Wikipedia:井戸端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュンヘンのフラウエン教会
相談と質問

井戸端
利用案内
調べもの案内
執筆・翻訳者の広場
For Non-Japanese Speakers

過去ログ
1階層あたり最大200件まで表示

Wikipedia:井戸端/過去ログ

このページ(井戸端)は、ウィキペディア日本語版について、運営や方針、新しいアイディアや作業の仕方、その他様々なことで質問や提案、議論、意見交換を行なう場所です。

  • 既に似た質問がないか質問を行う前にご確認ください(→過去ログ検索)。
  • よくある質問(FAQ)もご確認ください。
  • ウィキペディア日本語版やウィキメディア・プロジェクトと関係のない話題を投稿するのはご遠慮ください。

This page is used to ask, propose and discuss the operations, policies and new ideas of Japanese Wikipedia. If you want to write in the languages other than Japanese, you can use Help for Non-Japanese Speakers too.


次のような内容には、このページ(井戸端)ではなく専用のページがあります。

ウィキペディア全体に関して
個々の専門分野に関して
個々のページに関して
個々の利用者(アカウント)に関して

井戸端以外に適切な議論の場所がある場合、投稿が移動される場合があります。ご了承ください。


過去ログ
井戸端の過去の議論をこちらから検索することができます。
井戸端タグ
井戸端の過去の議論を井戸端の話題タグカテゴリから検索することができます。
最近の更新
井戸端ウォッチリスト - サブページを含めた井戸端の投稿状況が確認できます。
サブページ
運営方針
  • 投稿された全てのトピックは、サブページに移動します。
  • サブページは、Category:井戸端の話題にカテゴライズしています。
  • サブページは、最新の投稿から10日間経過するか、最初の投稿から30日が経過すると、井戸端への読み込みが解除されます。

市町村長の記事が無いことが多い理由は?[編集]

日本の首長に関する記事を探してみますと、都道府県知事政令指定都市市長はともかく、一般の市町村長の記事となると、作成されていないことが多いように思えます。

地方議会議員の記事は、特に市町村議の場合は基本的に作成できないことは知っていますが、市町村長についても、記事作成にはある一定の縛りがあるのでしょうか? --122.211.153.194 2015年3月8日 (日) 03:36 (UTC)

最近Wikipedia‐ノート:特筆性 (人物)#Wikipedia:特筆性 (人物)#政治家についての改訂提案において地方自治体の首長について議論が行われ、Wikipedia:特筆性 (人物)#政治家に「都道府県・政令指定都市・中核市・特例市・特別区の選挙で選ばれた首長。(それ以外の首長についてはこの規定によって記事を積極的に排除するものでも無条件に特筆性を認めるものでもなく、特筆性の一般基準、その他の目安による。)」の一文が追加されました。大規模自治体の首長を除いては、一般的な特筆性の基準に基づいて立項の可否が判断されることになります。--Claw of Slime (talk) 2015年3月8日 (日) 03:56 (UTC)
話に割り込む形となりますが、例えば、当該の首長が汚職で逮捕されたとか、政治資金などで問題を起こしたなどといった事象は、特筆性には入らないのでしょうか? --58.156.158.18 2015年3月15日 (日) 03:33 (UTC)

web archiveとリンク切れ予防について[編集]

皆様のご意見を拝聴致したく参りました。web上のページを出典として用いることは、もちろん非常にあることです。ですが、リンク切れが起こった時に面倒ですので、私は予め、archiveが存在すれば、それも並記するようにしています。まあ存在するなら、切れてから出してきてもいい訳ですが、時間がある時は先手を打つ訳です[1]。この手法の弱点はrefが長くなるゆえに本文中に挿入すると編集時の見通しが壊滅的になるため、示しましたリンクの通りreflistのrefsを用いてやることを積極的に考えねばならないことですが・・・。

さて、ここまでは問題無いとは思いますが、もし現時点でアーカイヴが存在しないページを出典とする場合を考えてみます。単にurlを貼り付けてしまえば、それがarchiveとして残るかどうかは運任せとなります。特に新聞社サイトのニュースだとひどいことになりがちなのは、皆さんご存じでしょう。所が、みなさん良くご存じのInternet Archive: Wayback Machineでは、トップページの右下に「Save Page Now」と言うものがあり、アーカイヴしたいものを任意にアーカイヴすることができます(もしくは、表示させようとした時に見付からなければ、保存するか?と聞かれる場合があります)。このため、先に示しましたリンクの通り、最近の私はwebをソースとして用いる際にはリンク切れ防止のためまあ大抵、保存してもらっています(そしてarchiveurlもつけておきます)。

さて、この行為は、是でしょうか、非でしょうか、それとも推奨すべきでしょうか。単に是なら構いません。個人的に勝手にやるだけです。もしjawp全体のリンク切れ被害を考え推奨すべきとお考えの方が多いなら、適切なところにこれを一筆書いて置くと、ライトユーザーさんも対処しやすいと考えます。参加者全体で見れば我々のようなPCやWPにコテコテだけではありません。英語が読める人だけでもありません。特にライトユーザーさんはwebソースを用いる傾向が強いと感じて居ます。以上、いかがでございましょうか。--Hman会話) 2015年3月9日 (月) 09:10 (UTC)

是であって非ではない。やることは一向に構わないし、文句を言う奴がいるならそれは単純に筋違い。しかし、推奨するべきはアクセス日付を明記すること。--ikedat76会話) 2015年3月9日 (月) 12:10 (UTC)
推奨というか案内ぐらいでいいんじゃないですか? 突然クローズ化する場合もありますし、利便性の観点からだけなら案内は大いにありかと。Webソース中心に書いている/確認している「らいとゆーざー」としては、あまり気にしていなかったです。これは比較的出典として提示されたUrlは、archive.todayやInternet archive側で勝手に食べてくれる感覚があるからなのですが(リンク先行方不明になって付け直す作業やってるときにアーカイブに残ってることは多いです)。先んじて保存してあるってのは付け直し作業もやる立場からすればありがたいと思うものの、推奨とまで言ってしまって、「やらなきゃ」と思わせるのはそれはそれで真面目だけど不慣れな人には壁を一つ増やすことになるかなと考えます。ただ、私は日本以外のネタ中心なので元々公開されっぱなしが多いからほとんど問題にならないのですが、まれにアーカイブされてることに苦情を申し立てるケースが見受けられますので、急に使えなくなる可能性が僅かなりとも存在することは念頭に置いた方が良いでしょう。余談ですが、むしろrobot.txtで弾いているページが出典ならまだしも転載元の気配があるときに困ることが多いです(どっちが先だーってなりますので)。見通しについては……計画性がないので直接書く方が楽って人がここに! その辺は人それぞれって事で深く考えないことにしてます。--Open-box会話) 2015年3月9日 (月) 12:44 (UTC)
残っていないことも多いんですよねえ、と言うか以前私の書いた記事でそれがあって、それで有意な情報を(一時的にかもしれませんが)除去しなけりゃならなくなり、悔しくなってw その後は、忘れない限り、archiveurlを放り込むかどうかはともかく、食べて貰う事にはしています。しかし、推奨はどうもNGですか。複数の方からの賛同が得られないようでしたら、動くこともできませんね。「やり方の説明」くらいは書いて置きたかったのですが、私がちょっと慎重すぎと言うか真面目すぎと言うかビビりすぎと言うか、多分そうなんでしょうね。webArchive自体の削除は、「元サイトが消されるよりは率は少なかろう、少なくとも予告はあろう」と言うことで・・・。--Hman会話) 2015年3月10日 (火) 16:14 (UTC)
そこは、「やり方の説明」を書いておいてですね「アーカイブサイトに置いておくと有益ですよ、できたらやっておいてね」ぐらいでいいと思うんです。Hmanさんの感覚ですと、これでも推奨になると思うのですが、私はこれを案内だと思うってぐらいの語感の相違だけではないでしょうか。誰にとっても有益な内容なのですから、文章化して残しておくってのは誰も困りませんし、義務化につながらないならやってもいいんじゃないですか?--Open-box会話) 2015年3月10日 (火) 23:19 (UTC)
そうですね・・・その辺りは感覚ですか。私の想定では、やり方をどこかに書いて置いてですね(もちろん私の利用者ページなどではなく、wikipedia名前空間の言わば公的なページを、新しく作るか紛れ込ませるか・・・それなりに長い文になりそうですので、新規作成でしょうか)、出典を明記する、にでも、「ただしwebサイトはページの削除などによって参照できなくなる場合が多くあり、長期間検証可能であるとは限りません。このため予め、webサイトを専門のサイトにアーカイヴしておき、そのurlを提示する方法もあります。詳しくは・・・」程度の加筆を行う事をぼんやりと想定していました。いやもちろん「方法もあります」と言うところ前後が、皆様のご意見次第では「推奨されます」になるんですが^^; ただ、公式な「出典を明記する」にこれが書かれると、取り方の程度に個人差はあれ、「推奨」と見なされてもおかしくないんですよね。かと言って、ここで案内をしておかないとあまり意味がありません。良く参照されるところで案内されていてナンボでございますれば。・・・まあ、何れに致しましても、複数の方にご賛同頂けるなら、が大前提でございますので・・・。--Hman会話) 2015年3月12日 (木) 11:57 (UTC)
リンクする別文書には手引き書 {{how-to}} であることをしっかり明記することでその誤解はある程度避けられるのではないかと思います。(ええもちろん、一方で同じく手引き書に過ぎない「同じ記事への連続投稿を減らす」もまるで重罪であるかのように逐一啓蒙してまわる方が一定数いることも確かですが、それを考え出したらきりがないです。)アーカイブ収録を依頼する作業をどれほど負担に感じるかなんて個人の特性(慣れ、スキル、英語で書かれたサイトを操作することの抵抗の度合い、etc.)次第なので、深く考えすぎてもしょうがなく、あくまでも任意の追加作業としてリンク切れによる検証可能性の喪失を防止する方法があるなら紹介することに害はないはずです。なので私はいいと思っていますよ。--朝彦会話) 2015年3月12日 (木) 15:06 (UTC)
著作権的なリスクをどうとるかって議論があったと思う。インターネットアーカイブ自体は合衆国法的にかなりセーフだけど、国内法ではどうか[2]。この場合、アップロードする人が問題視されるので、やったほうがいいと思う本人がやる分には自由だけど、「やろう」と推奨するのが難しいって感じになると思います。
当面は、解説という形で文書を作っておく、てのがいいと思います。Wikipedia名前空間に作ればいいと思う。アーカイブ可能なサイトは複数あるでしょうから、いちおそのへんさらうのが好ましい(archive.todayのリンクを追加するだか張り替えるだかのbotが一時期いたような)。--Ks aka 98会話) 2015年3月12日 (木) 12:34 (UTC)
Wayback Machineにてアーカイブへの収録を依頼する行為は、指定したURLをクロール対象に明示的に含め、かつ今すぐクロールを実施してくださいという依頼であり(実際、以前は依頼から実際の収録まで数ヶ月のディレイがありました)、クロール行為の主体はThe Internet Archiveであるため、利用者によるアップロードとは異なり利用者による再配布にはあたらず、国内法も利用者の責任も問題になることはないはずです。--朝彦会話) 2015年3月12日 (木) 15:06 (UTC) ※ 語を補充 --朝彦会話) 2015年3月12日 (木) 18:20 (UTC)
ああ、そういう仕組みなんですね。ただ、複製の主体と判断されることはありうると思う。個人的には、気にしなくていいレベルだと思うので、すでに書かれているように、書き手の義務ではない、というところの配慮をして推奨でも反対しないです。--Ks aka 98会話) 2015年3月12日 (木) 16:14 (UTC)
はい、気にしなくていいと思います。WWWの情報をほぼまるごと複製することを意図している(が、日々生成されるページが膨大なため、あるいは新たに登場したページの発見が困難なため収録が追いついていないというだけの)プロジェクトであり、クローラがURLを自動的に発見するのを待つのではなく、それに先立ってこのURLに現時点で資料が存在することをMachineに教えてあげるというだけの行為ですから(Open-boxさんが言及された、記事に載せると勝手にクロールされやすいという現象もこれで説明される)、複製の主体かというのも成り立ちにくいと思っています。--朝彦会話) 2015年3月12日 (木) 18:04 (UTC)

