Wikipedia:サンドボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィキペディアへようこそウィキペディアについてヘルプサンドボックスについて
Sandbox.svg

Wikipedia:サンドボックスへようこそ!

ここは、ウィキペディアで編集・執筆をするための練習や実験などに使用できるページです。ノートページへ投稿するための練習は、Wikipedia‐ノート:サンドボックスを使用してください。

初心者の方は、このページを編集する前に、ガイドブックやヘルプのページの編集などもぜひ参考にしてください。あなたの今後の編集活動にとって、とても重要な内容が書かれています。

サンドボックスに書き込まれた内容は、日本時間午前0時の時報とともに、この案内文(テンプレート)を残してすべて除去されます。ただし、実際は時報より少し遅れます。また、過去の版は、履歴からたどることができます。著作権上問題のある書き込みや、エチケットに反する書き込みなどはやめてください。もしそのような書き込みを見つけたときは、Help‐ノート:サンドボックスに連絡してください。

長坂用水
別所地内を流れる長坂用水
別所地内を流れる長坂用水
水路全図
BUILDING uKBHFa
昭和48年以降の取水口
uKBHFa uSTR
昭和48年までの旧取水口
uKBHFa uTUNNELa uTUNNELa
寛文期取水口:大渕ワレ岩 0km
uTUNNELa utSTR utSTR
(寛文期取水口は明治期に放棄)
utABZrg utSTRrf utSTR
uTUNNELe utSTR
uSTR utSTR
古屋敷
uSTR utSTR
油粕
uSTRq uWEIRl utSTR
湯ケ瀬水門
uTUNNEL1 utSTR
隧道
uSTR utSTR
白岩の大のけ
uSTRq uWEIRl utSTR
山川町分水堰
uSTRq uWEIRl utSTR
板橋水門
uxWEIRg utSTR
釜谷水門
umKRZu utSTR
旧山川橋
uTUNNEL1 utSTR
隧道
uSTR utSTR
utSTRrg utSTRq utSTRrf
uSTRrg uSTRlg uTUNNELe ugKHSTa
金滝落水
uSTR uSTRlf uygJUNCld ugSTRrf
山川分水槽 3.6km
uSTR mKRZo uWEIRl BUILDING exLSTRlg
山川落水堰/目一つ谷
STR uTUNNELa exLSTR
STR utSTR exLSTR
県道沿い暗渠
STR uTUNNELe exLSTR
STRlf umKRZu STRlg exLSTR
県道114号
uSTRq uWEIRl STR exLSTR
小じょうまい水門(蓮花滝)
uSTRq uWEIRl STR exLSTR
蓮花宮下落し
exLSTRrg exLSTRq uSTR STR exLSTRrf
exKBHFe STRrg umKRZu STRrf
犀川浄水場へ
STRlf umKRZu STRlg
uSTR STR
別所竹林
uTUNNELa
法師ノ隧道上口
uTUNNELe
(歩道無く危険・立入禁止)
uTUNNELe
uSTRrg uWEIRl
法師の水門(見学入口)
uTUNNELa
uTUNNELe
法師ノ隧道下口(見学出口)
uSTR ugKHSTa
鐘搗山(かねつきやま)落水
uSTRrg uygJUNCld gSTRrf
大桑用水へ(現在は落水なし)
uSTR uSTR
uABZrg uWEIRl
大桑水門
uKMW uSTR
大桑用水
uABZrg uWEIRl
小寺の坂/水門
uSTR uTUNNEL1
御所谷隧道
uSTR
uTUNNEL1
西ノ山隧道
uSTR
uTUNNEL1
自由が丘暗渠
uSTRrg uWEIRl
株坂落し(法島へ)
uAROADo
山側環状路 9.1km
uABZlf uSTRq uSTRlg
uABZlf uSTRlg uKMW
長坂・山科へ
uSTRrg uABZrf uKMW uSTR
十貫川
uSTR uKMW uSTR uSTR
雀谷川
uKMW uSTR uSTR uSTR
沼田川(寺町)
umKRZu umKRZu umKRZu umKRZu
鶴来街道(巡見道)
exSTR uSTR uSTR uSTR uSTR
泉用水(堺川を経て伏見川へ)
exSTRlf exABZlg uSTR uSTR uSTR
exSTRrg exSTRrf uSTR uSTR uSTR
exABZrg exSTRq exABZqr exABZqr exABZqr
伏見川
exSTR
exKBHFe
犀川へ

