真田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真田氏
家紋
六連銭(通称、六文銭
本姓 滋野姓海野氏流(異説あり)
家祖 真田頼昌(異説あり)
種別 武家
華族伯爵
出身地 信濃国小県郡真田郷[1]
主な根拠地 信濃国上田
東京都
著名な人物 真田昌幸
真田信之
真田信繁(幸村)
真田幸昌
真田幸貫
凡例 / Category:日本の氏族

真田氏(さなだし)は、信濃国豪族として興った氏族である。

起源[編集]

信濃の名族として知られる滋野氏流を名乗る海野氏の傍流という。

江戸時代に作成された『真田家系図[2]に拠れば、真田氏は清和源氏の発祥で、信濃国小県郡(現在の長野県東御市)の海野棟綱あるいは真田頼昌の子という真田幸隆[3]が小県郡真田郷を領して真田庄の松尾城に居住して以後、真田姓を名乗ったという。

近世には、幕府からの求めもあって大名の多くが自家の系図づくりを行い出自を名族に結びつける傾向にあり、真田氏系図も信州松代藩主家となった真田家が作成したものであることから、真田氏が清和源氏の出であるとする説は疑問視されている。そもそも祖宗たる海野氏滋野氏嫡流を名乗っているので、出自を清和源氏とすること自体がこれと矛盾する。

また、海野氏のと関係についても自らを信濃の名族である滋野氏の嫡流である海野氏の傍流とし、出自を結びつけた可能性がある。

他には、真田郷が古代の官牧地域であることに着目し、国牧管理者の大伴氏が土豪化して真田を名乗ったとする説が見受けられる。また真田家の家伝に百済王の子孫とする一説(真武内伝)もある。

滋野氏三家系図』では、鎌倉時代中期の海野幸氏の子・長氏の子の幸春を「真田七郎」 としている。これが系図における真田の初出である。応仁2年(1468年)に起きた海野氏幸村上頼清の戦い(海野大乱)では、真田郷の洗馬城が戦場となっており、この時期に真田氏が存在していれば、この戦いに巻き込まれていたことが考えられる。

大塔物語』には、室町時代応永7年(1400年)に信濃守護小笠原氏に対する国人領主の抵抗として起こった大塔合戦において、大文字一揆衆の大将の一人で、滋野三家の一つ禰津氏根津氏)の禰津遠光の配下に「実田」の名が見られ、これが「真田」の当て字とする説が現実的である。「実田」を「サナダ」と読むとすれば真田氏の初見となる[4]。旧真田町(上田市)に真田・横尾・曲尾などの地名・集落があったことなどから、一つの集落を領する程度の小土豪だったと推定できる[4]。 また吉沢好謙が延享元年(1744年)に著した『信陽雑志』によれば永享12年(1440年)の結城合戦に参陣した禰津遠光の配下には、真田源太・源五・源六の名が見られる[5]。これらのことから、おそらく真田氏は名族滋野三家(海野・望月・祢津)である根津氏の支流だったであろうと考えられている。

はっきりしているのは、戦国時代のはじめころ、信州小県郡の山間にある真田郷に真田幸隆と名乗る在地の小豪族がいたということである。

高白斎(こうはくさい、駒井政武[6]が記した『高白斎記』(別称『甲陽日記』)の天文18年(1549年)3月14日の条に「七百貫文ノ御朱印望月源三郎方へ被下候、真田渡ス、依田新左衛門請取」[7]と出ている。ここに出てくる真田氏が幸隆である[8]

歴史[編集]

真田の地[編集]

真田氏発祥の地として知られている真田町は、信濃川水系の神川(かんがわ)の長谷寺(ちょうこくじ)沢の扇状地にあり、2006年(平成18年)に上田市に合併されている。標高750メートルほどの高所に開けている。旧真田町は北に標高1649メートルの大松山、西に1379メートルのオコウ山、南に1301メートルの東太郎山、東に2066メートルの烏帽子山に囲まれた小盆地である。[9]。真田は、独立した村でなく寛永6年(1629年)に甲石村(かぶといしむら)が真田村と横沢村に分かれ、大日向村も出来た。江戸時代の初頭には、甲石村の中の一集落と認識されていた。宝永3年(1706年)の「甲石之郷指出帳」(『上田半村明細帳』)に真田村の戸数は128軒、人数747人、馬数72疋と記載されている。[10]

