Help:細部の編集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

このページはメタウィキメディアヘルプ文書のコピーを(一部)もとにしています。


編集の基本
ページの編集
新規ページの作成
記事名チェック
文書の体裁
セクションと目次
箇条書き   表の作り方
脚注 | ISBNのリンク
特殊文字
HTMLタグの使用
画像などの利用
画像の表示
ファイルページ
数式の書き方
リンクする
リンク | URL
パイプ付きリンク
言語間・ウィキ間リンク
ウィキデータ
カテゴリ
リダイレクトソフト
ページの位置づけ
名前空間
サブページ
ミスなどの修正
新規ページのパトロール
以前の版にページを戻す方法
ページの移動
作業の効率化
マジックワード
テンプレート早わかり
テンプレートの制限
条件文 | テンプレートの説明文
ナビゲーションボックス
コミュニケーション
要約欄
細部の編集
ノートページ | 過去ログ
ウィキラブ
ウィキメール | 感謝
その他
編集の競合
ページ名の働き
記事の定義
ページサイズ
音声・動画の作成と利用
棒グラフの書き方
サンドボックス
ウィキポータル
ヘルプの目次へ

細部の編集とは、最新版や過去の版と比べて大きく変わらない編集を行うことです。例えば、誤字の修正、体裁の変更、文章を変更せずに順序を整理するなどが該当します。細部の編集は、主に他の利用者に対して、その編集が内容を確認してもらう必要がないことと、議論をする必要がないことを知らせるものです。

一方で、大きな編集は、そのページに関係する全ての利用者が確認すべきだと考えられています。したがって、たとえ一つの単語を変更しただけの場合でも、記事の内容に影響を与える編集は細部の編集ではありません。

最近更新したページでは細部の編集を非表示にすることができるので、大きな編集かそれとも細部の編集かの違いはとても重要です。あなたの編集が議論を必要とする可能性があると感じた場合は、細部の編集にチェックをしないでください。

ログインしていない利用者は、自分の編集を細部の編集とすることができません。これは荒らし行為の隠蔽を防止するためです。

細部の編集に該当するケース[編集]

  • 間違った文法や単語を修正したとき
  • 本文の体裁を整えたとき
  • 記事の内容を変更しない編集を行ったとき(水平線を使って1つの節を2つに分割したときなど)
  • 明らかな事実誤認である記述を修正したとき(例:信頼できる情報源に基づいて1873年1973年に修正したときなど)
  • レイアウトを修正したとき
  • リンクを追加したとき
  • 荒らしによる投稿を修正したとき

注意事項[編集]

  • ページの見栄えやHTMLでの表現に変更がない場合であっても(例:空白または改行を1個加えるだけなど)、ウィキテキストに変更が加わっていればデータベース側では変更が行われたものとして扱い、履歴を記録します。
  • 大きな編集を「細部の編集」とすることは、好ましくありません。特に文章内容の一部を編集除去したときなどは、「細部の編集」にチェックをしないでください。
  • リバートは、多くの場合、細部の編集ではありません。記事の内容について議論されている場合や編集合戦が起こっている場合は、いかなる編集をしても「細部の編集」にチェックしないようにしてください。ただし、荒らし行為のリバートは例外です。
  • 利用者のウォッチリストでは、記事に加えられた最新の変更だけが表示されます。これは、たとえ最新の変更が細部の編集だったとしても同じです。それは、あるページをウォッチリストに加えている利用者の多くがそのページの全ての変更に注目しているからです。したがって、ウォッチリストでは、ときに大きな編集が小さな編集に取って代わられてしまいます。もしあなたがページに加えられた変更に疑問をもったら、そのページの履歴を確認してください。拡張版のウォッチリストを利用すれば、最新のもの以外の変更も表示されるようになります。
  • もし大きな編集にもかかわらず誤って「細部の編集」にチェックをして投稿してしまった場合は、次の編集で要約欄に「前版は大きな編集です(訂正)。」と書き加えてください。ただし、これはあくまでも任意です。
  • 編集合戦を回避するために、ノートページまたは利用者の会話ページにおいて細部の編集であるかどうかを議論するとよいかもしれません。そうするかどうかは、主観によります。

例外[編集]

管理者巻き戻し者は半自動的に記事の最終編集を差し戻すことができ、この編集は全てMediaWikiによって細部の編集として扱われます。これは編集およびリバートが累積的な影響を及ぼさないからです。

関連項目[編集]