長坂用水(ながさかようすい)とは、加賀藩金沢市野田山山麓の丘陵農地の灌漑を目的に、犀川の支流である内川の中流部左岸(金沢市小原町)を取水口として、 1671年(寛文11年)に完成させた水路疏水)であり、 長坂土地改良区 が管理している。

概要[編集]

長坂用水は、取水口(大淵の王連岩(ワレイワ))から野田山山麓までを、等高線に沿い、数々の谷を巻くように岩盤を穿って造った総延長84 (9.1km、寛文期の完成時)の水路疏水)で、単年度で完成したと読める資料[1][2]があるが、 1667年(寛文7年)に着工し1671年(寛文11年)の春に完成したとするのが一般的である[3]。藩命を受けて、石川郡押野村(現在の野々市市押野)の十村後藤太兵衛が指揮して完成させたとされる。開発技術は辰巳用水(1632年通水)や寺津用水(1665年通水)を参考にしているとされ、平均勾配(1/300~1/400)などは辰巳用水と同様である[4]。金沢疏水群の一つとして農水省疏水百選にも数えられる用水である。 野田町の分水点からは、沼田川、朱雀川、十貫川などの農業用水に分かれて農用地へ流れ、寺町台、泉野台、長坂台、山科町、野町、地黄煎町、泉、有松、寺地などの農地を潤した後、 最後に泉用水や伏見川に合流して犀川へ注ぐ。 取水口からこれら農用地を流れる用水を含む全体を長坂用水と称する場合もある[5]明治期に野田山山麓一帯が旧大日本帝国陸軍野村 (石川県)練兵場[6]に供用されたことや、昭和期以降の急激な都市化によって農用地の面積が大きく 減少したため、 灌漑用水としての役割は減少しているが、竹林を縫うように流れる用水景観には独特の風情があり、市民から親しまれている用水の一つである[7]。 取水口から山川(やまごう)分水槽までの長さ3.6kmの部分は、1973年(昭和48年)の第4次金沢市上水道計画工事で直線の地下隧道に短縮された [8]。 そのため、同区間の寛文期水路は廃路になっており、過去に踏査が試みられた[9][4]が、草木の繁茂と岩盤崩落が激しく、近づくのは危険である。取水の一部は、同じく1973年(昭和48年)の工事によって山川分水槽で上水道用に分水され、地下水路を経て金沢市企業局犀川浄水場へ送水されている。 現在は、分水槽から野田町までの5.5kmのみが寛文期の様相を残している。法師山の地下に掘られた法師の隧道(総延長358m:上流部228m、下流部130m[4])は、 内部高さ(1.7~1.9m)[4]が高いので大人でも立ったまま歩行が可能である。 長靴とヘルメットを装備し、懐中電灯の明かりを手掛かりに掘削のノミ跡やタンコロと呼ばれる灯明設置穴を確かめ、往時の先人達の労苦を偲びながら廻る見学会(コース:法師の水門と法師隧道下口の間の130m、長坂土地改良区理事長が説明役)は、小学生にも人気があり毎年参加者が絶えない。

用水開発の背景[編集]

