断派諸大名や婚儀の相手となった大名がこぞって徳川邸に参集し、豊臣家内部は早くも分裂の様相を呈し始めていた。

翌年の閏3月に利家が死去すると、武断派の加藤清正・福島正則・黒田長政・池田輝政・細川忠興加藤嘉明浅野幸長七将[11]により、文治派の筆頭である五奉行の石田三成に対する襲撃が実行された。三成は難を逃れたものの、家康の仲介で事件の責任を取らされることになり、奉行職を解任され居城の佐和山城に蟄居となる[12]

家康の台頭と加賀征伐[編集]

1599年9月7日、秀吉の遺命で伏見城に居るはずだった家康であったが、重陽の節句で秀頼への挨拶として伏見城を二男・結城秀康に預けたまま大坂城に入城。同日、利家の嫡男で加賀金沢城主である前田利長が家康を暗殺するという、陰謀があったと発表する。

これは利長を首謀者として五奉行筆頭の浅野長政、秀頼・淀殿側近の大野治長、および加賀野々市城主の土方雄久が、大坂城入城中の家康を襲撃し暗殺するというものである。一説には五奉行の増田長盛と長束正家が讒訴したとも、家康自らが故意に流布したものともいわれるが、情報の出所は不明である。しかし家康はこの「暗殺計画」を最大限に利用。警護の名目で譜代の家臣と兵を引き連れて大坂城に入城し、そのまま居座った。

10月2日、暗殺計画に加担した諸将に対する処分が家康より発表され、長政は隠居を命じられ武蔵国府中に蟄居し、治長は下総結城、雄久は常陸水戸に流罪となった。翌3日には首謀者である利長を討伐すべく、「加賀征伐」の号令を大坂に在住する諸大名に発し、加賀小松城主である丹羽長重に先鋒を命じた。金沢に居た利長はこの加賀征伐の報に接し、迎撃か弁明の択一を迫られたが、結局重臣である横山長知を家康の下へ派遣して弁明に努めた。家康は潔白の証明として人質を要求、利長の母で利家正室であった芳春院を人質として江戸に派遣することで落着した。

この一件により五大老・五奉行の制度は完全に瓦解することとなった。家康は高台院退去後の大坂城西の丸を本拠とし、ここから矢継ぎ早に大名への加増や転封を実施した。これは来るべき時を迎えるにあたって、一人でも多く味方を増やすための多数派工作であった。細川忠興に豊後杵築6万石、堀尾吉晴越前府中5万石、森忠政信濃川中島13万7,000石、宗義智に1万石を加増。文禄・慶長の役で落度があったとして福原長堯らを減封処分とし、田丸直昌美濃岩村へ転封した。

会津上杉征伐[編集]

家康の台頭に対して三成は焦りを覚えていた。一説によれば三成は上杉景勝の家臣・直江兼続と密謀を交わし、上杉景勝が先手を打って家康に対して挙兵するとともに常陸国の佐竹家がこれに応じて挙兵、大坂では豊臣秀頼を推戴して三成が挙兵し家康を東西から挟み撃ちにしようとしたというが、景勝はこれには応じず、佐竹家の去就も曖昧であったこともあって実現することはなかった(この点の真相については論議が続いている)[13]

一方、家康は陸奥若松城主である上杉景勝に上洛するよう要請したが景勝はこれを拒否[14][要高次出典]。家康は弁明の使者を送るよう景勝に命じた。しかし上杉氏の重臣であった直江兼続はこれに猛然と反発、挑戦的な態度で家康を痛烈に非難した[15]。直江兼続と徳川家康の命を受けて上杉家との交渉に当たっていた西笑承兌が受け取った兼続の返書が存在し、それにより家康が非常に立腹したことは確かのようである。

ここに家康は秀頼の命として軍資金2万両を受けて上杉征伐に出陣することになった。

家康は上杉領内を五箇所から攻撃することを定め、6月2日に東北・関東・北陸の諸大名にも出陣を命じた。北の米沢口に最上義光南部利直戸沢政盛ら、北東の信夫口に伊達政宗、西の越後津川口に前田利長・堀秀治・溝口秀勝・村上義明ら、南東の仙道口に佐竹義宣を当て、家康は西国諸大名と共に南の白河口より一斉に攻め込む体制を採った。6月15日家康は秀頼より金2万両と兵糧2万石が下賜されて、秀頼の命を奉じる形で翌16日に大坂城を出陣、一旦伏見城に入った。この時の家康の様子を侍医である板坂卜斎は『慶長年中卜斎記』において次のように記している。

「17日に千畳敷の奥座敷へ出御。御機嫌好く四方を御詠(なが)め、座敷に立たせられ、御一人莞爾々々(にこにこ)と御笑被成より…」[16]

この後鳥居元忠松平家忠松平近正らに伏見城守備を命じ、鉄砲の弾が尽きれば城内の金銀を弾込めしても良いとまで言い切った。さらに山科まで見送りに訪れた島津義弘にも伏見城守備を依頼して江戸へと下る。一方、佐和山城に隠居していた三成は、家康が江戸に下るとの報を受け、家康留守中を狙って挙兵し、西国大名を糾合して家康を討ち果たす決意を固め、動き始める。

また上杉景勝も、常陸から南陸奥一帯に54万石の石高と強力な鉄砲隊を持つ大名・佐竹義宣と秘密同盟を結んでおり、白河口より攻め込んでくる家康を、挟撃する計画があった。他にも会津領内の浪人などを雇ったり、会津神指城の築城や、急速な各城の補強工事など、攻めよせる家康軍への迎撃体制を整えていった。

ただし上杉家の挙兵の裏には石田三成との共同計画が存在したとの説に対しては、近年になって上杉家は旧領の越後国を回復するために挙兵を図ったのではないかとする異論が出されており、詳細については論議がある[17][要高次出典]

関ヶ原の戦い前の石高[編集]

主な東西の大名(石高の隣、○印は関ヶ原に布陣した大名、●は寝返った大名)

武将 石高(万石) 武将 石高(万石)
東軍 Tokugawa family crest.svg徳川家康 256.0 西軍 Ichimonjimitsuboshi.svg毛利輝元 120.5
Kaga Umebachi(No background and Black color drawing).svg前田利長 84.0 Japanese Crest Uesugi Sasa.svg上杉景勝 120.0
Take ni Suzume.svg伊達政宗 58.0 Satake.jpg佐竹義宣 54.0
Jyanome (No background and Black color drawing).svg加藤清正 20.0 Maru ni Jyuji(No background and Black color drawing).svg島津義久 73.0
Alex K Hiroshima Fukushima kamon.svg福島正則 24.0 Jimonji.svg宇喜多秀家 57.0
Kuyo.svg細川忠興 18.0 大一大万大吉.svg石田三成 19.4
Alex K Hiroshima Asano kamon.svg浅野幸長 16.0 Hanakurusu.gif小西行長 20.0
Bizenn Chou(No background and Black color drawing).svg池田輝政 15.2 Mazekiku.gif増田長盛 20.0
Kuroda Fuji(No background and Black color drawing).svg黒田長政 18.0 Tachi omodaka.svg小川祐忠 7.0
Sagari Fuji of Katou Yosiaki (No background and Black color drawing).svg加藤嘉明 10.0 Mukaichou.jpg大谷吉継 5.0
Hidari mitsudomoe.svg田中吉政 10.0 Wachigai.svg脇坂安治 3.3
Tuta (No background and Black color drawing).svg藤堂高虎 11.0 Takeda mon.svg安国寺恵瓊 6.0
Futatsuhikiryo.svg最上義光 24.0 Hidari mitsudomoe.svg小早川秀秋 37.0
Tosa Kasiwa(No background and Black color drawing).svg山内一豊 5.9 Oda ka(No background and Black color drawing).svg織田秀信 13.5
Daki Kasiwa (No background and Black color drawing).svg蜂須賀至鎮 17.7 Nanatsukatabami.svg長宗我部盛親 22.0
Maru ni Hon moji(No background and Black color drawing).svg本多忠勝 10.0 So clan mon2.svg朽木元綱 1.0
Kanimon.jpg寺沢広高 8.0 Marunimitsume.gif赤座直保 2.0
Ikoma kuruma (No background and Black color drawing).svg生駒一正 15.0 Marunouchinimitsuhikiryo.svg吉川広家 14.2
Hikone Tahibana(No background and Black color drawing).svg井伊直政 12.0 Japanese Crest Hana Hisi.svg長束正家 5.0
Tokugawa Aoi(No background and Black color drawing).svg松平忠吉 10.0 Ichimonjimitsuboshi.svg毛利秀元 20.0
Umebachi(No background and Black color drawing).svg筒井定次 20.0 Kuyo (inverted).svg戸田勝成 1.0
Japanese crest Yotumeyui.svg京極高知 10.0 Rokumonsen.svg真田昌幸 3.8

諸将の去就[編集]

関ヶ原決戦前における日本全国の大名・武将の去就を記す。西軍から東軍に寝返った大名については裏切り参照。

東軍[編集]

東軍の総大将 徳川家康

東海道本隊(家康隊)[編集]

東海道近畿以西の豊臣恩顧大名と軍監(目付)として井伊直政・本多忠勝を先発隊としている。後日出撃した家康本隊は大名級がほぼ秀忠隊に配属されており、38,000の軍勢の構成は旗本が多く占めている。井伊直政は3,600程度の軍勢を連れていたが出陣前に病に倒れ、本多忠勝が臨時にこれと代わったために、忠勝隊は小姓足軽ら500程度の軍勢であった(後勤や兵糧などの問題に臨時調動できないので、残された本多家の本隊2,500の軍勢はのち忠政とともに秀忠隊に配属され、中山道方面軍となった。また、病の癒えた直政も後を追っている)。


東海道別働隊(大垣城包囲・周辺城砦攻略)[編集]


東海道守備隊[編集]


中山道隊(秀忠隊)[編集]

徳川家大名クラスの多く(これは秀忠隊が当初は上杉、後に中山道制圧を任務としていたからと思われる[18])と信濃の大名がこの隊に属している。


対上杉・佐竹守備隊[編集]


山形城守備隊[編集]

江戸城留守居[編集]


伏見城守備隊[編集]


大津城守備隊[編集]

在国[編集]

西軍[編集]

西軍の中心人物 石田三成

本隊[編集]


東北本隊[編集]

大津城攻撃部隊[編集]


田辺城攻撃部隊[編集]


美濃・尾張守備隊[編集]

伊勢守備隊[編集]


北国口守備隊[編集]


佐和山城守備隊[編集]


大坂城留守居・守備隊[編集]


在国[編集]

内応・叛応[編集]

叛応軍[編集]

本戦開戦時には西軍に属していたが、事前に東軍と内通していた若しくはこれらの者の動向に呼応する形で東軍につき積極的に戦いに参加した諸将。

内応軍[編集]

形式的には西軍に属していたものの東軍に対して内通していた武将。

  • 吉川広家(南宮山に布陣して後方の毛利秀元本隊の出陣を阻害)

中立[編集]

その他[編集]

資金援助・諜報活動等

  • 鍋島直茂(子の勝茂は当初西軍に属するも、東軍の勝利を予見し尾張方面の穀類を買い占めて慰謝料の名目で家康軍に提供)
  • 長谷川守知(西軍に属し佐和山城の警護に配される。内通説もあり本戦後の佐和山城の戦いでは城に攻め寄せた小早川軍に翻意)
  • 柳生宗厳(東軍に与す。大和諜報活動

戦線を離脱

  • 山川朝信(当初東軍に所属。中山道隊に参加も佐竹義重の動きに呼応して無断で離脱し居城に戻る。戦後改易)
  • 木下勝俊(当初東軍に所属。伏見城守備隊を任されていたが逃亡。戦後改易)
  • 松野重元(小早川秀秋の家臣。西軍に所属。秀秋の東軍への叛応の方針に反発して戦線離脱)

