本多忠勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
本多 忠勝
Honda Tadakatu.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文17年2月8日1548年3月17日
死没 慶長15年10月18日1610年12月3日
改名 鍋之助(幼名[1]→忠勝
別名 平八郎(通称[1]
戒名 西岸寺殿前中書長誉良信大居士
墓所 浄土寺(三重県桑名市
官位 従五位下中務大輔
主君 徳川家康
上総大多喜藩主→伊勢桑名藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠高、母:小夜(植村氏義娘)
兄弟 妹:栄子(長束正家室)異父妹:女(中根忠実室)
正室:於久の方阿知和玄鉄娘・見星院)
側室:乙女の方(松下弥一娘・月量院)
小松姫真田信之正室)、もり姫(奥平家昌正室)、忠政忠朝、女(本多信之室)、女(松下重綱室)、女(蒲生瀬兵衛室)

本多 忠勝(ほんだ ただかつ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名徳川氏の家臣。上総大多喜藩初代藩主、伊勢桑名藩初代藩主。忠勝系本多家宗家初代。本姓藤原氏

徳川四天王徳川十六神将徳川三傑に数えられ、家康の功臣として現在も顕彰されている。

生涯[編集]

出生・初陣と初首[編集]

安祥松平家(徳川本家)の最古参の安祥譜代の本多氏で、本多忠高の長男として[2]天文17年(1548年)、三河国額田郡蔵前(愛知県岡崎市西蔵前町)で生まれる[3]。天文18年(1549年)、父・忠高が戦死し、叔父・忠真のもとで育つ。

幼い頃から徳川家康に仕え、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの前哨戦である大高城兵糧入れで初陣する[3]。このとき、同時に元服した[注釈 1]。初首は14歳の時で、鳥屋根城攻めで忠真の部隊に属し、この時忠真が槍で敵兵を刺しながら忠勝を招き、「この首を取って戦功にしろ」と言ったが、忠勝は「我何ぞ人の力を借りて、以て武功を立てんや」[注釈 2]と言って自ら敵陣に駆け入り敵の首を挙げたので、忠真をはじめとする諸将は忠勝を只者ではないと感じ入った[3]

徳川四天王としての武勲[編集]

今川義元が敗死し、家康が今川家から独立し、織田信長との清州同盟締結後、忠勝は上ノ郷城攻めや牛久保城攻めなどに参戦した。永禄6年(1563年)9月の三河一向一揆では、多くの本多一族が敵となる中で、一向宗(浄土真宗)から浄土宗に改宗して家康側に残り武功を挙げた。永禄9年(1566年)には19歳にして同年齢の榊原康政本多正重都築秀綱らとともに旗本先手役に抜擢されて、与力50騎を付属される。以後、忠勝は常に家康の居城の城下に住み、旗本部隊の将として活躍した[4]

元亀元年(1570年)の姉川の戦いにも参加し、家康本陣に迫る朝倉軍1万に対して無謀とも思える単騎駆けを敢行。そしてこの時必死に忠勝を救おうとする家康軍の行動が反撃となって朝倉軍を討ち崩した。又、この戦いにおいて忠勝は朝倉軍の豪傑真柄十郎左衛門との一騎打ちで有名である。

元亀3年(1572年)の二俣城の戦いの前哨戦たる一言坂の戦いでは偵察隊として先行し、武田本軍と遭遇。報告するために撤退するが、武田軍に追撃され、大久保忠佐と共に殿軍を努め、坂下という不利な地形に陣取り、馬場信春の部隊を相手に奮戦し、家康率いる本隊を逃がし撤退戦を無事に完了させた。この時に忠勝は味方を退却させるために敵と味方両軍の間に割って入り、蜻蛉切を頭上高く振り回して踏み止まり、さらに武田軍が追撃しようとするたびに数度馬首を返し、見事な進退で殿軍を務めた[5][注釈 3]。同年12月の三方ヶ原の戦いでは左翼を担い、山県昌景隊と戦い、撃退している。又、犀ヶ崖に陣取った武田軍に夜襲をかけ、武田軍を大混乱に陥らせて、多数の死傷者を出させる武功を挙げる。天正元年(1573年)の長篠城攻めでは9月に堀越で榊原康政等と共に武田軍を破り、獲得した長篠城に入り、城を守っている。天正3年(1575年)の長篠の戦い[4]、天正8年の高天神城奪還戦にも参戦している。これらの合戦における忠勝の活躍は敵味方を問わずに賞賛され、家康からは「まことに我が家の良将なり」と激賞され[5]、「蜻蛉が出ると、蜘蛛の子散らすなり。手に蜻蛉、頭の角のすさまじき。鬼か人か、しかとわからぬ兜なり」と忠勝を詠んだ面白い川柳もある[6]