一応、「書くならこんな感じかな?」と言う、草稿を書いてみました。利用者:Hman/リンク切れになります。独立ページにするのではなく、プロジェクト:外部リンク/リンク切れに加筆するかたちで良さそうですね。その上でWikipedia:出典を明記する#リンク切れの回避と修復に、「一部のアーカイブサービスでは明示的に現時点でのアーカイブを取得する事ができる場合もあります。詳しくは・・・」とだけ加筆する感じになりますでしょうか。--Hman会話) 2015年3月13日 (金) 01:33 (UTC)

ノートページでの合意について[編集]

ノートページで議論し、合意した事について、似たようなページでも適用して良いのでしょうか?

ミュージシャン一覧 (グループ)」のページは大学の人物一覧のように赤リンクの人物は除去するべきだと考えています。似たようなページが以下のようにたくさんあります。

まったく同じ議論をそれぞれのページで行うのは、時間の無駄だと思います。アドバイスをお願いします。--Tomato tomato tomato会話) 2015年3月9日 (月) 09:41 (UTC)

ノート:ミュージシャン一覧 (グループ)にのみ、Tomato tomato tomatoさんが提案されているのを拝見しました。一覧記事のノートであるためか、ミュージシャン一覧 (グループ)には、ノートでの議論提起が貼られなかったためか、わかりませんが、どなたも意見が出てこないないですね。一覧記事をウォッチしている人があまりいないものかもしれません。プロジェクト:音楽家のノートあたりで議論するのが適切であるように思います。なお、大学の人物一覧は、同窓会名簿などをもとに、独立記事作成の目安を満たさない人物が追加されるおそれの強いものなので、そうした運用がなされたものだと思います。日本の個人、日本のグループあたりであれば、特に近年の方で赤リンクのものは除去した方が良いと思いますが、海外のミュージシャンなどで、他言語版に多く存在するが、日本語版にないだけならば、除去は不適当だと思います。--Tiyoringo会話) 2015年3月9日 (月) 12:06 (UTC)
大学の出身人物での運用を即座にミュージシャンに適用できるかというと、そうは思いません。音楽関連記事の執筆者の間で十分な議論を尽くした方が良いでしょう。--Tiyoringo会話) 2015年3月9日 (月) 12:09 (UTC)
貴重なご意見をありがとうございました。少しずつですが編集したいと思います。--Tomato tomato tomato会話) 2015年3月11日 (水) 11:18 (UTC)

声優の出演作品リストの表記について[編集]

最近、声優記事の出演作品のリストにおいて「'''○○○○年'''」を「===○○○○年===」に修正しているユーザーがいます[3]。同意も得ずに勝手に編集を行っているようなので取り消しを行ったのですが、本人は「その表記は間違っている」と取り消しを強行し要約欄にHelp: 箇条書き#見栄えにこだわらないを用いています。しかし、それを見ても特に出演作品のリストについては書かれておらず、正直このユーザーが書いたルールとそれ自体も正しいかどうか疑問を抱いております。

これまでWikipedia:スタイルマニュアルWikipedia:作品リストWikipedia: スタイルマニュアル (見出し)などを見てきたのですが、特にどちらが正しいのかを書いてありませんでした。声優の記事を編集を行っている方々に聞くのですが、どちらが正しいのでしょうか? 皆さんの意見を聞かせていただければ幸いです。--香辛料会話) 2015年3月10日 (火) 13:45 (UTC)

コメント '''○○○○年'''のような、シングルクオーテーション3つのマークアップは文字強調のためのマークアップであって、リストを作成するためのマークアップではありません。出演リストどうのこうのという問題ではなく、そもそものマークアップの使い方の問題です。見栄えのためにマークアップを使うと論理的構造の正しくないHTMLが生成され、たとえば視覚障害者向けのスクリーンリーダが文書の構造を正しく解釈できなくなり、有害です。終了。……というか、くだらないことで、ルールを作ると騒いで不自由さを増大させないでください。迷惑です。 というか、香辛料さんが何を以ってかかるクレームを申し立てているのかが理解できません。「同意も得ずに勝手に編集を行っている」と言っておられますが、それでは一体誰の同意を得ろ、と要求するおつもりなのでしょうか。記事は誰のものでもありませんし、そもそも許可など本質的には要りません。合理的な根拠もなく「同意も得ずに勝手に編集」と言って他者の編集を非難し、相手との対話をするでもなしに差し戻しを繰り返した香辛料さんにもまたWikipedia: 腕ずくで解決しようとしないは当てはまるでしょう。 それとも声優記事に関してスタイルなりマークアップなりについて合意が存在でもするのでしょうか。そうであるなら、まず相手にその合意(そのようなものがあるとして)を示して対話を試みるべきでした。 また、Wikipedia:スタイルマニュアルWikipedia: 箇条書きは全ての記事にかかわるものであり、なぜそれらの文書を持ち出しながら、「声優の記事を編集を行っている方々」にのみ発言を求めようとしているのでしょうか。何か多々勘違いがあるように見受けられます。--ikedat76会話) 2015年3月10日 (火) 13:59 (UTC)

終了 記事を私有化しようだなんて思ってはいませんが、確かに私の対話不足が問題であると自覚しました。私もユーザーにつらく当たってしまった部分もあったと思います。この井戸端はこれ以上続けるのは無意味なものと判断し終了します。お騒がせしてしまい、申し訳ございませんでした。--香辛料会話) 2015年3月10日 (火) 14:13 (UTC)

コメント ん?この話って「'''○○○○年'''」「=== ○○○○年 ===」とどちらが正?という話ではないのです?個人的にどっちも気に入らない(「;○○○○年」と「*作品名他」を使うべきじゃないんだっけ?)のですけれど。このあたりのことは確かに明文化(ルーリングという意味でなく、案内・周知されているかという意)されていない(少なくともプロジェクト:芸能人には記載がなかった)ので、うっかりシングルクォートで修飾したり節としたり(あるいはセミコロンが誤りであるなら、セミコロンとしたり)してしまう可能性はあります。で、正しいのがどれで、誤りなのはどれでそれが誤りなのはなぜなのか、というのがはっきりしないと案内できないし、確認させてくれということであれば、香辛料さんがここに節を立てたというのはわからんでもないです(というか、考えていて私もちょっとあれって思った)。というわけで、もう少し続行する意味はありそうですが、どうでしょう。 --いすか (/) 2015年3月11日 (水) 02:24 (UTC)

コメント 出演作品リストの出演時期に対する記述形式の指標はプロジェクト:芸能人にあるように「* タイトル(xxxx年、○○テレビ)主演・○○ 役」で統一する形で特に問題ないかと思います。ただ、同じ芸能人のカテゴライズでも、声優の場合は他の芸能人と違って短期間での仕事数が比較的多くリストが肥大化し易い傾向にあるので、ある程度の時期区間(10年,5年,場合によっては1年)で節に区分して可読性の向上やセクション単位での肥大化を抑制に勤めてもいいかと。--香幸料会話) 2015年3月11日 (水) 15:39 (UTC)

