Help:脚注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

このページはウィキペディア日本語版ヘルプページです。


編集の基本
ページの編集
新規ページの作成
記事名チェック
文書の体裁
セクションと目次
箇条書き   表の作り方
脚注 | ISBNのリンク
特殊文字
HTMLタグの使用
画像などの利用
画像の表示
ファイルページ
数式の書き方
リンクする
リンク | URL
パイプ付きリンク
言語間・ウィキ間リンク
ウィキデータ
カテゴリ
リダイレクトソフト
ページの位置づけ
名前空間
サブページ
ミスなどの修正
新規ページのパトロール
以前の版にページを戻す方法
ページの移動
作業の効率化
マジックワード
テンプレート早わかり
テンプレートの制限
条件文 | テンプレートの説明文
ナビゲーションボックス
コミュニケーション
要約欄
細部の編集
ノートページ | 過去ログ
ウィキラブ
ウィキメール | 感謝
その他
編集の競合
ページ名の働き
記事の定義
ページサイズ
音声・動画の作成と利用
棒グラフの書き方
サンドボックス
ウィキポータル
ヘルプの目次へ

脚注機能を用いると、記事本文の内容に関する参考文献や注釈といった短い補足コメントを、記事の末尾など本文とは別の場所にまとめて表示することができます。本文中に置いた専用のリンク記号をクリックすることで、対応する脚注コメントを参照します。

具体的には、このようなものです[解説 1]

ここでは編集・執筆者のために、脚注の作成方法の技術的な説明をします。読者のための説明はHelp:脚注/読者向けをご覧ください。

なぜ出典を明記しなければならないかや、出典にどのような内容を記述するべきかについての、編集・執筆者向けの説明はWikipedia:出典を明記するをご覧ください。

また、Wikipedia:出典テンプレート#ハーバード参照方式を使用すれば記述を簡易化できます。

脚注の作成方法[編集]

文字列 <ref></ref>(いずれも半角文字)で文章中の任意の文字列を囲みます。すると、それらの文字列は文章中に表示されない脚注コメントとなり、代わりに通し番号が割り振られたリンク記号がその場所に表示されます。<ref>の代わりに<ref name="○○">と書くこともできます。○○の部分には任意の半角英数字を入れます。何文字でもかまいませんが、数字のみにするとエラーとなります。

記述例 表示結果
* このように本文中に脚注コメントを記述すると、実際には通し番号の脚注リンク記号が表示されます<ref>ここは脚注コメントです。本文と別の場所にリンク表示されます。</ref>
* 脚注機能を利用すると、記事の出典や参考文献をスマートに参照することができます<ref name="example">ウィキ田ペディ夫『俺は百科事典』明美書房刊、2007年O月X日発行(46-49ページ)</ref>
  • このように本文中に脚注コメントを記述すると、実際には通し番号の脚注リンク記号が表示されます[1]
  • 脚注機能を利用すると、記事の出典や参考文献をスマートに参照することができます[2]

こうして作成された脚注コメントは、半角文字で<references />または{{Reflist}}と記述した場所に一覧表示され、対応する本文中の脚注リンクをクリックして参照することができるようになります。ここには、作成した場所より上に作成されたすべての脚注コメントが一括表示されるので、基本的に<references />または{{Reflist}}は1つのページにいずれか1つのみ作成します。Template:Reflistも参照。

記述例 表示結果
{{Reflist}}
  1. ^ ここは脚注コメントです。本文と別の場所にリンク表示されます。
  2. ^ ウィキ田ペディ夫『俺は百科事典』明美書房刊、2007年O月X日発行(46-49ページ)

以上が、脚注リンクの作成方法です。実際の記事執筆に取りかかる前に、下記の『スタイルと用法』にあるアドバイスも併せてお読みください。

複数箇所に同じ脚注を付ける[編集]

記事中の他の場所から同じ脚注を参照させたい場合は、脚注リンクの識別名(○○の部分)を同じにします。このとき2つ目以降の脚注コメントは無視されるため、省略が可能です。その場合、<ref name="○○" />とだけ記述してもかまいません。

記述例 表示結果
* 通常はそれぞれの脚注リンクに個別の番号が順に割り振られますが<ref>各脚注コメント横の^マークをクリックすると対応する番号の位置に戻ります。 複数の箇所から参照される場合はアルファベット記号が表示されます。</ref>、同じ識別名の脚注リンクには同じ番号が表示されます<ref name="example">同じ識別名の脚注リンクのうち、2つ目以降のここのコメントは表示されないため省略可能です。</ref>
* 後者の場合、上で紹介した略記法が使用できます<ref name="example" />