長かった戦乱の世も大阪の役を最後にして安定し始めると、各藩は経済の基礎である米づくりの改革を進めて更なる社会の安定化につとめた。 加賀藩では、2代藩主前田利常による「改作法」の施行によって農政改革を図ったが、農民の間には本百姓、下百姓、頭振り(次男、三男)などの身分差が 中世期農業のまま依然として残っており、多くの農民は請負耕作や、武家や商家への日稼ぎ奉公で苦しむことに変わりなかった。 当時、農地の分割相続や切売りはまだ禁止されており、開墾による農地拡大こそが下百姓や頭振りの唯一の開放策であり、新田開墾と新村開村が随所で実施された。 税の徴収から農法と農具の改良、開墾と開村など、勧農のすべてを担当したのが、江戸初期に確立された十村制度十村役である。 当時の野田山山麓(金沢市の野田から、十一屋、寺町、野町、弥生、泉、有松、寺地を経て山科へ至る線で囲まれる広範な地域)は、竹・笹、小松が生い茂るままの 原野であった[10]。 同地域は、江戸初期から押野組(37ケ村からなる十村役の管理単位、後に米丸組52カ村に組替え)に属しており、十村として同組を管理していた後藤太兵衛は、 私財を投じて1655年(明暦元年)に泉野村を、1658年(万治元年)に泉野新村(泉野出村)を開村したとされる。 しかし、同地区は水利が無いため稲作が不可能であり、灌漑用水の開削が必要であった。

前田利常公と押野後藤家[編集]

押野後藤家初代の弥右衛門は佐久間盛政に従軍し、一向衆最後の砦となった鳥越城攻めなどで戦功を挙げて300石を授かった。鳥越城攻めには前田利家が率いる一軍も参加しており[11]、身分は違うものの戦国期の後藤家は武士として前田家と同じ側に身を置いていた。 後藤家2代藤右衛門は、大阪城真田丸攻めを行った2代藩主前田利常の2度の大阪の役(1614年1615年)に従軍し、その功績に対して十村肝煎りに任ぜられた。 前田利常隠居先の小松城へ、有能な十村を何度かへ招集して農政改革を諮問[12]しているが、そこに2代後藤藤右衛門と、後に十村になった3代後藤太兵衛が招集[13]されている。 他方、押野後藤家には、初代の後藤弥右衛門とその家臣の一行が、福井県金津(旧坂井郡金津町)の一向一揆から逃れて押野村へ落ち延び、農民である村人に匿われたという過去があり、押野村に住んだ当初は 初代後藤弥右衛門も2代後藤藤右衛門も農業に従事している[14]十村の身分は士分でなく農民であるが、百姓生え抜きの十村と違って前田家に対する戦時の功績があり、 かつ農業経験があることから農民の思いを知る十村として押野後藤家代々の十村は歴代藩主から格別の信任と処遇を受けたものと考えられる。 3代後藤太兵衛に至っては、参勤交代時の前田利常一行に、街道筋の農業事情説明役を兼ねて金沢越後間の往路と復路に随行[14]しているほどである。 長坂用水開発は、野田山山麓農業の管理責任者として、自身が開拓した泉野村をはじめとする村々の水利の悪さを嘆いた後藤太兵衛が、藩へ願い出たことが契機となって着手したものである。 前田利常(1658年(万治元年10月没、享年64歳))は、長坂用水を見ることなく没し、4代前田綱紀がに江戸から金沢へ下向した(1661年(18歳))後に用水が完成したことから、 長坂用水開削は4代前田綱紀の功績だとする文献がある[9]。しかし、綱紀の幼少期を利常が後見していたことや、辰巳用水を開発し、死の直前まで十村達と「改作法」を画策するなど、 40年余にわたって揺籃期の加賀藩農政を思い遣った2代藩主前田利常の業績が、長坂用水開削に対しても大きく影響している。後藤太兵衛は、用水完成前年の1670年(寛文10年)に野田山へ鷹狩りに出た4代藩主綱紀から、工事の進捗に対する恩賞として陣笠と革製陣羽織を拝領[14]し、 翌年の完成時は、同じく綱紀から800石の扶持増を受けており[14]、太兵衛の功績がいかに大きかったかが窺える[14]。 なお、押野後藤家は、泉野村、泉野出村、長坂新村の他に、5代後藤安兵衛の時代に中村(現金沢市中村町)から高畠村(〃金沢市高畠町)にかけての犀川左岸沿いを独力で開発している[15]

