Ogg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ogg
拡張子 .ogv, .oga, .ogx, .ogg, .spx
MIME Type video/ogg, audio/ogg, application/ogg
マジックナンバー OggS
開発者 Xiph.Org Foundation
種別 コンテナフォーマット
包含物 Vorbis, Theora, Speex, FLAC, Dirac, Writ ほか
拡張 Ogg Media
テンプレートを表示

Ogg(オッグ、オグ)は、パテントフリーのマルチメディアコンテナフォーマットである。主にOggファイル、Oggコンテナなどと呼ばれている。

概要[編集]

OggはXiph.Org Foundationによって規格化されており、RFC 3533として文書化されている。

Oggはコンテナであり、1つないし複数のコーデックを内容物として格納する。Oggの最も代表的なコーデックは音声コーデックVorbisである。Vorbisを格納したOggはOgg Vorbisと呼ばれる(他のコーデックも同様)。Ogg Vorbisを単にOggと呼ぶことがあるが、Oggはコンテナの名称であってコーデックではないことに注意すべきである。他のコーデックには、動画コーデックTheora、可逆音声コーデックのFLACに特化した音声コーデックのSpeex、テキストのWrit字幕に使う)などがある。

当初Xiph.Org FoundationはOgg共通の拡張子を.oggと定めていたが、2007年に共通の拡張子を.ogx、動画の拡張子を.ogv、音声の拡張子を.ogaに改めた。元々の共通の拡張子であった.oggはOgg Vorbis音声ファイルにのみ互換目的で使われる。これら以外にSpeexを収納したOggの拡張子として.spxが使われることがある。

Oggに収納できるコーデック[編集]


Ogg に対応した再生ソフト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]