Help:画像などのファイルのアップロードと利用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

このページはメタウィキメディアヘルプ文書のコピーを(一部)もとにしています。


編集の基本
ページの編集
新規ページの作成
記事名チェック
文書の体裁
セクションと目次
箇条書き   表の作り方
脚注 | ISBNのリンク
特殊文字
HTMLタグの使用
画像などの利用
画像の表示
ファイルページ
数式の書き方
リンクする
リンク | URL
パイプ付きリンク
言語間・ウィキ間リンク
ウィキデータ
カテゴリ
リダイレクトソフト
ページの位置づけ
名前空間
サブページ
ミスなどの修正
新規ページのパトロール
以前の版にページを戻す方法
ページの移動
作業の効率化
マジックワード
テンプレート早わかり
テンプレートの制限
条件文 | テンプレートの説明文
ナビゲーションボックス
コミュニケーション
要約欄
細部の編集
ノートページ | 過去ログ
ウィキラブ
ウィキメール | 感謝
その他
編集の競合
ページ名の働き
記事の定義
ページサイズ
音声・動画の作成と利用
棒グラフの書き方
サンドボックス
ウィキポータル
ヘルプの目次へ

MediaWikiでは、画像などのファイルをアップロードし、そのファイルをページ中に挿入することができます。逆に、ページ中に画像などのファイルを表示させるためには、そのファイルがプロジェクトにアップロードされていなければなりません。

ファイルがアップロードされると、ファイル毎にファイルページ(ファイル説明ページとも)が作成されます。「ファイルページ」のページ名は、アップロード時に付けたファイル名と同じになり、「ファイル:」という名前空間用のプレフィクスが頭につきます。

ファイルは通常の内部リンクのマークアップを使ってテキストに埋め込むことができます。また画像の配置を調整するためにサイズを変えて表示させることもできます(下記参照)。

ファイルは、プロジェクト毎にアップロード可能ですが、一群のプロジェクトに対してファイル共有が行なえるよう、ファイル・アップロード専用のプロジェクトを指定することができます。ウィキメディア・プロジェクト群では、ウィキメディア・コモンズがそれにあたります。ウィキメディア・コモンズにアップロードされたファイルは、全ウィキメディア・プロジェクトで利用できます。一方、それ以外のプロジェクトにアップロードされたファイルは、そのプロジェクト内でしか利用できません。例えばウィキペディア日本語版にアップロードされたファイルは、ウィキペディア日本語版でしか利用できません。したがって、ウィキメディア・プロジェクト内では、可能な限り、ウィキメディア・コモンズへのアップロードが推奨されています

なお、画像は、以下の例のように、ウィキテキストの指定に応じてシステムによって生成されることもあります。

アップロード可能なファイル形式[編集]

ウィキメディア・プロジェクトで許可されているファイル形式は、拡張子が png, gif, jpg, jpeg, xcf, pdf, mid, ogg, svg, djvu のいずれかとなるものです。安全上の理由から、実行可能なプログラムは認められていません。また、以前はアップロードできていたものの、今はアップロードできない種類のファイルもあります。ただし、既にアップロード済みのファイルは利用可能です。

推奨されるファイル形式は、写真など色数が多い画像の場合は JPEG 、アイコンのような決まった色を使ったピクセル画像なら PNG、構造的な画像、ロゴなどではSVG、音声では OGG です。またアップロードできる最大ファイルサイズは100メガバイトです。

MediaWikiでは includes/DefaultSettings.php および Localsetting.php 中の命令文でアップロードできるファイルの形式などを定めています。$wgFileExtensions で推奨されるファイル形式を指定し、これに含まれない拡張子のファイルをアップロードしようとすると警告されます。$wgFileBlacklist および $wgMimeTypeBlacklist では、それぞれ拡張子とmimeタイプによって、受け入れられないファイル形式を指定しています。

アップロード[編集]

ウィキペディア日本語版にファイルをアップロードする場合は、Wikipedia:画像利用の方針を始めとする方針やガイドラインを必ず確認してください。

コモンズへにファイルをアップロードする場合は、コモンズ内のCommons:ファースト・ステップCommons:ファースト・ステップ/アップロードも参照してください。

アップロード作業の開始[編集]

MediaWiki-Upload-link-Commons.png

アップロードする際は、必ず事前にそのファイルをアップロードする権利、そして再配布する権利をご自身が所有していることを確認し、更に、ウィキメディア・コモンズにおける ライセンス要件及び他の採用基準を満たしていることを確認してください。コモンズにアップロードできるのは著作権フリーのコンテンツのみで、一部のウィキメディア・プロジェクトで認められている「フェアユース」コンテンツは対象外です。また、個人的な画像や人種差別的な画像、ポルノ画像などは好まれません。あなたがアップロードしたファイルは、他の利用者が不適切だと考えれば、ウィキページと同様に改変又は削除されることがあり、システムに負荷をかけすぎる利用者はアップロードが禁止されることがあることに留意してください。