長谷寺は、天文16年(1547年)幸隆が一宇を建て、真田山種月院長谷寺と号し、上州の長源寺より伝為晃運(でんいこううん)大和尚を招請した[11]。天正2年(1574年)5月19日、幸隆が没し、この曹洞宗真田山長谷寺に葬られた。位牌には一徳斎殿月峰良心大庵主とある[12]

小豪族時代[編集]

真田氏最初の拠点は真田郷の北西にある洗馬城といい、その後中央部の平坦地に内小屋城を築いた時期に真田郷全域を掌握したと考えられる。天文10年(1541年)の海野平の戦いにおける真田氏の動向は資料に無いが、戦いに敗れた海野棟綱が関東管領上杉憲政を頼って上野国に逃れるのと同時期に、幸隆も上杉憲政の家臣で上野国箕輪城主・長野業正の下に身を寄せているので、当時は近隣の有力勢力である滋野一党に組み込まれて海野方で戦ったことが推定される。

武田家臣時代[編集]

真田昌幸(部分)

上杉の援助による旧領奪回が困難になると、信濃侵攻を行っていた甲斐武田晴信(信玄)に仕えて旧領を回復すると共に、縁故の滋野氏の支族が多い信濃や上野方面で活躍し、次第に真田氏の勢力基盤が築かれていった。この時期の本拠地は真田本城だった。武田家中においても信濃先方衆の有力武将として、幸隆のみならず嫡男・信綱、次男・昌輝も活躍し、信綱は家老に、昌輝は信玄直属の百足衆を率いた時、信玄によって兵部(昌輝)は我が両目なり!と言わしめるほどであった。また、三男・昌幸は武藤家を、四男・信尹は加津野家をそれぞれ継いでおり、真田一族は武田家において重用されていたことが窺える。 なお、武田24将に、真田信綱、昌輝(幸隆や昌幸が入ることもある)が入っており、親子兄弟からこれほど選ばれている例は他家にはない。

永禄10年(1567年)嫡男・信綱が家督を継ぎ、天正3年(1575年)の長篠の戦いで当主・信綱と次男・昌輝が討死すると、武藤喜兵衛を名乗っていた三男・昌幸が真田姓に復帰して家督を相続する。昌幸は信玄の近習を勤めたこともあり、武田氏滅亡時には武田勝頼に真田の影響下にある吾妻山中の要害の地岩櫃城に篭ることを進言したという。

武田滅亡以後[編集]

昌幸は武田氏が滅んだ後織田信長に恭順した。しかし本能寺の変で信長が横死すると、昌幸は本拠地として上田城の築城に着手しながら混乱する信濃にあって主家を転々と変え、真田家の勢力維持に奔走する。

徳川氏北条氏が甲信を巡って対陣した天正壬午の乱の和議では、上野を北条領とし、真田氏支配の沼田城周辺も北条に割譲するが、徳川はその代替地を用意することが定められた。しかし昌幸はこれを拒否したため徳川軍7千の攻撃を受けるが、昌幸は2千余人の城兵で上田城を守りきった(第一次上田合戦)。これで真田氏は独立した大名として認められることになる。

最終的に昌幸は上杉景勝を通じて豊臣秀吉の臣下に入り、秀吉の命で徳川家康と和解する。そして徳川氏の与力大名となったことから、嫡男・信幸本多忠勝の娘で家康の養女となった小松姫との婚姻が成った。これらの過程で真田宗家は、名目上は徳川氏の与力大名だが実際は豊臣の家臣である昌幸と次男・信繁(上田城)と、名目上は昌幸の所領の一部を収める領主だが実際は徳川の与力大名である長男・信幸(沼田城)の2家体制となる。