天正10年(1582年)、本能寺の変が起きたとき、家康は忠勝ら少数の随行とともにに滞在していたが、家康が京都に行って織田信長の後を追おうと取り乱したのを忠勝が諌めて、「伊賀越え」を行わせたという[注釈 4]。この時、帰路の途中の木津川で船に乗った際、渡し終わった船の船底を槍の石突で突き破り、追手が使用するのを防いだという[7]

天正12年(1584年)4月の小牧・長久手の戦いでは、当初忠勝は留守を任されたのだが、豊臣方16万の大軍の前に徳川軍が苦戦して崩れかけていることを聞き、忠勝はわずか500名の兵を率いて小牧から駆けつけ、5町(約500メートル)先で豊臣の大軍の前に立ちはだかり、さらに龍泉寺川で単騎乗り入れて悠々と馬の口を洗わせたが、この振舞いを見た豊臣軍は逆に進撃をためらい戦機は去った[6]。この豪胆な振舞いや活躍などにより、豊臣秀吉からも東国一の勇士と賞賛された[8]。又、織田信雄にも賞され、法成寺という刀を賜った。徳川氏が豊臣氏の傘下に入ると天正14年(1586年)11月9日(天正16年(1588年)4月とも[9])、従五位下・中務大輔に叙位・任官された[10]。天正18年(1590年)、家康が関東に移封されると上総夷隅郡大多喜千葉県夷隅郡大多喜町)に康政と共に、家臣団中第2位の10万石(1位は井伊直政の12万石)を与えられる[9]。江戸から遠くなっているのは、「譜代の将は敵が攻めてくる国境に配置する」との、家康の配置方針による。榊原康政は北の真田氏上杉氏に対する備え、忠勝は安房国里見氏に対する備えである[11]。ただし、近年の研究では大多喜城が居城に定められたのは、天正19年(1591年)初頭ごろで、それまでの半年ほどの間は同じ夷隅郡の万喜城(現在のいすみ市)を居城にしていたとされている[注釈 5][12]

関ヶ原から最期まで[編集]

関ヶ原の戦いの本多忠勝陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康本軍に従軍した。但し、本多本隊は嫡男の忠政が率いており、忠勝は徳川本陣にあって、徳川恩顧の武将の監視役にあったともいわれる。前哨戦ともいえる竹ヶ鼻城攻めや岐阜城攻めに参戦し、又、吉川広家など諸大名に井伊直政と連署の書状を送って東軍方につける工作にも活躍した。本戦でも奮戦し、僅かな手勢で90にも及ぶ首級をあげた。この功績により、慶長6年(1601年)、伊勢国桑名藩(三重県桑名市)10万石(一説に15万石。または12万石[9])に移されると、旧領・大多喜は次男・本多忠朝に別家5万石で与えられた[4][9]。これは一説に家康が忠勝に対してさらに5万石を増領しようとしたが、忠勝が固辞したために家康が次男に与えたとされている[9]

忠勝は桑名藩の藩政を確立するため、直ちに城郭を修築し、慶長の町割りを断行し、東海道宿場の整備を行い、桑名藩創設の名君と仰がれている[1]。しかし晩年は、戦乱の収束により本多正純などの若く文治に優れた者(吏僚派)が家康・秀忠の側近として台頭してきたため[11]、忠勝のような武功派は次第に江戸幕府の中枢から遠ざけられ、不遇であった。