延べ36万人を投入か[編集]

長坂用水開削の労務費として銀300百(銀300×1000)が支払われた資料[1]と、 用水工事の5年後に3519人を動員して実施された修繕工事の総人件費が2903.9であったとする資料[16]がある。 この二つの資料から、如何に工事が大規模だったかが分かると当時に、要した工期を計算できるとする文献[9]がある。当時の一日あたりの 労務費をは2903.9÷3512人=0.825(8分2厘5毛)、動員総人数は、300貫÷0.000825貫≒363,636人とするもので、 同文献[9]では、工期と人数/日を仮定して、動員人夫数36万人を逆算で確認することまでは試みていない。 しかし、文中で以下のような計算によって工事期間は足掛け4年(寛文11年春の完成時に通水しているので実工期には少なくとも3年を要している)だったことが成り立つこと暗示している。 長坂用水工事箇所へ作業者が徒歩通勤するとすると、工事に応じられる 通勤可能な人夫は石川郡(浅野川以南、手取川以北)内でも近隣諸村に住む農夫に限られる(農家数2500戸[寛文5年の資料][9])。 よって、平均労働者数を1000人/日、 当時の稲は晩生だから、雪解けから晩秋までを、畦塗り、粗起こし、代掻き、種まき、田植え、草取り、刈り取り、脱穀・臼スリ、俵詰・出荷等の各作業に追われ、冬季は縄や米俵編みに従事するなど、 農閑期と言える期間は現代農業に比べると皆無に等しいが、年間の用水工事従事期間を最大でも年間平均4ヶ月と仮定すると、 1000人×30日×4ヶ月×3年=360,000人 を推定できるというもので大変興味深い。

長坂新村の開村[編集]

後藤太兵衛が、長坂用水開発と同時に長坂新村の開村を采配したことは、藩の記録等で知られていたが、昭和30年代に初めて実施された後藤家の調査で、長坂新村開村時の農家104戸の配置絵図に住人名と出身地が記載された資料[17]が発見された。彼らは長坂用水の開発に従事した後に長坂新村に居住したものであるが、絵図から、入村者は石川郡、能美郡、鹿島郡のほか、砺波郡、新川郡、射水郡(いずれも現在の富山県の諸郡)など加賀藩の全域から入村していることが分かる。 しかも、入居104戸の殆どは家族持ちであり、大人・子供(14歳以下)の合計は340人[18]である。また、後年、入村者の中から肝煎りに昇進する者[19][20]もあり、それまでの新村開村と異なり、用水開削の重労働を厭わない強健で有能な者を家族ぐるみで公募入村させようとしたもので加賀藩の意気込みが感じられる。

現在[編集]

長坂用水の春は、前年に崩落堆積した土砂を9.1kmの全長に渡ってを除去し、倒れた木や竹、溜まった岩や土砂を除去する江ざらいに始まる。夏場には雑草の刈り取りや、度々発生するた堤の決壊や隧道落盤の補修などが随時必要となるなど、年間を通して維持管理には膨大な労力が必要であった。今は、コルゲート管やカルバート溝など最近の工法や資材を使用して対応しており、崩壊や決壊などの箇所は少なくなり、作業は軽減している。工事には陸上自衛隊金沢駐屯地が協力を惜しまず参加してくれるようになっていることも心強い。300年以上わたって取水口に毎年米俵80俵の土嚢を積んで取水堰をつくる[9]作業を繰り返してきたが、昭和48年4月の取水堰コンクリート化と用水上流の直線隧道化とによって、維持管理作業は大幅に軽減した。毎年4月に実施される江ざらい作業だけは、地形的制限があるため、現代土木工事では当然のように使用している各種建設機械を持ち込めず、今も昔のまま手作業で繰り返さざるを得ない。 金沢市内を流れる疏水群の各用水は、本来灌漑用水であるが、水の町でもある城下町金沢を構成する観光資源としての役割が大きくなっており、涼感を誘う長坂用水景観を 保全しようとする気運が高まりつつあり、市街化で埋設された用水の復活によって往時を偲ぼうとする市民の動きもある。 [21]