コメント '''○○○○年'''の記述に関しては出演作品リストのスタイル云々以前にマークアップ違反の問題がありますので、声優のカテゴリに限らず新規での使用は止めるべきかと思います。--香幸料会話) 2015年3月11日 (水) 15:39 (UTC)

ソックパペットとしてブロックされたユーザーのコメントに返信するのもなんですけれども、声優記事でよくある「作品名(役名)」の表記は、特に兼役をしている場合などにPJ:ENTAMEでの表記よりも理にかなっている表記であるように思いますね。--Knoppy会話) 2015年3月11日 (水) 19:12 (UTC)

コメント 香辛料さんが終了を上げてらっしゃいますが私も気になるので議論続行、あるいはいすかさんの案で(節・議論の)立て直しをしてほしいです。ちなみにセミコロン式は誤りだと私は思います。セミコロンはHTMLタグで<dt></dd>、コロンが<dd></dd>ですが、セミコロンとアスタリスクの形式だと対になる<dd></dd>がないので……詳しくはHelp:箇条書きを参照してください。--せちせち会話) 2015年3月11日 (水) 15:52 (UTC)

ああ、なるほど。セミコロンとアスタリスクの例だと、;2xxx年 *ぴよぴよ *ふがふがの出力は<dl><dt>2xxx年</dt></dl><ul><li>ぴよぴよ</li><li>ふがふが</li></ul>ですね。んで、これはぱっと見良さそうだけど、実のところは<dl><dt>2xxx年</dt><dd></dd></dl>が正だと(dt要素とdd要素は対になっていないといけないが、そうなってない)。ということは、あくまで、*ふがふが (2xxx年)という表記が基本で、数が多い場合には節へ年を分解してしまう(年が多くなるなら数年単位でまとめる)というのは、確かに良さそうに思えます(ただ、その場合は、数年単位でまとめた場合、年が明記されたときに比べて、示されている情報のがあいまいになるというデメリットはありますが)。節を使わないなら、素直に* 2xxx年 ** ほげほげを使うのがマークアップ上は正しそう。ちょいプログラム的な要素が入ってくるので、そっち方向に勘が働かないとサッパリだと思いますが、それだけに出演作品リストフォーマットの説明で、「こう書くとよい」という例示なり案内なりあったほうが、書く側も間違いを正して説得する側も楽そうかなという気はしました。ありがとうございます。 --いすか (/) 2015年3月11日 (水) 17:26 (UTC)
以前、香辛料さんの会話ページでこの辺の問題があったときにも少しコメントしていたんですが、Help:箇条書きの「推奨される例」の「箇条書き」(すなわち、いすかさんの言う「* 2xxx年 ** ほげほげ」)の形で良いのではないかと思います(問題となっているセミコロンとアスタリスクの方式、大半の声優記事とそれ以外の一部記事で用いられているようなので、この事例が軽く数千レベルは存在するため、修正の手間を考えても…)。また、その時にはプロジェクト‐ノート:芸能人プロジェクト‐ノート:声優で告知も行っておいた方が良いかもしれません。--松茸会話) 2015年3月11日 (水) 22:57 (UTC)

日本での有償の記事編集と開示条件[編集]

日本での有償の記事編集と開示条件は、英語版のものと同じで、支払者のみを開示すれば、金額や自分自身の実名は出さなくてよいと考えていいのでしょうか。(規約への内部リンクの作り方わかりませんでした) おそらく、日本語版では英語版よりも厳しい条件で対応した方がいいと考え、記事のノートにて実名を開示したほうがいいか考えてみています。家族と少し話合っているのですが、私が自分のDNA検査結果を含んで、未診断の病の診断を訴える電子書籍を執筆しているために、できればノートからFacebookの実名ページヘのリンクといった程度の開示にとどめておきたいと思っております。実際のところは、そうすぐに有償の記事編集の仕事が来るわけでもないのですが、Wikipedia上で実名が知られるかどうかは重大な案件であるため、早めに検討をしておきたいのです。

合わせて、執筆中の電子書籍を記しながら気づいたことをWikipediaの様々な希少疾患のページに反映させたいのですが、その書籍からのバイアスが導入されているとの指摘を後で受けるのが気になって筆が進みません。希少疾患は患者数が少ないことが特徴で、患者がパワー不足で書けない状態が慢性化しており、ほとんどの疾患について日本語版は英語版よりも見劣りします。そのことがまた情報不足で希少疾患の患者を孤立させ、多くは暮らしていくのがやっとのことで、まとまった時間を作ってWikipediaの書式を覚えて削除の憂き目に遭いながら執筆などしようとはなかなか思わないという悪循環に陥っています。この状況を改善しようと、自分で電子書籍を執筆しているのですが、どうしても医療批判となるので、実際に紙媒体とできるのはまだ先のことになりそうです。しかし、その過程で得た知識は、早めにWikipediaの各疾患のページヘと反映させた方が良いだろうと思われ、そういった作業の前に、透明性のため、執筆中の電子書籍ペンネームによるブログについては、ここで明かすことにいたしました。ブログ中でこの件に言及しているのは、2箇所()です。

こういった先例がすでにあるといいのですが、探した限り見つけたのは井戸端の営利目的についての議論から辿って、ノート:ショパールのみでした。実名までは明かしていないようですが、Wikipediaの開示基準は現在でも満たしています。

先例のように、雇用主を開示するという規約を満たし、透明性に配慮する態度さえ示せば、有償による寄稿は日本語版でも許容されていると考えていいのでしょうか。それとも実は別の議論があるのでしょうか。--Shellfrozen会話) 2015年3月11日 (水) 05:22 (UTC)