ファイルをアップロードするには、まずアップロード先のプロジェクトにログインする必要があります。コモンズ以外のウィキメディア・プロジェクトでは新規利用者(多くのプロジェクトでは初ログイン後4日が経過していない利用者)はファイルのアップロードができません(bugzilla:12556による措置)。

また、アップロードに際しては、ファイル名、ファイルの概要、そしてライセンスの設定が必須となります。情報に記入漏れがあるとファイルが削除される場合もありますのでご注意ください。

アップロードウィザードの利用イメージ

ウィキメディア・コモンズにファイルをアップロードするためのページにたどり着く方法はいくつかあります。

  1. ウィキペディアの各ページ左側「ツールボックス」に表示される「アップロード (ウィキメディア・コモンズ)」をクリックする。
  2. コモンズの各ページ左側「participate」部に表示される「Upload file」をクリックする。

ツールの利用方法については、アップロードウィザードによるファイルのアップロードについてを参照してください。

なお、ウィキペディア日本語版にアップロードする場合は、特別:アップロードWikipedia:ファイルのアップロード)を利用します。

ファイル名の設定[編集]

アップロードの画面

アップロード・ページには、殆どのブラウザの場合、「ファイルを選択」("Browse") というボタンがあります。このボタンをクリックすると、各利用者の利用しているオペレーティング・システムの標準的なファイル・オープン・ダイアログが開きます。アップロードしたいファイルを選択すると、「ファイルを選択」ボタンの隣にあるテキスト欄に、そのファイル名が自動的に入力されます。

ウィキメディア・プロジェクトで使用するのにふさわしいファイル名を選んで、ファイル名を決定してください。あなたのコンピューターに保存されているファイルのファイル名と同じ名前である必要はありませんが、ファイル名の決定は慎重に行なってください。特に正しい拡張子を用いているか注意してください。なお、ファイル名は拡張子も含めて、大文字・小文字が区別されます。ただし、最初の文字だけ例外的に常に大文字になります。ファイル名をアップロード後に変更するには、管理者の手助けが必要であり、Wikipedia:移動依頼の手続きが必要になります。

世界中からたくさんの方がファイルを利用しますので、ファイル名は英語であることが推奨されます。そしてできるだけ具体的かつ簡潔につけることが求められます。たとえばその写真が新幹線800系電車を写していたとします。でもそのファイルの名前が「Shinkansen」だけだとどのような新幹線を写しているのかがわかりませんよね。そこで「Shinkansen 800」のような名前にすると、これは新幹線の800系を写しているんだなということが、題を見ただけでも一目でわかるようになります。「IMG005.JPG」等のファイル名は、どのような画像が映っているのか分からないファイル名になりますので、そのようなファイル名は避けてください。

さらにファイルを探している人にとって探しやすく、使いやすくするには、例えば「その写真がどんな場所・部分を写しているのか」を書くといいでしょう。例えば前例の Shinkansen 800 だと、800系の全てを包括することになります。なので、File:Shinkansen 800 Series Exterior.jpg のような写真では、「Shinkansen 800 Front View」のように、新幹線の先頭車両を写した写真であるようなことがわかる名前も考えたほうが良いでしょう。また、他にも同じ車両の写真を撮影してアップロードする人もいるので、「001、002」のように連番にする手もあります。最終的に他の方がアップロードしたファイルの名前と重なる心配のないようなファイル名を書くことが一番良い方法です。

コモンズにアップロードするファイルに対しては、そのファイルを利用する可能性のあるプロジェクトのいずれにおいても未だ用いられていないファイル名を選定することが望ましいです。ローカルに同じ名前のファイルがあった場合、そのプロジェクト上ではコモンズのファイルではなく、ローカルのファイルが使用されてしまうからです。ただし、個々のプロジェクト上にあるファイルと同一ファイルをコモンズにアップロードし、ローカルが削除される予定である場合には、この限りではありません。

ファイルの概要の記入[編集]

続いて、ファイルの概要にアップロードするファイルの説明を書き込みます。出来る限り英語を利用する事が望まれますが、やむを得ない場合は日本語でもかまいません。なにを書かなければならないかについて、次を参照してください。