療養のため不参加

その他不参加

  • 生駒親正(病気を装い本戦には不参加。子の一正は東軍に参加)
  • 蜂須賀家政(家臣を大坂に派遣し自身は剃髪して高野山に上る。子の至鎮は東軍に参加)
  • 日根野弘就(本戦中に動きはなかったが後に西軍内通の嫌疑がかかる。戦後減封)

去就不明

  • 織田信雄(西軍に属したとする説と中立説がある)

本戦までの動き[編集]

三成挙兵[編集]

伏見城

7月1日、宇喜多秀家が豊国社で出陣式を行いこれに高台院は側近の東殿局(大谷吉継の生母)を代参させている。 7月11日、三成は東軍に加わる予定の大谷吉継に「家康打倒」を打ち明け、吉継を己の陣営に引き込んだ[22]。7月12日、佐和山城で三成は吉継、増田長盛、安国寺恵瓊と秘密会議を行い、毛利輝元への西軍総大将就任要請などを決定した。同日、愛知川に東軍に参加予定の諸将を食い止める関所が設けられ、 長宗我部盛親、鍋島勝茂、前田茂勝(玄以の子)らが足止めを食らい、結果的に西軍への参加を余儀なくされた。また島津義弘は家康との約束に従い伏見城に入城しようとしたが、鳥居元忠に断られ[23]止む無く西軍に身を投じている

この動きは当初三奉行側に通牒されておらず、狼狽した三奉行は徳川家康と毛利輝元に急使を送り、至急大坂に戻り石田・大谷の動きを鎮定するよう要請している[24]

7月17日、安国寺の建議を採用した毛利輝元は大坂城に入城して、家康が割拠していた西の丸を接収し西軍の総大将に就任。ここに至って三成は増田長盛・長束正家・前田玄以三奉行の連署による挙兵宣言「内府ちがひの条々」を発し、主に中国・四国・九州の諸大名が追従、およそ10万の兵力となった。しかし内部は必ずしも一枚岩ではなく、吉川広家や鍋島直茂のように早くも東軍への内応を画策する武将もいた。

石田はまず会津征伐に従軍していた諸大名の妻子を人質に取る作戦を発動した。しかし、加藤清正や黒田如水の妻子が逃亡、さらに細川忠興の正室である細川ガラシャが、人質に取られることを拒否し、細川邸に火を掛け自害[25]するなど失敗に終わった。

この諸大名の妻子を人質に取る作戦は、細川忠興ら諸将を痛憤させるとともに結果的に三成の評判を悪くしてしまったため三成は急いで取りやめとしている[26][27]

そこで、翌18日、西軍は鳥居元忠が預かる伏見城に、輝元の名で開城要求を勧告した。城将の一人木下勝俊は要請に応じ伏見城を退去したが、元忠は拒絶。明くる7月19日から伏見城の戦いが行われる。伏見城は宇喜多秀家、小早川秀秋、島津義弘ら4万の大軍により攻められ、元忠らの奮戦むなしく8月1日に陥落した。

伏見城陥落後、三成は家康に味方する細川幽斎が籠る、丹後国田辺城を制圧するため、親密な関係にあった小野木重勝を総大将に1万5,000の軍勢を丹後に差し向け、宇喜多秀家を総大将に毛利秀元や鍋島勝茂など約3万の軍勢を、伊勢国平定に送り込んだ。大谷吉継は北陸道平定に向かい、三成自身は美濃方面を抑えるため、8月10日に佐和山城から西軍の拠点をなす大垣城に入った。その先の岐阜城には織田信長の嫡孫である織田秀信が城主として拠っていたが、秀頼の後見と美濃尾張加増を条件に西軍へ引き入れることに成功する。

小山評定[編集]

この頃、家康は会津征伐のために江戸城に居たが、7月19日に一通の書状が家康に届けられた。差出人は西軍首脳の一人である増田長盛であり、三成らが家康打倒の謀議を行っているという内容であった。その後も長盛からの書状は届けられており、この書状を送った時点では長盛は石田方には与していない。また淀殿も石田・大谷の動きを鎮圧するよう要請を送っている。しかし家康はそのまま7月21日には江戸城を立ち、7月24日下野小山に到着。ここで三成が挙兵し伏見城攻撃を開始したことを鳥居元忠の使者によって知らされた。

家康は会津征伐に従軍した諸大名を招集し、翌25日に今後の方針について軍議を催した。いわゆる「小山評定」である。家康にとって最大の問題は、東海道・東山道に所領を有する豊臣恩顧の武将たちが、どのような態度をとるかであった。三成挙兵の報は彼らの耳にも届いており、動揺するとともに判断に苦慮していた。そのため、家康の命を受けた黒田長政は福島正則に秀頼には害が及ばないこと、三成が秀頼のためにならないことを説明し、東軍につく態度を鮮明にするよう説得した。

なお、この時点では「内府ちがひの条々」はまだ小山に届いておらず、毛利輝元が大坂城で秀頼を擁して石田方の総大将になっていることは、家康以下諸将の知るところではなかった。さきに届いた淀殿や三奉行からの鎮定要請に基づき、大坂城からの指示に従っている形式を保っていた[24]

評定では、山岡道阿弥板部岡江雪斎から情勢の説明と、妻子が人質になっているため進退は各自の自由であるとの、家康の意向が伝えられた。すると正則が大坂のことは考えず、家康に味方することを表明。黒田・徳永寿昌がこれに続き、ほぼ全ての従軍諸将が家康に従うことを誓約した。その一方で信濃上田城主である真田昌幸と、美濃岩村城主である田丸直昌はこれに与せず、西軍へ退転する。

つづいて山内一豊が自らの居城掛川城の提供を申し出、東海道筋の諸大名がこれにならった。この案は堀尾忠氏(一豊の盟友、堀尾吉晴[28]の子)と事前に協議したもの[29]で、さらに正則が秀吉より預かっていた、非常用兵糧20万石も家康に提供すると表明。秀吉が家康封じ込めのために配置した、東海道筋の諸城と兵糧を確保したことで、東軍の軍事展開と前線への兵力投入が容易となった。

以上のように評定が展開した背景として、東海道筋の大名が秀次事件以降に家康との接近を強めたためとする指摘がある[30]

諸将が提供した居城には松平康重松平家乗内藤信成保科正光北条氏勝ら徳川譜代の武将が城将として入城し、守備に当たった。

三成迎撃で評定が決定すると、諸大名は7月26日以降続々と陣を払い、正則の居城である尾張清洲城を目指し出陣。また伊勢方面に所領を持つ富田信高古田重勝氏家行広福島正頼九鬼守隆らは居城防備のため各居城へ戻った。家康は徳川秀忠に榊原康政や大久保忠隣、参謀に家康の懐刀である本多正信を添えた約3万8,000の軍勢を付けて、中山道より美濃方面への進軍を命じ、8月4日には出陣した。一方上杉・佐竹への抑えとして、自身の次男で武勇に優れていた結城秀康を総大将に、里見義康蒲生秀行那須資景らを宇都宮城に留め、監視させた。家康は江戸城に戻るが、そこから一歩も動かなくなった。『内府ちがひの条々』の内容が東軍側にも伝わり、豊臣恩顧の武将たちの動向が不透明となる危惧が発生したためである[24]

前哨戦[編集]

三成は真田昌幸への書状の中で、尾張と三河国境付近で東軍を迎撃、背後より上杉・佐竹軍と挟撃することで勝利をする目算であり、そのため早急に美濃・伊勢を平定して尾張になだれ込む必要があった。伊勢路を進む宇喜多秀家ら西軍の軍勢約3万は、筒井定次の居城・伊賀上野城を開城させ、その後富田信高分部光嘉が籠る安濃津城(安濃津城の戦い)、古田重勝松坂城などを攻略し8月までには陥落させる。その後さらに北上を進め尾張攻略を目指し、桑名城の氏家行広・氏家行継兄弟を西軍に加担させるが、東軍先発部隊が清洲城に集結するとの報を得て、福島正頼・山岡景友の拠る長島城攻撃を諦め、三成の居る大垣城へと向かった。この時点で三成の尾張・三河で東軍を迎撃する戦略は破綻し、木曽川で迎撃する方針へと修正した。さらに背後を挟撃する予定の上杉景勝は、徳川軍を攻撃せずに軍勢を山形方面の最上義光領へと向ける。佐竹軍は、当主である佐竹義宣が主張した西軍への参加に、父・佐竹義重や弟、重臣一同らの猛反対により、義宣は意見を押し切ることができず、佐竹義久に少数の兵をつけて秀忠軍に派遣するなどの曖昧な態度に終わり、がら空きだった関東の家康領に雪崩れ込まなかった。結局、佐竹義宣、上杉景勝という関東、東北の2大大名が大坂へ向かう徳川軍を攻撃しなかったことは、三成にとって大誤算だった。なお、鍋島勝茂は父・直茂の命により美濃・伊勢国境付近に留まり、大垣城に向かう宇喜多・毛利軍などから離脱、以降西軍の軍事行動には加わらず傍観した。

小山評定を終え、東軍諸大名が清洲城を目指し西進を開始した後も、家康は動向が不明な背後の佐竹義宣に対する危険から江戸に留まり、藤堂高虎や黒田長政らを使って諸将に書状を送り続け、豊臣恩顧の武将の東軍繋ぎ止めと、西軍の調略による切り崩しを図った。黒田は吉川広家に毛利家所領の安堵を、小早川秀秋に、高台院への忠節を説いて[31]内応を約束させる。江戸城内で家康が東軍諸大名などに宛てた書状は約200通にも及び、家康の書状による情報処理は、その後の戦いの雌雄を決定付けることになる。一方、三成が西軍諸大名に宛てた書状は家康のそれよりも少なく、真田昌幸からは「なぜ挙兵前に(挙兵の意思を)知らせなかったのか」と、返書で疑問にされている。

家康が出した書状については関ヶ原合戦前後の徳川家康文書を参照

家康が書状作戦を展開している頃、正則ら東軍先鋒は清洲城に集結したが、その後一向に家康からの音沙汰がなく、正則は、自分たちを捨石にするのかと激怒。家康の娘婿である池田輝政がこれに反発して、口論したと伝えられている。しかし家康の使者・村越直吉が来着し「なぜ早く美濃攻略に掛からないのか」と尋ねられるや、正則ら東軍諸大名は勇躍して美濃へとなだれ込んだ。8月22日に輝政らが河田(現一宮市)より木曽川を渡り、米野村(現笠松町)付近で西軍と激突(河田木曽川渡河の戦い米野の戦い)。加賀野井(現羽島市)から渡河した正則らも竹ヶ鼻城を陥落させ(竹ヶ鼻城の戦い)、その後東軍はさらに進軍し、翌日、織田秀信が城主の岐阜城を落とした(岐阜城の戦い)。城主である秀信は、正則や輝政の助命嘆願もあって弟の織田秀則と共に高野山へ追放され、彼の地で病没。織田氏本宗家は断絶した。同時期美濃国内では東濃で妻木頼忠が東軍方として西軍についた田丸直昌の家臣らと交戦していたが、遠山友政小里光明など本能寺の変後に秀吉に服属する事を拒絶して領地を失い、家康に保護されていた東濃の元領主が、旧領復活を狙い妻木軍と組んで西軍方の田丸直昌や河尻秀長の領地に攻めこみ苗木城明智城などを陥落させ、西濃でも市橋長勝や徳永寿昌らが福束城高須城など、西軍方の拠点を陥落させていった。さらに犬山城守備の任に就いていた関一政や加藤貞泰、竹中重門が井伊直政の誘いで東軍に降り、郡上八幡城の稲葉貞通も降伏するなど東軍優勢となりつつあった。