「日本語版では英語版よりも厳しい条件で対応した方がいい」というのはなぜそうお考えになったのでしょう。Wikipedia:利用規約はすなわちwmf:利用規約にリダイレクトされており、これはただのwmf:Terms of Useの翻訳です。利用規約は全プロジェクトで共通のこれ1つであり、日本語版ウィキペディアで独自の規約は設けていないはずです。一方で、Shellfrozenさんのご事情を全て理解しきったわけではないのですが、Shellfrozenさんはご自身の意思で寄稿しているのであり、誰かからウィキペディアを編集することそのものを委託されて報酬を受けているわけではないのであれば、そもそも有償受託寄稿はあまり関係のない話なのではないかと思います。あなたがウィキペディアに書く文章と電子書籍に書く文章は別のものですよね?--朝彦会話) 2015年3月11日 (水) 06:42 (UTC)
私が知る限り、日本には一人もウィキペディアン・イン・レジデンスがいないように見受けられることが、営利目的の寄稿として厳しいと考える理由です。実名を明かしているウィキペディアンが米国よりも著しく少ないと思われることも気になっています。ウィキペディアに書く文章と電子書籍の文章は別のものですが、稀に部分が似ています。例えば、希少疾患のページにある、日本、ヨーロッパ、米国での希少疾患の法的人口比が0.04%、0.05%、0.06%という数値は、まとめて出したのは、私の電子書籍が初めてで他で読んだことがないので、きわどいです。ただ、繰り返しになりますが、仰るとおり、文章としては別物です。--Shellfrozen会話) 2015年3月11日 (水) 07:06 (UTC)
失礼しました、「営利目的の寄稿」はミスです。有償ではあるが、営利目的にならない中立的な記述で寄稿するというべきでした。--Shellfrozen会話) 2015年3月11日 (水) 07:08 (UTC)
Shellfrozenさんは電子書籍を販売して(営利目的ではないにせよ)代金としていくばくかの金銭を受け取る、しかしWikipediaの編集作業そのものに対して誰かから金銭を受け取る訳ではないんですよね? 有償受託寄稿はステルス・マーケティングのようなものを想定したもので、Shellfrozenさんの事情が今私が前述したようなものならば、有料受託寄稿には当たらないと思います。むしろShellfrozenさんが気をつけた方がよいのは、自著作物の持ち込みでしょう。また、希少疾患の法定人口比がShellfrozenさんの著作以外に全く掲載されていない事柄ならば、独自研究の発表済み情報の合成として、削除される可能性があると思います。--Focaccia会話) 2015年3月11日 (水) 12:40 (UTC)
もうしわけありません。ペンネームや実名の開示と絡んで、2つのことが関連して起こるため、説明を分けたつもりなのですが、うまくなかったようです。ペンネームを開示しておかないと、電子書籍の内容と似せていた、電子書籍の内容を持ち込んでいた、それも「こっそり」とやっていたことが、「あとに」なってわかったということになるとまずいです。そのために、今回、ここでご相談したのが1件。仰るとおり、独自研究の可能性が生じてくるので、そういった前例があればどう扱ったか知りたく、ご相談しています。前例がなければ、私自身が注意を払い、みなさんには私の記事をそういう目で見て監視していただくしかないです。職業的に執筆を専門とする者がウィキペディアの執筆にも手を伸ばしやすいと考えられるため、実際にはこういったケースは私以外にも存在するはずです。ユーザ名で行っているから知られていないだけで。それと関係して、もう1件は、米国ではウィキペディアン・イン・レジデンスたちが有償で編集をしているのを、日本でも可能なのだろうかという確認です。実際には、ユーザ名で活動しているウィキペディアン・イン・レジデンスがいるとは思えません。調べた限り全員が実名、または実名と思えるペンネームで活動しているようでした。報酬を得ながら、中立の記事をユーザ名で書くのは元々無理があると思います。実名の方が中立の記事が書けるに決まっています。それに関して、日本のコミュニティとして、規約以外の何らかの合意がすでに存在するわけではないことを確認したいということです。後者は、もう答えが出ていると思います。どうやら規約どおりに解釈してよいようです。実際には実名を明かさないと雇用主だけが開示されるため雇うとは思えませんが、実名を明かすことの価値を事前にはっきりさせたかったのです。--Shellfrozen会話) 2015年3月11日 (水) 15:07 (UTC)
Shellfrozenさんの事情に対する私の類推は間違っていたみたいですね。Shellfrozenさんは将来、Wikipediaへの寄稿をShellfrozenさんのビジネスにしたいと考えておられるということでしょうか? 「電子書籍の内容と似せていた、電子書籍の内容を持ち込んでいた、それも「こっそり」とやっていたことが、「あとに」なってわかったということになるとまずいです。」というのは、著作権的に「まずい」と仰っているのではなく、報酬に関わる契約を結ぶ際にデメリットになる、「まずい」ことになる可能性をお考えということでしょうか? 単に著作権的に「まずい」とお考えなら、それは自著作物の持ち込みをお読みいただければ解決すると思います。
独自研究は別の話です。ShellfrozenさんによるWikipediaの編集内容が独自研究として削除されないようにするためには、出典を明記するをお守りいただければ解決すると思います。逆に言えば、出典を明記しながら記事を書いていくと、どうしても出典をつけられない部分に行き当たる、つまりその部分はShellfrozenさんの独自研究なのだ、すなわちWikipediaには掲載できない部分なのだ、とお考えください。「中立的」というのを随分気にされていますが、これも出典を明記することで解決できる部分は大きいです。実名か匿名かは無関係です。--Focaccia会話) 2015年3月11日 (水) 23:00 (UTC)
あれ、Shellfrozenさんの電子書籍はまだ公刊されていないのだから、持ち込みではなく単純なウィキペディアへの寄稿ではありませんか? 寄稿された内容はクリエイティブ・コモンズの表示-継承で使えるわけですから、内容を誰が有償で売ろうと自由なのですよ。有償で売るのが寄稿者本人であっても、第三者であっても。これは有償受託寄稿とは別の話です。--朝彦会話) 2015年3月11日 (水) 23:23 (UTC)
Focacciaさん、そうですね。独自研究的に、著作権的に、報酬に関わる契約で「まずい」、どれもありうると思います。そのまずいを予防するために自分の情報をある程度出すことにしました。
朝彦さん、そうです。公刊されていないかどうかは、出版のシステムによるため、執筆中のステータスのままパブーで公開しているというのは、公刊されている、されていないは判断が分かれます。ブログレベルとしては既に公表しているという判断になるのですが、書籍と考えた場合に公表はしているがISBNが割り当てられていない状態のままなので、公刊の定義によります。パブーだと、Amazonへ100円出品することでISBNが割り当てられるのでその時点で狭義の公刊となるのだと思います。ともかく、今回は恐れていたほど予想外の決まり事があるわけではないと知って安心しました。問題は規約の一部がまだ英語のままなので、私自身が完全には頭に入っていないことです。もっと深く調べるために日本語訳を作る時間がとれるかどうか、ちょっと考えます。--Shellfrozen会話) 2015年3月12日 (木) 00:42 (UTC)
ああ、すみません、ブログをやっておられるっておっしゃってましたね。見落としていました。ブログでも立派な著作物の公表です。(いまさらですがブログの幾つかの記事を拝見し、井戸端でのご質問に至った経緯をなんとなくですけど理解しました。)ここで記事を成す要素を「各事実」「構成」「表現」の3つにわけるとわかりやすいでしょうか? 独自研究や中立的な観点が問題になるのは各事実と構成、著作権が問題になるのは構成と表現です。各事実や事実を元にした主張を紹介する際は、ウィキペディアに書けるのは独立した、刊行済みの情報源にて公表済みの情報や意見のみです。著作物の持ち込みの手続きが必要となるのは、自分が他所(電子書籍もブログも含む)で展開した論じ方や、個々の文の表現そのものを再利用するときのみです。有償受託寄稿が問題となるのは、それが悪いことであるからというのではなく、事実の取捨選択などにおいて中立的な観点を保つのが構造上困難かもしれないにもかかわらず、百科事典としてウィキペディアが成功するためには有償で寄稿する人の存在を排除しきってしまうのはマイナスだからです。ウィキペディアン・イン・レジデンスはまさにそういう例ですし(日本ではほぼ皆無なのは残念です)、研究者、営利媒体にも寄稿している識者などは境目が曖昧になります。一方日本語版ウィキペディアにおいてはいかなる金銭の授受も悪として排除するべきとする論説や、宣伝と混同している意見を以前見た記憶がありますが、お気づきのようにそうした完全なる排除はむしろウィキペディアの発展を阻害するので、遵守すべきルールをはっきりさせておこうという趣旨のものがあの有償受託寄稿をめぐる取り決めであり、概ねこのあたりの認識は既にShellfrozenさんもよく理解されているのではないかと思います。さて、投稿しようと思われている内容にはまだ充分に世間に浸透していない事項やもしかすると医療批判も含まれるかもしれないとのことですが、こうしたトピックは論争を呼びがちなのはおわかりかとおもいますので、少しむずかしい分野であり、慎重になられるのは良いことです。偏った記述であるとみなす利用者もいるでしょうから、記述の帰属をはっきりさせ、具体的・客観的な記述に終始することが一層重要になります。方針やウィキペディアのビジョンに反しないよう注意深く進めておられるのはよくわかりますので、そのまま進めていかれると大丈夫ではないかと思います。また、規約については、私も翻訳をよくやっている人間ですのにそういった大事な翻訳にあまり関心を払ってこなかったのを悪く感じています。せっかくここで参照したので、規約や有償寄稿のFAQなどは近いうちに取り組んでみようと思っています。--朝彦会話) 2015年3月12日 (木) 02:58 (UTC)

神社の案内文の盗用は著作権を侵害しませんか[編集]

最近、神社や宮など神道の施設に案内板が設置されてきています。各都道府県の神社庁や神社自身が設置したり、地方公共団体などが設置したり、と様々ですが、その内容をまるまる盗用して記事を作成する例が相次いでいます。道路標識などとは異なり、案内板の文章ですと明らかに著作性のありそうな長文のものも散見されますし、これを丸々盗用するのは問題ではないのでしょうか。看板が設置されてからせいぜい長くても数十年でしょうし、著作権が切れているようにも思えません。堂々と盗用したことを宣言したうえで悪びれもせず「宮司からは許可は得ていません。確かな情報があれば、書き換えてくださるよう御願いします」などとのたまっている人もいるようですが(利用者‐会話:Ichiro Kikuchi#木花神社での約1年前の加筆について)、この辺りはどう判断すればいいのでしょうか。本や雑誌、新聞からの丸写しなら「あれ、これ著作権侵害かな」と頭に浮かぶ方も多いでしょうが、案内板からの丸写しの場合あまり著作権について意識する人もいないのかもしれませんが。そもそも案内板というのは著作物なんでしょうか。丸写しは許されているのでしょうか。—以上の署名の無いコメントは、126.174.57.122ノート)さんが 2015年3月11日 (水) 17:55 (UTC) に投稿したものです(36.2.114.64による付記)。

