今川義元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
今川義元
Imagawa.JPG
「太平記英勇傳 稲川治部太夫源義基」
歌川国芳画 柳下亭種員記 1848-1850年[1]
時代 戦国時代
生誕 永正16年(1519年
死没 永禄3年5月19日1560年6月12日
改名 芳菊丸(幼名)→栴岳承芳(号)→義元
別名 氏元
戒名 天沢寺殿四品前札部侍郎秀峰哲公大居士
天澤寺秀峯哲公
墓所 愛知県豊明市桶狭間古戦場伝説地
愛知県豊明市の高徳院
静岡県静岡市葵区大岩町の臨済寺
東京都杉並区観泉寺
官位 治部大輔?歴名土代に見えず。
幕府 室町幕府駿河守護
主君 足利義晴義輝
氏族 今川氏
父母 父:今川氏親、母:寿桂尼
兄弟 氏輝彦五郎玄広恵探象耳泉奘
義元氏豊瑞渓院北条氏康室)、
松平親善妻(のち鵜殿長持室)、中御門宣綱室、関口親永
正室:定恵院武田信虎の娘)
氏真一月長得嶺松院武田義信室)、
隆福院牟礼勝重

今川 義元(いまがわ よしもと)は、戦国時代の武将、駿河国及び遠江国守護大名戦国大名今川氏第11代当主。婚姻関係により、武田信玄北条氏康とは義兄弟にあたる。別名(初名)、氏元(うじもと)。

寄親・寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才覚を発揮して今川氏の戦国大名への転身を成功させた。所領も駿河遠江から、三河尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げるも、尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦い織田信長に敗れて戦死した。

生涯[編集]

内乱と家督相続[編集]

永正16年(1519年)、今川氏親の五男として生まれる。母は父の正室である寿桂尼中御門宣胤の娘)。生まれた時は既に跡継ぎとして、同母兄の氏輝がいたために4歳で仏門に出され[2]臨済宗の駿河富士郡瀬古の善徳寺に預けられて栴岳承芳(せんがくしょうほう(梅岳承芳(ばいがくしょうほう)とも))と称し、教育係を務めた今川家重臣出身の臨済僧・太原雪斎と共に京都に上り、五山に学ぶ等、学識を深めた。

その後、氏輝の命を受けて京都より駿河に戻るが、その直後の天文5年(1536年)に氏輝が急死する。この時点ではまだ兄の彦五郎がいたために継承権はなかったが、彦五郎までもが死亡したために継承権が巡ってきた。氏輝・彦五郎ら二人の兄と同じ寿桂尼所生であることも後押しとなり、重臣たちから還俗を乞われた承芳は主君であり本流に当たる征夷大将軍足利義晴より偏偉を賜り、義元と名乗った。だが当主継承は有力家臣の福島氏の反対で混迷化し、最終的に福島家は自家の血を引く義元の異母兄・玄広恵探を当主として掲げて反旗を翻した(花倉の乱)。

恵探側は今川館に攻め寄せる等攻勢をみせたが太原雪斎・岡部親綱ら義元側の家臣団の奮戦の前に苦戦が続いた。加えて義元が伊豆国静岡県伊豆半島)・相模国神奈川県西南部)を領する後北条氏からの支援を得ることに成功すると一層敗色は濃厚となり、花倉城の陥落を以って恵探は自害した。内乱を鎮めて家督相続を果たした義元は今川氏当主となり、自らに忠義を示した家臣を重用して支配体制を整えた。

統治初期の事績[編集]