関ヶ原への転進[編集]

岐阜城が落ちたのを知ると、家康は五男の武田信吉や浅野長政らに江戸城留守居を命じて、9月1日に約3万3,000の兵とともに出陣し、東海道を大坂方面へと西上した。一方、秀忠隊3万8000は中山道を進んだが、途中で真田昌幸2000が籠もる上田城を攻略し損ねた上、足止めを食らい関ヶ原の戦いには間に合わなかったとされる。しかし、実際は秀忠軍が家康から受けた当初の任務は中山道の制圧であり、上田城攻城は秀忠の独断ではなく家康の直近の命令に沿ったものである。家康の西進の知らせと関ヶ原への合流という新たな命令は利根川の増水により使者が遅れ、秀忠の手に渡ったのは9月9日であり15日に関ヶ原に布陣するのはすでに不可能であった[32]

家康は秀忠の到着をぎりぎりまで待ったが、9月14日に美濃の赤坂の岡山(現在の岐阜県大垣市赤坂町字勝山にある安楽寺)に設営した本陣に入る。三成は家臣である島清興(左近)の進言により、赤坂付近を流れる杭瀬川に兵を繰り出して、東軍の中村忠一・有馬豊氏を誘い出し、宇喜多隊の明石全登と連携してこれを散々に打ち破った。これを杭瀬川の戦いという。

三成は大坂城に居る豊臣秀頼、あるいは総大将である輝元の出馬を要請していたが、いずれも淀殿に拒否され果たせなかった。輝元には出馬の意思があったといわれるが、このころ増田長盛内通の風聞があり、動けなかったともされている。また、西軍の北陸道平定軍に従軍していた京極高次が突如として戦線を離脱、居城の大津城に籠城して東軍への加担を鮮明にした。このため三成は毛利元康を大将に、小早川秀包や立花宗茂ら1万5,000の軍勢を割いて、大津城攻撃へと向かわせた(大津城の戦い)。さらに9月14日には西軍の首脳であったはずの前田玄以が大坂城を退去し、閑居するという事態も発生した。この玄以も、一説には東軍に内応していたという。こうして西軍は当初の戦略が狂っていった。14日夜に家康が赤坂を出て中山道を西へ向かう構えを見せた。これを察知した三成は東軍よりも早く大垣城を出陣、福原長堯に城の守りを託して、関ヶ原方面へ転進する。西軍の転進を知った家康も、即座に関ヶ原への進軍を命じ、松平康元や堀尾忠氏、津軽為信らに大垣城監視を命じて西へ向かった。

この14日には、小早川秀秋がそれまで陣を敷いていた伊藤盛正を追い出す形で松尾山に陣を構えた。秀秋は伏見城の戦い以降病と称して戦場に出ず、東軍への内応を黒田長政経由で家康に打診していた。このため三成ら西軍首脳は不信の念を抱いていた。秀秋は文禄・慶長の役で三成の報告が元で筑前名島35万石から越前北ノ庄12万石に大減封されており、それを家康に回復してもらった経緯がある。従って秀秋は三成を恨んでおり当初から東軍への参戦を考えていたが、伏見攻めの一件により、成り行きで西軍についたという経緯がある。1万5,000の大軍を擁する秀秋を繋ぎとめるため、家康・三成は秀秋に、破格の恩賞を与える約束を行っていた。家康は上方二ヶ国を与えると提示し、西軍は秀頼が15歳になるまでの間秀秋を関白に就け、さらに播磨一国を加増すると提示したのである。

秀秋を巡る水面下での謀略が入り乱れるなか、両軍は中山道、北国街道伊勢街道が交差する要衝・関ヶ原に集結し、決戦の火蓋が切られようとしていた。

本戦[編集]

関ヶ原布陣図(慶長5年9月15日午前8時前)拡大

下表は関ヶ原本戦に参陣した武将を、その動員兵力の多い順に示したものである。出典は『日本戦史・関原役』に拠る。

武将 兵力 武将 兵力
東軍 Tokugawa family crest.svg徳川家康 30,000 西軍 Jimonji.svg宇喜多秀家 17,220
Alex K Hiroshima Asano kamon.svg浅野幸長 6,500 Mitu Tomoe Old design (No background and Black color drawing).svg小早川秀秋 15,000
Alex K Hiroshima Fukushima kamon.svg福島正則 6,000 Ichimonjimitsuboshi.svg毛利秀元 15,000
Kuroda Fuji(No background and Black color drawing).svg黒田長政 5,400 大一大万大吉.svg石田三成 6,900
Kuyo.svg細川忠興 5,000 Nanatsukatabami.svg長宗我部盛親 6,600
Bizenn Chou(No background and Black color drawing).svg池田輝政 4,500 Hanakurusu.gif小西行長 4,000
Hikone Tahibana(No background and Black color drawing).svg井伊直政 3,600 Marunouchi ni mitu Hiki(No background and Black color drawing).svg吉川広家 3,000
Tokugawa Aoi(No background and Black color drawing).svg松平忠吉 3,000 Mukaichou.jpg大谷吉治 2,500
Sagari Fuji of Katou Yosiaki (No background and Black color drawing).svg加藤嘉明 3,000 Oda ka(No background and Black color drawing).svg織田信高 2,500
Hidari mitsudomoe.svg田中吉政 3,000 Tachi omodaka.svg小川祐忠 2,100
Japanese crest Yotumeyui.svg京極高知 3,000 Takeda mon.svg安国寺恵瓊 1,800
Umebachi(No background and Black color drawing).svg筒井定次 2,800 Maru ni Jyuji(No background and Black color drawing).svg島津義弘 1,588
Tuta (No background and Black color drawing).svg藤堂高虎 2,500 Japanese Crest Hana Hisi.svg長束正家 1,500
Kanimon.jpg寺沢広高 2,400 Mukaichou.jpg木下頼継 1,000
Tosa Kasiwa(No background and Black color drawing).svg山内一豊 2,000 Wachigai.svg脇坂安治 990
Ikoma kuruma (No background and Black color drawing).svg生駒一正 1,800 Marunimitsume.gif赤座直保 600
Maru ni mitu Hiki(No background and Black color drawing).svg古田重勝 1,200 Mukaichou.jpg大谷吉継 600
Urabaibachi.gif金森長近 1,100 Sumitate yotu Meyui(No background and Black color drawing).svg朽木元綱 600
Mitu Tomoe Old design (No background and Black color drawing).svg有馬豊氏 900 Mitsumori.jpg糟屋武則 360
Maru ni Hon moji(No background and Black color drawing).svg本多忠勝 500 Japanese Crest mitu Tomoe 2.svg河尻秀長 不明
Oda emblem.svg織田長益 450 Maribasami.gif田丸直昌 不明
Daki Kasiwa (No background and Black color drawing).svg蜂須賀至鎮 不明 Turu no maru(No background and Black color drawing).svg毛利勝信 不明

布陣[編集]

東軍に先んじて関ヶ原に到着した西軍方は三成の拠る笹尾山、宇喜多秀家の拠る天満山、小早川秀秋の拠る松尾山、そして毛利秀元が布陣する南宮山のラインで東軍を囲む鶴翼の陣を敷くと同時に、実質的に関ヶ原における高所の大半を抑えた。 明治の世に軍事顧問として来日したドイツクレメンス・メッケル少佐は関ヶ原における両軍の布陣図をみて、即座に西軍の勝利を断言したという。しかし、東軍は鶴翼の「翼」の部分に相当する諸将の多くを内応させており、本来ならば圧倒的に不利である鶴翼の陣の奥深くに陣を置くことができたのである。[要検証 ]

また、この戦いの総兵員のうち、10分の1(=約2万)ほどが鉄砲を装備しており、実際本戦や東軍の小早川秀秋に対する寝返り催促(後述)にも鉄砲を使っており、このことから、日本は世界一の鉄砲保有量を誇っていたともいえる。[33]

関ヶ原は早朝から深い霧が立ち込め、隣の軍の様子も侭ならない。そんな中、家康から先鋒の約束を取り付けた福島正則は、じっと開戦の火蓋を切る機会をうかがっていた。

開戦[編集]

濃霧の中で両軍は2時間ほど対峙し続けていた。やがて、霧も薄くなってきた頃、福島隊の横を井伊直政と松平忠吉の小隊が通り抜けようとしていた。家康から先鋒を任された福島正則の家臣で、先頭部隊長の可児吉長が呼び止めて「先陣は福島家と決まっているので、誰であろうと通り抜けはだめだ!」と詰問するが、井伊は「松平忠吉の初陣なので、見学のために敵の陣を見に行くのだ。合戦を始めるわけではない。」と可児を説得し、松平ともども福島隊の前方へ張り出した。直政の小隊は、西軍の主力である宇喜多隊に向けて突然発砲、対する宇喜多隊も直ちに応射。そこに、井伊隊の抜け駆けに激怒した福島隊の鉄砲隊800名が宇喜多隊に突撃。ここに関ヶ原の戦いの火蓋が切られた[34]

開戦直後に激突した主な武将は以下のとおり[35]

最大の激戦と言われたのは東軍・福島隊と西軍の宇喜多隊の争いで、「福島家の旗と、宇喜多家の旗が双方とも二、三度も退却した」(『関ヶ原軍記大成』)という一進一退の激闘となった。

石田隊には黒田隊、細川隊が攻めかかる。士気が高い部隊同士の戦いであり、戦いは熾烈を極めた。石田隊は木柵、空堀からなる野戦陣地で敵勢を防ぎつつ、鉄砲、大筒などを用いて、必死に東軍部隊を抑えていた。黒田隊の狙撃兵が石田隊の先陣・島を負傷させ、石田隊の先陣が退却すると、猛攻を加える黒田・細川隊に石田隊は大砲の発射で応戦し、ほぼ互角の戦いとなった。やや遅れて大谷隊には藤堂隊、京極隊が襲い掛かる。兵力的には東軍側が圧倒していたが、戦上手で知られる吉継は巧みな用兵で三倍近い藤堂隊、京極隊を何度も押し返した。小西隊には古田隊、織田隊がそれぞれ攻めかかり、ここも互角となった。家康本隊3万は戦闘には参加していなかったが、開戦間もなく桃配山を降りて最前線近く(現在の床几場)まで陣を移している[37]

激戦をこの地で体験した太田牛一は『慶長記』において次のように記している。

笹尾山陣地跡
敵味方押し合い、鉄砲放ち矢さけびの声、天を轟かし、地を動かし、黒煙り立ち、日中も暗夜となり、敵も味方も入り合い、しころ(錣)を傾け、干戈を抜き持ち、おつつまくりつ攻め戦う―