  • (コメント)当然、著作物です。ただし短文で「創建は◯◯年で、祭神は◯◯と◯◯、地元の崇敬を受けている」くらいなら事実列記とみなされるようです。歴史に絡んだ話がつらつらコピペされてるとかなら削除依頼送りを検討すべきでしょう。--KAMUI会話) 2015年3月11日 (水) 21:19 (UTC)
  • (情報)神道施設案内板からの盗用に限らず、[4][5]のような例も見られます。--114.49.4.147 2015年3月12日 (木) 00:38 (UTC)
  • コメント 例外として行政機関の設置したものの場合は、転載を禁止する旨が記載されていない場合、出所を明示すれば別に盗用にはなりません。--Afaz会話) 2015年3月12日 (木) 02:06 (UTC)
返信 (Afaz宛) え? 「行政機関の設置したものの場合は、転載を禁止する旨が記載されていない場合、出所を明示すれば別に盗用にはなりません」ってこれは本当ですか? 法律や条例なら全文丸写ししても著作権侵害にならないと聞いたことがありますが、それ以外なら当然著作権侵害になりますよね? たとえば地方自治体の出してる広報誌などは、転載を禁止する旨が記載されていなくとも、出所明記してまるまる全文写したら著作権侵害ですよね。アメリカ政府とかならセイフかもしれませんが、日本の行政機関の場合は別にPD宣言してるわけじゃないからダメではないんですかね…?--126.175.204.143 2015年3月12日 (木) 11:07 (UTC)
  • (質問)114.49.4.147様が追加情報で指摘された、コモンズにアップされている石碑の写真([6][7]]&[8])そのものは問題にならないのでしょうか?(コモンズからも削除すべきか否か)かなり古いものだったり文章を解読できない画質のものなら大丈夫とは思いますが、後者は昭和51年(1976年、約40年前)のもので、文章もはっきり分かってしまいます。--Assemblykinematics会話) 2015年3月12日 (木) 10:34 (UTC)
返信 (Assemblykinematics宛) 昭和51年の石碑の画像なら、碑文が読めようが読めまいがコモンズでは受け入れ不可の画像ではないんでしょうか。(cf. Wikipedia:屋外美術を被写体とする写真の利用方針)--126.175.204.143 2015年3月12日 (木) 11:12 (UTC)
著作権法的には、
  • 事実の列挙なら、創作的な表現でないってことでセーフです。著作物性がない。
  • 法令などが転載できるのは、権利の目的とならないから(第十三条)
  • afazさんの行政機関の設置したものの場合というのは、三十二条2を想定されていると思うのですが「刊行物に転載」は公衆送信を含むかどうかは議論があります。「第三十二条2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」。
  • 碑文が読めないなら、その文章については思想や感情を感得できないので、保護されません。碑そのものの造形が美術の著作物となるなら、(屋外にあるなら)屋外美術として権利制限ってことで、日本語版で使用可能。削除の前に、日本語版に再アップロードして、コモンズの削除依頼。
  • PD宣言のところ。日本の行政機関は、今のところ国の省庁はかなりオープン化に進もうとしていて、多くのgo.jpのサイトが「政府標準利用規約(第1.0版)」を採用し、CC-BYにかなり近い使い方ができるようになりました。先日「地方公共団体オープンデータ推進ガイドライン」が公開され、この流れが地方自治体に波及しようとしているところです。このガイドラインでは、CC-BYが推奨されています。「政府標準利用規約(第1.0版)」は、一か所問題含みな条項があって、厳密にはオープンじゃなくてCC-BY-SAに再ライセンスするのはリスクがあります。ウィキペディアで使うことでは規約に違反しないが、著作権者でない投稿者がCC-BY-SAでライセンスすることに形式的な問題がある。ただ、ほとんどの使用方法で問題を生じないし、「オープンでない」ことやCC非互換は問題視されているので、じきにその問題となってる条項は外れるんじゃないかなと見込んでいます。--Ks aka 98会話) 2015年3月12日 (木) 12:15 (UTC)
コメント Afaz様の指摘には、「Wikipedia:引用のガイドライン#引用の要件を満たしていない場合」中の「編集による修正」を受けての意味も含まれていないでしょうか。削除依頼に出す必要がないというだけで、必要最小限でないといけないなど、引用の要件を守る必要はあるように思います。--Assemblykinematics会話) 2015年3月12日 (木) 12:31 (UTC)
(ここでいいのかな?)えっと、
  • いわゆる引用の要件を満たしていれば、国若しくは地方公共団体の機関云々や広報資料その他これらに類する著作物とか関係なく、利用できます。
  • 三十二条2での利用は、「国もしくは」「広報資料その他」などの条件さえ満たし、「説明の材料として」必要ならば、まるまる転載してもOKっていう条項です。
    • ただし、公衆送信を含むかどうかは議論があるので、ウィキペディアではこの条項を使って転載することは形式的にリスクがあるので、避けられてきました。
  • 引用の要件を満たしていない場合は、たいてい著作権侵害で削除しないといけないんですけど、ガイドラインで示されてる「政治上の演説等の利用」は、40条1の規定によって権利制限されるので、引用の要件を満たしていなくても著作権侵害にはならず、削除しなくていい。しかし引用の要件は百科事典の記述としても重要なので、修正してくれ、というのがガイドラインの意図するところです。
  • 国などの広報資料のことがガイドラインに載っていないのは、三十二条2はウィキペディアでは使えないから、引用の要件を満たしていなければ、ガイドラインとしては削除依頼に出すことを意図してるってことです。--Ks aka 98会話) 2015年3月12日 (木) 13:16 (UTC)
返信 (126.175.204.143様、Ks aka 98様宛) 画像についての質問へのご回答、ありがとうございました。--Assemblykinematics会話) 2015年3月12日 (木) 12:31 (UTC)
  • 質問 なるほど、そうしますと114.49.4.147さんの指摘しているコモンズの石碑画像([9][10]]&[11])そのものは問題ということでよいのでしょうか。
この石碑は単なる石のかたまりではなく、加工されて昭和51年7月に設置されています。「碑そのものの造形が美術の著作物となるなら、(屋外にあるなら)屋外美術として権利制限ってことで、日本語版で使用可能。削除の前に、日本語版に再アップロードして、コモンズの削除依頼」ということなんですが、石の彫り方に創作性がありそうですし、文章を揮毫した人の氏名や、その揮毫に従って石碑に文章を刻みこむ等の加工した業者の社名が、しっかり銘記されているので(「謹書」「謹刻」の部分)、著作性があるのではないかと思います。港に設置されており屋外であろうことは間違いない。ということは、コモンズでは受け入れ不可の画像だから削除依頼をっ出すべき、もしウィキペディア日本語版のほうに再アップするならWikipedia:屋外美術を被写体とする写真の利用方針に従えば受け入れ可能、こういう感じでしょうか。--126.250.140.198 2015年3月21日 (土) 20:51 (UTC)
  • コメントちょっと話の腰を折るようで、いまさら本論から外れるようで申し訳ないのですが、一つ、誤認があるようなのでいちおう指摘しておきます。今回の議論の発端になっているこの案件は「神社の境内に設置されている案内看板からの盗用」ではありません。(おそらく)神社で配布している印刷物(を転載した個人サイト)からの盗用です。削除依頼の説明と、転載元になっている個人サイトをよく見ればわかるのですが、「案内看板」ではなく「現地で配っている案内文章」なのです。(私も最初、思い違いをしました。)由緒書きなどをコピーしたA4の紙やリーフレットを配ったり置いている神社は(無人の神社でも)たくさんあります。ちょっとした観光地でもそういうのはいっぱいあるでしょう。こうした紙が「信頼できる情報源」「検証可能性」に適うのか、著作物として扱うにはどうするのか、という問題は当然あるでしょうが、いずれにしろ「公的な案内看板」とはまるで違うものです。どちらかと言うと、「駅で配っているチラシ」とか、「入場するときにくれるリーフレット」みたいなものでしょう。
今回の事例ではその「配布文書」を直接確認することはできないのですが、この神社のことを記したブログや個人サイトを20ぐらい見ましたけれど、そんな「案内看板」を写した画像が1枚もありません。(そういう看板が現地にあれば、必ず誰かが写真をアップしているものです。)たぶんですが、「配っている紙」を基にした「個人サイト」があり、さらにその個人サイトをパクった、というのが今回の事例です。
もちろん、その特定の事例を離れて、一般論として現地看板や石碑に関する見解を論じていただくことは役に立ちますし、それは妨げないのですが、気になったので一応。--柒月例祭会話) 2015年3月22日 (日) 16:15 (UTC)
  • ついでに、関連の先行議論を紹介しておきます。(これらは「きちんと出処を示した上で出典にできるか」という主旨ですが。)

--柒月例祭会話) 2015年3月22日 (日) 16:17 (UTC)

文章を揮毫した人の氏名や、その揮毫に従って石碑に文章を刻みこむ等の加工した業者の社名は、創作性に関係ないです。石碑自体の著作物性は、よほどでないと認められないと思います[12]
あと、いちおうこういうサービスがはじまってますね[13]。アップロードはそっちで、それを理由に書くとかなら、まだマシかも。
この種の案内板は、書き手も様々ですが、地域保存会や郷土史の人たち、あるいは教育委員会あたりでも、他所でうまくまとまったかたちで発行している資料がない場合もあるでしょうから、より信頼できる情報源を探すのが好ましいが、信頼性を理由に(パンフレットなどは検証可能性から困難がある)、これを使って書くことをとがめるのは難しそうです。--Ks aka 98会話) 2015年3月24日 (火) 06:16 (UTC)

「雑多な内容を箇条書き」について[編集]

ある編集者によってグローバル・インバランス通貨安競争ポール・クルーグマンそれぞれの項目に、Template:雑多な内容の箇条書きが貼り付けられました[14][15][16][17]。私としてはテンプレートを貼り付けて改善を求めるようなものではないと認識しています。利用者‐会話:チンドレ・マンドレ#編集の差し戻しについてでも相手との議論は平行線のままです。グローバル・インバランス#議論通貨安競争#学者の見解ポール・クルーグマン#人物ポール・クルーグマン#主張の節はWikipedia:雑多な内容を箇条書きした節を避けるに該当するかどうか第三者の意見をお聞かせください。--チンドレ・マンドレ会話) 2015年3月12日 (木) 16:51 (UTC)

第三者の意見を求めるのが目的でしたらコメント依頼が適切でないでしょうか?また対立者であるShuBraquelさんには井戸端に議論が移ったことを通知していないようですし、私は概ねチンドレ・マンドレさんを支持しますが、このまま議論を進めるのは大変不適切と考えます。
--Gowithitjam会話) 2015年3月13日 (金) 01:44 (UTC)
Gowithitjamさんが私の名前を言及してくださったので、アラートによってこの井戸端で私に関係する議論がされていることを知ることができました。ありがとうございました。本題についてですが、すでに「雑多な内容を箇条書き」テンプレートが貼られている記事・節(例えばゴー傑P#基本的な番組の流れ、および特徴将棋のアマチュア棋戦エボラ出血熱#症状と治療朝比奈切通しなど)を見れば、問題となっている節に「雑多な内容を箇条書き」テンプレートを貼る行為はそれほどおかしな行為ではないと私は思います。--ShuBraque会話) 2015年3月13日 (金) 03:02 (UTC)
参考として、私がテンプレートを節に貼ったときのポール・クルーグマンの記事を貼っておきます。現在はチンドレ・マンドレさんが文頭の「・」を削除し、多少文章を移動させたりしたようです。--ShuBraque会話) 2015年3月13日 (金) 03:06 (UTC)

ShuBraquelさんに議論が移ったことを通知出来たので私からも意見します。まず先程のチンドレ・マンドレさんを支持すると表明しましたが、幾つかの勘違いがあった為、表明を取り消させて頂きます。
チンドレ・マンドレさんは文章を一纏りにしていない理由として、独自研究を挙げていますが、特定の観点を推奨する形にならない様に一つの文章に纏めることは可能ではないでしょうか?Wikipedia:独自研究は載せない#特定の観点を推進するような、発表済みの情報の合成にあるよう「また」で接続するなどすれば問題はない筈です。口で説明するのは少々難しいのでまずは改めてマニュアルを御確認下さい。
--Gowithitjam会話) 2015年3月13日 (金) 04:06 (UTC)