戦国時代の甲信越

天文6年(1537年)2月、氏輝期まで抗争状態にあった甲斐国の守護・武田信虎の娘(定恵院)を正室に迎え、武田氏と同盟を結ぶ(甲駿同盟)。周囲の守りを固めんとして行われた甲駿同盟の成立は、結果的に旧来の盟友(駿相同盟)として自らの当主継承にも助力した北条氏綱の怒りを買ってしまい、天文5年(1536年)、北条軍は駿河国富士郡吉原に侵攻した(第一次河東一乱)。花倉の乱による内部対立を引き摺ったまま家臣団の統制がとれなかった今川軍は、北条軍に対して適切な反撃が行えず河東(現在の静岡県東部)を奪われてしまう。義元は武田の援軍と連帯して領土奪還を試みたが、先のお家騒動で恵探側に組した堀越氏井伊氏といった遠江に基盤を置く反義元派の武将らが義元から離反したため、家臣の反乱と北条氏の侵攻との挟撃状態に陥り、河東は北条氏に占領されたまま長期化の様相を見せた。

さらに追い討ちをかけるが如く、尾張国愛知県西部)の織田信秀が天文9年(1540年)に三河国(愛知県東部)に侵攻を開始した。義元は三河に援軍を送り三河の諸侯軍と連合して天文11年(1542年)に織田軍との一大決戦に臨むが、その猛攻の前に敗れたとされている(第一次小豆坂の戦い)。ただしこの戦いは後世の創作である可能性もあり、その場合は第二次小豆坂の戦いのみが存在することになる。天文10年(1541年)、苦杯を嘗めさせられた北条氏綱が死去、北条氏は氏康が家督を継いだ。また同年に武田晴信に追放された武田信虎の身柄を預かりつつ、家督を相続した晴信とも同盟関係を続け、高遠合戦では武田に援軍を派遣した。

苦しい状況が続く中、天文14年(1545年)、義元は氏康と敵対する山内上杉憲政と同盟を結び、北条氏を挟み撃ちにする策を立てた(第二次河東一乱)。同年8月22日、義元と憲政との同盟によって河東と関東方面に戦力が分断される形となった北条軍に対して、義元は武田の援軍を得て河東に侵攻し、同じく関東においては両上杉氏(上杉憲政・上杉朝定)が古河公方足利晴氏らと連合し8万の大軍で河越城を包囲した。河東では今川軍が北条軍を打ち破り、関東では上杉連合軍が河越城を包囲し続け、北条軍は西の今川軍と東の上杉連合軍との挟撃状態に陥り、窮地に立たされた。進退窮まった氏康は武田晴信に仲介を頼み、義元との交渉で河東の地を今川家に返還するという条件で和睦した。これにより一先ず西方に安堵を得た氏康は関東方面に戦力を集中させ、河越城の戦いにおいて苦境から一転、逆転勝利を収めた。河東の地の遺恨を巡って両者の緊張関係は続いたが、北条氏が関東方面への侵攻に集中していったことで徐々に両者の緊張関係は和らいでいった。

一方、三河においては西三河の松平広忠の帰順を受け、嫡男・竹千代(後の徳川家康)を人質に迎え入れる約束を交わし、尾張の織田家の妨害を受けつつも、着実に三河勢の従属化に努めていった。この際、護送を請け負った三河田原城(愛知県田原市)の国人領主・戸田康光が裏切って護送中の竹千代を敵方の織田氏に送り届けてしまうという事件が起こった。これは前年に義元が戸田氏の一族である戸田宣成戸田吉光の一族を滅ぼしたため、戸田宗家の当主であった康光が反乱を起こしたものであった。これ対して義元は戸田宗家を武力でもって徹底的に滅ぼし、その居城であった田原城に有力家臣である朝比奈氏を入れた。

天文17年(1548年)、義元の三河進出に危機感を覚えた織田信秀が侵攻してくるが、義元の軍師である雪斎と譜代重臣である朝比奈泰能らを大将とした今川軍は織田軍に大勝し、織田家の勢力を事実上三河から駆逐した(第2次小豆坂の戦い)。これにより継承直後から続いた西の織田氏・東の北条氏との争いは今川氏勝利の形で決着した。

領国拡大[編集]