三成は、開戦から2時間を過ぎたころ、まだ参戦していない武将に戦いに加わるように促す狼煙を打ち上げた。さらに島津隊に応援要請の使いを出す。西軍は総兵力のうち、戦闘を行っているのは3万3,000ほどながら、地形的に有利なため戦局をやや優位に運んでいた。しかし、西軍は宇喜多、石田、小西、大谷とその傘下の部隊がそれぞれの持ち場を守って各個に戦っているだけでお世辞にも部隊間の連携が取れているとは言えなかった。それに対し、部隊数、実際兵力数で上回る東軍は西軍一部隊に対し、複数の軍勢が連携して、同時多方面から包囲攻撃を仕掛け、または入れ替わり立ち代り波状攻撃を仕掛けるなどして間断無く攻め立てた。さらに遊撃部隊として最前線後方に控えていた寺沢勢、金森勢が増援として加わったため、時間が経つにつれて次第に戦局は東軍優位に傾き始め、特に石田隊は猛攻を受けて柵の中に退却していた。とは言え、西軍主力部隊はいずれも士気が高くその抵抗力は頑強であり、戦局を覆すほどの決定打には成り得なかった。ここで松尾山の小早川秀秋隊1万5,000と南宮山の毛利秀元隊1万5,000、その背後にいる栗原山の長宗我部盛親隊6,600ら、計4万7,000が東軍の側面と背後を攻撃すれば、西軍の勝利は確定的となるはずであった。しかし、島津は「使者が下馬しなかったため無礼だ」という理由で応援要請を拒否、また毛利秀元・長宗我部盛親・長束正家・安国寺恵瓊らは、徳川家と内応済みの吉川広家に道を阻まれて参戦できずにいた(宰相殿の空弁当)。結局、最後まで南宮山の毛利軍ら3万3000もの大軍は参戦せず、直後に起きる小早川秀秋の裏切りと並ぶ西軍の敗因となる。

小早川秀秋の裏切り[編集]

小早川秀秋は松尾山の山奥に布陣し、初めは両軍の戦況が落ち着くまで動かない考えであった。1万5000の軍勢では、まともに戦っても勝ち目が無いからである。正午過ぎ、家康は内応を約していた小早川秀秋隊が、動かないことに業を煮やして、松尾山に向かって威嚇射撃を加えるように命じる。迷いに迷っていた小早川秀秋は、この家康の督促に意を決し松尾山を降り、ここに小早川隊1万5,000の大軍は東軍に寝返った。ただし、松尾山が標高300メートルに達する山であり戦闘のさなかに火縄銃の音が聞こえるのか、また、大谷隊と藤堂隊が激戦を繰り広げ、さらに麓を囲むように脇坂、小川、赤座、朽木の軍勢が配置されていた松尾山山麓に近付くのは容易ではないといった点から疑問も呈されている[38]。 この為、実際に撃ち込まれたのは鉄砲ではなく大筒だったのではないかという説も出ている[39]。なお、小早川隊の武将で先鋒を務めた松野重元は「盾裏の反逆は武士としてあるまじき事」として秀秋の命令を拒否・離反した。

小早川隊は山を駆け降りると、東軍の藤堂・京極隊と激戦を繰り広げていた大谷隊の右翼を攻撃する。大谷吉継は、かねてから風聞のあった秀秋の裏切りを予測していたため、温存していた600の直属兵でこれを迎撃し、小早川隊を松尾山の麓まで押し返した。ところが、それまで傍観していた脇坂安治、小川祐忠、赤座直保、朽木元綱ら計4,200の西軍諸隊も[40]、小早川隊に呼応して東軍に寝返り、大谷隊の側面を突いた。予測し得なかった四隊の裏切りで戦局は一変、戸田勝成・平塚為広は戦死し、敗北を悟った吉継も自刃して果てた。

宣教師フェルナン・ゲレイロはその報告の中で奉行(石田三成)側の軍勢中には裏切り行為によってざわめきが起きて陣列の混乱が続いたと述べている[41]

大谷隊を壊滅させた小早川、脇坂ら寝返り部隊や、藤堂、京極などの東軍部隊は、関ヶ原一の死闘を繰り広げている宇喜多隊に狙いをつけ、関ヶ原中央へ向け進軍を始めた。ここに関ヶ原の戦いの勝敗は、ほぼ決定した。

西軍敗走[編集]

小早川隊の寝返りと大谷隊の壊滅により、旗本中心の家康本隊もようやく動き出し、東軍は西軍に総攻撃をかける。宇喜多隊は小早川隊などからの集中攻撃を防いでいたが、やがて3倍以上の東軍勢の前に壊滅。宇喜多秀家は小早川秀秋と刺し違えようとするが、家臣に説得され苦渋の思いで敗走した。宇喜多隊の総崩れに巻き込まれた小西隊は早々と壊滅し、小西行長も敗走。石田隊も東軍の総攻撃を相手に粘りに粘り続けたが、島・蒲生・舞などの重臣は討死し、とうとう壊滅。三成も伊吹山方面へ逃走した。

こうしたなか、勝敗を度外視した戦いを続けていた島津隊は東軍に包囲される。ここにおいて、島津勢の敵中突破退却戦、いわゆる「島津の退き口」が開始される。島津義弘隊1,500[42]が一斉に鉄砲を放ち、正面に展開していた福島隊の中央に突撃を開始する。西軍諸隊がことごとく壊滅・逃亡する中でのまさかの反撃に虚を衝かれた福島隊は混乱し、その間に島津隊は強行突破に成功。更に寝返った小早川隊をも突破し、家康旗本の松平・井伊・本多の3隊に迎撃されるがこれも突破する。この時点で島津隊と家康本陣までの間に遮るものは無くなってしまう。島津隊の勢いを見た家康は、迎え撃つべく床几から立ち、馬に跨って刀を抜いたという。しかし島津隊は直前で転進、家康本陣をかすめるように通り抜け、正面の伊勢街道を目指して撤退を開始した。松平・井伊・本多の徳川諸隊は島津隊を執拗に追撃するが、島津隊は捨て奸戦法を用いて戦線離脱を試みる。決死の覚悟を決め、死兵と化した島津隊将兵の抵抗は凄まじく、追撃した井伊直政が狙撃されて負傷し後退。この際島津方では島津豊久阿多盛淳捨て奸となり玉砕した。次に追撃した松平忠吉は申の中刻に狙撃されて後退、[43]負傷した。[44]、本多忠勝は乗っていた馬が撃たれ落馬した。徳川諸隊は島津隊の抵抗の凄まじさに加え、指揮官が相次いで撃たれたことと、すでに本戦の勝敗が決していたこと、また家康から追撃中止の命が出たことなどから深追いを避けた。一方の島津隊は島津豊久・阿多盛淳・肝付兼護ら多数の犠牲者を出し、兵も80前後に激減しながらも、殿軍後醍院宗重木脇祐秀川上忠兄らが奮戦し義弘は辛くも撤退に成功した。盛淳は、義弘がかつて秀吉から拝領した陣羽織を身につけ、義弘の身代わりとなって「兵庫頭、武運尽きて今より腹を掻き切る」と叫んで切腹したと言われている。島津家は戦功があった5人に小返しの五本鑓の顕彰を与えている。

西軍が壊滅する様を目の当たりにした南宮山の毛利勢は戦わずして撤退を開始。浅野幸長・池田輝政らの追撃を受けるが、長宗我部・長束・安国寺隊の援護を受けて無事に戦線を離脱し、伊勢街道から大坂方面へ撤退した。殿軍に当たった長宗我部・長束・安国寺らの軍勢は少なからざる損害を受けるが辛うじて退却に成功。安国寺勢は毛利勢・吉川勢の後を追って大坂方面へ、長宗我部勢と長束勢はそれぞれの領国である土佐と水口を目指して逃亡した。西軍諸隊の中でまともな形で撤退できたのは彼らだけだった。

地方への波及[編集]

美濃関ヶ原での戦いと連動して、その前後、全国各地で東軍支持の大名と西軍支持の大名とが交戦した。

東北[編集]

上杉征伐のきっかけは、堀秀治の讒訴というのが定説であるが、近年秀治が西軍側につこうとしたことを示す書状などが発見されている。家康は三成挙兵により反転する際、結城秀康を主力に、上杉領に面した最上義光や、その近隣の秀治や伊達政宗に対して景勝監視の命を下した。上杉領を自領が分断する形になっていた最上義光は、上杉勢との衝突は避けられなかった。義光は奥羽諸将と連合し上杉勢と戦おうとしたが、関ヶ原開戦の報を受けると諸将は自国安定のため引き上げていった。数の上で不利を悟った義光は、嫡子を人質とすることを条件に上杉勢に和睦を申し入れたが、義光が秋田実季(東軍)と結び上杉領を攻める形跡を上杉側に知られたため成立しなかった。9月9日、米沢城方面から直江兼続率いる軍が、また庄内から志駄義秀・下対馬軍が最上領に押し入った。さらに小野寺義道も最上領湯沢城を攻撃した。

伊達政宗は東軍につき徳川家康が勝利した暁には、政宗の旧領7郡を加増し百万石の領地を与えるという、家康から「百万石のお墨付き」(仙台市博物館蔵)を受け取っていた。伊達勢は上杉領の白石城を攻撃し占領するも、これを返還することを条件に上杉勢と和睦を結んだ。

最上義光は9月12日の畑谷城落城をうけて9月15日嫡男最上義康を伊達政宗に派遣し援軍を要請。伊達家内では「上杉勢と最上勢を戦わせて疲弊した後に攻めれば、上杉勢を容易く退けることが出来、山形は労せずして我が物になる」という片倉景綱の進言も出たが、最上潰滅は上杉景勝の脅威をまともに受けることにつながるので(一説には山形城に居るの身を政宗が案じたとも)留守政景を総大将名代として9月17日に援軍を出撃させた。9月15日直江兼続本隊が長谷堂城攻撃を開始。9月21日伊達氏援軍が山形城東方の小白川に着陣する。兼続は最上勢の鮭延秀綱らの勇戦に苦戦し、志村光安が守備する寡兵の長谷堂城を攻略しきれなかったことで戦局は膠着状態となったが、9月29日に関ヶ原の詳報が両軍陣営に達し、流れは一気に最上勢に傾いた。

兼続はすぐさま撤退を命令し、自身で殿軍を努め撤退を開始した。最上軍・伊達軍はただちに追撃を開始し、義光自ら先頭に立ち猛攻を仕掛けた。この追撃戦は大混戦となり、義光は兜に銃弾を受けるなどしたが、最上義康らの軍勢が追いつき難を逃れた。兼続勢は10月4日に米沢城に帰還したが、最上領内部に取り残された上杉勢は最上勢に敗れ、下秀久など降伏する者が相次いだ。

北陸[編集]

前田利長は上杉攻めを支援すべく、7月26日に金沢を出発。8月に入り山口宗永が篭る大聖寺城を包囲、3日で落城させると青木一矩の北ノ庄城を囲んだ。しかし、「大谷吉継の大軍が後詰でやってくる」という虚報(吉継自身が流したと言われている)に引っかかり、急いで金沢に引き返そうとした。

利長は途中軍勢を二手に分け、丹羽長重が篭る小松城に別働隊を送り込んだ。8月9日、別働隊に長重の篭城軍が襲い掛かり、別働隊を蹴散らした長重はさらに利長の本隊も襲い、大損害を与えた(浅井畷の戦い)。こう着状態になったあと長重は和睦、小松城を明け渡した。辛くも金沢に戻った利長は大急ぎで軍を建て直し、9月12日に再度金沢を出発したが、結局関ヶ原には到着できなかった。この時、大聖寺城攻撃には参加していた弟の前田利政は、居城である七尾城に篭ったまま動かず、東軍には加わらなかった。利政はかねてより西軍への参加を主張していたものとみられ、結果的に領地没収の憂き目にあった。

近畿[編集]

大津城[編集]

田辺城[編集]

四国[編集]