なお加津野家を継いだ信尹も武田家滅亡後は真田姓に戻り、北条・徳川・蒲生と主家を変えてながら真田分家を興している。蒲生氏郷の死後は徳川家に帰参して旗本奉行を勤め、大坂の陣では家康の使者として信繁を相手に交渉したことで名を上げた。この系統は以後5,000石の大身旗本として幕末まで続いている。

江戸時代[編集]

慶長5年(1600年)に石田三成らが徳川家康に対して挙兵して関ヶ原の戦いが起こると、昌幸と次男・信繁は西軍に、長男・信幸は東軍に分かれることになった[13]。昌幸と信繁は上田城で徳川秀忠率いる約3万の軍勢をわずか数千で迎え撃って秀忠軍を釘付けにし(第二次上田合戦)、秀忠の関ヶ原遅参の一因を作った。しかし努力のかいもなく戦いは東軍の勝利となり、同年12月13日に昌幸と信繁は紀伊高野山山麓の九度山に流刑となる。 しかし昌幸が蟄居となっても、その所領は東軍についた長男・信幸改め信之に継承された。これで信之は従前から任されていた沼田領と併せて都合9万5,000石を知行することになり、ここに上田藩を立藩した。信之以後の真田家が江戸幕府から外様大名ではなく譜代格として扱われるのはこのためである。慶長19年から20年(1614年–1615年)に起きた大坂の役でも信之は徳川方についたが、弟の信繁は豊臣方に馳せ参じて家康を手こずらせたのち討死している。この信繁の唯一生き残った次男・片倉守信はのちに陸奥仙台藩士となり、これを祖とする仙台真田家がやはり幕末まで続いている。

元和2年(1616年)、信之は沼田より上田に移り、沼田領3万石は長男・信吉に任せることになった。元和8年(1622年)になって信之は松代藩13万石へ加増転封となったが、この際にも沼田領は引き続き所領として認められている。寛永11年(1634年)に沼田領を預かる信吉が死去すると、信吉の長男・熊之助が相続したが、その熊之助も寛永15年(1638年)に死去したため、信之の次男・信政が沼田領を相続した。

明暦2年(1656年)、数え90歳になっていた信之が隠居し、沼田領を任されていた信政が松代藩第2代藩主となった。この際に沼田領は熊之助の弟・信利が相続している。しかし2年後に信政が死去すると、信之の判断により信政の六男で数え2歳の幸道が第3代藩主となったが、信之の次男・信政の系統に真田氏嫡流が移ってしまったことに信之の長男・信吉の子である信利が反発しお家騒動となった。最終的には信之の後見により幸道が松代藩を10万石で相続し、沼田領は幕命により正式に沼田藩3万石することで決着した。その直後に信之は死去している。幸道は長じて江戸城の普請や朝鮮通信使饗応役などを無難にこなし、 享保12年(1727年)70歳の天寿を全うした。一方の信利は松代藩に対抗して領内検地を行うと実高14万4,000石という途方もない数字を叩き出して幕府に報告、この結果領民は重税に苦しめられ、天和元年(1681年)に杉木茂左衛門直訴するに及んで沼田藩は治世不良で改易となっている。

幸道には成人した男子がいなかったため、兄(信政の長男)でありながらゆえあって旗本寄合となった信就の七男・信弘を継嗣に迎え第4代藩主とした。信弘の子で第5代藩主となった信安田村半右衛門を登用して藩内の統制をはかり、千曲川改修工事などを行っている。しかし一連の藩政改革はうまくいかず、宝暦元年(1751年)には松代藩で初となる一揆(田村騒動)を引き起こしたため、信安は政治に嫌気して隠居し、長男・幸弘が第6代藩主となった。幸弘も恩田民親を登用した藩政改革を行ったが、こちらは成功を収めている。

