小松姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小松姫(こまつひめ、天正元年(1573年) - 元和6年2月24日1620年3月27日)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての女性。上田藩、のち松代藩の藩主・真田信之(信幸)の正室。徳川氏譜代家臣の本多忠勝の長女(第1子)で、母は側室の乙女。幼名を稲姫(いなひめ)、または於小亥(おねい)と称する。もり姫(奥平家昌室)、本多忠政本多忠朝の姉。

徳川家康の養女(徳川秀忠の養女という説もある)となり、天正14年(1586年、17年(1589年)あるいは18年(1590年)の説もある)に真田信之に嫁ぐ。信政信重、まん(高力忠房室)、まさ(佐久間勝宗室)らを生んだ。

生涯[編集]

各種史料を基にすると、上田合戦における真田の軍略に惚れ、また恐れた忠勝が真田家を取り込むため、家康に自らの娘を嫁がせることを提案。それに対して家康は、上田合戦後に面会した信之(当時は信幸)の器量に感じ入っており、自陣営の武将として取り込んでおきたいという思いがあったことから快諾、小松姫を自らの養子(一説には秀忠の養子)として、真田家へ嫁がせることとしたようである。なお、小松姫と信之の孫にあたる松代藩3代藩主・真田幸道が幕府に提出した書状には「台徳院(秀忠)」の養女と記されている。

晩年、病にかかり江戸から草津温泉へ湯治に向かう途中、武蔵鴻巣で亡くなり、夫・信之は「我が家から光が消えた」と大いに落胆したという。戒名は大蓮院殿英誉皓月大禅定尼。墓は鴻巣市勝願寺沼田市正覚寺上田市芳泉寺に分骨されている。また、長野県長野市松代町松代の大英寺に霊廟がある。上田城内には小松姫が用いたとされる駕籠が残されている。

関ヶ原の戦い[編集]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際、徳川方に味方することを決めた信之と袂を分かった舅の昌幸が居城である上田城に向かう途中、小松姫が留守を守る沼田城に立ち寄り「孫の顔が見たい」と所望した。これに対し小松姫は戦装束で舅の前に現れて「敵味方となった以上、義父といえども城に入れるわけにはいかない」と申し出を断った。程なく昌幸が近隣の正覚寺で休息を取っているところへ小松姫は子供を連れて現れ、昌幸の願いをかなえた。これにはさすがの昌幸、信繁(幸村)父子も感心しきりであったという。また、関ヶ原の合戦で西軍が敗れ、昌幸、信繁父子が九度山に追放になった後も、食料や日用品を送るなどの配慮を怠らなかったという。

上記のエピソードからも小松姫の筋を通す人柄がうかがえるが、夫からの信頼は厚く、良妻賢母の誉れも高かった。

人物・逸話[編集]

  • 気性は勇敢な父に似て武家の女として非の打ち所がなく、さらに容姿端麗であり、美女と呼ばれるにふさわしかった。
  • 婚礼の日に並んだ夫婦はよく似合っており、周囲も羨むほどだった。
  • 信之は戦で城を留守にすることが多ったが、彼女に全てを任せることに対し、憂うことがなかった。
  • 側室との仲も良好で、自身になかなか子どもが出来ないと分かると他に側室を取ることをすすめた。
  • また小野お通の存在は知っていたようで、病に倒れ亡くなる前に「そろそろ京の人を迎えてみてはどうですか?」と言ったという。しかし結局小松姫の死後も彼女が後妻になることはなかった。
  • 大阪の陣の後、無事に生還した息子たち二人に向かって(これは信之が言ったとされる説もあるが)「どちらかが討ち死にすれば我が家も忠義を示せたのに」といった趣旨の発言したという逸話が残っている。同時に真田家家臣団には、金子と共に息子たちをよろしくお願いしますと言った内容の書状を送ったという逸話も残っている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 西山酉三『豪傑と奥方』 (大学館、1900年12月)

登場作品[編集]