== 脚注 ==
{{Reflist}}
  • 通常はそれぞれの脚注リンクに個別の番号が順に割り振られますが[1]、同じ識別名の脚注リンクには同じ番号が表示されます[2]
  • 後者の場合、上で紹介した略記法が使用できます[2]

脚注


  1. ^ 各脚注コメント横の^マークをクリックすると対応する番号の位置に戻ります。 複数の箇所から参照される場合はアルファベット記号が表示されます。
  2. ^ a b 同じ識別名の脚注リンクのうち、2つ目以降のここのコメントは表示されないため省略可能です。

{{Sfn}}タグを使えば、同一の脚注を自動で集約化します。詳細は「Wikipedia:出典テンプレート#ハーバード参照方式」を参照してください。

基礎情報テンプレートなど、テンプレートの仕様変更により引数が出力されなくなることもあります。その際、脚注コメントをテンプレートの引数に記述していると、エラーが表示されてしまいます。出来る限り本文中に脚注コメント本体を記述した方が良いでしょう。

脚注をグループ化する[編集]

使用法
<ref>タグと
<references/>タグ

の中で

<ref group="''グループ名''">
<references group="''グループ名''" />

と指定してください("グループ名"には"注釈"などを使います)。なお、</ref>タグの使用法は変わりません。

用例
ヴィクトリア (イギリス女王)など多数。

さらなる使用説明については、以下「注釈と出典の分離」など応用編を参照ください。

注釈リストと出典リストを別置したいとき[編集]

記事の中には、出典(参照した情報源)の書誌情報と、注釈(補足説明)が、脚注のなかに混在しているものもあります。出典についての補足説明や、別の出典を示しながらの注釈を行なっている場合など、分離が困難なこともあります。

分離したほうが好ましいと考える場合は、文中で同じように[1][2][3]と表示するのではなく、注釈の脚注を[注釈1][注釈2][注釈3]と表示させ、出典を示す脚注と区別することができます。この作業を行なう場合、同時に、記事末の「脚注」のも2つの節に分離し「注釈」の節には注釈が、「参照元」の節には出典が、それぞれ別々に記載されるようにします。

作業手順:

  1. 注釈用の脚注タグはすべて次のように置き換える
    <ref group="注釈">ほにゃらである</ref>
    脚注の再利用の箇所も同様に置き換えるのを忘れずに
    <ref group="注釈" name="honyara-setsumei"/>
  2. 記事末の「脚注」節を、次の要領で置き換える:
    ==脚注==
    ===注釈===
    <references group="注釈"/>
    ===出典===
    <references/>

あるいは{{Reflist}}を使用している場合は

==脚注==
===注釈===
{{Reflist|group="注釈"}}
===出典===
{{Reflist}}

とします。

記述例 表示結果
例示のための文章です<ref group="注釈">これは注釈の例です。</ref>、さらなる例示文章です<ref group="注釈" name="ex02">説明用の脚注を参照元や引用元とは別に表示できます。混合された「注釈と参照元」や「注釈と引用元」というような項目が作成できます。 これはそのような注釈の例です。 refタグのgroup拡張を使用して作成されます。</ref>

ポイントは参照を手助けします<ref>著者、A.(2007)。"どのように参照するか、東京:なんとか出版</ref>。2度目の注釈です<ref group="注釈" name="ex02" />。注釈は参照を手助けします{{Refnest|group="注釈"|注釈は記事本文と同じく[[WP:V|検証可能性]の対象となり、自分自身の参照が必要な場合があります<ref>著者、B.(1986)。"どのように脚注で参照するか"、大阪:何々書籍</ref>。refタグは、そのまままでは入れ子にできません。[[#脚注を入れ子にしたいとき|脚注を入れ子にしたいとき]]を見て下さい。}}。

== 脚注 ==
=== 注釈 ===
<references group="注釈" />

=== 出典 ===
<references />

例示のための文章です[注釈 1]、さらなる例示文章です[注釈 2]

ポイントは参照を手助けします[1]。2度目の注釈です[注釈 2]。注釈は参照を手助けします[注釈 3]

脚注


注釈

  1. ^ これは注釈の例です。
  2. ^ a b 説明用の脚注を参照元や引用元とは別に表示できます。混合された「注釈と参照元」や「注釈と引用元」というような項目が作成できます。これはそのような注釈の例です。refタグのgroup拡張を使用して作成されます。
  3. ^ 注釈は記事本文と同じく検証可能性の対象となり、自分自身の参照が必要な場合があります。これらの参照は説明文内や、脚注を加えて提供できます[2]。refタグは、そのまままでは入れ子にできません。脚注を入れ子にしたいときを見て下さい。

出典

  1. ^ 著者、A.(2007)。"どのように参照するか、東京:なんとか出版
  2. ^ 著者、B.(1986)。"どのように脚注で参照するか"、大阪:何々書籍