幸弘には跡取りの男子がいなかった(もともと5人の男子がいたがいずれも結核により夭折してしまった)ため、娘の三千姫の婿養子に近江彦根藩から大老・井伊直幸の九男・幸専を迎えて第7代藩主とした。ここに真田本家では真田氏男系の血筋が絶えることになった。さらにこの幸専にも男子がなかったため、娘が遠江浜松藩主・井上正甫に嫁いで生んだ雅姫を養女に取り、その婿養子に陸奥白河藩から老中首座・松平定信の次男・幸貫を迎えて第8代藩主とするに至って、藩主は第9代将軍徳川吉宗の曾孫となった。幸貫は老中となり天保の改革の一翼を担ったほか、藩政では佐久間象山を登用して殖産興業政策を行った。真田家はこの幸貫のときに守名乗りが伊豆守から信濃守に替わっているが、国主ではない大名が領国の国司名を名乗ることを許されるのは極めて稀なことだった。

幸貫には実子の幸良がいたが、真田家に養子入りする前年に生まれた子だったため、幕府には実父・定信の末子と届け出ていた。ところが幸貫はこの幸良の他に成人した男子を得なかったので、廻り廻ってこの実子を養嗣子として迎え入れることになった。しかしこの幸良にも先立たれたため、その長男・幸教に家督を譲って第9代藩主とした。

明治以降[編集]

幸教は病弱だったため、伊予宇和島藩主・伊達宗城の長男・幸民を養嗣子に迎えた。幸民が10代藩主を襲封した翌年に幕府が崩壊。松代藩は速やかに新政府に対して恭順の姿勢を示し、戊辰戦争では官軍の一員として奥羽戦線に藩兵を送り戦功を上げている。版籍奉還の後華族に列して藩知事となり廃藩置県を迎える。

真田家は明治17年の華族令で、表高は10万石だが収納高37,150石であったため、伯爵の内規である「現米(実際の収穫高)5万石以上の中藩」に該当せず、子爵に叙された。しかし明治24年になって維新の折に見せた恭順の姿勢や続く戊辰戦争における戦功などが斟酌され、ここに晴れて伯爵に陞爵している。以後は、幸民 ─ 幸正─幸治─幸長─幸俊と直系で家名を受け継ぎ、伊達宗城の男系子孫として今日に至っている。なお、現当主の幸俊は工学者で慶應義塾大学教授。

一方で幸教の実子である幸世男爵家を起こして分家、こちらは享保の改革を行った江戸幕府第8代将軍・徳川吉宗の次男・田安宗武の男系子孫(宗武の子で寛政の改革を行った松平定信の子孫)として続いている。

前述の通り、真田幸弘の代で真田氏男系の血筋は絶えてしまったが、以下に掲載の系図を見ての通り、いずれもが本来の真田氏の血を女系を介して継承しており、こちらも絶えることなく現代に至っている。

真田信弘ー女子(柳沢信鴻継室)-保光ー女子(外山光施室)ー八千代(竹内治則室)-輯子(10真田幸民室)ー11幸正ー12幸治ー13幸長ー14幸俊

家紋[編集]

江戸時代の真田氏の定紋は『寛政重修諸家譜』によると「真田銭」とも呼ばれる「六連銭」である。俗に「六文銭」とも「六紋連銭」ともいう。おもに六連銭は戦時の旗印として、「結び雁金」「州浜」はそれ以外の場で使われたが、徐々に六連銭の使用頻度が高くなり、六連銭以外の紋の使用頻度は低下したが、替紋として引き続き使用された。

真田氏が六連銭を用いたのは、幸綱(幸隆)が武田氏に臣従した際との逸話が残されている。

真田氏の源流である海野氏滋野氏嫡流を名乗り、滋野氏の家紋である「月天七九曜」にちなみ「月輪七九曜」を家紋にしていたことがわかっている。一方、江戸時代岡部藩として存続した駿河安部谷の安部氏や越後長尾家(後の上杉家)の記録にある上州吾妻郡の羽尾氏、「長倉追罰記」に記載された羽田氏など、海野氏流を名乗る支族の家紋(旗印)に六連銭やその類似紋「六連点」(ろくれんてん)が登場する。これらは幸綱が武田氏に臣従する以前から用いていた痕跡があり、真田氏を含む海野氏流支族の六連銭は、本家の海野氏からの継承ではないかと思われる。