ShuBraque氏に質問ですが、例えば仮に通貨安競争であれば通貨安競争#学者の見解ポール・クルーグマンであればポール・クルーグマン#人物ポール・クルーグマン#主張が「比較的範囲の限られたテーマについて情報を精選した」内容でないのであればポール・クルーグマン#論争・批判通貨安競争#2009年以降の通貨安競争などは、どうなのでしょか。通貨安競争#学者の見解がダメで通貨安競争#2009年以降の通貨安競争はOK、ポール・クルーグマン#人物ポール・クルーグマン#主張がダメでポール・クルーグマン#論争・批判はOKという判断基準がいまいち理解できません。後ShuBraque氏は、「比較的範囲の限られたテーマについて情報を精選した」内容と判断したとのことですが、あなた自身は一つの文章に纏めるといった編集を行う気はないのでしょうか。また、その気が無いのであればその理由はなんですか(因みにこの質問はおまえがやれ的なニュアンスのものではありません)。後Gowithitjam氏にも質問ですが「マニュアル」というのは具体的にどれを指しているのか教えていただけませんか。後このまま「雑多な内容」が改善されなければ該当する記事は除去が妥当であるとお考えでしょうか(これはただの確認です)。--チンドレ・マンドレ会話) 2015年3月13日 (金) 08:58 (UTC)--チンドレ・マンドレ会話) 2015年3月13日 (金) 09:03 (UTC)

テンプレートを貼っていないからといってOKと判断したわけではありません。特に改善が必要だと思われるところにテンプレートを貼っただけです(すべてはがされてしまいましたが)。テンプレートを貼っていないからといってOKだと判断する根拠はなんでしょうか?それから、「あなた自身は一つの文章に纏めるといった編集を行う気はないのでしょうか」とのことですが、そのような問題が見受けられるのであれば当該記事のノートや私の会話ページで対処してください。スピード違反の論理のようなもので、仮にそのようなことがあったとしてもこれは本題に関係ありません。最後の質問についてですが、すでに会話ページで述べたように該当部分を削除しようという意思は全くないですし、推奨されている方法での対処をお願いします。チンドレ・マンドレさんはWikipedia:腕ずくで解決しようとしない#いつまでも「納得」しないに抵触しないために、意図の不明瞭な質問ばかり繰り返すのではなく、なぜ当該テンプレートを貼るのがおかしいと言えるのかを簡潔に述べることをお願いしたいです。--ShuBraque会話) 2015年3月13日 (金) 10:03 (UTC)
どういった記事にすればあなたが求める「比較的範囲の限られたテーマについて情報を精選した」になるのか私には理解できないので、私には手直し仕様がないというのが本音です。とりあえずテンプレートを戻しますがそれでOKですか。--チンドレ・マンドレ会話) 2015年3月13日 (金) 10:17 (UTC)
うーん、完全に納得されていないのでしたら、もう少し意見を募って見てもいいと思いますよ。私も、自分の意見がいつも正しいとは思いませんし、より賢い人がよりよい意見をくれるかもしれません。執筆者と思われるチンドレ・マンドレさんにある程度の納得をしていただければ、時間があるときには、ひょっとしたら私がもとの出典や文をなるべく残す形で一つの文章にまとめることをやってみるかもしれません。申し訳ないですが、確約はできないですが・・・。--ShuBraque会話) 2015年3月13日 (金) 10:34 (UTC)

追記:確約ができないとは、そろそろプライベートのほうが忙しくなってくるため、そのような編集をする時間がないかもしれないという意味です。--ShuBraque会話) 2015年3月13日 (金) 10:39 (UTC)

チンドレ・マンドレさん、Wikipedia:独自研究は載せない#特定の観点を推進するような、発表済みの情報の合成をもう一度御確認下さい。複数の情報源から文章として一纏りにすることには問題はなく、問題になるのは『Aである(出典1)。この結果Bとなった(出典2)。』のような書き方であって『Aである(出典1)。またBとなった(出典2)。のような書き方であれば問題ない筈です。
議題となっている記事は非常に低品質...とまでは言いません。ただ改善の余地は明らかに残ってますからShuBraqueさんチンドレ・マンドレさんには記事をいかに改善するかを考えて頂きたいです。
--Gowithitjam会話) 2015年3月13日 (金) 14:18 (UTC)
修正。利用者名が間違ってました。--Gowithitjam会話) 2015年3月13日 (金) 20:49 (UTC)
追記:たいへんそうな仕事なのですべて私がする。。というのは難しいですが、でも多少はやってもいいかなとは思います。誰がやってもいいわけですから、やっぱりテンプレートを貼っておくのがいいかもしれないですね。--ShuBraque会話) 2015年3月13日 (金) 20:18 (UTC)

ShuBraqueさん、失礼しました。最後のメッセージはチンドレ・マンドレさん宛です。チンドレ・マンドレさんのスタンスはどうも「記事の改善のため」でなく「何方の主張が正しいかを争ってる」ように感じられたのであのようなメッセージを書きました。大変失礼しました。お恥ずかしい限りです。
--Gowithitjam会話) 2015年3月13日 (金) 20:49 (UTC)

了解致しました。どうぞお気にせずに。m(_ _)m--ShuBraque会話) 2015年3月13日 (金) 21:07 (UTC)

提案 一日経ちましたが、特に意見はつかなかったので、テンプレートを該当部分に貼るということで良いでしょうか。これで議論終了してはどうかと思います。--ShuBraque会話) 2015年3月14日 (土) 13:47 (UTC)

コメント 該当記事、該当の節を読んでみましたが、どちらの考えも分かるなぁ……というのが実感です。
まず、Template:雑多な内容の箇条書きに書かれている趣旨以外にも、箇条書き形式の節があると細かなエピソードがとりあえず書き込まれてしまって収集が付かなくなることが多いため、それを防ぐためにもテンプレートを貼る、という受け止め方をしていました。雑多な内容の箇条書きである節には、Template:出典の明記Template:独自研究も貼られているケースも多いようです(例1例2例3例4)。そういったこともあり、“*”を用いた箇条書きスタイルが解消された時点でテンプレートを撤去する、というのは不自然には感じません。
また、現在の問題になっている箇所を読むと、確かに読みにくい・把握しにくい状況ではあるようです。記事を読んでいる際にはついつい読み過ごしてしまうため、テンプレートで改善を促す意義は大きいと感じます。ノートに改善提案をしていても、よほどその記事に着目している方でないと気付かないと思いますし……。ただ単純な読者として記事を読んだ場合には、テンプレートが貼られている節を避けて読んでしまう可能性もあると思います。
基本的には他の方もおっしゃられているように、単純に記述をまとめる(つなげる)こと自体には問題がありませんので、記述の改善を図っていくことになると思います。その際にお二人で合意が得られればテンプレートを貼っても良いと思いますが、「“*”による箇条書きになっていないから」ということでテンプレートを撤去する方がまた出て来る可能性もありますので、無理にテンプレートを貼らないという選択肢もあるでしょう。
なお、幾つかの人物記事で修正をしてきましたが、小節を追加したり(これはチンドレ・マンドレ様もなさっていますね差分)、場合によっては記述を他の節に移動、さらには記事全体の節構成を再編する必要もありました。また、情報が足りない状態ですとまとまりのある段落を構成しにづらいため、自分で出典をあたって情報を追加しないといけない場合もありました(例:吉田茂や北進論に関する記述)。存命人物や最近の出来事に関する記事の場合は状況が変わっていったりもしますので、慌てずに腰を据えて取り組んでいくぐらいが良いと思いました。
解決しかけの状況ではありましたが、井戸端ということもあり、参考になればと思いコメントさせていただきました。参考になれば幸いですし、指摘・補足いただけると有難いです。--Assemblykinematics会話) 2015年3月14日 (土) 13:47 (UTC)
Wikipedia:箇条書きには
「箇条書きは適切な場合にのみ用いるべきです。」
とありますし、Wikipedia:雑多な内容を箇条書きした節を避けるには
「文章はただ単に列挙するだけでなく、一連の流れを持った文書となるようにきちんと組み上げましょう。」
とあるのですが、私にはグローバル・インバランス#議論通貨安競争#学者の見解ポール・クルーグマン#人物ポール・クルーグマン#主張は細かいエピソードをただ単に列挙しているように見えます。また、箇条書きをする「適切な場合」に当てはまるのかも怪しいと感じたのでテンプレートを貼りました。私には、かなり改善の余地があるように見えます。内容はほぼ変わらなくとも文頭の「*」を取れば箇条書きと見なされないかどうかは曖昧なところですが、他の記事・節を見る限りでは文頭に「*」がないケースでも該当テンプレートは使われています。
誤解しないでいただきたいのは、私はこれらの該当部分を削除しろとか縮小しろとか言っているわけではなく、単にテンプレートを貼り、改善を促したいだけだということです。なるべく元の形を残しつつより読みやすい一つの文章にするのが理想ですし、そのためにテンプレートを貼りたいということです。テンプレートを貼って、該当部分が改善されれば誰かが剥がしてくれるでしょう(テンプレートを貼った人が剥がさなければいけないわけではありません)。実際にはほとんど時間が経たず、大きな改善も見受けられずに執筆者本人と見られるチンドレ・マンドレさんにリバート・削除がされたのでその詳しい理由を尋ねましたが、多少なりとも改善の余地があるのはみなさんも認めるところですし、改善を促すテンプレートを貼る行為はおかしな行為ではないと思います。私の記事にも改善を促すテンプレートが貼られたりするので、不快な気持ちもわかりますが、「貼ってはいけない」とまでする理由は今のところないのではないかなと思います。。--ShuBraque会話) 2015年3月14日 (土) 14:47 (UTC)
誤解しないでいただきたいのですが、先程の書き込みの意図はShuBraque様のご意見・ご見解を支持しているつもりで、テンプレート設置に何も不備はないと考えています(「…確かに読みにくい・把握しにくい状況ではあるようです。…」の段落で肯定したつもりでしたが、テンプレートの意義との関係性について説明不十分だったかもしれません)。ただ、現実問題としてテンプレート設置にはリスクがあるというだけですので……。--Assemblykinematics会話) 2015年3月14日 (土) 15:01 (UTC)
そうでしたか。。誠に申し訳ありませんでした。私の勘違いでした。。第3者的な、客観的意見をいただき、誠にありがとうございました。私は見落としていた点もよく知ることができました。--ShuBraque会話) 2015年3月14日 (土) 15:10 (UTC)