注釈と出典を分けたい理由[編集]

記事の文中に[1][2][3]がついていても、出典と注釈が混在していれば、その箇所がきちんと出典が付加された箇所か、それとも補足説明のみで{{要出典}}な箇所か、一見では判別しにくくなります。

注釈用テンプレートの利用[編集]

上の作業で<ref group="注釈">と<references group="注釈" />を使用する代わりに、

のテンプレートを使用することも可能です。

グループ名の基準[編集]

<ref>タグの本来目的は、出典(参照文章と参照箇所)の記述のためであり、その数も多くなりがちなので、出典用には、特にgroup="グループ名"は指定しませんが、させている記事もあります(用例:愛知電気鉄道電7形電車ではgroup="出典"を設け、[出典1][出典2]と表示させている)。

注釈(補足説明)用に使う場合は、<ref group="注釈">を使うのがルーズな規定ですが、完全統一はされていません。見た目をすっきりしたいなどの理由で、

をもちいている記事もあります。

また、英文記事の場合は、group="lower-alpha"を使ってa b cgroup="lower-roman"を使ってi ii iiiと表示されるPredefined groupsが存在しますが、日本語版では実装されていないので、翻訳するときなどは、group="注釈"など適当に置き換えてください。

脚注文記述箇所を本文から分離したいとき[編集]

ソースコード上で脚注コメントを、本文内のリンク記号位置でなく脚注表示位置に記述したい場合があります。例えば

  • 脚注の文章が長く、本文内に直接挿入するとソースコードの見通しが悪くなるとき
  • 同一の脚注を本文内の多くの箇所から参照しており、その脚注の内容がソースコード内のどこに記述されているか判りづらくなっているとき

などが考えられます。そのためには、<ref>タグのname=拡張を使用した上で、脚注の内容を記述した<ref name="○○">...</ref><references></references>タグで挟み、脚注表示部に置いてください。本文の参照箇所では(単にname=拡張を使用したときと同様に)<ref name="○○"/>と記述してください。

記述例 表示結果
記事本文です<ref name="hogehoge" />。オプションを使用しない場合と混在させることができます<ref group="†">この脚注文はソースコード上では本文に続けて記述されています。</ref>。group拡張と併用させることもできます<ref group="†" name="memo01" />

== 脚注 ==
=== 注釈 ===
<references group="†">
<ref group="†" name="memo01">group拡張と併用した例です。</ref>
</references>

=== 出典 ===
<references>
<ref name="hogehoge">いろは太郎『ほげほげ物語』、XYZ出版、2000年</ref>
</references>

記事本文です[1]。オプションを使用しない場合と混在させることができます[† 1]。group拡張と併用させることもできます[† 2]

脚注


注釈

  1. ^ この脚注文はソースコード上では本文に続けて記述されています。
  2. ^ group拡張と併用した例です。

出典

  1. ^ いろは太郎『ほげほげ物語』、XYZ出版、2000年

{{Reflist}}テンプレートを使用する場合は、|refs = 引数を使用してください。

記述例 表示結果
記事本文です<ref name="ex01" />

== 脚注 ==
{{Reflist|refs=
<ref name="ex01">脚注表示位置に記述した脚注文です。</ref>
}}

記事本文です[1]

脚注


  1. ^ 脚注表示位置に記述した脚注文です。

脚注を入れ子にしたいとき[編集]

システムの都合により<ref>...</ref>タグは入れ子にすることが出来ません。代わりに、{{Refnest}}テンプレートを用いることができます。

技術的には、単純な<ref>...</ref>の入れ子は、エラーになりますが、<ref>...</ref>の中でも、"#tag" マジックワードは使えますので、Refnestはこれを利用します。#tagはそのままではソースが読みにくいので、Refnestテンプレートを使って下さい。

記述例 表示結果
記事本文です{{Refnest|group="注"|注釈文です。ここの記述の出典を示したいときに、このようにして出典を参照することができます<ref>注釈文の出典。</ref>。}}{{Refnest|group="注"|name="note-example"|このようにname引数を指定することもできます<ref>注釈文2の出典。</ref>。}}。続く記事本文です<ref group="注" name="note-example" />

== 脚注 ==
=== 注釈 ===
{{Reflist|group="注"}}

=== 出典 ===
{{Reflist}}

記事本文です[注 1][注 2]。続く記事本文です[注 2]

脚注


注釈

  1. ^ 注釈文です。ここの記述の出典を示したいときに、このようにして出典を参照することができます[1]
  2. ^ a b このようにname引数を指定することもできます[2]

