高橋元種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高橋 元種
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀2年(1571年
死没 慶長19年10月9日1614年11月10日
別名 九郎、右近大夫(通称)、知白、種直、行長
戒名 知伯宗進大居士
墓所 福島県東白川郡棚倉町流豊都の常隆寺
日向縣藩
氏族 秋月氏→筑後高橋氏
父母 父:秋月種実、母:田原親広の娘
養父:高橋鑑種
兄弟 秋月種長元種秋月種至、竜子(城井朝房室)
左京長吉おかね

高橋 元種(たかはし もとたね)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名日向縣藩主。

生涯[編集]

元亀2年(1571年)、筑前戦国大名秋月種実の次男として生まれる。天正6年(1578年)に高橋鑑種の養子となる。天正15年(1587年)、豊臣秀吉九州征伐で降伏し、日向国延岡)に5万3,000石を与えられた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは兄の種長と行動を共にして大垣城に籠城した。9月15日の本戦で西軍が敗れると水野勝成の勧めで東軍に内応した種長に従った。そして同じく籠城していた相良頼房を誘って、熊谷直盛垣見一直木村由信木村豊統父子らを城中で殺害。23日には大垣城守将の福原長堯を降伏させ、徳川家康から所領を安堵された。その後、縣城築城などを行なって藩政の基礎を固めることに尽力している。

しかし慶長18年(1613年)、幕命により改易となった。表向きの理由は富田信高坂崎直盛の対立に巻き込まれ、このときに直盛の甥・坂崎左衛門(水間勘兵衛)が出奔したのを匿ったためとされている。しかし、左衛門を匿ったのは信高に続き肥後の加藤清正、そして元種だったが、評定では清正は無罪になり、残り二人が有罪、清正だけが無罪となった理由が不明である(清正自身は、既に慶長16年(1611年)に死去している)。これらから、本当の改易の原因は、徳川政権草創期の大久保長安事件にあるといわれている。この事件で長安と縁戚になるかなりの人数の大名が厳しい粛清を受けたが、元種と富田信高も縁戚になることから改易になったとされている。

理由はともかく、元種の身柄は長男・左京と共に陸奥棚倉藩立花宗茂[1]にお預けの処分となった。後、慶長18年(1613年)12月 - 同19年(1614年)7月の間、縣藩は幕府預かりとなり、幕府上使の豊後臼杵藩稲葉氏肥前人吉藩相良氏の管理下に置かれた。

慶長19年(1614年)10月9日、棚倉で死去。享年44。

長男の左京(後に一斎)は、初め棚倉藩立花氏、次いで陸奥二本松藩丹羽氏に仕え、子孫も代々丹羽氏に仕える。貞享1年(1684年)5月23日、82歳にて没。墓所は真言宗摩尼寳山遍照寺、法名は「萬休宗誾大居士」。次男の長吉(七郎右衛門種直)は、留守家老花田備後守行栄土師七左衛門経次と共に薩摩島津氏に身を寄せて家臣となり、後の鹿児島高橋氏の祖となる。娘(おかね)は立花宗茂旗本本多内蔵介に嫁して2子をなし、離別の後、立花宗茂の養女となって家臣矢島左馬介に嫁いだ。

経歴[編集]

元種は城下町づくりに着手した「城下町縣(延岡)」の創設者であり、現在にいたる延岡の町の原形がこの時に作られた。(詳細は延岡城参照)

脚注[編集]

  1. ^ 宗茂は元種の養父である鑑種が家督を剥奪された後に、高橋家を継いだ高橋紹運の子で義理の従兄弟関係となる。


先代:
高橋鑑種
筑後高橋氏当主
1579年 - 1614年
次代:
高橋左京