天文18年(1549年)、松平広忠が死去すると、義元は領主不在(竹千代は織田の人質)の西三河に向けて今川軍を岡崎城(現在の愛知県岡崎市)へ送り込み、事実上松平家の所領を領有し、その支配下にあった三河国の国人領主を直接支配下に取り込んでいった。また、織田方の三河安祥城(現在の愛知県安城市)を攻略し信秀の庶長子にあたる城将・織田信広を捕らえ、人質交換によって竹千代を奪還、実質自らの配下とすることで尾張進出への足掛かりを着々と築いていく。天文20年(1551年)に織田信秀が死去すると尾張への攻勢を一段と加速させる。

更に天文22年(1553年)には亡父の定めた今川仮名目録に追加法(仮名目録追加21条)を加えたが、ここにおいて室町幕府が定めた守護使不入地の廃止を宣言、守護大名としての今川氏と室町幕府間に残された関係を完全に断ち切った。

天文23年(1554年)、嫡子・氏真に北条氏康の娘(早川殿)を縁組し、武田氏・北条氏と互いに婚姻関係を結んで甲相駿三国同盟を結成した(この会談は善徳寺の会盟とも呼ばれている)。これにより後顧の憂いを断った。

また弘治元年(1555年)に行われた第二次川中島の戦いでは武田晴信と長尾景虎の仲介を行って両者の和睦を成立させた。駿河・遠江・三河で検地も実施している。

永禄元年(1558年)には、支配下においていた松平元康をして、三河加茂郡寺部城の鈴木重教を攻めさせて下した。

同年、義元は氏真に家督を譲り隠居する。これ以後、今川氏の本国である駿河・遠江に発給される文書の著名は今川氏真名となる。一方、義元は新領土である分国の三河の鎮圧および経営に集中し、それが成るとさらには尾張以西への侵攻に力をそそぐこととなる。

最期[編集]

今川義元の墓 明治9年(1876年)5月建立
愛知県豊明市
桶狭間古戦場伝説地内
今川義元胴塚
愛知県豊川市牛久保町
今川義元首塚
愛知県西尾市東向寺

永禄3年(1560年)5月には那古野城を目指し駿・遠・三2万余の軍を率いて尾張国への侵攻を開始。織田方に身動きを封じられた大高城(現在の名古屋市緑区大高)を救うべく、大高周辺の織田方諸砦を松平元康などに落とさせる。幸先良く前哨戦に勝利した報せを受けて沓掛城で待機していた本隊を大高城に移動させる。ところがその途上、桶狭間(おけはざま)山で休息中に織田信長の攻撃を受け松井宗信らと共に奮戦するも、織田家家臣・毛利良勝に愛刀・左文字の太刀ともども首級を奪われた。享年42。

その後、残存した今川兵によって駿府まで連れ帰ろうと試みられた首の無い義元の遺体は想像以上に腐敗の進行が早く、三河国宝飯郡に埋葬された。

銅像

死後[編集]

織田方に討ち取られた首級は、鳴海城に留まり奮戦する義元の重臣・岡部元信と信長との開城交渉により後に返還され、駿河に戻った。義元の戦死により氏真が後を継いだが、この混乱に乗じて松平元康が西三河で自立(独立)した。この動きに追従する様に東三河でも戸田氏・西郷氏などが離反、松平氏の傘下へ転属していく。この様な三河の動揺が隣国・遠江に伝播すると、正誤の判別がつかない噂が飛び交い、遠江領内は敵味方の見極めさえ困難な疑心暗鬼の状態に陥ってしまった(遠州錯乱)。この動揺期において氏真は若輩だったこともあり人心掌握の才に欠け、井伊直親飯尾連竜などを粛清することで事態の収拾を試みたが、逆に人心の離反を加速させてしまい家臣(国人領主)の離脱が相次いだ。多くの国人領主の支持を失い自国領内すらまともに統治できない状態となった今川氏は、見る見るうちに衰退していき義元の死から9年後の永禄12年(1569年)、氏真は信玄と家康によって駿河を追われ、ここに大名としての今川家は滅亡した。