慶長14年(1609年)6月、嫡男・本多忠政に家督を譲って隠居する[13]。慶長15年(1610年)10月18日に桑名で死去した[1][9][13]。享年63[2]。この際に重臣の中根忠実梶原忠両名が殉死し、忠勝の左右に埋葬された[9]。忠勝は臨終に際して「侍は首取らずとも不手柄なりとも、事の難に臨みて退かず。主君と枕を並べて討死を遂げ、忠節を守るを指して侍という(略)」という言葉を遺している[9][注釈 6]

人物[編集]

装具[編集]

  • は「蜻蛉切」。
    • 刃長43.8cmの笹穂型の大身槍。穂先に止まった蜻蛉(とんぼ)が真っ二つになったという逸話からこの名が付き、「天下三名槍」の一つに数えられている。茎には村正の一派と言われる「藤原正真作」の銘がある。
    • 柄の長さは当時通常の長槍は一丈半(約4.5m)だったのに対し、蜻蛉切は二丈余(約6m)だったという。晩年にはやはり体力の衰えが出てきたと見え、「槍は自分の力に合うものが一番」と言って槍の柄を三尺余(約90㎝)ほど短く詰めた。現在、蜻蛉切は現存していないが、岡崎城などでそのレプリカを見ることができる[14]
  • は「鹿角脇立兜」。鹿の角をあしらった脇立は何枚もの和紙を貼り合わせて黒漆で塗り固めたもの。
  • 当世具足「黒糸威胴丸具足」[15]。自らが葬った敵を弔うため、肩から大数珠をさげるのが常であったといわれる。又、動きやすさを重視し軽装を好んだという。
  • は「三国黒」で、後の二代将軍・秀忠より贈られた。関ヶ原の戦いで島津勢の銃撃により死亡した。

武勇[編集]

  • 生涯において参加した合戦は大小合わせて57回に及んだが、いずれの戦いにおいてもかすり傷一つ負わなかったと伝えられている[16][8][6][7][注釈 7]
  • 忠勝の名采配ぶりを見た配下の将達は、「忠勝の指揮で戦うと、背中に盾を背負っているようなものだ」と称えた[7]
  • 前述にも記したように、永禄5年(1562年)の鳥屋根城の戦いに於いて若き日の忠勝は、叔父・本多忠真に敵の首を譲られたが断り、単身別の敵の首級を見事上げてきたという。これが忠勝の初首級となった[3]
  • 一言坂の戦いでの殿軍での戦いぶりを武田軍の小杉左近から「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八」との狂歌の落書をもって賞賛された[17][5]。(「唐の頭」は当時徳川家中で流行っていた兜などにつけるヤクの尾毛の飾り物を指す)
  • 織田信長にその並はずれた武勇を、武田征伐後、信長が安土に戻る前に呼び寄せられ、「花実兼備の勇士」と讃えられた。
  • 豊臣秀吉には「日本第一、古今独歩の勇士」と称され、また、「東に本多忠勝という天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」と勇将として引き合いに出された[8]
  • 関ヶ原の戦い終了後、福島正則は忠勝の武勇を褒め称えた。忠勝は「采配が良かったのではない、敵が弱すぎたのだ」と答えたという。
  • 戦場に出て敵と戦う時の槍働きは古今無双だったが、教練などでの槍術は甚だ不器用で戦場での忠勝を知らぬ人が見ると意外と思ったという(『甲子夜話』)。
  • 桑名へ移封後のある日、息子の忠政と小舟で巡視に出ている時に「櫂でを薙いでみろ」と言い、忠政が葦を薙ぎ倒したのに対し、忠勝は鎌で刈ったように切り取ってしまった。

逸話[編集]