提案  お二方から意見をいただきました。お二方は仲裁をしていただき、ありがとうございました。。m(_ _)m テンプレートの貼りつけは一定の意義があるという意見が多かったようです。チンドレ・マンドレさんにもし異論がなければ議論を終了するべきだと思うのですが、チンドレ・マンドレさんはいかがでしょうか。--ShuBraque会話) 2015年3月14日 (土) 15:26 (UTC)

議論が終結しつつあるところに余計な口出しかもしれませんが、日本語版のTemplate:雑多な内容の箇条書きは英語版などでいうところのen:Template:Trivia「雑多な内容のリストの節は避け、他の節に組み込むなどしてください」と、en:Template:Prose「散文体が望まれます」の両方を役割を果たしており、全く違う内容なのにひとつのテンプレートですませようとしているからこのような意見の相違が起きるのでしょうね。もともと前者は、一時期「エピソード」や「豆知識」などという節でリストを設けている記事があまりにも多すぎたためそれに対応するために生まれたものですが、Proseに相当するものが日本語に持ち込まれていないためにその役割も担うようになってしまったのが混乱のもとだと思います。--朝彦会話) 2015年3月14日 (土) 15:44 (UTC)
英語版にはそのようなテンプレートがあるんですね。。知らなかったです。確かにen:Alabama Shakes#media appearancesen:Corbin, Kentucky#cultureなどを見るとProseの形が望まれますというテンプレートのほうがより適切な気がしますね。--ShuBraque会話) 2015年3月14日 (土) 22:07 (UTC)

参考までにチンドレ・マンドレさんは利用者‐会話:チンドレ・マンドレ#編集の差し戻しについてにて『「雑多な内容」だと認識していません』と表明されています。またWikipedia:ウィキペディアでやってはいけないこと#独断でメンテナンス用テンプレートを剥がそうとすることにも御理解頂けているのか怪しいですし、私もチンドレ・マンドレさんの御考えを改めて確認したいです。
--Gowithitjam会話) 2015年3月15日 (日) 03:50 (UTC)

コメント 朝彦様、情報ありがとうございました。やはりWikipediaの創立当初から参加されている方の意見は貴重ですね…。井戸端に顔を出していて嬉しくなるところです。勉強になりました。あとチンドレ・マンドレ様でありませんが、以下、第三者として思ったことを…。

雑多な内容と判断するか否かは、該当記事の内容について精通しているかどうか、Wikipediaの記事をどの程度のクオリティと捉えているか・期待しているか、にもよると考えています。対象に対する意見や評価については、人基準でまとめるのか論点基準でまとめるのかは、揉めることが多いようですし…。今回は人によって判断が分かれても仕方がないケースだったような気がします。

また、明らかに問題が解消されている場合(例えばTemplate:孤立でどこからかリンクされるようになった場合、明らかにテンプレートの意味が誤解されている場合)には、要約欄に理由を記入した上でテンプレートを撤去するのは割と許容されているが現状だと思っていましたが……(もちろん揉めそうな場合はノートにひとこと書くべきですし、今回の場合、ポール・クルーグマンの編集では理由を書かれていらっしゃいませんが…)。気を付けないといけませんね。

あとShuBraque様の議論終了のご提案ですが、テンプレートを復帰させることについては、月曜の朝までに異論がなければ実行に移して良いのではないでしょうか(井戸端ですので、それ以降も意見が寄せられてしまうかもしれませんが…)。--Assemblykinematics会話) 2015年3月15日 (日) 13:12 (UTC)

チンドレ・マンドレさんは忙しいのか私やGowithitjamさんの呼びかけ・提案には返事がないので、Assemblykinematicsさんのご提案に沿う形で、月曜の朝まで返事がない場合にはテンプレートを復帰させようかと思います(Assemblykinematicsさんもおっしゃっていますが、もちろん議題となった問題が改善されれば誰かがテンプレートを剥がすことを妨げるものはありません。ただ、私の私生活の事情で若干テンプレートを復帰させるのが遅れるかもしれません・・)。意見をくださった御三方は、どうもありがとうございました。それぞれの意見が、とても参考になりました。--ShuBraque会話) 2015年3月15日 (日) 14:50 (UTC)

チェック テンプレートを復帰しました。--ShuBraque会話) 2015年3月15日 (日) 22:47 (UTC)

Windows用Wikipedia公式アプリ試用報告[編集]

Windows用のWikipedia公式アプリで閲覧してみましたが、日本語版の表示に問題がいくつか見受けられました。なお、個々のページを直しても根本的な解決にはならないので、バグの報告、表示改善でなく、こちらで報告しています。

レイアウトで考慮すべき、このアプリでの表示の特徴を以下にまとめます。

  • 段組み構成で、右にスクロールします。h2 で改段されます。
  • モバイルビューとことなり、本文を折りたたむ機能はありません。
  • 実質的な表示領域は縦長になります。アプリの仕様の問題ですが、横長の画像や math は切れます。スクロール可能な要素に入れて窓表示はありです。tableは画面全体に表示可能です。
  • {{col}}などでの段組みの作成は、段組みの中に段組みを作るので、表示がよくありません。要素に十分な高さが割り当てられない場合もあります。ただし、脚注テンプレートの段組み指定は無視されるので害がありません。

  • table は全て折りたたまれており、同時に一つだけポップアップで表示できます。
  • {{脚注ヘルプ}}など、レイアウトの一部を table で作る処理は意図通りの表示にはなりません。複数の要素を組み合わせて表示するためには、全体を一つの table にいれるか、div で定義する必要があります
  • class="wikitable" の表は、白地、白枠で表示されます。これにより、枠線の存在を前提とするレイアウトの表は、明示的に書式指定が必要になります。
  • class="sortable" は機能しません。
  • Navbox は見た目が大きく変わることがあります。 hlist を指定しても、一行、一項目の箇条書きになります。日本語の列見出しは特に理由、書式指定がなければ、一文字ごとに改行してくれます。
  • table は全て折りたたまれています。

  • アプリのバグだと思いますが、「#アンカー名」形式のリンクは、飛び先が画面右端に配置されわかりづらいです。「記事名#アンカー名」は冒頭が表示されます。
  • 目次は全く異なるレイアウトで、別画面に表示されます。手動で作成した目次は表扱いで表示できますが、上の問題により機能的でありません。
  • Infobox など、ブラウザで冒頭文の右側に表示されていた要素は、ソース通りの順番に表示されます。「○○を表示」とだけ書かれたBoxが、冒頭文の前にでかでかと表示されます。
  • 記事に Category は表示されません。
  • Category ページは説明文のみが表示されます。これは五十音の一覧が必要な場合に Category で代用すると、アプリ利用者が情報を得ることができないことを意味します。
  • {{Law}}などの閲覧者向けの注意事項が、初期状態で表示されなくなっているので、書式修正が必要です。
  • 「:」の複数使用は貴重な横幅を浪費します。

モバイルビュー以上に表示制限がきつく、{{col}}のような凝ったスタイルは表示が乱れることがあります。また、tableは本来の用途以外に使わない、表は参考資料的なものとみなし、表を見てほしい場合は本文でも言及するようにする、といった工夫が必要になるかと思います。

アプリの使用感としては、記事が本のように読めるという印象です。ノート、管理ページの閲覧には適さず、読者向けに特化しています。なお、メイン環境はWindowsPCですが、時間的にはサブ環境の方が長いので、が質問に答えられる機会は少ないです。 --Yhiroyuki会話) 2015年3月15日 (日) 06:17 (UTC)

Windows 8 環境を使っていないのでこのアプリについて知りませんでしたが、調べてみたところ、財団のWikimedia mobile engineeringチームにより2012年10月に公開されたものの、2014年11月にはPhabricatorにて非公式サポートであるとのタグ付けがなされ、数日前に財団のディレクター・オブ・モバイルのwmf:User:Tfinc氏がサポートを中止したと発言しているのを見つけました。せっかく挙動を調べてくださったところ残念ですが、財団としてはサポートは放棄したようです。(オープンソースですからいずれ有志が対応することがあるかもしれませんが、Phabricatorのタグを2人しかフォローしていないことからも考えにくく)--朝彦会話) 2015年3月16日 (月) 20:52 (UTC)

iPhone版Wikipediaのノートページへの移動改善について[編集]

2015年3月16日現在、iPhone版Wikipediaゼロの各記事から「ノート」ページへの直接の移動ができす、大変不便です。一番下の編集履歴や他言語版あたりにアイコンだけでも設置して頂けると助かります。--Rapid double plus会話) 2015年3月16日 (月) 16:13 (UTC)

iPhone版に限らずAndroid版も含めた問題として、開発チームはこの問題を以前から認識しているものの、他の問題に比べて優先順位が低いものであると分類しているようです。該当バグ phab:T64776, phab:T89606, phab:T92285 など。一方、アプリではなくブラウザでのモバイル版フロントエンドでは機能追加に向けて作業が進行中で、もうしばらくすると実装されるかもしれません。該当バグ phab:T54165。--朝彦会話) 2015年3月16日 (月) 16:39 (UTC)

英語版からの履歴継承を行なわない転記への対処[編集]