{{Information|
|Description=説明
|Source=出典
|Date=製作日
|Author=作者
|Permission=ライセンス
|other_versions=もしあるなら。オプション項目です。
}}
  1. 説明 (Description) - ここにはファイルの説明を書き込みます。
  2. 出典 (Source) - もしそのファイルがあなたのものでなければ、その出典を明記してください。インターネット上ならウェブサイトのアドレスやそのホームページの管理者を、刊行物の場合はその刊行物の名前および刊行された日付を書き込みください。写真の場合は撮影した場所を書き込むことが望ましいでしょう。出典が不明の場合は削除の対象となります。
  3. 製作日 (Date) - ファイルを作成した日をここに記入します。写真の場合は撮影した日付を記入してください。
  4. 作者 (Author) - ファイルの制作者の名前をここに書きます。もしあなたが制作者の場合、~~~のような署名などの方法で、「このファイルの所有者は私です」ということを証明してください。
  5. ライセンス (Permission) - 次のサブセクションを参照してください。
  6. 他の版 (Other Versions) - もしそのファイルが、もともとコモンズ上にある別のファイルから加工などの手を加えて派生したものであれば、元のファイルの名前と、どこをどう加工したのかを書き込んでください。

ライセンスの設定[編集]

ファイルに対するライセンスを設定します。出典やライセンスが不明の場合は削除の対象となります。また、適切でないライセンスの場合も削除の対象になります。Wikipedia:アップロードされたファイルのライセンスWikipedia:ライセンス更新も確認して下さい。

ウィキペディア日本語版では二次的著作物にフリー(自由)なライセンスを適用可能なファイルのみを受け付けることになってます。ただし、フリー(自由)なライセンスでなければなりません。ここで言うフリー(自由)とは、目的を問わず

  • 再配布
  • 二次的著作物(派生作品)の配布
  • 商用利用

の三つがあります。コピーライト・タグに利用可能なフリーなライセンスについて詳細があります。

一般的なフリーのライセンスは次のようなものがあります。

  1. パブリック・ドメイン(PD) - そのファイルの著作権を主張せず、一般に誰でも利用する事が出来ることを示します。
  2. GNU Free Documentation License(GFDL)とCC-BY-SAのデュアルライセンス - そのファイルを誰でも複製、改変、及び配布・販売を許可するコピーレフトのライセンスです。

適切なタグを選んで説明欄に記入することになります。

適切なライセンスを提示することは、当然のことですが、なぜ、そのライセンスが適用されるのかを説明できるように、出典を明示するようにして下さい。あなた自身の作成・撮影したファイルである場合は、そのように明記してください。また、あなた自身の差屈した画像であっても、職務著作物や屋外美術物の場合、二次的著作物として利用が制限される場合があります。Wikipedia:百科事典向け写真撮影のガイドWikipedia:屋外美術を被写体とする写真の利用方針を確認して下さい。あなた自身が作成したものではない本やホームページに掲載されていた写真・画像は、通常、著作権で保護されており、アップロードはできません。それらをアップロードする場合は、フリーのライセンスであることを必ず確認して下さい。

最後に「アップロード」ボタンを押せば、アップロード完了です。インターネット接続の回線速度が遅い場合には、アップロードには多少の時間がかかるかもしれません。

注意事項・その他[編集]

既存のファイルと同一のファイル名でファイルをアップロードすると、以前のファイルは新しいもので置き換えられるため、警告が表示されます。なお、ファイルが置き換えられても、そのファイルを埋め込んでいる記事の履歴や、関連ページの更新状況にもファイルの更新情報は表示されません。ただし、ファイルページの「ファイルの履歴」セクションに記録され、また、アップロード・ログ (アップロード・ログ) にも記録されます。したがって、例えばある記事中のファイルの変更を監視するには、記事自体をウォッチリストに登録するだけでは不十分となります。ファイルページをウォッチリストに登録すれば、ウォッチリストにファイルの置換も表示されます(MediaWiki 1.13より)。

コモンズ上のファイルを置換又は削除すると、そのファイルを利用している全てのプロジェクトに影響が及びます。このため、コモンズのファイルページからそのファイルを利用している全てのプロジェクト上の当該ファイルのファイルページにリンクさせておくことが大切になります。これは現在はさまざまな機能拡張で自動的に実現されています。

ファイルページの保護は自動的にファイルそのものも保護します。保護されているファイルと同じ名前のファイルは、管理者にのみアップロードが可能です。

Special:Filelistは、アップロード・ログと同一の情報を提供していますが、時刻表示には利用者が個人設定で設定している現地時刻を用いています。さらにファイルサイズも表示され、ファイルの一部分の表示や、サイズや日付によるソートも可能です。また、ファイルページへのリンクだけでなく、ファイルへの直接リンクもあります。