  • 榊原康政とは同年齢ということもあり、仲が良く親友同士だった。天正元年(1573年)の長篠城攻めでは康政と武功を競い合っている。
  • 本多正信のことを快く思わず「佐渡守(正信)の腰抜け」「同じ本多一族でもあやつとは全く無関係である」とまで言い捨てている。
  • 長篠の戦いの時、逃げる武田軍が投げ捨てた旗を拾い、「軍旗を捨てるとは何事か」と嘲たという[7]
  • 長篠の戦い終了後、忠勝はどこか物憂げであり、家臣がその訳を尋ねると、忠勝は「武田家の惜しい武将達を亡くしたと思っている。これ以後戦で血が騒ぐ事はもうないであろう」と愚痴をこぼしたという。
  • 小牧・長久手の戦いでは、わずか500名の軍勢を率いて秀吉自ら率いる8万の大軍と対峙し、秀吉の家臣、加藤清正福島正則らが忠勝を討ち取るべしと進言した。しかし、忠勝の姉川での勇猛ぶりを聞き知っていた秀吉は目に涙を浮かべ「わざと寡兵で我が大軍に勇を示すのは、我が軍を暫時喰い止めて家康の軍を遠ざけるためであろう。徳川家を滅ぼした際には彼を生け捕って我が家人にすべきなり」と忠勝を討ち取ることを禁じた[18]
  • 秀吉・家康が和睦した後に秀吉に召しだされたとき、「秀吉の恩と家康の恩、どちらが貴殿にとっては重いか」と質問されると、「君のご恩は海より深いといえども、家康は譜代相伝の主君であって月日の論には及びがたし」と答えた[18]
  • 関ヶ原の戦いの際、東軍の兵士達は背後に陣を構えた毛利・長宗我部軍の動向を気にしていた。その時、忠勝は「もし毛利軍に戦う意志があるのならば、山の上ではなく、山を下って陣を構えるはず。今山の上にいるのは、戦う意志がないからである」と言い、味方を安心させたという。
  • 関ヶ原において西軍が敗戦した際、それに与した真田昌幸真田信繁(幸村)親子の助命を娘婿の真田信之と共に嘆願したが、両名に散々煮え湯を飲まされている家康は強硬に拒否した。またそれ以上に昌幸により上田城に釘付けにされた挙句に関ヶ原遅参という失態を演じ、家康の勘気を被った秀忠は強硬に死罪を主張した。結局は忠勝らの嘆願に折れる形で真田親子は紀伊高野山山麓の九度山に蟄居という処分に止まり、信濃上田領は信之に与えられることとなった。
  • 忠勝が死ぬ数日前、小刀で自分の持ち物に名前を彫っていた時、手元が狂って左手にかすり傷を負ってしまった。忠勝は「本多忠勝も傷を負ったら終わりだな。」と呟き、その言葉通りになったという[19]

遺書・辞世の句[編集]

遺書の一節「侍は首を取らずとも不手柄なりとも、事の難に臨みて退かず、主君と枕を並べて討ち死にを遂げ、忠節を守るを指して侍という」と、辞世の句「死にともな 嗚呼死にともな 死にともな 深きご恩の君を思えば 」は、晩年は不遇であったとされながらも、主君・家康への変わらぬ忠誠心の大きさを物語っている。

家臣[編集]

  • 織田信照
    織田信長の庶弟。中根平右衛門忠実を称したとされる。家康の関東移封後、天正19年(1591年)頃から上総国大多喜10万石城主・大名となった本多忠勝に、付け家老として配される。子孫は本多家の家老として続いた。
  • 都築秀綱
    元は今川家の家臣であったが、永禄11年(1568年)末から開始される徳川家康の遠州侵攻で臣従。翌1569年には本領安堵を約す書状が家康から与えられている。のち忠勝の与力に加えられ、本多家の筆頭家老として代々続く都築氏の祖となった。
  • 梶勝忠
    通称は金平。その祖は松平家一族である能見松平光親の次男・親友とされ、勝忠は曾孫にあたる。元は家康の使番として仕えていたが、永禄9年(1566年)、忠勝が旗本先手役に任命されるとその与力となった。以降、忠勝隊として多くの合戦に従軍し、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて、愛馬・三国黒を失いながらも徒立ちで奮戦する忠勝に自分の馬を差し出し窮地を救った逸話が残っている。また、慶長6年(1601年)、忠勝の桑名移封の際には先発隊として桑名城に入城している。都築氏と共に代々家老として本多家を支えた。
  • 河合政光
    通称は又五郎。旗本先手役に抜擢された忠勝の与力50騎の1人。忠勝が大名になるとそのまま家老として支えている。知行5000石(内、与力給2500石を含む)を公儀だけから拝領。実弟・政一が又五郎の通称と家督を継いでいる。