現在のところ、海野氏が六連銭を用いた史料は確認されていないが、日本家紋研究会は「六連銭は真田氏独占の家紋ではなく、信濃国北部一帯に勢力をもった大族滋野氏の代表家紋である」としている。

江戸時代には、真田幸村を取り上げた物語や真田氏の武勇を題材にした講談などの影響で「六文銭=真田」と認識されるようになる。江戸時代や明治時代の浮世絵などでは、大坂の陣において真田幸村(信繁)の部隊が、「六文銭の旗」を掲げて徳川家康の本陣を襲撃する場面が描かれているが、「大坂夏の陣図屏風」(大阪城天守閣蔵)の真田隊の旗としては「総赤に金線」の旗が描かれ、旗紋は描かれていない。その一方で、六連銭が描かれた総赤の切裂折掛の幟旗があるが実際の使用については詳らかではない[14]

研究史[編集]

真田氏は有力な武田家臣団であるとともに近世大名として存続していることから、戦国期以来の多くの家伝文書や藩政史料が現存しており、家史編纂の遅れや享保16年(1731年)の江戸藩邸焼失で失われた文書も多いものの、現在では1981年に『真田家文書』(米山一政編)として刊行されている。また、松代藩士の私選書である『真武内伝』や『滋野世記』、幕末に編纂された『真田家御事蹟稿』などの編纂物もあり、真田氏ばかりか武田氏研究においても基本文献となっている。

近代には昭和戦前期に藤沢直枝が『真田文書集』(1940年)において関係文書を紹介し、猪坂直一は『真武内伝』等の編纂物のほか西上野の史料である『加沢記』や軍記物である『甲陽軍鑑』などの史料も活用して『評伝真田一家』(1940年)『真田三代年表』(1932年)『真田三代録』(1980年)などの定本を著述している。

昭和戦前期には史料紹介や戦記類が中心であったが、戦後には『信濃史料』や『群馬県史』など自治体史類の刊行や、武田氏、後北条氏など真田氏とも関係する戦国大名研究の進捗に伴い実証的研究が本格化している。小林計一郎は『真田一族』(1973年)において数々の新見解を示しているほか、近世の真田藩政史では上野国吾妻群や沼田藩政史の研究を行った山口武夫、松代藩政史の研究を行った田中誠三郎らがいる。ほか、真田氏の近世大名化の過程を検討した河内八郎山岡信一、吾妻郡攻略に関する唐沢定市、系譜考証の寺島隆史、武田氏研究の立場から研究史の整理や領国形成過程に関して検討を行っている堀内亨柴辻俊六らがいる。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小県郡真田村、長野県上田市真田町真田 近辺
  2. ^ 弘化4年(1847年)6月に書き上げられた。(笹本正治 2009年 4ページ)
  3. ^ 「幸隆」の諱は系図上に見られるが、確実な文書からは「幸綱」であることが指摘される。
  4. ^ a b 笹本正治 2009年 3ページ
  5. ^ 笹本正治 2009年 4ページ
  6. ^ 武田信玄の近習(笹本正治 2009年 2ページ)
  7. ^ 七百貫文の御朱印望月源三郎方へ下され候、真田渡す、依田新左衛門請け取る
  8. ^ 笹本正治 2009年 2ページ
  9. ^ 笹本正治 2009年 7ページ
  10. ^ 笹本正治 2009年 8ページ
  11. ^ 笹本正治 2009年 16ページ
  12. ^ 笹本正治 2009年 85-86ページ
  13. ^ 同年7月21日、徳川家康の命で会津の上杉景勝を討つため下野国犬伏(栃木県佐野市)で陣を敷いていた所へ石田三成の密使が到着した。父子3人で真田家の去就を話し合った。(笹本正治 2009年 187ページ)
  14. ^ 大野信長著『戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE』学習研究社 2009年