レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓国博物館に展示されている七支刀のレプリカ
サイエンス・ミュージアムに展示されている階差機関2号のレプリカ

レプリカ: replica)の本来の定義は、「オリジナルの製作者自身によって作られたコピー(複製品)」である。しかし、現在ではこの言葉は、広くコピー一般に対して用いられている。

概要[編集]

レプリカは、彫刻金属製品の場合には、シリコーン樹脂を用いて細部の凹凸に至るまで正確にを取り、原資料に忠実な彩色を施して製作される。古文書絵画資料の場合は、連続階調で精緻な複製が可能なコロタイプなどの印刷が用いられるほか、絵画などでは模写も行われる。レプリカで再現する資料の状態は使用目的によって異なり、後補の汚れや彩色、破損や欠損状態なども忠実に再現されることもあるが、場合によっては、それらを補って製作当初の姿が再現されることもある。

博物館における展示用途として[編集]

レプリカは、しばしば博物館の展示用などの歴史学的な目的のために製作される。時には、オリジナルが存在しない場合もある。一例をあげると、19世紀バベッジによって設計された階差機関2号は実機が製作されなかったが、1980年代に計算機史研究者のアラン・ジョージ・ブロムリー英語版によって設計図を元に復元され、現在はロンドンサイエンス・ミュージアムで展示されている。

博物館展示においては、文化財などの展示物は、温度湿度照明空気質振動など資料に与える影響を考慮し展示環境を整え、木製品や金属製品などは合成樹脂などを用いた保存処理を施した上で展示が行われるが、資料の遺存状態が悪く、博物館施設への移動が状態に悪影響を及ぼす懸念がある場合や、博物館施設への借用が困難な場合などには、レプリカを製作して代用展示を行う。

研究用途として[編集]

化石レプリカ

古生物を研究する場合、標本化石)は貴重なため、レプリカを作成してから研究することがある。採集が困難な場合も、レプリカを作成すれば、持ち帰って詳しく調べることができる。

個人のコレクション的な用途として[編集]

また、現代では商品として生産されるレプリカも人気がある。プロサッカープロ野球など、プロフェッショナルスポーツ選手のレプリカユニフォームや、映画小道具を模したプロップレプリカなどである。公式ライセンスによるレプリカは、実物と全く同じ工程で生産された本物に忠実なものもある。但し、レース仕様のバイクを公道仕様にしたレーサーレプリカや、コストの関係で仕様を変えたものなど、全てが本物と同じであるとは限らない。また、美術やヒストリック・カーの分野では、レプリカはオリジナルではない再製作品をさす。この場合には、レプリカであることが明らかにされていないこともある。

違法行為として[編集]

一方で、レプリカは違法な偽造、模倣をさして用いられることも多い。特に紙幣や硬貨の偽造について使われるが、ブランド物の衣類、高級バッグアクセサリー、そして、高級腕時計といった商品の模倣に対しても使われる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]