伊予でも東軍についた加藤嘉明松前城に対し、毛利軍が戦闘をしかけた。平安時代から続く名族で旧伊予守護家・河野氏当主であった河野通軌河野通直の養子。実父は毛利氏重臣・宍戸元秀)を始め平岡直房曽根高房ら河野氏遺臣、村上武吉村上元吉父子ら伊予に縁のある毛利家臣が三津浜に上陸し、陣を敷いた。松前城に対し開城を要求したが、加藤家の留守居役佃十成らに夜襲を受け、村上元吉、曽根高房らが討ち死にし(三津刈屋口の戦い)、その後も毛利方が不利のまま関ヶ原での西軍敗北を受けて毛利軍は撤退、関ヶ原の戦いに乗じた河野氏再興はならなかった。また阿波の蜂須賀領、讃岐の生駒領は父が西軍、子は東軍になったが、父の西軍参加は消極的なものであった。そのため、彼の領地は毛利家に占領されている。このように、戦国時代より領土を拡張していった毛利氏は関ヶ原の戦いの前後の政変に於いて、豊臣政権の名において四国に対する各方面での攻略を行ったが、関ヶ原の本戦で西軍が一日にして敗北すると兵を収め、その反徳川的行動から所領の多くを失うこととなった。

阿波方面[編集]

阿波の領主のうち赤松氏は毛利輝元などによる豊臣政権としての動員命令に従って西軍となった。蜂須賀家政は嫡男の至鎮を東軍として派遣していたが少数(一説には18騎)であり、多くの兵力が国元の阿波に止まっていたと考えられる。輝元が大坂城に入城して豊臣政権から親徳川勢力を一掃すると大坂に居た家政は親徳川的な態度を咎められて逼塞処分の後、剃髪して高野山へ追放され、家臣団は豊臣家の馬廻衆に編入されて北国へ出陣されることとなった。また毛利氏が阿波の対岸の大阪を抑えるために豊臣政権としての命令が出され、本国の阿波は関ヶ原の帰趨が決すまでの一時期、毛利氏の占領下に置かれた。西軍による伏見城攻撃中の7月29日、大老の毛利輝元と、奉行の長束正家・増田長盛・前田玄以の著名により毛利家家臣の佐波広忠と村上元吉・景親兄弟に蜂須賀家家臣と共同して阿波の管理をするように指令している。8月には村上兄弟に代わって毛利家家臣の椋梨景良・仁保民部少輔・三輪元徳が阿波の管理に派遣された。9月19日関ヶ原の趨勢が決し、家康と和議進捗中で輝元は阿波の占領を解いて占領軍に大坂への撤退を命じ、家政への返還を申し入れている。阿波占領軍は25日、蜂須賀家の益田彦四郎に徳島城を引き渡し、阿波占領は終了した[45]

讃岐方面[編集]

讃岐の生駒氏に関しては関係史料が少ないが、阿波と似た様な状況にあり、生駒親正は生駒一正を東軍に付けており、岐阜城の戦いでは家康より感状を受領する程奮戦しているが、本国では蜂須賀氏と似たような状況であり、毛利氏の意向を受けた豊臣政権の圧力を受けて同じように剃髪して高野山へ一時追放され、讃岐を占領され、後に復権した。占領中に生駒氏の軍は西軍に編入されて田辺城攻めに使われた。このような状況は関ヶ原の戦いの結果が出るまで続いた[45]

伊予方面[編集]

伊予の領主のうち小川氏・池田氏・来島氏は毛利輝元などによる豊臣政権としての動員命令に従って西軍となった。大規模な戦闘に至らなかった阿波や讃岐と違って伊予方面では毛利輝元の意を受けた伊予攻略軍が東軍の加藤嘉明と藤堂高虎の領地に対して調略を行った。加藤領に対しては直接の軍事行動を起こし、旧河野家の後継者的立場にあった宍戸景世(河野通軌に比定)が総大将格となり、他に桂元綱、伊予国人の曽根景房、因島村上氏や8月に阿波方面から抽出された村上元吉が伊予に派遣された。9月17日に三津浜に上陸した伊予攻略軍は佃十成の率いる加藤家の留守部隊に急襲されて村上元吉や曽根景房が戦死した(三津浜の戦い)。毛利家ではこの敗戦に対して宍道政慶と木屋元公を増派している。加藤家の編纂資料である『明公秘録』ではこの三津浜の戦闘で加藤軍にも多くの戦死者が出たとされており、三津浜を引き払った伊予侵攻軍は内陸部に侵攻し久米の如来院を占領して荏原城で蜂起した旧河野家家臣の平岡直房や正岡氏に呼応している。19日には如来院で戦闘が行われ、加藤家の指揮官の黒田九兵衛が戦死している。23日の三津ノ木山での戦闘を最後に、翌日には関ヶ原の戦い結果を受けて伊予攻略軍は撤退した[45]

また、毛利氏は藤堂高虎の領地には直接の侵攻を行なわなかったが、旧西園寺氏の家臣の久枝氏や山田氏などの在地勢力に蜂起工作を行った。その結果、宇和郡松葉村の三瀬六兵衛が毛利氏に内通して一揆を起こし、鎮圧軍では足軽大将の力石治兵衛(力石是兵衛)が戦死するなど、一度板島へ引き上げた後に宇都宮氏の旧臣栗田宮内の働きにより、ようやく鎮圧された[45]

土佐方面[編集]

土佐の長宗我部氏は毛利輝元などによる豊臣政権としての動員命令に従って西軍として行動した。

九州[編集]

九州では主に領国に所在した黒田如水と加藤清正が西軍大名領に攻め込む形で戦いが発生した。

黒田如水

7月に石田三成が挙兵すると孝高は徳川家康につき九州で挙兵する意思を示し、これが家康に認められると9月9日に中津城より豊前・豊後に出陣した。孝高の最初の目標は豊後国東の垣見一直富来城熊谷直盛安岐城であり、両領主は美濃の大垣城に所在しており、留守を家臣が守っていた。両城の攻撃は大友義統による豊後上陸と杵築城(木付城)攻撃に対応と石垣原の戦いにより一時中断されるが、9月17日よりから再開され、24日には両城とも開城・接収された。毛利高政領の本城日隈城及び支城の角牟礼城も19日以降に開城・接収されている。侵攻中の19日に孝高が藤堂高虎宛てに送った書状では、如水と加藤清正が自力で切り取った西軍領を拝領できるよう家康に取り成して欲しいと依頼している。佐賀の鍋島直茂は息子の勝茂が西軍についたが在国の直茂は9月下旬に孝高・清正につき領国を保った。小早川秀秋領の名島城は領主留守中に黒田軍が秋月まで侵攻したが、留守居役と交渉して久留米攻めに合意して東軍となり小早川領を維持した。毛利秀包領の久留米城は領主留守中に黒田・鍋島軍の攻撃を受け、10月14日に孝高により開城・接収された。中川秀成は配下の宗像・田原氏が離脱して石垣原の戦いに参加したため西軍と疑われたが黒田軍について佐賀関の戦いで大きな被害を出したものの太田一吉領の臼杵城を10月頃に開城させて東軍であることを証明した。城は最終的に黒田孝高が接収した[46]

毛利勝信

毛利勝信(吉成)は毛利輝元や奉行衆の使者として8月18日に熊本城の加藤清正の下へ派遣され、西軍参加を説得した。毛利勝信は子の毛利勝永(吉政)が指揮した伏見城攻撃時に多くの家臣(毛利九左衛門、毛利勘左衛門など)を失い、続く安濃津城攻撃や関ヶ原本戦時に吉政は輝元家臣と共に安国寺恵瓊の指揮下に編成されるなど単独の軍事編成が失われ、家中も混乱状態にあった。東軍についた黒田孝高が軍勢を整えて攻撃を仕掛ける様相を呈している中で、領国同士が海峡を挟んで隣接し、西軍の盟主でもあった毛利輝元は家臣の三沢為虎・和田重信などを勝信領の門司城に派遣し、同じく主城の小倉城も輝元勢の統制下に置いて対抗した。[47]。本戦の結果により輝元も手を引き、毛利勝信領の小倉城は10月19日以前に孝高により開城・接収された。[46]

加藤清正

肥後では宇土城の小西行長と人吉城相良頼房が西軍として出兵中であり、8月12日付け書状により家康より加藤清正は肥後と筑前は切り取り次第であることを認められた[46]。領国の熊本城を9月15日に進発した加藤清正は19日より宇土城へ攻め寄せて21日には城下を焼き払った。小西行長の本城宇土城は城代の小西行景南条元琢内藤如安と共に堅守して加藤軍を苦しめると共に島津に援軍を要請し、島津義久島津忠長新納忠元らを肥後に派遣し、肥後水俣城に籠もり、芦北を攻めるなど加藤軍と戦った。本戦の結果を受けて10月20日に小西行景が開城に応じて自刃すると島津勢も薩摩へ帰還した[46]。なお、先立つ10月17日に清正家臣の吉村左近は小西領八代城を接収しており、宇土城も清正により11月には占領統治が開始されている。[46]

立花宗茂

立花宗茂は、当初西軍に属した後に岐阜城陥落の報を契機に大津城に籠城して東軍となった京極高次を毛利勢と共に攻撃して開城させ、関ヶ原本戦には参加できなかった。本戦後、大坂城経由で海路領国の柳川城へ10月初めに帰城すると、黒田・加藤・鍋島の攻撃を受ける。10月20日には柳川北方で鍋島勢と衝突し(江上合戦・八院の戦い・柳川合戦)立花了均(鎮実)・三太夫統次新田鎮実らの重臣を失い、宿老の小野鎮幸も重傷を負うなどの大打撃を受けた。家康により身上安堵の朱印状を受領した後に、加藤清正と25日に和睦が成立した。柳川城は清正家臣の加藤正次が受領した。[48]。この後、孝高と清正は加藤・黒田・鍋島・立花の九州連合軍による編成して島津攻めの準備に掛かる一方、宗茂を仲介として和平交渉を行っている。11月になると家康は薩摩攻めの中止を指示し、企画されていた徳川秀忠による島津攻めは計画のみに終わった。なお、佐土原の島津豊久は本戦で戦死したが、領国は薩摩の庇護を受けて維持した[46]

その他、相良頼房・秋月元種・伊東祐兵は現状維持。高橋元種は領国は保ったが支城の宮崎は伊東祐兵に占領された。

その他[編集]

関東[編集]

常陸の大大名であった佐竹義宣は三成と親交が深く、上杉景勝と連携して会津征伐に向かう徳川軍を挟撃するという密約を結んでいたといわれる。だが父・佐竹義重や弟で蘆名氏を継いだ蘆名盛重、重臣筆頭である佐竹義久が「東軍に与すべし」と主張し義宣の西軍加担に強硬に反対した。隠居していたとはいえ一代で佐竹氏を北関東・仙道筋の一大勢力に成長させた義重の発言は当主である義宣も無視できず、自身の三成との親交と板ばさみとなり曖昧な態度に終始した。すなわち配下の武将を中山道進軍中の秀忠隊に派遣し、従軍させたのである。配下の多賀谷重経や、小勢力の山川朝信相馬義胤岩城貞隆は景勝に通じていたが、これには結城氏一族で結城秀康の家督相続によって浪人となった結城朝勝の動きが背後にあった。

伊勢[編集]

関ヶ原に進出途上だった毛利勢らが、道中にあった安濃津城など伊勢の諸城を攻め立てた。安濃津城の富田信高は降伏・出家、松坂城の古田重勝は和睦で時間稼ぎしつつ持ちこたえた。桑名城の氏家行広・氏家行継兄弟は当初中立を宣言していたが西軍の圧力に押されて西軍に加担した。その後西軍は福島正頼(正則の弟)が籠もる長島城を攻略しようとしたが、東軍が清洲城に集結したとの報に接し美濃方面へ転進している。

伊賀[編集]

新庄直頼とその子新庄直定らが伊賀上野城を攻めるが、筒井玄蕃高野山へ逃亡・謹慎し、城を交戦せずに明け渡した。関ヶ原に出陣中の城主筒井定次は、徳川家康に許しを得て伊賀国に引き返し、伊賀衆と共に上野城を包囲する。新庄親子は交戦せず降伏し 、退却した。上野城を奪還した定次は関ヶ原へ引き返し、石田三成らと交戦した。