出典

  1. ^ 注釈文の出典。
  2. ^ 注釈文2の出典。

ただし現在のところ、入れ子にした脚注を、脚注表示位置に記述する(#脚注文記述箇所を本文から分離したいとき)ことはできません。この問題の詳細についてはbug 20707http://bugzilla.wikimedia.org/show_bug.cgi?id=20707を参照してください。

スタイルと用法[編集]

ウィキペディアでは記事の信頼性向上のために出典を明記することが推奨されていますが、逐一これらを本文中に記載しようとすると文章が煩雑になりがちです。そのような場合に脚注機能を使うと本文が読みやすくなります。記事全体の構成や編集方針を十分検討した上で効果的に活用してください。

  • 脚注欄は記事の末尾付近に作成します。冒頭に「脚注」、「注釈」などの表題を付けるのが一般的です。
  • ウィキペディアでは、二重の半角大括弧([[と]])で任意の文字列を囲うと同名の記事へのリンクを作成することができます。また、二重の半角中括弧({{と}})で囲われたタグを記事に挿入するとテンプレートと呼ばれる特定の機能表示がページ上に呼び出されます。脚注部でも、これらの機能は本文と同様の要領で使用できます[解説 2]
  • 脚注は多くの場合、一つの文を説明対象にします。この場合は、句点(。)の後でなく前に脚注リンクを置きます[解説 3]
  • 見出しに脚注を使わないでください。脚注の番号が見出しの一部として扱われ、番号が変化するたびに見出しの名前が変化してしまいます。他のページから正しくリンク出来なくなります。
  • 一方で、一文に複数の脚注リンクを置く場合など、その説明対象の範囲が文というより節・句・単語などになることもあります。節対象の脚注リンクは読点(、)の前に[解説 4]、句・単語などを対象とする脚注リンクは各説明対象のすぐ後[解説 5]に置きます。
  • 段落全体など、比較的広い範囲の文章に対してひとつの脚注が対応することもあります。そのような場合でも本文と注釈の対応関係が読者や後の編集者にも平易に分かるよう、一文ごとに脚注リンクを挿入したり、本文や注釈文に注釈範囲を明示したりするなど配慮してください。段落全体に対する脚注の注番号が、段落の最後(段落を構成する最後の文の句点の後)に置かれていることもあります[解説 6]。加筆や修正、書式の統一の際には注意してください。
  • 文献の記述スタイルに関する詳細については『Wikipedia:出典を明記する』も参照してください。脚注の記載位置などについては、文中に括弧書きを挿入する場合の表記ルールなどが参考になります(参考:Wikipedia:表記ガイド)。
  • 参考文献の記載は記事本文と同様、読者にとって重要な資料となるものです。正確を期すよう心がけてください。また、本文と脚注コメントが正しく対応していることを確認してください。特に、文献などの本文を引用して記載する場合には著作者、著作物名など出典情報を明示する義務が法律で定められています。記載漏れや間違いの無いよう厳重に注意してください[解説 7]
  • 参考文献の詳細を脚注に表示するための便利なテンプレートが用意されています<ref>タグと</ref>タグの間に以下のテンプレートを使って参考文献の詳細を記述するとそれらが一定のスタイルで表示されます。 記事執筆の一助として適宜利用してください。
    主に使うのはTemplate:Cite web / Template:Cite book / Template:Cite journal / Template:Cite newsなど。詳しくはWikipedia:出典テンプレートを参照してください。
  • 読者向け説明ページへのリンクを記事中に置くためのテンプレートが用意されています。記事執筆の一助として適宜利用してください。
    Template:脚注ヘルプ
  • 脚注リンクを使用している他の記事のスタイルも参考にしてください。
    例:日本語 / チンドン屋 / GARNET CROWなど

制限[編集]

  • <ref>...</ref>内では、テンプレートのsubst展開はできません。{{subst:テンプレートx}}と書くと、それがそのまま残ります。
  • <ref>タグは入れ子にできません。上記#脚注を入れ子にしたいとき参照。

このページの脚注[編集]

  1. ^ 左の記号をクリックすると本文に戻ります。または、ブラウザの戻る機能でも戻れます(参考:Help:脚注/読者向け)。
  2. ^ 参考:Help:リンク / Help:テンプレート
  3. ^ 英文などの場合は、脚注リンクをピリオド(.)の直後に置きます(参考:英語版Wikipedia:脚注)。
  4. ^ 句点の場合と同様に考えます。
  5. ^ ひとつの文に多くの脚注を挿入しすぎると読みにくくなります。可能であれば一文ごとに脚注をまとめることも検討してみてください。
  6. ^ 句点の後ろに置くだけで、それが段落全体の注であると示せるわけではありません。
  7. ^ 参考:Wikipedia:引用のガイドライン

関連項目[編集]