Commonplace

複数ファイルが一度にアップロードできるCommonplaceというソフト(Windows用)もあります。説明は英語ですが、使用法はとても簡単で、ファイルをソフトにドラッグ&ドロップし、必要事項を入力するだけです。この外部リンクからこのソフトと、関連ソフトをダウンロードできます。

アップロード後の情報の更新[編集]

アップロード後にファイルの説明を修正・加筆したり、カテゴリを追加・除去したりするには、ファイルページを利用します。

特に、ファイルを利用しやすくするために、適切なカテゴリへと配置することが大切です(カテゴリでなく通常のページを使用している分野もあります)。カテゴリへの加え方やファイルの挿入の仕方についてはHelp:ページの編集などを参照してください

ウィキペディア日本語版のページ中に挿入されたファイルをクリックすると、ウィキペディア日本語版上のファイルページが開きます。この時、そのファイルがコモンズにある場合は、 このファイルは$1のものであり、他のプロジェクトで使用されている可能性があります。 のメッセージが同時に現れ、その下にコモンズのファイルページの内容がそのまま表示されます。コモンズのファイルの情報については、ウィキペディア日本語版上のファイルページではなく、コモンズのファイルページを編集してください。詳しくはHelp:ファイルページを参照してください。

ファイルの埋め込み[編集]

プロジェクト内部にあるファイルをテキストに埋め込むには、ファイル名を通常の内部リンクのマークアップ ([[ ]])で指定するだけです。したがって、[[ファイル:tst.png]] または [[File:tst.png]] とすれば Tst.png が得られます。いずれを用いても結果は全く同じです。

ここで「プロジェクト内部」とは、ウィキペディア日本語版及びコモンズを指します。ファイルを指定すると、そのファイルがウィキペディア日本語版上に存在するなら、それを参照し、そうでないなら、コモンズ上の同一名ファイルを参照します。もしもどちらにもなければ、ウィキペディア日本語版へのアップロード・ページへのリンクが、「赤リンク」として表示されます。この赤リンクは未執筆のファイルページへのリンクとよく似ています。

ページに埋め込んだ際に自動的に表示されるのは画像ファイルのみです。音声などは、自動的には再生されません。

埋め込まれたファイルからは、ファイルページへのリンクが自動的に張られます。ファイルページでは、フルサイズの画像、または利用者の設定に応じて、フルサイズ版へのリンクが付いた縮小版が示されます。このファイルページには、ファイルについての詳細情報も記載されています。

MediaWiki:Bad image list に載っているファイルは埋め込むことができません。これらのファイルを埋め込もうとすると、ファイルページへのリンクが生成されます。リスト中のファイルを指定したページにのみ表示させるようにも設定できます。例としてen:MediaWiki:Bad image listなどを参照してください。

画像ファイルを表示させる方法の詳細については「Help:画像の表示」を参照してください。音声・動画ファイルについては「Help:音声・動画の作成と利用」を参照してください。

リンク[編集]

アップロードされたファイルに直接リンクするには、Media名前空間を使用します。例えば、 Flag of Somalia.svg にリンクするのなら、[[ファイル:Flag of Somalia.svg]]ではなく、[[Media:Flag of Somalia.svg]]のようにします(結果はMedia:Flag of Somalia.svgとなります)。ファイルページにリンクするには、名前空間名のまえに半角コロン (:) を付加し、[[:ファイル:Flag of Somalia.svg]]のようにします。結果はファイル:Flag of Somalia.svgとなります(冒頭のコロンは表示されません)。

パイプ付きリンクも通常通り使用できます。ページの存在検知も、他のページと同様機能しますが、実際にはファイルの有無ではなく、ファイルページの有無を検知しています。外部リンク形式のリンクも通常ページと同様に機能します。

ウィキ間リンク形式のリンクは、ファイルページへのリンクを提供します。また、言語間リンクが可能な場合には、通常ページと同様に機能します。文中に同一プロジェクト他言語版のファイルページへのリンクが必要な場合には、言語プレフィクスの前に半角コロンを挿入します(例:[[:de:Bild:Europa-Pos.png]])。プロジェクト外のサイトにあるファイルそのものへのリンクには、外部リンク形式を使用してください。

以下は3タイプの内部リンクの結果を確認するためのデモです。リンクによってファイルページにリンクしている場合と、ファイルそのものにリンクしていることに注意してください。

ページ内に挿入 [[ファイル:Gelderland-Position.png]] Gelderland-Position.png
ファイルページにリンク [[:ファイル:Gelderland-Position.png]] File:Gelderland-Position.png
ファイルにリンク [[Media:Gelderland-Position.png]] Media:Gelderland-Position.png