*泉用水:当初は犀川大橋の上流50m地点で取水。野町、泉を経て堺川となり伏見川へ注ぐ農業用水。完成時期は明確でないが、江戸初期には完成していたとされる[8]
長坂土地区改良区 :長坂用水の管理主体。長坂町、泉ヶ丘町、泉野町、泉野出町、野田町の5農業生産組合で構成(以前は地黄煎町も含まれていた))

位置情報[編集]

用水の測量図 [編集]

  二畳ほどの大きさの用水測量図[22]を、長坂土地改良区が所蔵する。この図に描かれた山川分水槽から野田町までの部分を、土地改良区の組合員がB4サイズの方眼トレーシング紙4枚に鉛筆で複写したと思われる資料が存在する[23]。これらの複写図(野田側から上流へ向かってNo.1,No.2,No.3,No.4)に、本ページ投稿者が、現在の地理データを赤色で記入してみたのが以下の4枚の画像である。明治期の測量から100年の経過で、どのように用水が変化したかが分かり、興味深い。

主な関連画像[編集]

取水部変遷[編集]

江ざらい[編集]

主な施設など[編集]

英語圏では主にAVAF (Adult Videos about Anal Fuck) と言われる。[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 金沢市近世史料館、加州郡方旧記
  2. ^ 金沢市近世史料館、三壺聞書
  3. ^ 金沢市近世史料館、加州郡方公記
  4. ^ a b c d 長坂用水の調査研究報告書(平成17~19年度編)、平成20年3月31日、金沢大学大学院自然科学研究科
  5. ^ 「寺町の長坂用水試掘、金沢市が新年度、寺院群の「伝建」指定に向け」、北国新聞ホームページ、http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20070105101.htm、最終アクセス2014年4月14日
  6. ^ 陸上自衛隊金沢駐屯地尚古館、野田練兵場全図、他
  7. ^ 金沢用水散歩、笹倉信行、十月社、1995年(平成7年)
  8. ^ a b 金沢市水道五十年史、金沢市、1980年(昭和55年)
  9. ^ a b c d e f g 長坂町の年輪、長坂第一土地区画整理組合、 1977年(昭和52年)
  10. ^ 金沢市近世史料館、微妙院公(利常)夜話集、山本清兵衛の子が亡父を語るの節
  11. ^ 賤ヶ岳の鬼神佐久間盛政、楠戸義昭、毎日新聞社、2002年(平成14年)
  12. ^ 金沢市近世史料館、十村旧記留、明暦元年(1655年)2月
  13. ^ 石川県歴史博物館、後藤家文書、由緒一類附帳(明治8年)
  14. ^ a b c d e 石川県歴史博物館、後藤家文書No.1481、由緒書上(寛永3年)
  15. ^ 石川県歴史博物館、後藤家文書、享保8年、安兵衛新開証文
  16. ^ 石川県歴史博物館、後藤家文書No.370、用水繕普請入用之事(延宝2年)
  17. ^ 石川県歴史博物館、後藤家文書No.382、長坂新村里子居宅図
  18. ^ 石川県歴史博物館、後藤家文書No.1211、太兵衛翁万覚書(寛文12年)
  19. ^ 石川県歴史博物館、後藤家文書No.375、長坂新村肝煎給米ニ付伺
  20. ^ 石川県歴史博物館、後藤家文書No.376、長坂新村肝煎相立候願書付扣
  21. ^ 「藩政期の石積み現存 金沢・長坂用水 図面通り、測量技術の高さ示す 市調査」、北国新聞ホームページ、 http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20071102101.htm,最終アクセス2014年4月9日
  22. ^ 石川郡長坂用水実測全図、1903年明治36年)、長坂土地改良区所蔵
  23. ^ 金沢市近世史料館、特34.21-59-3、坂坂用水図面
  24. ^ 内川の郷土史、内川村史発刊委員会、1971年(昭和46年)