TGA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Truevision TGA
拡張子 .tga
.tpic
MIME Type image/targa
image/tga
application/tga
タイプコード 'TPIC'
UTI com.truevision.tga-image
開発者 Truevision
種別 ビットマップ画像
テンプレートを表示

TGA (Truevision Graphics Adapter) ファイルフォーマットはトゥルービジョンTruevision、2013年現在 アビッド・テクノロジー))社のラスターグラフィックファイルフォーマット

概要[編集]

TARGA (Truevision Advanced Raster Graphics Adapter) ファイルフォーマットと呼ばれることもある。IBM互換PCがトゥルーカラーディスプレイをサポートする最初のグラフィックカードであったTruevision社のTARGAボードのネイティブフォーマットだった。

TGAファイルは一般にDOS/Windowsシステムでは".tga"、古いMacintoshでは".tpic"の拡張子を持つ(Mac OS Xは.tgaを使用)。各ピクセルと完全に一致する32ビットのイメージデータを格納できる。カラーデータはカラーマップ(パレット)、ダイレクトカラーまたはトゥルーカラーフォーマットであり、オプションで可逆RLE圧縮を利用できる。

TGAファイルは元々Truevision社のBrad Pillowによって1984年に定められた。現在のバージョン(2.0)は(サムネイルとしてよく知られている)ポステージスタンプ(訳注:郵便切手)、アルファチャンネルガンマ値テクスチャのメタデータなどのような拡張を含み、Truevision社のDavid Spoelstraによって1989年に定められた。

色深度の制限にもかかわらず、TGAはアニメーションとビデオ産業の全域に渡って未だ使われている。

BeOSはTGAフォーマットでスクリーンショットファイルを作成する。

POV-Rayエンジンはテクスチャと高度マップにTGAをネイティブで使用する。

関連項目[編集]