合戦後の動き[編集]

東軍諸大名への論功、および西軍諸大名への処罰やその後の動向については関ヶ原の戦いの戦後処理を参照。

大垣・佐和山落城[編集]

関ヶ原での本戦が東軍の大勝利で終わったその日、家康は首実検の後、大谷吉継の陣があった山中村へ陣を移し、休養を取った。明くる9月16日には裏切り組である小早川、脇坂、朽木、赤座、小川に三成の本拠である佐和山城攻略の先鋒を命じ、これに近江方面の地理に明るい田中吉政のほか軍監として井伊直政が加わり、2万を超える大軍を以って近江鳥居本へ進軍。家康は平田山に陣を構えて攻撃を命じた。佐和山城には三成の兄である石田正澄を主将に父・石田正継や三成嫡男・石田重家、大坂からの援兵である長谷川守知ら2,800の兵が守備しており、6倍以上もの兵力差に加えて御家安泰のために軍功を挙げねばならない秀秋らの攻撃を津田清幽らの奮戦で退けた。正澄は家康の旧臣だった清幽を使者に降伏交渉に入ったが、正澄の自刃、開城とひきかえに他の一族、城兵、婦女子を助命するという条件でまとまった9月17日に長谷川守知が寝返り東軍の兵を引き入れ三の丸が陥落すると翌18日早朝に田中吉政隊が天守に攻め入り落城。正澄ら三成の一族は自刃して滅んだ。清幽は家康に違約を激しく詰問し、三成の三男佐吉をはじめとする生き残った者を助命させた。赤松則英は逃亡後福島正則を頼って投降したが、後に切腹を命じられた。重家は脱出して京都妙心寺に入り、後に助命されて同寺へ出家させられた。

一方、関ヶ原本戦直前まで、西軍の前線司令部であった大垣城には、福原長堯を始め垣見一直、熊谷直盛、木村由信・豊統父子などが守備の任に就いていた。これに対し東軍は松平康長、堀尾忠氏、中村忠一、水野勝成、津軽為信らが包囲し対陣していた。関ヶ原本戦が西軍の敗北に終わると、城内には動揺が広まったが、逸早く行動に出たのは三の丸を守備していた肥後人吉城主・相良頼房であった。会津征伐に従軍中、三成に東下を阻止された頼房は、長堯の指揮下に入り、同じ九州の大名である秋月種長・高橋元種と共に三の丸を守備していた。西軍敗北の報を受け、頼房は重臣である犬童頼兄の助言もあり、妹婿の種長及びその弟である元種と相談の上、かねてより音信を取っていた井伊直政を通じ、家康への内応を密かに連絡した。連絡を受けた直政は家康に報告、家康は直ちに大垣城開城を頼房らに命じるが、長堯ら本丸・二の丸に陣取る大名の戦意は高かった。このため頼房・種長・元種の三将は、9月17日頃軍議と偽って籠城中の諸将を呼び出し、現れた垣見・熊谷・木村父子を暗殺し二の丸を制圧した。これを知った長堯は本丸で頼房らを迎撃し奮闘したが、包囲軍に属していた西尾光教の説得によって、9月23日城を明け渡して伊勢朝熊山へ蟄居した。家康は長堯を許さず切腹を命じ、長堯は9月28日同地で自刃した。内応した三将は領地を安堵されている。

伊勢方面では、西軍の敗報に接し多くの将が退却している。9月16日には伊勢亀山城が開城し城主であった岡本宗憲が自刃。嫡男・重義も近江水口に送られその地で自刃した。桑名城も同日開城、当初東軍に加担するつもりが、西軍の圧力で止む無く西軍へ加担した氏家行広・行継兄弟は、山岡道阿弥に城を明け渡し、後改易された。長島城を包囲していた原長頼は逃走したが捕縛。美濃駒野城に籠城していた池田秀氏や、伊賀上野城を占拠していた新庄直頼・新庄直定は、城を放棄して退却している。鍋島勝茂は父・鍋島直茂の命で伊勢・美濃国境付近で傍観していたが、西軍敗走の報に接するや直ちに大坂へ退却、その後、伏見城に赴き家康に謝罪している。志摩鳥羽城を巡り嫡男・九鬼守隆と合戦した九鬼嘉隆は伊勢答志島へ逃走した。守隆は父の助命を家康に懇願、当初家康は拒否したが、加増の内示を受けていた伊勢南部五郡を返上して父の助命嘆願を行った守隆に免じ、助命を許した。しかし助命の報が届く直前に嘉隆は自刃する。嘉隆と共に行動した堀内氏善は、紀伊新宮城に籠城したが、城を捨てて逃走している。

論功行賞と三成の処刑[編集]

家康は西軍の首謀者で、敗戦後逃亡し行方不明となっている三成や宇喜多秀家、島津義弘らの捕縛を厳命。一方で大坂城無血開城を行うべく、福島正則と黒田長政に西軍総大将である毛利輝元との、開城交渉を命じている。家康は9月20日に京極高次の居城である大津城に入城し、しばらく留まった。この間北陸方面の東軍総大将であった前田利長が、西軍に属した丹羽長重と青木一矩の嫡男・青木俊矩を連れて合流している。家康は両名の懇願を排し、改易処分とした。また家康が大津城に入城した同日に、中山道軍総大将であった徳川秀忠が合流している。真田昌幸に上田城で翻弄され本戦に間に合わなかった秀忠に対して家康は激怒[49]、しばらく目通りを許さなかったが榊原康政の必死の諫言により9月23日対面が叶っている。

一方逃亡していた西軍諸将であるが、まず9月19日に小西行長が竹中重門の兵に捕らえられ、草津に滞在中であった家康本陣に護送された。続いて三成が9月21日、近江伊香郡古橋村(後の高時村)において旧友である田中吉政の兵に逮捕された。逮捕された場所は三成の領内であり、同地の農民が処罰を覚悟の上で匿っていた。しかし三成は発覚したことを知ると自ら吉政の兵に身分を明かし、捕縛されている。捕縛後9月22日に大津へ送られ、東軍諸将とここで再会した。この時のエピソードとして福島正則は三成に罵詈雑言を浴びせ、黒田長政や浅野幸長は逆に三成に労りの声を掛けている。また小早川秀秋は三成に裏切りを激しく詰られたと伝えられている。9月23日には京都において安国寺恵瓊が奥平信昌の兵によって捕らえられ、大津に護送された。この三名は9月26日に家康が大津城から淀城に移動する際、大坂へ護送された。五奉行の一人で関ヶ原本戦に参じていた長束正家は居城である水口城へ戻っていたが、これを知った家康は池田輝政・長吉兄弟と稲葉貞通に水口城攻撃を命じ、9月30日に開城させている。また細川忠興は家康の命を受け、父・細川幽斎の籠る田辺城を攻撃した総大将・小野木重勝が拠る丹波福知山城攻撃に向かった。途中丹波亀山城において父と再会、田辺城の戦いに加わりながら戦意を見せなかった谷衛友別所吉治川勝秀氏藤掛永勝らを従え9月23日より攻撃を開始した。重勝は徹底抗戦の構えを見せたが、井伊直政と山岡景友の説得により開城、城下の寺へ謹慎した。

家康は淀城を経て9月27日に大坂城に入城。豊臣秀頼や淀殿と会見した後、毛利輝元退去後の大坂城西の丸へ入り、井伊直政・本多忠勝・榊原康政・本多正信・大久保忠隣・徳永寿昌の6名に命じて、家康に味方した諸大名の論功行賞の調査を開始する。9月30日、慶長出羽合戦を繰り広げていた上杉景勝の下に、ようやく西軍敗戦の報が伝えられ、長谷堂城にいた直江兼続は撤退を開始した。

10月15日以降、論功行賞が順次発表された。宇都宮城に拠って上杉景勝・佐竹義宣を牽制した結城秀康の67万石を筆頭に、豊臣恩顧の諸大名は、軒並み高禄での加増となった。しかしいずれも西国を中心に遠国へ転封となり、京都・大坂および東海道は、家康の子供達や徳川譜代大名で占められた。詳しくは「関ヶ原の戦いの戦後処理」を参照のこと。

また豊臣氏の蔵入地が廃止され、それぞれの大名領に編入されたことで、豊臣直轄領は開戦前の222万石から摂津河内和泉65万石余りに事実上減封となった。一方家康は自身の領地を開戦前の255万石から400万石へと増加させ、京都長崎を始めとする大都市や佐渡金山石見銀山生野銀山といった豊臣家の財政基盤を支える都市・鉱山も領地に含まれた。また豊臣恩顧の大名が家康の論功行賞によって加増された事は、彼らが豊臣家の直臣から切り離され、独立した大名家となった事を意味した。これにより徳川家による権力掌握が確固たるものになり、徳川と豊臣の勢力が逆転する。

ただしかつては、この一連の論功行賞で豊臣家が一大名の地位に陥落したとする学説が一般的であったが、豊臣家がなお特別の地位を保持して、徳川の支配下には編入されていなかったとする認識[50]が現在では主流となっている。また、莫大な秀吉の遺産である、所蔵金はそのままであり、以後家康は大坂の陣で豊臣氏を滅ぼすまでその対策に苦心するのであった。

10月1日、大坂・堺を引き回された三成・行長・恵瓊の3名及び伊勢で捕らえられた原長頼[51]は京都六条河原において斬首された。首は三条大橋に晒されている。10月3日には長束正家と弟の直吉が自刃し、やはり三条大橋に首を晒された。福知山城を開城した小野木重勝は、直政や景友の助言によって、一旦は出家ということで助命が決まりかけたが、細川忠興が強硬に切腹を主張し、重勝は10月18日に丹波福知山浄土寺で自刃した。一説には父の面前で自刃させたとも伝えられている。この他赤松則英垣屋恒総石川頼明斎村政広などがこの10月に自刃を命じられている。家康の弾劾状に署名した残りの五奉行、増田長盛と前田玄以については、両名とも東軍に内通していたが、長盛は死一等を減じられ武蔵岩槻に配流。玄以は所領の丹波亀山を安堵されるという、両極端な処分が下された。一方、西軍副将を務めた宇喜多秀家は、家康から捕縛を厳命されていたが、厳しい探索網を潜り抜け薩摩へ逃亡を果たした。

大坂城開城と毛利氏の処分[編集]

吉川広家や毛利秀元ら毛利一族、福原広俊ら毛利家臣団の反対を押し切り、三成と彼の意を受けた安国寺恵瓊の要請によって、西軍の総大将に就任した毛利輝元であるが、関ヶ原の敗北後もなお秀頼を擁して大坂城にあった。毛利秀元や立花宗茂は大坂城に籠城しての徹底抗戦を主張しており、秀頼の命と称して篭城抗戦が行われた場合は秀頼に対して矢をつがえることを躊躇する諸将が離反し、家康が一転窮地に陥る可能性も残されていた。

家康はまず淀殿の信頼の厚い大野治長を大坂城に遣わし、秀頼と淀殿が今回の戦に関係あるとは家康は全く思っていないと説得させた。淀殿は礼の手紙を持たせて大野を送り返している。

一方で、関ヶ原本戦において功のある吉川広家が「輝元の西軍総大将就任は本人の関知していないところである」と家康を説得し、家康はその説明に得心したと回答する。これを知った輝元は、福島正則と黒田長政の開城要求に応じる。福島・黒田に加えて家康家臣の本多忠勝と井伊直政が、家康に領地安堵の意向があることを保障する起請文を輝元に差し出し、それと引換えに、輝元は9月24日に大坂城西の丸を退去した。27日、家康は大坂城に入城して秀頼に拝謁し、西の丸を取り戻して秀忠を二の丸に入れた。