駿河追放後、氏真は京都で隠棲していたが、嫡子・範以が病没。晩年、氏真は徳川家康に召し出されて江戸幕府に出仕した。温情により500石を与えられ、これ以降、今川氏は旗本高家旗本)として幕臣に列した。

人物・逸話[編集]

  • 幼いころから仏門に入っていたため、武芸を鍛えられず、個人の武勇には優れなかったといわれている。しかし桶狭間の戦いでは信長の家臣・服部春安が真っ先に斬りつけようとした時、自ら抜刀して春安の膝を斬りつけて撃退、さらに毛利良勝が斬りつけようとした時にも数合ほどやり合った末に首を掻こうとした毛利の指を食い千切って絶命したと伝えられており、必ずしも個人的武勇がなかったわけではない。
  • 公家文化に精通し、都を逃れた公家達を保護、さらには自らも公家のようにお歯黒をつけ、置眉、薄化粧をしていたことから、貴族趣味に溺れた人物とされることもある。しかし公家のような化粧をした話は後世の創作であるという説もある。また、たとえ事実であったとしてもそれは武家では守護大名以上にのみ許される家格の高さを示すことこそあれ、軟弱さの象徴とは言い難い。武士が戦場に向かう際に化粧をしていくことは、珍しくないばかりかたしなみの一つであったと言う説すらある(笹間良彦『時代考証 日本合戦図図典』)。
  • 父・氏親が三条西実隆に和歌の添削指導を受けていたように、義元は駿府に流寓していた冷泉為和に直接指導を受けていた。歌会は、毎月13日、のち11日に行うのが定例になっており、このように月次会を定期的に行うのは全国的に見ても珍しい。ただ、義元は連歌は好まなかったようで、連歌会の記録はほとんど残っていない。今川家中の和歌のレベルは実際はあまり高くなかったらしく、同工異曲の似たような歌が頻出し、そもそも歌合の題目をよく理解していない作品が多い。義元自身も例外でなく、為和から厳しく指導された記録が残っている[3]
  • 『信長公記』では義元の桶狭間の戦いの際の出で立ちを「胸白の鎧に金にて八龍を打ちたる五枚兜を被り、赤地の錦の陣羽織を着し、今川家重代の二尺八寸松倉郷の太刀に、壱尺八寸の大左文字の脇差を帯し、青の馬の五寸計(馬高五尺五寸の青毛の馬)なるの金覆輪の鞍置き、紅の鞦かけて乗られける……。」と伝えている。
  • 永禄3年(1560年)の尾張侵攻は、上洛目的説と織田信長討伐・尾張攻略説とがある。ただ、浅井氏や六角氏、北畠氏といった道中の大名に対して外交工作を行った形跡がなく、年内に軍勢もろとも上洛しようとしていたという説にはやや無理がある。
  • 義元が討死し、岡部元信が主君の首と引き換えに織田方に鳴海城を明け渡した際に、義元の首とともに引き渡された兜[4]岡部家[5]に伝わり、三の丸神社大阪府岸和田市)に奉納され、今に伝えられている。
  • 桶狭間の戦いの直前、義元の夢の中に花倉の乱で家督を争った異母兄の玄広恵探が現われ「此度の出陣をやめよ」と言った。義元は「そなたは我が敵。そのようなことを聞くことなどできぬ」と言い返すと「敵味方の感情で言っているのではない。我は当家の滅亡を案じているのだ」と述べたため夢から覚めた。義元は駿府から出陣したが、藤沢で玄広恵探の姿を見つけて刀の柄に手をかけたという(『当代記』)[要ページ番号]

評価[編集]

一般の認知度では、桶狭間の戦いで織田信長に討たれた敗将として有名である。通説では圧倒的に有利な情勢から信長を軽んじ、明らかに地の利がない田楽狭間で安穏と休憩を取ったことが致命的となったことなどが挙げられる。また、輿に乗り移動していたという史実から、騎乗することができなかったと見られるようになり、さらにその理由は幼少時に落馬した恐怖、太っていたため、寸胴短足だったなど、後世に様々な俗説が創作されたことも評価を低くする結果となった[6]2007年の大河ドラマ『風林火山』で今川義元を演じた谷原章介は、役を演じるにあたって、「一般には公家かぶれで軟弱というイメージが浸透していて、桶狭間で油断して討ち取られたという『結果』ばかりが強調されて語られる傾向がある」と語っている[7]

