Help:ウィキメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

このページはウィキペディア日本語版ヘルプページです。


編集の基本
ページの編集
新規ページの作成
記事名チェック
文書の体裁
セクションと目次
箇条書き   表の作り方
脚注 | ISBNのリンク
特殊文字
HTMLタグの使用
画像などの利用
画像の表示
ファイルページ
数式の書き方
リンクする
リンク | URL
パイプ付きリンク
言語間・ウィキ間リンク
ウィキデータ
カテゴリ
リダイレクトソフト
ページの位置づけ
名前空間
サブページ
ミスなどの修正
新規ページのパトロール
以前の版にページを戻す方法
ページの移動
作業の効率化
マジックワード
テンプレート早わかり
テンプレートの制限
条件文 | テンプレートの説明文
ナビゲーションボックス
コミュニケーション
要約欄
細部の編集
ノートページ | 過去ログ
ウィキラブ
ウィキメール | 感謝
その他
編集の競合
ページ名の働き
記事の定義
ページサイズ
音声・動画の作成と利用
棒グラフの書き方
サンドボックス
ウィキポータル
ヘルプの目次へ

ウィキメールとは、ウィキペディア上からログイン利用者電子メールを送信する機能。あるいは、送られるメールそのものを指します。

あらまし[編集]

他の利用者にメールを送信するには、自分と相手利用者の双方が、所有するメールアドレスを登録・確認し、かつ個人設定で他の利用者からのメールの受け取りを許可している必要があります。

また、ウィキメールの登録を行っておくと、ログインパスワードを忘れたときにメールで仮パスワードを受け取ることができます(ログインについてはHelp:ログインをご覧ください)。

何に使うの?[編集]

他の利用者と個別に連絡を取りたいとき[編集]

ウィキペディア上への投稿は原則としてすべてが保存され、他の人も読めてしまいます。個人的なことを聞く場合には、ウィキメールの方がよいこともあるでしょう。

送信した場合、送信者のメールアドレスは From として受信者に知らされますが、受信者のメールアドレスは、この時点では送信者が知ることはできません。受信者が送信者に返信すれば、受信者のメーラーの設定に従ってアドレス等が通知されます。

投稿ブロック中に連絡を取りたい時
ウィキメールは、原則として投稿ブロック中にも利用することができます。メール認証も投稿ブロックに関わりなく使えます。ただし、重大な荒らしを行った利用者、ウィキメールを濫用したと判断された投稿ブロック中の利用者は、「メール送信をブロック」されることがあります。

ログインパスワードを忘れたとき[編集]

ログイン画面から、新しいパスワードを発行させることができます。

どうやって使うの?[編集]

まずはメール認証が必要です。

  1. 個人設定画面の「利用者情報」に、所有するメールアドレスを登録して「保存」をクリックすると「認証メール」が届きます。
  2. 認証メールに書かれているURLを開くと認証が完了します。このURLをそのままクリックしてもうまくいかない場合には、URLをウェブブラウザのアドレスバーにコピー&ペーストをして認証を行ってください。
    メールソフトの画面上でURLの途中に改行が入ってしまっている場合は、一度テキストエディタにペーストして改行を除去してから、アドレスバーにコピー&ペーストするとよいでしょう。
  3. メール認証が完了したら、個人設定画面で「他の利用者からのメールを受け取る」か、「他の利用者に送信したメールの控えを自分にも送信」か、選択します。

他の利用者にメールを送信する[編集]

連絡を取りたい相手の利用者ページもしくは会話ページにある「この利用者にメールを送信」というリンクをクリックすると、相手がウィキメールを許可していれば送信画面が開きます。ここに送信内容を書いて「送信」をクリックします。「自分宛に控えを送信する。」にチェックを入れておけば、同じ内容のメールが自分のメールアドレスにも届きます。

デフォルトだと、「Wikipedia 利用者「$1」からのメール」というタイトルのメールが届きますが、メール送信前にこのタイトルを変更することもできます(件名に「ウィキペディア」や「Wikipedia」という言葉を入れておくと、スパムメールに紛れにくくなってよいかもしれません)

ログインパスワードの再発行を受ける[編集]

ログインパスワードを忘れてしまった場合、ウィキメールの設定(登録)をしているなら、ログイン画面で「パスワードを再設定」のボタンを押してください。「件名:Wikipediaの仮パスワード通知」「本文:利用者 "Daresore" のパスワードを "hogehoge" に変更しました。」というようなウィキメールで仮パスワードが届きます。

仮パスワードでログインすると「ログインを完了するには、新しいパスワードを設定する必要があります。」というお知らせつきのログイン画面になるので、ここでパスワードの再設定をしてください。再設定が済んだら、仮パスワードは無効になります。

手違いで「パスワードの再発行」が行われた場合
パスワードを覚えているのに間違えて「パスワードを再設定」のボタンを押してしまい「パスワードの再発行」が行われても、古いパスワードが無効になるわけではありません。古いパスワードでログインできます。

また何かの手違いで覚えの無い「パスワードの再発行」のウィキメールが届いても、古いパスワードは有効ですので心配ありません(ただし問い合わせようとして、仮パスワードが書かれたままのメールを他の人に見せないように気をつけましょう)

注意点[編集]

  • 文字化けします。UTF-8で送られるためか一部のメールソフトでは何が書いてあるのか分からないこともあります。きちんとやりとりをしたいならば、冒頭に一文、自己紹介だけ英語やローマ字で書くなどの工夫をした方がよいかもしれません。
  • ウィキメールはあくまでも「百科事典をつくる」というウィキペディア・プロジェクトの目的のために使うべきです。あまり目的から外れる利用は避けてください。
  • 受け取る利用者側の迷惑になり、またトラブルの恐れもありますので、利用者にしつこくウィキメールを送信したりしないようにお願いします。

ウィキメールを受け付けているかを表示したい[編集]

初めにも述べたように、他の利用者宛てのウィキメールは、相手利用者が個人設定で「他の利用者からのメールの受け取りを許可」していなければ利用できません。そこで、自分宛てにウィキメールを送りたいという他の利用者に向けて、自分がウィキメールを受け付けているかどうかを利用者ページにあらかじめ表示しておくことができます。

自分の利用者ページの上部に次のタグを貼り付けることで、以下のテンプレート・メッセージが表示されるようになります。

ウィキメールを受け付ける
{{Wikimail-ok}}
ウィキメールを受け付けない
{{Wikimail-no}}

関連項目[編集]

外部リンク[編集]