しかし10月2日、家康は、黒田長政を通じ広家に対し、輝元が積極的に西軍総大将として活動していたという証拠(具体的には、諸大名への西軍参加を呼びかけた書状の発送、伊予において河野通軌ら、河野氏遺臣に毛利家臣である村上元吉を付けて、東軍・加藤嘉明の居城である伊予松前城攻撃に従軍させたこと、大友義統を誘い軍勢を付けて、豊後を錯乱したことなど[52])を挙げて広家の説明は事実ではなかったとし、である以上は所領安堵の意向は取り消して「毛利氏は改易し、領地は全て没収する」と通告した。その上で広家には彼の「律儀さ」を褒めた上で、「律儀な広家」に周防国長門国を与えて中国地方の抑えを任せたいという旨を同時に伝えた。

毛利氏安泰のための内応が水泡に帰した吉川広家は進退窮まる形になった。謀反人の宿老であるにも関わらず「律儀さ」ゆえに彼のみは破格の扱いを受けるという形になった以上、今更「輝元の西軍への関与は知っていたが、自分の努力でなるべく動かないようにさせたので免責してほしい」などと前言を翻し実情を述べて交渉することもできなくなった。そのため、自分自身に加増予定の周防・長門(現在の山口県)を毛利輝元に与えるよう嘆願し、本家の毛利家を見捨てるくらいなら自分も同罪にしてほしい、今後輝元が少しでも不届きな心をもてば自分が輝元の首を取って差し出す、という起請文まで提出した。家康としても、九州・四国情勢などの不確定要素がある以上は毛利を完全に追い詰めることは得策ではないため、吉川広家の嘆願を受け入れ、先の毛利氏本家改易決定を撤回し周防・長門36万石余り(現在の山口県)への減封とする決定を10月10日に下した。さらに本拠地を毛利氏が申請した周防山口ではなく、日本海側の寒村であったにするよう命じた。輝元は出家し、家督を嫡男である毛利秀就に譲り隠居する。

なお家康は輝元と義兄弟の契りを1599年(慶長4年)に交わしていたが、それを西軍決起によって反故にされている。

元々あった毛利領現在の山口県、広島県、島根県(120万石)から山口県(36万石)まで一気に減らされた毛利氏は、その後江戸時代を通じ徳川氏に対する遺恨を抱き続け、その恨みは260年後の幕末に「倒幕運動」となって爆発することになる。また、吉川氏に対し毛利本家は、諸侯待遇の推挙を幕府に行わない仕打ちを行った[53]が、吉川広家の功績を知る幕府は、吉川氏を諸侯並みの待遇とし、当主は代替わりに将軍への拝謁が許されるという特権を与えて、吉川広家の功に報いた。

島津氏の処分[編集]

関ヶ原本戦において、敵中突破を敢行した島津義弘は、堺より立花宗茂と共に海路逃走し、鹿児島へたどり着いた。義弘は桜島で自ら謹慎したが、当主である兄・島津義久ら島津氏首脳は家康の攻撃を予測して、領内の防衛体制を強化し、臨戦態勢を採った。一方家康は先に大垣城開城において中心的な役割を果たした相良頼房・秋月種長・高橋元種に、島津征伐の準備をするよう命じており、当初家康は、島津氏を武力で討伐する方針を固めていた。

九州では関ヶ原の戦いが終了しているこの時期でも、戦闘が繰り広げられていた。10月6日には黒田如水が豊前小倉城を攻撃して毛利勝信を降伏させている。また、加藤清正は松浦鎮信有馬晴信大村喜前と共に小西行長の居城である宇土城を攻撃していたが、西軍敗戦の報が届いたことで10月12日に城将・小西行景が自刃し開城した。薩摩から肥後へ攻め入った島津の軍勢は、清正家臣の加藤重次が守る佐敷城に阻まれ、これを攻め落とせないまま撤退。肥前佐賀の鍋島直茂と勝茂の父子は、伏見で家康に西軍加担を謝罪した際に、本領安堵の条件として筑後平定を命じられ、直茂父子は帰国後直ちに筑後平定に掛かった。まず小早川秀包の久留米城を開城させ、続いて立花宗茂の籠る柳河城10月19日より包囲した。鍋島軍と立花軍の間で激戦が繰り広げられたが、包囲軍に加わった如水・清正の説得によって宗茂は11月18日に開城、降伏する。

宗茂降伏後、家康は直ちに島津義久討伐を九州の全大名に命じた。最終的に家康に従った、九州の全大名が兵を動員して出陣し肥後水俣に進軍。これに対し島津義久は、ここで最終決戦を行おうと兵を総動員して北上させ、薩摩・肥後国境に軍を進めた。島津軍の指揮は、戦国屈指の名将である島津家当主・島津義久みずからが執り、島津軍の士気は極めて高かった。対する九州連合軍は、黒田、立花、鍋島、加藤といった戦国時代を生き抜いた歴戦の武将が揃っており、大兵力が集まっていた。そのため、九州の緊張は最高潮に達し、一大決戦になると予想されたが、11月22日に義弘が、家康に謝罪の使者を送ったため島津征伐は中止となり、九州連合軍は撤退、以降家康と島津氏の間で交渉が行われた。島津義弘は関ヶ原の退却戦において傷を負わせた井伊直政に仲介を依頼したところ、直政はこの仲介要請を快諾し、以降徳川方の窓口として、島津義久、島津忠恒と戦後交渉をした。家康は義弘上洛の上で謝罪することを再三迫ったが、義久・忠恒は本領安堵の確約がない限りは上洛には応じられないとしてこれを拒否し、交渉は長期化した。島津側は家康に対し、そもそも家康の要請で義弘が伏見城守備に就こうとしたが、鳥居元忠に拒絶されたために止む無く西軍に加担したのであり、積極的な加担ではないと主張した。

その後2年にわたり交渉は続けられたが、最終的に家康が折れる形で直筆の起請文を書き、1602年(慶長7年)3月に薩摩大隅日向諸県郡60万石余りの本領安堵が決定された。決定後義久の名代として、忠恒が12月に上洛し謝罪と本領安堵の御礼を家康に伝え、島津氏も徳川氏の統制下に入った。このように粘り強い外交により、島津家は減地されることなく本領安堵を得ることができた。薩摩という、大坂から離れている地理的な利点は大きかったが、早い段階で家康に全面的な降伏をした毛利氏、上杉氏が大幅に減封されたことと比較すると、対照的な結果となった。薩摩に匿われていた宇喜多秀家は家康に引き渡されたが、前田利長と共に忠恒が助命嘆願を行ったことで死一等は免れ、1606年(慶長11年)八丈島に流罪となった。

徳川方にとっても、伏見城の戦いでの行き違いを理由とする島津の言い分にも理があった事や、戦後処理を急ぐ必要があったにせよ、家康にとっては島津を残すことは心残りであったと見え、臨終に際し、薩摩に対して睨みを利かすために遺体を西に向けて埋葬するように遺言を残した。だが、260年後に家康の懸念は実現してしまうことになる。

上杉氏・佐竹氏の処分[編集]

10月に毛利氏の処分が決定し、11月には島津氏が謝罪したことにより、西軍に加担した大大名で処分が未決となっているのは、関ヶ原の導火線となった上杉征伐の張本人である上杉景勝と、態度を曖昧のままにしていた佐竹義宣の2人となった。

景勝は最上軍と長谷堂城を中心に激戦を繰り広げたが、9月30日に西軍敗走の一報が伝えられると直ちに撤退した。勢いづいた最上義光は庄内へ攻撃を開始、伊達政宗も10月6日より桑折への侵攻を開始している。景勝は防戦する一方で家中に今後の対応を協議した。この中で直江兼続や甘糟景継竹俣利綱らは徳川との徹底抗戦を主張するが、本庄繁長千坂景親らは和睦を主張している。最終的に10月23日に和睦の方針が決定され、主君の意を汲んだ兼続は主戦派の「江戸へ南下するべし」との意見を退けた。交渉には本多正信と親交の深い千坂景親と和睦を主張した本庄繁長が任命され、以後正信を始め東軍の対上杉防衛軍総大将であった結城秀康、本多忠勝、榊原康政らに取り成しを依頼した。彼らの取り成しにより、当初領地没収を予定していた家康も、次第に態度を軟化させていった。

年が明けた1601年(慶長6年)7月1日、千坂・本庄両名の報告などから和睦が可能となったことを受け景勝は兼続と共に上洛し、秀頼への謁見後、8月8日結城秀康に伴われて伏見城の家康を訪問し謝罪した[54]。上杉氏への処分は1ヶ月ほど経った8月16日に言い渡され、陸奥会津120万石から75%減の出羽米沢30万石へ減封となった。景勝はこの時「武命の衰運、今において驚くべきに非ず」とだけ述べ、11月28日に米沢へ移動したが、この処分に不服であった酒田城将・志駄義秀は、接収に来た最上軍と一戦を交えたものの降伏している。

一方、佐竹義宣は、三成との親交から西軍への加担を決め、景勝と密約を結び、上杉領内に入った徳川軍を挟撃する方針を採っていた。このため上杉征伐では動かず、与力大名である岩城貞隆、相馬義胤、多賀谷重経もこれに同調した。しかし佐竹家中では父である佐竹義重、弟の蘆名義広、佐竹氏家臣筆頭である佐竹義久が東軍徳川方への加担を主張した。特に父・義重は、東軍への加担を強く主張し、これに抗し切れない義宣は、佐竹義久を中山道進軍中の徳川秀忠軍へ、兵300と共に派遣するという、曖昧な態度を取った。しかし家康はすでに佐竹氏の動向を疑っており、松平信一水谷勝俊などを佐竹監視部隊として国境に配置。秀忠も義久ら派遣部隊に対して、丁重に謝絶している。

西軍敗北後、父・義重はただちに家康に戦勝を祝賀する使者を送り、さらに上洛して家康に不戦を謝罪した。しかし義宣は居城である水戸城を動かず、そのまま2年が経過した。上杉氏、島津氏の処分も決定し、処分が済んでいないのは佐竹義宣のみとなった。その上、謝罪すら行っていなかったが、それでも義宣は動かなかった。しかし、義重の説得により1602年4月に上洛し、ようやく家康に謝罪した。しかし家康は義宣の観望について『寛政重修諸家譜』の中で「上杉景勝より憎むべき行為だ」として厳しく非難したと記されている。死一等は許されたが、常陸一国など、佐竹氏勢力の54万石は没収され、出羽久保田に20万石格での減転封となった。また与力大名である岩城・相馬・蘆名・多賀谷の各大名も改易となった。義宣はわずかな家臣を連れて久保田へ移動したが、転封に反対して車斯忠らが一揆を起こしている。佐竹氏の石高が確定するのは2代藩主・佐竹義隆の代になってからである。

織田氏の処分[編集]

織田信忠の遺児で、三法師とよばれていた織田家嫡流の織田秀信は改易となり岐阜城を追われ高野山に追放となった。おなじく織田秀雄も改易され江戸に居住することを命じられたが父に先立ちて夭逝。織田信雄も改易となるも後に許され大和の小大名となった。

その後[編集]

佐竹氏の減転封が決定されたことで関ヶ原における一連の論功行賞と西軍諸大名への処罰は終了した。1603年(慶長8年)、家康は征夷大将軍に任命され江戸幕府を開くが、この年西軍に加担して改易されていた立花宗茂、丹羽長重滝川雄利の3名が大名に復帰している。その後相馬義胤など数名が大名に復帰するなど大名家は少しずつ復帰していった。西軍に加担した大名の中には明治維新まで存続したものも多く、島津や毛利など倒幕に大活躍した大名などもいる。