一部の「各年の台風」記事で英語版から「Seasonal Summary」の転記が同じ利用者によって履歴継承無しで行なわれているのを確認したのですが、この様な場合の履歴補填の正しい手順(版指定削除などの処置を含む)を示した文書はありますでしょうか? 対象は2004年の台風2005年の台風2006年の台風および、文章も丸ごと転記していたので先に気づいた2002年の台風削除依頼提出済み)です。2002年の方は一旦白紙化してしまったのですが、こっちも救済可能なら(内容はテンプレと画像以外全く無いものの)残した方がいいのかな、と。--KAMUI会話) 2015年3月16日 (月) 21:05 (UTC)

基本は、最新版で履歴継承して、履歴の問題のある記述は全部復帰して(未翻訳の英文などは復帰しなくてもいいですが)、転記された版からその直前の版までを版指定削除。ただ、2004年ほか差分で示されているものは、創作性ないってことで、このままでもいいと思います。--Ks aka 98会話) 2015年3月23日 (月) 08:09 (UTC)
一応、自分でやった時には版を分けて履歴継承したので、本当に大丈夫なのかちょっと微妙な気はしますが・・・ありがとうございました。--KAMUI会話) 2015年3月23日 (月) 12:48 (UTC)

統一ログインへの完全移行に伴い名前が変更される利用者への個別メッセージ[編集]

本日、アカウント統一手続きを実行しておらず他のウィキの利用者名と名前が衝突する各利用者の会話ページに、改名を予告するメッセージが一斉送信されたとのことです。ご自身のアカウントの状況は「グローバルアカウント情報」で確認できます。グローバルアカウントに統一されていない各ウィキのアカウントは、2015年4月に強制改名される予定で、他のウィキの同名アカウントと区別するために、日本語版ウィキペディアの利用者の場合ですと名前の最後に ~jawiki が付与されるとのことですが、改名に先立って、m:Special:MergeAccount(アカウントの統一)ページでお使いのアカウントをグローバルアカウントに統一できます。日本語版ウィキペディアの井戸端での関連議論は「Category:井戸端の話題/統一アカウント」にまとめられています。--朝彦会話) 2015年3月18日 (水) 14:10 (UTC)

と言っている間に、何者かがUser:Jkr~jawikiを取得していた模様です。もっとも、自身の持っているUser:Jkrはあくまで名前を押さえるためのものでしかないので、どうなろうとも自分自身の活動に影響しないと言えばそうなのですが、このような場合にどうなるのか気になります。--Jkr2255 2015年3月26日 (木) 09:58 (UTC)
これはいけませんね。数日前に phab:T93506 が出ていますのでさしあたってはそちらで対応を検討してみます。--朝彦会話) 2015年3月26日 (木) 15:21 (UTC)

引用と情報源の明記(翻案)についての質問[編集]

ある編集者に引用と、情報源の明記の違いについて説明したいのですが、どういえば適切なのか分かりません。引用とは一般に、

Aは「○○○」といっている。

という記載の場合の括弧内の文章のことと理解します。

そして、情報源の明記とここでいうのは、

Aは○○○によってBとなった。<脚注>

という記載の場合の、脚注によって情報源が明記された文章のことで、これは一般に「翻案」であると理解します。

この理解は間違えていますか?Wikipedia:引用のガイドラインWikipedia:出典を明記するを閲覧しましたが、これらの違いについて明確に書かれた箇所が見当たらないので質問しました。

また、この<脚注>を同一の文献によって加筆したところ、引用における主従逆転と指摘されたのですが、Wikipedia:良質な記事の幾つかの記事を閲覧しましても、私の理解は間違っていないようです。

議論はノート:ハル・ノートにおいてのものです。--さんぽーる会話) 2015年3月20日 (金) 13:17 (UTC)

簡単に言って、
  • 「引用」は、引用の要件と呼ばれるものを満たしつつ、「転載(コピペ)」を行うもの。ただし、引用の要件の中に「情報源の明記」も含まれる。
  • 引用の形式を取らない場合の「情報源の明記(ウィキペディアにおける出典)」は、ウィキペディアの編集者が「独自に書いたもの」に、その事実関係が正しい/外部で言及されていることを示すために、何らかの情報源を示すこと。
と理解しております。「出典」で辞書を引くと、引用に対してなされるもの点が強調されて説明されていますので([18])、ウィキペディア内で指す「出典」は限定的な意味の使われ方かもしれませんね。--Yapparina会話) 2015年3月20日 (金) 14:40 (UTC)
ご指摘のように限定的なのでしょうね。ありがとうございます。--さんぽーる会話) 2015年3月24日 (火) 12:45 (UTC)

日本語では「引用」は一語しかありませんが、少なくとも英語ではcitationとquotationの2種類を区別します。引用の要件と呼ばれるものを充足することを前提として、後者は(ウィキクォートというのもありますが)引用元の文(文章)を一字一句違えることなくそのままコピー&ペーストするもの、それに対し前者は引用元の文(文章)の内容を引用者が要約して示すものといえます(なお、前者であっても「要約」の適切さ如何によってはやはり著作権上の問題や、不正確な情報を伝達することに対する責任を生じます)。どちらにせよ、「どこから」引用(citation/quotationのどちらかを問わず)であるのかを明記する必要があることは変わりがありません。Yapparinaさんご紹介の辞書的定義にもあるとおり、また、引用の要件に明言されているとおり、「どこから」を明記することが必須であることをまず押さえていただくのがよろしいでしょう。--ikedat76会話) 2015年3月20日 (金) 21:15 (UTC)

ご指摘ありがとうございます。--さんぽーる会話) 2015年3月24日 (火) 12:45 (UTC)

統合の提案を行った際[編集]

とある記事の統合を提案して1週間になりますが、賛成も反対も1件もありません。こういう場合は、統合はしてもいいのでしょうか? しないほうがいいのでしょうか?--COMICMAN3会話) 2015年3月21日 (土) 16:15 (UTC)

Wikipedia:ページの分割と統合には、(以下引用)
提案後1週間が経過しても、他の利用者からの明確な反対意見がない、
もしくは他の利用者との統合に関する議論が起きない場合は、
次の手順を参考にして統合作業を行なってください。
統合するページの数や扱う内容の大きさに比例して、
周知徹底のための期間は長く取るのが望ましいでしょう。

と説明されていますから、統合しても構いません。--Precise tortoise (Talk/History) 2015年3月21日 (土) 16:44 (UTC)

上掲の引用の後段は

統合するページの数や扱う内容の大きさに比例して、周知徹底のための期間は長く取るのが望ましいでしょう。

とあります。その点も考慮する必要があるでしょう。統合する・しないで編集合戦とかいうのは避けてください。サブカルチャー記事ではそこらへんで合理性のない振る舞いが多々見られるという個人的印象を持っています。--ikedat76会話) 2015年3月21日 (土) 23:44 (UTC)

ありがとうございます。あと投稿ミス失礼しました。--COMICMAN3会話) 2015年3月21日 (土) 23:59 (UTC)

Igbotで実現されていた機能を新たに設けることはできませんか?[編集]

私はPortal:軍事/新着項目の編集を行っているのですが、リダイレクト起こしを拾う仕組みがなくてちょっと困っています。そこで2011年6月頃まで活動されていた利用者:Igiturノート / 履歴さんのbot、利用者:Igbotノート / 履歴で運用されていたページの一つに利用者:Igitur/加筆・新着記事ダイジェストがあったことを思い出しました。以前はこちらでリダイレクト起こしを拾えていたのですが、現在は更新が停止しており、自己申告かたまたま気がつく(一応大幅な増減のタグで検出することはできますが、とりあえず定義だけでも……ってやるとかかりませんし)場合以外はどうしても漏れてしまいます(自分のリダイレクト起こしは追加しますけど、なんか自分だけ特別扱いしているみたいで嫌だなというとても個人的な事情もあります)。そこで、なんとかリダイレクト起こしを拾う仕組みはできないのか? この際ついでに新着や大幅加筆などの「日本語版の記事の変動」を日ごとにまとめて(JSTでもUTCでも)、過去ログから確認する仕組みとか出来ないかなと思いました。どこでお願いすればいいのか判らない・負担や負荷が大きすぎて実用的ではないかも知れませんので、こちらにお願いに上がりました。ご検討をお願いします。--Open-box会話) 2015年3月24日 (火) 14:41 (UTC)

Template:生年代などについて[編集]

{{生年代}}、{{没年代}}についてです。主にCategory:1850年代生などで使われていますが、このテンプレートにある"<<"をクリックしますとCategory:179年生に飛んでしまいます。ページの履歴を見ますと、ページの作者は既に執筆作業をされておらず、要約から英語版のページにたどり着きました(Template:生年代の初版Template:没年代の初版en:Template:Death decade)。en:Category:1850s deathsでは正常に飛ぶことができて、英語版では修正されたようなのですが、私は英語が得意でなく日本語版を修正することができません。そこでテンプレートの編集かつ英語が得意な方、どなたか修正をしていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。--Wjp28y会話) 2015年3月25日 (水) 08:10 (UTC)

コメント 見たところ原因はこの内部テンプレートっぽかったので修正してみました→[19]。これでどうでしょうか?問題以外の式もついでに微修正しましたが動作は変わってないはずです。--ディー・エム会話) 2015年3月25日 (水) 15:25 (UTC)
コメント 追記 Category:90年代生から00(年代)や紀元前1世紀へのリンクにも不具合がみられたのでついでに修正しました→[20]。--ディー・エム会話) 2015年3月25日 (水) 15:53 (UTC)
コメント お礼 ご多忙の中、早速作業していただき感謝いたします。差分を拝見いたしましたが、正直何がなんだかわかりませんでした。しかし、当該ページにて不具合が解消されていることを確認できました。このたびはありがとうございました。--Wjp28y会話) 2015年3月25日 (水) 16:09 (UTC)