墓所・霊廟・神社[編集]

三重県桑名市浄土寺の本多忠勝本廟

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 徳川実紀
  2. ^ 名将言行録』。
  3. ^ 『名将言行録』では「(忠勝は)黒糸の鎧に鹿角打たる冑を着、蜻蛉切りという鑓を、馬手の脇に抱込みて二反(約22メートル)計に押寄せたり。敵味方の真中に馬を静に歩行ませ入れ、味方に下知して引退き、見附の人家に火を掛て、浜松にこそ帰りけれ」とある。
  4. ^ 藩翰譜』。
  5. ^ 天正18年8月7日付で本多忠勝から滝川忠征に出された書状(名古屋大学文学部所蔵「滝川文書」本多忠勝書状)に、自分が万喜城を与えられたのは忠征の口添えのおかげとする趣旨の内容が書かれている。このことから、最初に忠勝に与えられたのは万喜城であったことが判明するとともに、その決定には忠征の主君である秀吉と家康の間の合意があったことがうかがえる(柴論文参照)。
  6. ^ 『名将言行録』
  7. ^ 『藩翰譜』では「終に一所の手も負わず」とある。

引用元[編集]

  1. ^ a b c d 郡 p.12
  2. ^ a b 寛政重修諸家譜』。
  3. ^ a b c d 郡 p.13。
  4. ^ a b c 徳川実紀
  5. ^ a b c 郡 p.14。
  6. ^ a b c 郡 p.15。
  7. ^ a b c d 『江戸幕府の功労者たちはどんな人生を送ったのか? 徳川四天王』(英和出版社、2014年)
  8. ^ a b c 家康忠勝両公三百年祭事務所編 『家康忠勝両公三百年祭紀要』家康忠勝両公三百年祭事務所、1915年。
  9. ^ a b c d e f g h 郡 p.16。
  10. ^ 「大久保家秘記」。『寛政重修諸家譜』。村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」『駒沢史学』80号、2013年。
  11. ^ a b 中嶋次太郎 『徳川家臣団の研究』 吉川弘文館、1966年
  12. ^ 柴裕之「豊臣政権の関東仕置と徳川領国-本多忠勝の上総万喜入城を通じて-」(『中世房総と東国社会』 佐藤博信、岩田書院〈中世東国論 4〉、2012年ISBN 978-4-87294-739-7)。
  13. ^ a b 郡 p.18
  14. ^ 路蕪村悟道「蜻蛉切の作者はだれ」『刀剣と歴史』664-667号、日本刀剣保存会阪神支部、2005年。
  15. ^ 三河武士のやかた家康館 特別展示室”. 2013年5月13日閲覧。
  16. ^ 朝日新聞社編 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年。
  17. ^ 村上直「徳川四天王」『江戸幕府:その実力者たち』上巻、北島正元編、新人物往来社、1964年。
  18. ^ a b 『三河後風土記正説大全』巻42「池田之助討死本田忠勝勇猛石川数正不義の事」。同書巻43「本田平八郎忠勝勇猛 神君御陣替秀吉 神君を罷感事」。
  19. ^ 『戦国武将 群雄ビジュアル百科』(ポプラ社、監修:二木謙一
  20. ^ 園内マップ” (日本語). 岡崎公園. 2010年1月27日閲覧。
  21. ^ 九華公園 - 本丸跡等” (日本語). 桑名市. 2010年1月27日閲覧。

参考文献[編集]

関連作品[編集]

小説
テレビドラマ
漫画
ゲーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 桑名市観光ガイド (本多忠勝公菩提寺「浄土寺」、桑名城跡などへの交通案内)
  • 岡崎公園 (岡崎城跡、園内に本多忠勝公の銅像が据えられている他、関連展示品などがある)
  • 龍城神社 (岡崎城本丸に鎮座する神社、本多忠勝公も祭神として祭られている)
  • 本多忠勝陣跡 関ケ原観光Web