しかし大体の西軍加担大名は領地を没収され浪人となった。幕府旗本や諸藩の藩士として家を全うする者もいたが、長宗我部盛親や毛利勝永(毛利勝信嫡男)、真田信繁(真田昌幸二男)、大谷吉治(大谷吉継嫡男)など一部は大坂の役で豊臣方に加担し、10数年後、再度徳川氏に戦いを挑むことになる。

関ヶ原の戦いに関する論点[編集]

大垣城に篭っていた西軍首脳の石田三成他の関ヶ原転進については、「大垣を無視して佐和山城を陥とし、大坂へ向かう」という流言を流した家康に三成がまんまと釣り出されたという説が一般に流布しているが、これには疑問な点も多い(藤井尚夫『フィールドワーク関ヶ原合戦』など)。

一つは、もし家康がこの様な流言を流したのであれば、部隊が最も脆弱になる行軍中を襲撃するはずであり、家康がこの様な有利な態勢からの攻撃をしかけなかったのは不自然であるという点である。また、三成は関ヶ原の合戦前に豊臣秀頼の出陣を再三大坂に求めており、これは一枚岩とは言えない西軍の士気を引き締めるためであったと思われるが、家康が大坂へ向かうのなら三成にとっては好都合であり、大坂城付近での後詰決戦を行えば良いはずであるという点である。もちろん、田辺や大津など、近辺の東軍を攻撃していた僚軍の合流も見込める。

これに対して、付近の河川の氾濫により度々水害に見舞われていた大垣城を家康が水攻めにし、そのために西軍の首脳と、既に関ヶ原付近に布陣していた毛利、小早川らとの連絡が断たれるのを恐れたためではないかという説(橋場日月、『歴史群像』2000年)がある。この説は、関ヶ原、松尾山に施されていた築城工事が新城と言えるほど大規模なものであった事を前提として、三成の戦略を以下のように推定する。

  1. 関ヶ原西方の松尾山-笹尾山ラインに野戦築城を施し東軍の進撃を阻止する。
  2. 松尾山の城砦には西軍主力となる毛利輝元以下3万を配置する。
  3. 東軍が大坂へ向かうために大垣城を無視して関ヶ原に進撃すれば、大垣城の石田三成・宇喜多秀家、南宮山の毛利らが東軍を追撃し1のラインで東西から挟撃する。
  4. 東軍が大垣城を攻めれば、1のラインに布陣する大谷吉継、毛利輝元らが大垣城を攻めている東軍を西から攻撃し、大垣城の城方と挟撃する。

つまり、この戦略によればどちらに転んでも西軍は東軍を挟撃する事が出来ることになる。

しかし、関ヶ原西方の松尾山-笹尾山ラインの要である松尾山城砦に去就が明らかとは言えない小早川秀秋が、西軍の城番(伊藤盛正)を半ば追い出す形で居座ってしまったこと、また、大垣城が水攻めに脆弱であり、水攻めが行われれば後詰決戦で城方が討って出ることが出来なくなってしまうことなどから、この戦略は破綻した。そのため、三成らは関ヶ原へ潜行したのではないかと推測するのが、この橋場説の要旨である。

関ヶ原の戦いに関する創作[編集]

参考文献[編集]

  • 参謀本部編『日本戦史 関原役』(元真社 ・ 1893年)
  • 旧参謀本部編『日本の戦史 関ヶ原の役』(徳間書店 ・ 2009年、上記の現代語訳版)
  • 藤井治左衛門『関ヶ原合戦』(関ヶ原観光協会)
  • 藤井治左衛門『関ヶ原合戦史料集』(新人物往来社・1979年)
  • 笠谷和比古『関ヶ原合戦』(講談社・1994年)ISBN 978-4-06-159858-4
  • 笠谷和比古『関ヶ原合戦と近世の国制』‎(思文閣出版・2000年)ISBN 978-4784-21067-1
  • 白水正『図説 関ヶ原の合戦』(岐阜新聞社・2000年)ISBN 978-4-905958-85-7
  • 二木謙一『関ヶ原合戦』(中公新書・1982年)ISBN 978-4-12-100642-4
  • 宮川尚古『関原軍記大成1~4』(国史研究会)
  • 光成準治『関ヶ原前夜 西軍大名達の戦い』(日本放送出版協会・2009年)ISBN 978-4-14-091138-9

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『関原合戦記』
  2. ^ 『関原軍記大成』
  3. ^ 『関原始末記』
  4. ^ 近衛前久書状、三河物語には、青野か原にての合戦となっている。東照宮御実紀においては、関原青野が原に陣取て、関原の戦、と記載されている。近衛前久書状では、大垣表、という記載もある。
  5. ^ a b 津本陽『情報戦略』 p.184-185 1995年 角川文庫
  6. ^ この二派を、東軍・西軍と呼んだのは後世のことである。
  7. ^ 西軍の総大将は毛利輝元であり、副将は宇喜多秀家である。しかし、西軍は石田三成を中心とする派閥を元に構成されたため、三成が実質的に主導した。
  8. ^ 藤木久志『織田・豊臣政権』『天下統一と朝鮮侵略 織田・豊臣政権の実像』、笠谷和比古『近世武家社会の政治構造』『関ヶ原合戦』など
  9. ^ 森山恒雄豊臣氏九州蔵入地の研究』、藤木『天下統一と朝鮮侵略』p.355
  10. ^ a b 藤木『天下統一と朝鮮侵略』p.p.347-358。藤木は「太閤蔵入地をめぐる政権中枢の大名たちの暗闘のなかに、すでに関ケ原戦への予兆をはっきりと読み取ることができる」と述べている。
  11. ^ 義演准后日記』ではこの他に藤堂高虎蜂須賀家政脇坂安治の3名も参加したとある
  12. ^ この時、三成が家康の屋敷に逃げ込んだとされるのは俗説。
  13. ^ 童門冬二『戦国を勝ち抜いた武将たち-危機克服のリーダーシップ』 p.148-149 2001年 日本放送出版協会
  14. ^ 津本陽『戦国武将に学ぶ情報戦略』 p.186-187 1995年 角川文庫
  15. ^ この時に家康に宛てられた返書がいわゆる「直江状」である。この書状の信憑性については疑問もあるが、詳しくは直江状のページを参照。
  16. ^ 板坂卜斎『慶長年中卜斎記』我自刊我本、明治15、近代デジタルライブラリー所収。なお、慶長年中卜斎記は板坂卜斎覚書の別名で、異本が多い。
  17. ^ 童門冬二『戦国を勝ち抜いた武将たち-危機克服のリーダーシップ』 p.184 2001年 日本放送出版協会
  18. ^ 徳川家の大名は多くが領国の北側に配されている。但し、井伊の様に軍監として東海道先発隊に加わったり、大久保忠隣の様に秀忠の補佐として中山道隊に加わったりと若干の入れ替えはある。
  19. ^ 「森家先代実録」によれば森忠政は自領である川中島に待機するよう家康から厳命されており中山道隊参加の形跡は一切無い。また川中島待機を命じる家康からの書状も森家に現存している。
  20. ^ 「史料綜覧11」。真田昌幸の西軍転身を受けて家康より帰領申し付け。よって中山道隊には不参加で在国。
  21. ^ 二木・工藤1987では関ヶ原の本戦に参加したとしている。古来より同族で同じく東軍についた古田重然(古田織部)と混同されており、本戦で戦ったのを重然とする史料(太田牛一『慶長記』)もある。
  22. ^ このことから、秀家が先に決起し、三成はあとから挙兵を決意したという見解がある。
  23. ^ 『島津家代々軍記』
  24. ^ a b c 笠谷和比古 『関ヶ原合戦と大坂の陣』(戦争の日本史17) 吉川弘文館 (2007年)
  25. ^ ガラシャはキリシタンであったため自害はできず、家臣に胸を突かせて死亡した。
  26. ^ 津本陽『戦国武将に学ぶ情報戦略』 p.189 1995年 角川文庫
  27. ^ 童門冬二『戦国を勝ち抜いた武将たち-危機克服のリーダーシップ』 p.189、 2001年 日本放送出版協会
  28. ^ 両名とも秀次に仕えていたが秀次事件では連座を免れている。
  29. ^ 新井白石編『藩翰譜』によると、一豊が盗んだとされる。
  30. ^ 笠谷和比古は秀次事件の影響を(『近世武家社会の政治構造』『関ヶ原合戦』など)、田端泰子は秀頼へのスムーズな継承を実現するため秀吉による家康への対応策が友好的なものへ変化したこと(『山内一豊と千代』など)を挙げる。
  31. ^ このことから、笠谷和比古は関ヶ原の戦いの要因のひとつが北政所(及び北政所派の武将)と淀殿・秀頼(及び淀殿派の武将)の確執にあると推定したが、支持は少ない。
  32. ^ 秀忠は上田城で足止めを食らい関ヶ原の戦いには間に合わず、関ヶ原合戦後に家康への拝謁が3日許されない罰を受けた。また秀忠遅参の責任を問われた牧野康成は、禁固刑となった。
  33. ^ 日本実業出版社「戦国史」53頁参照。
  34. ^ 二木謙一監修、工藤章興執筆『ドキュメント関ヶ原9.15』、学習研究社歴史群像シリーズ『関ヶ原の戦い全国版』1987
  35. ^ 二木・工藤1987による。
  36. ^ 二木・工藤1987による。徳富蘇峰『近世日本国民史』に引く太田牛一の『慶長記』では古田織部すなわち古田重然とする。
  37. ^ 霧の為に山の上からでは戦況が見えなかったためと言われている。
  38. ^ 歴史探訪 第2回 前半 6ページ目”. 2013年12月26日閲覧。
  39. ^ 『敗者から見た関ヶ原合戦』洋泉社、2007年05月
  40. ^ これらの部隊は、小早川の裏切りに備えて配置されていた。
  41. ^ 谷真介 『外国人の見た信長・秀吉・家康』 ポプラ社〈ポプラ社教養文庫15〉、1991年、132頁
  42. ^ 『日本戦史 関原役』より、ただし吉川広家書状並びに各合戦記では3000人となっている。また後退時は陣防衛戦で300人程度まで減少していたとされる
  43. ^ 『関ヶ原合戦進退秘訣』
  44. ^ 直政はこの時の戦傷が元で、2年後病没している
  45. ^ a b c d 光成準治『関ヶ原前夜 西軍大名達の戦い』2009年
  46. ^ a b c d e f 林千寿「慶長五年の戦争と戦後領国体制の創出--九州地域を素材として」2010年
  47. ^ 光成準治「関ヶ原前夜における権力闘争」2007年
  48. ^ 中野等『立花宗茂』2001年
  49. ^ これについて、中山道軍の遅参のため徳川本軍は合戦で大きな役割を果たすことができず、外様大名に戦功を挙げられてしまい、そのため戦後処理で主導権を取りづらくなったことが原因であるとの説がある。
  50. ^ 朝尾直弘「幕藩制と天皇」、高木昭作「『法度』の支配」など
  51. ^ 旧暦10月18日に自刃したとする説もある。
  52. ^ 詳細な研究について、光成準治「関ヶ原前夜における権力闘争 毛利輝元の行動と思惑」(吉川弘文館日本歴史』2007年4月号 No.704 p1~p19)を参照。
  53. ^ ただし、これについては吉川氏は関ヶ原以前より毛利氏庶家の筆頭の地位に過ぎず、万一の際の毛利宗家継承権を有していた長府毛利家徳山毛利家とは同列には出来ないとする見解もある(脇正典「萩藩成立期における両川体制について」(藤野保先生還暦記念会 編『近世日本の政治と外交』(雄山閣、1993年) ISBN 4-639-01195-4)。
  54. ^ 『上杉家御年譜』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]