騎乗せず輿に乗っていたことは、義元は足利将軍家との親密な関係(今川家は足利将軍家の分家)から特別に輿に乗ることを認められており、むしろ合戦の際も輿に乗ることはその誇示と言う面があった。また『信長公記』には桶狭間山から退却する義元が馬に乗っていたと記されており、騎乗ができなかったこと、さらにその理由などは、ほぼ後世の創作と考えられる(一般にこれら記述が登場するのは江戸時代中期のものである)。公家文化に精通していることに関しても、先述の通りそれは素養の高さを示すものであり、決して暗愚を示すものではない。

また内政面においては辣腕を振るい、天文22年(1552年)には「今川仮名目録」の追加法を制定し、さらに商業保護や流通統制、寄親寄子制度による家臣団の結束強化を図るなど優れた行政改革を進めた。朝倉宗滴は、『朝倉宗滴話記』のなかで「国持、人つかひの上手。よき手本と申すべく人」として武田晴信・織田信長・三好長慶・長尾景虎・毛利元就らと同列に評価している(『続々群書類従』。また異本の金吾利口書および宗滴夜話には、今川殿となっており、義元も指すかは不明瞭)。

勢力圏[編集]

桶狭間合戦当時の最盛期の義元の領国は、駿河・遠江・三河の3カ国69万石(太閤検地)である。なお、尾張国は領国化されておらず、尾張国内に、反織田方として山口氏・服部氏などが今川に呼応する動きを見せている。日本軍参謀本部作成の日本戦史における桶狭間役の分析では、石高の低い駿河・遠江・三河が水増しされ、さらに尾張が領国に組み入れられ、100万石と推定され、1万石につき250人の兵役で、総兵力2万5千とされているが、信長公記では4万5千となっており、正確な実数は不明である。

家臣・偏諱を与えた人物[編集]

(*以下に示す人物のうち「元」のつく者が義元から偏諱(「元」の字)を賜った人物である。)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大英博物館など蔵(大英博物館サイトより)。題名だけ見ると義元の画像とは思えないが、上部の略伝から明らかに義元を指していると判断できる。江戸時代の武者絵では、幕府の規制が厳しい戦国期の武将を描く際、名前の漢字を変えたり、太平記などより古い時代の人物に見立てるのはよくある手法である。
  2. ^ 江戸時代の元禄頃に成立した説話集『武家雑記』によると、寺に預けられた理由について「義元は足が短く胴長の障害者であったため寺に入れられた」と記されている。しかし。武将の子が寺に入るのは、学問を身に付けるため、さらには兄弟間の家督争いを避けるためであり、珍しいことではなかったため、これは義元を貶めるため、少年時代までさかのぼり、事実を歪曲したものと思われる(『新設戦乱の日本史 第10号 桶狭間の戦い』)。
  3. ^ 小川剛生 『武士はなぜ歌を詠むのか 鎌倉将軍から戦国大名まで』 角川学芸出版、2008年7月、pp.241-242。
  4. ^ 鑑定結果は本物
  5. ^ 岡部家は代々岸和田藩
  6. ^ 軍師の太原雪斎が桶狭間前に亡くなったことも影響している。詳しくは本人の欄を参照。
  7. ^ NHK大河ドラマストーリーガイド「風林火山」前編 ISBN 4-14-923345-4 57P

参考文献[編集]

関連作品[編集]

伝記・小説
漫画

関連項目[編集]

  • 泉岳寺(義元の縁者とされる門庵宗関が慶長17年(1612年)に義元の菩提を弔うため開創した寺)

外部リンク[編集]